Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO2004101676 - COMPOSITION DE RESINE LIQUIDE, FILM DURCI ET STRATIFIE

Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

[ JA ]

請 求 の範囲

1 . 下記成分(A) 、 (B) 、 (C) 及び(D) を含有することを特徴とする液 状樹脂組成物。

(A) 含フッ素重合体

(B) 硬化性化合物

( C) 数平均粒子径が 1 0 O nm以下である金属酸化物粒子

(D) 溶剤

2 . 前記金属酸化物粒子が、酸化チタン、酸化ジルコニウム、アンチモン含有酸 化スズ、スズ含有酸化インジウム、二酸化ケイ素、酸化アルミニウム、酸化セリ ゥム、酸化亜鉛、酸化スズ、アンチモン含有酸化亜鉛及びインジウム含有酸化亜 鉛から選択される一又は二以上の金属酸化物を主成分とする粒子であることを特 徴とする請求の範囲第 1項記載の液状樹脂組成物。

3 · 前記金属酸化物粒子が、多層構造を有する金属酸化物粒子であることを特徴 とする請求の範囲第 1項又は第 2項記載の液状樹脂組成物。

4. 請求の範囲第 1項又は第 2項記載の液状樹脂組成物を硬化させて得られるこ とを特徴とする硬化膜。

5 . 前記硬化膜が、前記(C ) 成分が高密度に存在する層と、前記(C) 成分が 実質的に存在しない又は低密度に存在する層からなる二層構造であることを特徴 とする請求の範囲第 4項記載の硬化膜。

6 . 請求の範囲第 1項又は第 2項記載の液状樹脂組成物を加熱することにより、 又は放射線を照射することにより硬化させる工程を有することを特徴とする硬ィ匕 膜の製造方法。

7 . 請求の範囲第 4項記載の硬ィ匕膜からなる層を、基材上に少なくとも一層以上 有することを特徴とする積層体。

8. 前記硬化膜からなる層と前記基材との間に、他の層を有することを特徴とす る請求の範囲第 7項記載の積層体。

9. 前記他の層が、ハードコート層、屈折率 1. 5〜1. 7の層、及び屈折率 1. 3〜1. 5の層と屈折率 1. 6〜2. 2の層の組合せからなる群から選択される 一又は二以上の層を含んでなることを特徴とする請求の範囲第 8項記載の積層体。

10. 前記基材層が、トリァセチルセルロース、ポリエチレンテレフ夕レート樹 脂、ポリカーボネート樹脂、アクリル樹脂、アクリル Zスチレン共重合樹脂、ポ リオレフイン樹脂、ノルポルネン系樹脂、又はガラスからなることを特徴とする 請求の範囲第 7項から第 9項のいずれか一項記載の積層体。

11. 光学用部品であることを特徴とする請求の範囲第 7項からの第 9項のいず れか一項記載の積層体。

12. 反射防止膜用であることを特徴とする請求の範囲第 7項から第 9項のいず れか一項記載の積層体。