Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO2004095455 - SUPPORT D'ENREGISTREMENT, APPAREIL DE REPRODUCTION, PROCEDE D'ENREGISTREMENT, PROGRAMME DE REPRODUCTION, ET PROCEDE DE REPRODUCTION

Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

[ JA ]
明細書

記録媒体、再生装置、記録方法、再生プログラム、再生方法。

技術分野

デジタルストリームが記録された記録媒体及び再生装置に関し、特にデジタル ストリーム上の任意の位置への頭出しを実現する場合の改良に関する。

背景技術

BD-R0M等の読出専用の記録媒体により供給されるコンテンツには、映画'音楽 等の AVソフト、ゲームソフトといった類型がある。だが近年の再生装置の高機能 化に伴い、 AVソフトに分類されるコンテンツであっても、ゲームソフトのような 対話機能をもったものが登場している。

この対話機能は、 AVソフトの動画、音声を構成するデジタルストリームに、対 話機能のための情報を組み込むことにより実現される。これによりデジタルスト リームにより設問の映像を再生すると共に、この設問に対する回答をュ一ザから 受け付け、その回答が正解であるなら、正解映像を再生させるという対話機能の 実現が可能になる。

ところが、対話機能をもっているとはいえ、かかるコンテンツは AVソフ卜であ ることに変わりない。そのため、 AVソフ卜の再生時には、いわゆるユーザスキッ プが可能である。ユーザスキップとは、 DVD再生装置、 CD再生装置が具備してい る M機器特有の機能 (AV機能)の 1つであり、ユーザによる操作に従い、デジ夕 ルストリームに予め設けられた頭出し位置にジャンプするという機能である。例 えば、ユーザスキップに割り当てられたキーをユーザが押下すれば、再生装置は、 現在の再生時点に最も近い 1つ目の頭出し位置から再生を開始することになる。 ユーザスキップが 2回押下されれば、次に近い 2つ目の頭出し位置から、ユーザ スキップが 3回押下されれば、その次に近い 3つ目の頭出し位置から、再生が開 始されることになる。

ここで、上述したような対話機能の実現にあたって、正解映像は、設問映像か らジャンプできるように、マーカ情報と呼ばれる情報により頭出し位置として指 定されている。そのため、ユーザがスキップを繰り返し実行すれば、この正解映 像にたどり着いてしまうことがある。本来設問映像に正解しないと見れない箸の 正解映像が、ユーザスキップの繰り返しで再生されてしまうのは余りにもお粗末 であり., AVソフトのおまけであるという印象を拭えない。ユーザスキップの繰り 返しでは、正解映像に頭出しできないようにするには、 AV機能を一切受け付けな いように再生装置を設定しておくという途がある。しかしこのように、 AV機能を 一切受け付けないというのも、 AVソフト特有の強みを失うことになり、コンテン ッ制作者に推奨し難い。

発明の開示

本発明の目的は、設問映像に正解しないと見れない笞の正解映像が、 AV機能の 実行により再生されてしまうという粗末が露呈しない記録媒体を提供することで ある。

上記目的を達成するため本発明に係る記録媒体は、デジタルストリームと、デ ジタルストリーム上の任意の位置を示すマーカ情報とが記録された記録媒体であ つて、マーカ情報は、前記位置の属性情報を含み、属性情報は、再生位置の選択 を意図する操作がユーザによりなされた場合において、マーカ情報により指示さ れる位置を、再生装置は参照すべきか又は無視すべきかを示すことを特徴として いる。

マ一力情報における属性を規定することにより、ユーザスキップ等、再生位置 の選択を意図した頭出しの対象にはならないが、分岐コマンドによる頭出しの対 象になり得る頭出し位置を規定することができる。これにより、ユーザが何度も ユーザスキップを実行したとしても、正解映像に迪り着かないように、ォーサリ ング時に規定しておくことができる。

更に、ユーザスキップ等、再生位置の選択を意図した操作をユーザに行わせる ことで、好きな設問映像をユーザに選ばせつつも、肝心の正解については、ユー ザに隠蔽しておくという再生制御、つまり、 AV機能の利点を活かした新たな再生 制御が可能になるので、制作者にとっての恩恵は大きい。

図面の簡単な説明

図 1 ( a ) は、本発明に係る記録媒体の、使用行為についての形態を示す図で める。

図 1 (b ) は、対話画面に対する操作をユーザから受け付けるためのリモコン 4 0 0におけるキ一を示す図である。

図 2は、 BD- ROMの構成を示す図である。

図 3は、 AVCl ipがどのように構成されているかを模式的に示す図である。 図 4は、 Interactive Composi tion Segmentのデータ構造を示す図である。 図 5は、ある DSnに含まれる 0DSと、 ICSとの関係を示す図である。

図 6は、複数ポタンからなる対話画面と、ピクチャデータとの合成を示す図で ある。

図 7は、ボタン A〜ボタン Dの状態遷移を示す図である。

図 8は、図 7に示すポタン A〜ポタン!)の状態遷移を実行する場合の ICSの記 述例を図である。

図 9は、ナビコマンドによる分岐を模式的に示した図である。

図 1 0は、 Cl ip情報の内部構成を示す図である。

図 1 1は、 PL情報の内部構成を示す図である。

図 1 2は、時間情報による間接参照を模式化した図である。

図 1 3は、図 1 2に示した PL情報 (PL情報 #1)とは、別の PL (PL情報 #2)を定義 する場合の一例を示す図である。

図 1 4は、図 1 3に示した PIJ1の再生時間軸に対し、設定された PLmarkの一 例を示す図である。

図 1 5は、図 1 4に示した各 Mark情報に対する、属性の設定例を示す図である。 図 1 6は、図 1 5の Mark情報により規定されるチャプターを示す図である。 図 1 7は、図 1 1に示した複数の PLmarkのうち、任意の 1つ(PLmark [i]という) の内部構成を示す。

図 1 8は、教材映像に相当する区間(チャプター 1 )、設問映像に相当する区間 (チャプター 2 )、ヒント映像に相当する区間(チャプター 3 )を示す図である。 図 1 9は、ュ一ザスキップによる頭出しを想定した図である。

図 2 0は、チャプターサーチによる頭出しを想定した図である。

図 2 1は、ボタンコマンドによる頭出しを示す図である。

図 2 2は、本発明に係る再生装置の内部構成を示す図である。

図 2 3は、制御部 2 0による PLに基づく再生手順を示すフローチャートである, 図 2 4は、ユーザオペレ一ション受け付け時の処理手順を示すフローチャート である。

図 2 5は、ユーザスキップ、チャプターサーチ時における頭出し手順を示すフ ローチヤ一トである。

図 2 6は、第 2施形態に係る BD-R0Mの製造工程を示すフローチャートである。

発明を実施するための最良の形態

(第 1実施形態)

以降、本発明に係る記録媒体の実施形態について説明する。先ず始めに、本発 明に係る記録媒体及び再生装置の実施行為のうち、使用行為についての形態を説 明する。図 1 ( a ) は、本発明に係る記録媒体及び再生装置の、使用行為につい ての形態を示す図である。図 1 ( a ) において、本発明に係る記録媒体は、 BD- ROM 1 0 0であり、本発明に係る再生装置は再生装置 2 0 0である。この BD- R0M 1 0 0は、再生装置 2 0 0、テレビ 3 0 0、リモコン 4 0 0により形成されるホーム シアターシステムに、映画作品を供給するという用途に供される。このうちリモ コン 4 0 0は、対話画面の状態を変化させるための操作をュザから受け付ける ものであり、本発明に係る記録媒体に深い係りをもつ。図 1 ( b ) は、対話画面 に対する操作をユーザから受け付けるためのリモコン 4 0 0におけるキ一を示す 図である。本図に示すようにリモコン 4 0 0は、 MoveUp キー、 MoveDown キー、 MoveRightキ一、 MoveLeftキー、 SkipBackキ一、 SkipNextキー、数値キー「0」〜 「9丄「+10」が設けられている。ここで対話画面におけるポタンは、ノーマル状態、 セレクテツド状態、アクティブ状態という 3つの状態をもち、これら MoveUpキー、 MoveDownキ一、 MoveRightキー、 MoveLeftキーは、このポタンの状態をノーマル 状態→セレクテツド状態→アクティブ状態と変化させる操作をユーザから受け付 ける。ノーマル状態とは、単に表示されているに過ぎない状態である。これに対 しセレクテツド状態とは、ユーザ操作によりフォーカスが当てられているが、確 定に至っていない状態をいう。アクティブ状態とは、確定に至った状態をいう。

MoveUpキーは、対話画面においてあるボタンがセレクテツド状態である場合、こ

のボタンより上にあるポタンをセレクテツド状態に設定するためのキーである。

MoveDownキーは、このボタンより下にあるポタンをセレクテツド状態に設定する †こめのキー、 MoveRight キ一は、このポタンより右にあるボタンをセレクテッド 状態に設定するためのキー、 MoveLeftキーはこのボタンより左にあるボタンを セレクテツド状態に設定するためのキ一である。

Acti vatedキーは、セレクテツド状態にあるポタンをアクティブ'状態(ァクティ ベート)するためのキーである。

Sk i Backキーは、現在の再生時点から見て、後方方向へのユーザスキップを受 け付けるキーである。

SkipNextキーは、現在の再生時点から見て、前方方向へのユーザスキップを受 け付けるキーである。

「0」〜「9」の数値キーは、該当する数値が割り当てられたボタンをセレクテツド 状態にするキーである。「+10」キーとは、これまで入力された数値に 10をプラス するという操作を受け付けるキ一である。尚、「0」キー、「+10」キ一は、何れも 10 桁以上の数値の入力を受け付けるものなので、「0」キー、「+10」キーは、どちらか が具備されていればよい。

以上が本発明に係る記録媒体及び本発明に係る再生装置の使用形態についての 説明である。

続いて本発明に係る記録媒体の実施行為のうち、生産行為についての形態につ いて説明する。本発明に係る記録媒体は、 BD-R0Mの応用層に対する改良により実 施することができる。図 2は、 BD- ROMの構成を示す図である。

本図の第 4段目に BD-R0Mを示し、第 3段目に BD-R0M上のトラックを示す。本 図のトラックは、 BD- ROMの内周から外周にかけて螺旋状に形成されているトラッ クを、横方向に引き伸ばして描画している。このトラックは、リードイン領域と、 ボリューム領域と、リードアウト領域とからなる。本図のボリューム領域は、物 理層、ファイルシステム層、応用層というレイヤモデルをもつ。ディレクトリ構 造を用いて BD- ROM の応用層フォーマツト(アプリケーションフォーマツト)を表 現すると、図中の第 1段目のようになる。本図に示すように BD- ROM には、 ROOT ディレクトリの下に BDMVディレクトリがあり、 BDMVディレクトリの配下には XXX. M2TS, XXX. CLPI , YYY. MPLS といったファイルが存在する。本図に示すような アプリケーションフォーマツトを作成することにより、本発明に係る記録媒体は 生産される。尚、 XXX. M2TS、 XXX. CLP I, YYY. MPLS といったファイルが、それぞれ 複数存在する場合は、 BDMVディレクトリの配下に、 STREAMディレクトリ、 CLIPINF ディレクトリ-, PLAYLISTディレクトリという 3つのディレクトリを設け、 STREAM ディレクトリに XXX. M2TS と同じ種別のフアイルを、 CLIPINF ディレクトリに XXX. CLPI と同じ種別のフアイルを、 PLAYLISTディレクトリに YYY. MPLSと同じ種 別のファイルを格納することが望ましい。

このアプリケーションフォーマツ卜における AVCl ip(XXX, M2TS)について説明 する。

AVC1 ip(XXX. 2TS)は、 MPEG-TS (Transport Stream)形式のデジタルストリームで あり、ビデオストリーム、 1 つ以上のオーディオストリーム、プレゼンテーショ ングラフィクスストリーム、ィンタラクティブグラフィクスストリームを多重化 することで得られる。ビデオストリームは映画の動画部分を、オーディオストリ ームは映画の音声部分を、プレゼンテーショングラフィクスストリ一ムは、映画 の字幕を、インタラクティブグラフィクスストリ一ムは、メニューを対象とした 動的な再生制御の手順をそれぞれ示している。図 3は、 AVCl ipがどのように構成 されているかを模式的に示す図である。

AVCl ipは(中段)、複数のビデオフレーム(ピクチャ pj l,2,3)からなるビデオス トリーム、複数のオーディオフレ一ムからなるオーディォストリームを(上 1段 目)、 PESバケツト列に変換し(上 2段目)、更に TSバケツ卜に変換し(上 3段目)、 同じくプレゼンテーショングラフィクスストリーム、ィン夕ラクティブグラフィ クスストリーム(下 1段目)を、 PESバケツト列に変換し(下 2段目)、更に TSパケ ットに変換して(下 3段目)、これらを多重化することで構成される。

続いてインタラクティブグラフィクスストリームについて説明する。グラフィ クスストリームは、図 3の下 1段目に示すように ICS (Interactive Composi tion Segment)、 PDS (Pa 1 et te D i f i n i t i on Segment)、 ODS (Ob j ect_Def initi on— Segment)、 END (END of Display Set Segment)と呼ばれる機能セグメントからなる。

『Interactive C( position Segment』は、対話的な画面を構成する機能セグメ ントである。

『Object_Defini tion_Segment』は、グラフィクスォブジヱクトを定義する情報

である。このグラフィクスオブジェク卜について以下説明する。 BD-R0Mに記録さ れている AVCl ipは、ハイビジョン並みの高画質をセールスボイントにしているた め、グラフィクスオブジェクトの解像度も、 1920 X 1080画素という高精細な大き さに設定されている。画素の色にあたっては-,一画素当たりのィンデックス値 (赤 色差成分 (Cr値),青色差成分 (Cb値),輝度成分 Y値,透明度 (T値))のビット長が 8 ビットになっており、これによりフルカラーの 16, 777, 216色から任意の 256色を 選んで画素の色として設定することができる。 0DSは『objectJD』が付与される。 『objectJD』は、 Epochにおいてこの ODSに対応するグラフィクスォプジヱクト を一意に識別するものだが、複数 0DSにより定義される複数グラフィックスォブ ジヱタトがアニメーションを構成する場合、これらの 0DS に付加された一連の 『object一 ID』は、連番になる。

『Palette Difinition Segments は、色変換用のパレットを定義する情報であ る。

『END of Display Set SegmentJ は、 Display Set の伝送の終わりを示す指標 であり、 Display Setにおける ICS、 PDS、 0DSのうち、最後の 0DSの直後に配置 される。

続いて ICS の内部構成について説明する。 Interactive Co即 osition Segment は、図 4に示すデータ構造で構成される。本図に示すように ICSは、『ボタン情報 群 (button info (l) (2) (3) · · · ·) J を含む。

『ボタン情報 (ButtonJnfo)』は、対話画面において合成される各ボタンを定義 する情報である。図中の引き出し線 hplは ICSにより制御される i番目のボタン についてのボタン情報 iの内部構成をクローズアップしている。以降、ボタン情 報 iを構成する情報要素について説明する。

『button_number』は、ボタン iを、 ICSにおいて一意に識別する数値である。 rnumerical ly_selectable_f lagjは、ボタン iの数値選択を許可するか否かを 示すフラグである。

『auto— actional ag』は、ボタン iを自動的にアクティブ状態にするかどうか を示す。 auto— action_flagがオン(ビット値 1)に設定されれば、ポタン〖は、セ レクテツド状態になる代わりにァクティブ状態になる。 auto— action— flagがオフ (ビット値 0)に設定されれば、ボタン iは、選択されたとしてもセレクテツド状

態になるにすぎない。

fobject— horizontal— position』、『object一 vertical— position』は、対話画面 におけるボタン iの左上画素の水平位置、垂直位置を示す。

『upperJmtton— numbedはポタン iがセレクテツド状態である場合において M0VEUPキーが押下された場合、ボタン iの代わりに、セレクテツド状態にすべき ポタンの番号を示す。もしこのフィールドにボタン iの番号が設定されていれば、 0VEUPキーの押下は無視される。

『lower— button— immberj , 『left— button— number』,『right— button— mimberj は、ボタン iがセレクテツド状態である場合において MOVE Down キー, MOVE Left キー, MOVE Right キ一が押下された場合、ポタン iの押下の代わりに、セレクテ ッド状態にすべきボタンの番号を示す。もしこのフィールドにポタン iの番号が 設定されていれば、これらのキーの押下は無視される。

!Tstart_object_id_normalJ は、ノーマル状態のボタン iをアニメーションで 描画する場合、アニメーションを構成する複数 0DSに付加された連番のうち、最 初の番号がこの start_object— id_normalに記述される。

『end_object_id— normal』は、ノーマル状態のポタン iをアニメーションで描 画する場合、アニメーションを構成する複数 0DS に付加された連番たる 『object— ID』のうち、最後の番号がこの end_object— id—normalに記述される。 この End— object— id— normalに示される IDが、 start— object— id_normalに示され る IDと同じである場合、この IDにて示されるグラフィックスオブジェクトの静 止画が、ポタン iの絵柄になる。

rrepeated_normal_flagJ は、ノーマル状態にあるボタン iのアニメーション 表示を反復継続させるかどうかを示す。

rstart_ob j ect_i d_sel ectedj は、セレクテッド状態のボタン iをアニメーシ ヨンで描画する場合、アニメーションを構成する複数 0DSに付加された連番のう ち、最初の番号がこの start一 object— id— selected に記述される。この End— object— id— selectedに示される ID力、 start— object— id— selectdに示される IDと同じである場合、この IDにて示されるグラフィックスオブジェクトの静止 画が、ボタン iの絵柄になる。

『end_objecし id— selected』は、セレクト状態のボタンをアニメーションで描

画する場合、アニメーションを構成する複数 0DS に付加された連番たる 『object_ID』のうち、最後の番号がこの encLobject_id_selectedに記述される。 『repeat_selected_flag』は、セレクテツド状態にあるボタン iのアニメ一シ aン表示を、反復継続するかどうかを示す。 start— object— id— selected と end_object_id— selectedとが同じ値になるなら、本フィールド 00に設定される。

『start_object_id_activated』は、ァクティブ状態のポタン iをアニメーショ ンで描画する場合、アニメーションを構成する複数 0DSに付加された連番のうち 最初の番号がこの start— object— id— activatedに記述される。

『end_object_id— activated』は、ァクティプ状態のボタン i をアニメ一ション で描画する場合、アニメーションを構成する複数 0DS に付加された連番たる 『object— ID』のうち、最後の番号がこの en(Lobject_icLactivatedに記述される。 続いてポタンコマンドについて説明する。

『ボタンコマンド(button— command)』は、ボタン iがァクティブ状態になれば、 実行されるナビゲーシヨンコマンドである。ナビゲーシヨンコマンドとは、分岐 等の再生制御を再生装置に実行するコマンドである。ナビコマンドのうち、 AVCl ip における任意の頭出し位置からの再生を再生装置に命じるものを、 Linkコマンド という。

Linkコマンドは、マーカ情報と呼ばれる情報を介した間接参照の形式で、時間 軸上の任意の位置を指定している。時間軸上の任意の位置は、間接参照で指定さ れているので、 AVCl ipの再エンコードにより、頭出し位置となるべきピクチャに 変動が生じても、マ一力情報さえ書き換えれば、ポタンコマンドのオペランドを 書き換える必要はない。再エンコードに伴うナビゲーシヨンコマンドの書き換え の手間を省くことができるので、ォーサリング時において有意義である。尚、マ 一力情報の詳細については後述する。

以上が ICSの内部構成である。 ICSによる対話制御の具体例について以下説明 する。本具体例は、図 5のような 0DS、 ICS を想定している。図 5は、ある DSn に含まれる 0DSと、 ICSとの関係を示す図である。この DSnには、 0DS11〜19,21 〜29,31〜39, 41〜49が含まれているものとする。これらの 0DSのうち、 0DS11〜 19は、ボタン Aの各状態を描いたものであり、 0DS21〜29は、ボタン Bの各状態 を描いたもの、 0DS31~39は、ボタン Cの各状態を描いたもの、 0DS41〜49は、ポ タン Dの各状態を描いたものとする(図中の括弧 }を参照)。そして ICSにおける button一 info (1) , (2) , (3) , (4)にて、これらのボタン A〜ポタン Dの状態制御が記 述されているものとする(図中の矢印 bhl, 2, 3, 4参照)。

図 6は、複数ボタンからなる対話画面と、ピクチャデータとの合成を示す図で める。

この ICSによる制御の実行タイミングが、図 6に示す動画のうち、任意のピク チヤデータ tlの表示タイミングであれば、ボタン A〜ボタン Dからなる対話画 面が、このピクチャデータ ptlに合成されて表示されることになる(gs2)。動画の 中身に併せて、複数ボタンからなる対話画面が表示されるので、 ICS によりポ夕 ンを用いたリアルな演出が可能になる。

図 7に示すボタン A〜ボタン Dの状態遷移を実行する場合の ICSの記述例を図 8に示す。図 7における矢印 hhl,hh2は、 button info(l)の neighbor_info〇に よる状態遷移を象徴的に表現している。 button info (l)の neiglibor—mfo Oにお ける lower_button_rmmberは、ボタン Cに設定されているため、ボタン Aがセレ クテツド状態になつている状態で、 MOVEDownキー押下の U0が発生すれば(図 7の upl)、ポタン C がセレクテツド状態になる(図 7の sj l)。 button info (l)の neighbor— infoOにおける ght_button— numberは、ボタン Bに設定されているた め、ポタン Aがセレクテッド状態になっている状態で、 MOVERightキー押下の U0 が発生すれば(図 7の up2)、ボタン Bがセレクテツド状態になる(図 7の sj2)。 図 7における矢印 hh3は、 button info (3)の neighbor Jnfo Oによる状態遷移 の制御を示す。 button info (3)の neighbor— info Oにおける upperjm on一 number は、ボタン Aに設定されているため、ポタン Cがセレクテッド状態になっている 状態で (up3)、 MOVEUpキー押下の U0が発生すれば、ボタン Aがセレクテツド状態 に戻る。

図 8の button info(3)のボタンコマンドには、『Link Mark [3]』というナビコ マンドが記述されている。そのためボタン Cがアクティブ状態に設定されれば、 このナビコマンド Π ink Mark [3] J が実行されて分岐が行われることになる。図 9は、ナビコマンドによる分岐を模式的に示した図である。この図 9で想定して いるのは、学習アプリケーションへの本発明の応用である。本アプリケーション が想定している再生制御は以下の通りである。

先ず『教材映像』を再生することで、ユーザに学習を行わせ、『設問映像』を再 生して、これに回答をユーザから受け付けることでユーザの理解を問う。もし回 答がないまま再生が進行すれば、『ヒント映像』を表示して、ユーザの思考の手助 けを行い、それでもユーザが誤って回答した場合-, 又は、回答がない場合、矢印 nc2, nc3に示すように『教材映像』に戻るというものである。

かかるアプリケーションにおいて『設問映像』に相当する位置に ICSが存在し ており、正解映像の先頭ピクチャが、 Mark [3]により指定されているとすると、ボ タン Cのァクティべートにより-, ボタン C に対応する button info (3)の ink Mark [3]』が実行されて、矢印 nclに示すように正解映像への分岐が行われること になる。これにより、図 7に示した対話画面の再生から、正解映像の再生へと、 再生が移り変わることになる。

以上が、 ICSによる対話制御である。これで AVCl ipについての説明を終える。 続いて BD-R0Mにおけるその他の情報(Cl ip情報、 PL情報)について説明する。

Cl ip情報(XXX. CLPI)は、個々の AVCl ipについての管理情報である。図 1 0は、 Cl ip情報の内部構成を示す図である。図中の引き出し線は Cl ip情報の構成をク ローズアップしている。引き出し線 hnl に示すように、 Cl ip情報 (XXX. CLPI)は、 ビデオストリーム、オーディオストリームについての「属性情報」と、リファレ ンステ一プルである「EP_map」とからなる。

属性情報 (Attribute)は、破線の引き出し線 hn2に示すようにビデオストリーム についての属性情報 (Video属性情報)、属性情報数 (Number)、 AVCl ipに多重化さ れる複数オーディオストリ一ムのそれぞれについての属性情報 (Audio 属性情報 #l〜#m)からなる。ビデオ属性情報は、破線の引き出し線 hn3に示すようにそのビ デォストリームがどのような圧縮方式で圧縮されたか(Coding) , ビデオストリー ムを構成する個々のピクチャデータの解像度がどれだけであるか(Reso 1 ut i on)、 アスペクト比はどれだけであるか(Aspect) , フレームレートはどれだけであるか (Fraraerate)を示す。

一方、オーディオストリ一ムについての属性情報 (Audio属性情報 #l〜#m)は、 破線の引き出し線 hn4に示すようにそのオーディオストリームがどのような圧縮 方式で圧縮されたか(Coding)、そのオーディオストリームのチャネル番号が何で あるか(Ch. )、何という言語に対応しているか (Lang)、サンプリング周波数がどれ だけであるかを示す。

EP— mapは、複数の頭出し位置のアドレスを、時刻情報を用いて間接参照するた めのリファレンステ一プルであり、破線の引き出し線 hn5に示すように複数のェ ントリ一情報(ACCESS UNIT#1 エントリ一-. ACCESS U画 2 エントリー、 ACCESS UNIT#3ェントリー )と、ェントリ一数 (Number)とからなる。各ェントリーは、 引き出し線 hn6に示すように、対応する I ピクチャの再生開始時刻を、 I ピクチ ャのァドレスと、 I ピクチャのサイズ(I- size)とを対応づけて示す。 I ピクチャの 再生開始時刻は、 Iピクチャのタイムスタンプ (Presentation Time Stamp)で表現 される。また I ピクチャアドレスは、 TS バケツトの連番(SPN (Source Packet Number))で表現される。尚、 XXX. CLPIのファイル名 XXXは、 Cl ip情報が対応して いる AVCl ipと同じ名称が使用される。つまり本図における AVCl ipのファイル名 は ΠΧであるから、 AVCl ip(XXX. M2TS)に対応していることを意味する。以上が Cl ip 情報についての説明である。続いてプレイリスト情報について説明する。

図 1 1は、プレイリスト情報の内部構成を示す図である。 YYY. MPLS (プレイリス ト情報)は、再生経路情報であるプレイリストを構成するテーブルであり、複数の Playltem情報 (Playl tem情報 # 1 , #2, #3… #n)と、これら P 1 ay I tem情報数 (Number) と、上述したマーカ情報である「PLMark#l〜#n」からなる。 Playltem情報は、プ レイリストを構成する 1つ以上の論理的な再生区間を定義する。 Playltem情報の 構成は、引き出し線 hslによりクローズアップされている。この引き出し線に示 すように Playltem情報は、再生区間の In点及び Out点が属する AVCl ipに対応す る Cl ip情報のファイル名を示す『Cl ip— Information— f i le_name』と、当該 AVCl ip がどのような符号化方式で符号化されているかを示す『C 1 i p_codec_identi fieri と、再生区間の始点を示す時間情報『IN_time』と、再生区間の終点を示す時間情 報 『0UT_ me』とから構成される。

Playltem情報の特徴は、その表記法にある。つまり EPjnapをリファレンステ 一ブルとして用いた時間による間接参照の形式で、再生区間が定義されている。 図 1 2は、時間による間接参照を模式化した図である。本図は、 Cl ip 情報内の EP—卿は、これら複数 Iピクチャアドレスを、矢印 ayl , 2, 3, 4に示すように指定 している。図中の矢印 jyl, 2, 3, 4は、 Playl tem情報による Iピクチャの参照を模 式化して示している。つまり、 Playltem 情報による参照(矢印 jyl, 2, 3, 4)は、

EP_niapを介することにより、 AVC1 ip内に含まれる複数 Iピクチャアドレスを指定 するという時間による間接参照であることがわかる。

Playltem情報一 Cl ip情報一 AVCl ipの組みからなる BD-R0M上の再生区間を『プ レイアイテム』という。 PL情報— Cl ip情報一 AVCl ipの組みからなる BD- ROM上の 論理的な再生単位を『プレイリスト(PLと略す)』という。 BD-R0Mに記録された映 画作品は、この論理的な再生単位 (PL)にて構成される。論理的な再生単位にて、 BD - ROMにおける映画作品は構成されるので、本編たる映画作品とは別に、あるキ ャラクタが登場するようなシーンのみを指定するような PLを定義すれば、そのキ ャラクタが登場するシーンのみからなる映画作品を簡単に制作することができる。 図 1 3は、図 1 2に示した PL情報 (PL情報 #1)とは、別の PL(PL情報 #2)を定義 する場合の一例を示す図である。 BD- ROMに記録される映画作品は、上述した論理 構造をもっているので、ある映画作品のシーンを構成する AVC1 i pを他の映画作品 で引用するという" 使い回し" を効率良く行うことができる。

上述した Linkコマンドは、この PLという閉じた空間のみで有効となるナビコ マンドである。従って、この Linkコマンドを使用している限り、ある PLから別 の PLへと分岐するという、広域的な分岐は実現できない。

以上が PL及び Playltemについての説明である。続いて PLMarkについて説明す

PLMark#l~#nは、 PL時間軸における複数の時点を頭出し位置として指定する情 報である。 PL時間軸とは、 AVCl ipの再生が PLに沿って行われる場合において、 参照される時間軸である。図 1 4は、図 1 3に示した PU1の再生時間軸に対し、 設定された PLmark の一例を示す図である。本図において PL 時間軸とは、 Playltem#l,#2,#3の時間軸を足し合わせてなる。図中の矢印は、 PLmarkにより指 示されている頭出し位置を示す。この PL時間軸上の任意の 5つの位置が、 PLmark により指定されていることがわかる。

本実施形態の特徴は、この PLmarkにより指定される位置が、 2つのタイプの属 性をもつ点である。 1つ目のタイプの属性をもつ頭出し位置を" EntryMark" とい い、 2つ目のタイプの属性をもつ頭出し位置を" LinkPoint" という。

rEntryMarkJ は、ユーザスキップ、チャプターサーチ、 Link コマンドによる 分岐により再生可能となる頭出し位置である。図 1 5は、図 1 4に示した各 Mark 情報に対する、属性の設定例を示す。本図において PLMark [0]、 PLMark [1] , PLMark [2]、 PLMark [4]の属性が Entryferkに設定されている。そのため PLMark CO]、 PLMark [1]、 PLMark [2]、 PLMark [4]への頭出しは可能になるが、これら以外への頭 出しはできない。つまり PLMark [3]により指示されている位置、 PI#1, #2, #3 の 境界には、何度ユーザスキップが押下されたとしても、頭出しされないのである。 PL#1の始点、終点は、それぞれ PLMark [0] , PLMark [4]により指示されているため、 ユーザによる頭出しが可能になる。しかし仮に Mark情報により指示されていなけ れば、これらの位置へは、ユーザスキップやチャプターサーチにより頭出しする ことができない。

PLにおいて連続する一組の EntryMarkはチャプターを規定する。ここで図に示 した 5 つの PLmark のうち、 PLMark [0]、 PLMark [1] , PLMark [2] , PLMark [4]が EntryMarkであるので、これらにより区切られる、 PL時間軸上の一区間がチヤプ ターになる。図 1 6は、図 1 5の Mark情報により規定されるチャプターを示す図 である。ここでもし PLの末尾に EntryMarkが存在しない場合は最後の EntryMark と、 PLの末尾との間が 1つのチャプターを構成する。これらのチャプターには、 チャプター番号が割り当てられ、チャプターサーチ時には、このチャプター番号 を用いて各チャプターに頭出しすることができる。チャプターサーチとは、チヤ プター番号と呼ばれる数値の入力を受け付けて、その数値に該当するチャプター に頭出しするというものである。このチャプター番号は、 PLにおいて EntryMark が出現する順番を示す。例えば PLにおいて 1つ目に出現する EntryMarkから始ま るチャプターには、チャプター番号 Ί"が、 2つ目に出現する EntryMarkから始ま るチャプターにはチャプター番号" 2"がそれぞれ割り当てられる。チャプターに対 する頭出しには、チャプターメニューによるものがある。チャプターメニューと は、チャプターを一覧表示するメニューであり、このメニューにより選ばれたチ ャプターに頭出しするというのが、チャプターメニューによる頭出しである。以 上が EntryMarkについての説明である。

『LinkPoint』とは、 Link コマンド等、ナビコマンドによる頭出しは可能であ るが、ユーザスキップ、チャプターサーチでは頭出しできない位置をいう。つま り図 9に示したようなヒント映像に頭出ししたい場合その先頭ピクチャを PLmarkで指定させて、『LinkPoint』を示すよう MarkTypeを設定にする。こうす

ることで、映像はユーザスキップでは参照されないが、ボタンコマンド等のナビ コマンドからは頭出しが可能になる。以上が Mark情報により指示される頭出し位 置の属性である。続いて PLMarkの内部構成について説明する。

図 1 7は、図 1 1に示した複数の PLmarkのうち-,任意の 1つ(PLmark [i]という) の内部構成を示す。 本図に示すように PLmark [i] は、『 mark— type』、 『ref— to— Playltem_ld』、『niark— time_sta即』、『entry— ES— PID』からなる。

rmark_typej は、「01」であれば、 PLmark により指示される位置は EntryMark であることを示し、「02」であれば、 PLmark により指示される位置は-, LinkPoint であることを示す。

『retto—PlayItem_Id』は、 PLmarkにより指示された AVCl ipの再生時間軸上 の時点が、どの Playltemの再生時間軸に存在しているかを示す。

『mark— time— stamp』は、 PLmarkにより指示された AVCl ipの再生時間軸のうち、 PLmarkの re to— Playltemにより指示された Playltemの In_timeから、 0ut_time までの任意の一時点を示す時間情報である。

『entryJlS— PID』は、 AVCl ipに多重されている複数エレメンタリストリームの うち、どのエレメン夕リストリームに頭出し位置を指定するかを示す。 PID は通 常、 AVCl ipに多重されている複数エレメンタリストリ一ム全体を対象とするよう、 デフォルト値(OxFFFF)に設定されている。この『entry_ES_PID』が、特定のエレ メンタリストリームの PIDを示すなら、マーカ情報はそのエレメンタリストリ一 ムの再生時間軸上に頭出し位置を指定する。

以下、 PLmarkにて示された時点に対する頭出しの具体例について説明する。こ の具体例で想定する PLは、図 1 5、図 1 6に示したものである。そしてこれらの 図の PLMark [1]、 PLMark [2]、 PL ark [3]、 PLMark [4]により指定される PL時間軸 上の一時点に、図 5に示した AVC1 i の教材映像、設問映像、ヒント映像、正解映 像の先頭ピクチヤが存在していると考える。この場合、図 1 8に示すように教材 映像に相当する区間がチャプタ一 1、設問映像に相当する区間がチャプター 2、 ヒント映像に相当する区間がチャプター 3になる。ここで正解映像の先頭は PLMark [3]により指定されていたが、 PLMark [3]の先頭は LinkPointなので、この 正解映像の先頭はチャプターの先頭にならない。故に正解映像の先頭ピクチャは、 PLraarkにより指定されつつも、チャプターの先頭にはなりえない。

このように複数チャプターに分割された AVCl ipにおいて、頭出しがどのように 行われるは図 1 9〜図 2 1に示すものとなる。図 1 9は、ユーザスキップによる 頭出しを想定した図である。

本図における矢印は、ユーザ操作に基づくユーザスキップを模式的に示す。そ のためユーザスキップによる頭出し時では、教材映像、設問映像、ヒント映像の 先頭ピクチャが順次表示されることになる。一方正解映像は、 PLmarkにより指定 されていながら、 MarkTypeが LinkPointであるので、ユーザスキップ時に正解映 像の先頭ピクチャが表示されることはない。

図 2 0は、チャプターサーチによる頭出しを想定した図である。本図の破線矢 印は、チャプターサーチによる頭出しを象徴的に示す。チャプターサーチにおい ても、 MarkTypeが EntryMarkに設定された教材映像、設問映像、ヒント映像の先 頭ピクチャには頭出しが可能になるが、 MarkTypeが LinkPointに設定された正解 映像の先頭ピクチャには頭出しできない。 MarkTypeの設定により、 EntryMarkに は頭出しするが、 LinkPoint には頭出ししないようにォーサリング担当者は設定 を行うことができる。これによりォーサリング担当者が意図していないような頭 出しを避けることができる。

図 2 1は、ポタンコマンドによる頭出しを示す図である。本図における矢印は、 ボタンコマンドによる頭出しを象徴的に示す。ポタンコマンドの頭出し位置が PLMark [3]であれば、この PLMark [3]で指示される正解映像の先頭ピクチャに頭出 しすることになる。これによりボタンコマンドの実行時には、正解映像の先頭か ら再生が開始されることになる。

以上のように、 LinkPointの PLmarkにより指定された時点は、ユーザスキップ やチャプターサーチでは頭出しできないが、ポタンコマンドによる頭出しは可能 になる。以上の PLmark設定により、正解映像の先頭ピクチャは、ユーザスキップ やチャプターサーチでは再生されず、ボタンコマンドからは再生されるので、正 解映像を隠しておくことができる。

PLMarkは PL毎に存在するので、ある AVCl ipが複数の PLにより参照されてい る場合、参照する側の PLが変われば PLmarkにより指定されるピクチャも変わる。 従ってボタンコマンドのオペランドにおけるマーク番号により、どの時点に頭出 しされるかは、 AVCl ipを参照している PL如何によつて変わってくる。そのため 制作者は、ある PLでは、ある時点の映像への頭出しを許可するが、別の PLでは、 その時点の映像への頭出しを認めないという作り分けを容易に行うことができる。 以上説明した Display Set (ICS、 PDS、 0DS)のデータ構造は、プログラミング言 語で記述されたクラス構造体のィンスタンスであり、ォーサリングを行う制作者 は、 Blu- ray Prerecording Format の文法に従ってこのクラス構造体を記述する ことにより、 BD-R0M上のこれらのデータ構造を得ることができる。

以上が本発明に係る記録媒体の実施形態である。続いて本発明に係る再生装置 の実施形態について説明する。図 2 2は本発明に係る再生装置の内部構成を示 す図である。本発明に係る再生装置は、本図に示す内部に基づき、工業的に生産 される。本発明に係る再生装置は、主としてシステム LSIと、ドライブ装置、マ ィコンシステムという 3つのパーツからなり、これらのパーツを装置のキャビネ ット及び基板に実装することで工業的に生産することができる。システム LSIは、 再生装置の機能を果たす様々な処理部を集積した集積回路である。こうして生産 される再生装置は、 BD ドライブ 1、 Read Buffer 2 , PIDフィルタ 3、 Transport Buffer 4 a, b, c. 周辺回路 4 d、ビデオデコーダ 5、ビデオプレーン 6、オーディ ォデコーダ 7、グラフィクスプレーン 8、 CLUT部 9、加算器 1 0、グラフィクス デコーダ 1 2、 Coded Dataバッファ 1 3、周辺回路 1 3 a、 Stream Graphicsプロ セッサ 1 4、 Object Buffer 1 5、 Composi ti onバッファ 1 6、 Graphicsコント口 ーラ 1 7、 ϋθコントローラ 1 8、プレーヤレジスタ群 1 9、制御部 2 0から構成 される。

BD-R0M ドライブ 1は、 BD- ROM のローデイングノリード/イジヱクトを行い、 BD-R0Mに対するアクセスを実行する。

Read Buffer 2は、 FIFOメモリであり、 BD- ROMから読み出された TSバケツトが 先入れ先出し式に格納される。

PIDフィルタ 3は、 Read Buffer 2から出力される複数 TSパケットに対してフ ィルタリングを施す。 PIDフィルタ 3によるフィルタリングは、 TSパケットのう ち、所望の PIDをもつもののみを Transport Buffer 4 a, b, cに書き込むことでな される。 PID フィルタ 3によるフィルタリングでは、バッファリングは必要では ない。従って PID フィルタ 3に入力された TS バケツトは、時間遅延なく Transport Buffer4 a, b, cに書き込まれる。

Transport Buffer4 a, b, cは、 PIDフィルタ 3から出力された TSバケツトを先 入れ先出し式に格納しておくメモリである。

周辺回路 4 dは、 Transport Buffer4 aから読み出された TSバケツトを、機能 セグメントに変換する処理を行うワイアロジックである。変換により得られた機 能セグメントは Coded Dataバッファ 1 3に格納される。

ビデオデコーダ 5は、 PIDフィルタ 3から出力された複数 TSパケットを復号し て非圧縮形式のピクチャを得てビデオプレーン 6に書き込む。

ビデオプレーン 6は、動画用のプレーンである。

オーディオデコーダ 7は、 PIDフィルタ 3から出力された TSバケツトを復号し て、非圧縮形式のオーディオデータを出力する。

グラフィクスプレーン 8は、一画面分の領域をもったメモリであり、一画面分 の非圧縮グラフィクスを格納することができる。

CLUT部 9は、グラフィクスプレーン 8に格納された非圧縮グラフィクスにおけ るインデックスカラ一を、 PDSに示される Y,Cr,Cb値に基づき変換する。

加算器 1 0は、 CLUT部 9により色変換された非圧縮グラフイクスに、 PDSに示 される T値 (透過率)を乗じて、ビデオプレーン 6に格納された非圧縮状態のピク チヤデータと画素毎に加算し、合成画像を得て出力する。

グラフィクスデコーダ 1 2は、グラフィクスストリームをデコードして、非圧 縮グラフィクスを得て、これをグラフィクスオブジェクトとしてグラフィクスプ レーン 8に書き込む。グラフィクスストリームのデコードにより、字幕やメニュ 一が画面上に現れることになる。このグラフィクスデコーダ 1 2は、 Coded Data ノッファ 1 3、周辺回路 1 3 a、 Stream Graphicsプロセッサ 1 4、 Object Buffer 1 5、 Compositionバッファ 1 6、 Graphicsコントローラ 1 7から構成される。

Code Data Buffer 1 3は、機能セグメントが DTS、 PTSと共に格納されるバッフ ァである。かかる機能セグメントは、 Transport Buffer 4 a に格納されたトラン スポートストリームの各 TSパケットから、 TSバケツトヘッダ、 PESバケツトへッ ダを取り除き、ペイロードをシーケンシャルに配列することにより得られたもの である。取り除かれた TSバケツトヘッダ、 PESバケツトヘッダのうち、 PTS/DTS は、 PESバケツトと対応付けて格納される。

周辺回路 1 3 aは、 Coded Dataバッファ 1 3 -Stream Graphicsプロセッサ 1

4間の転送、 Coded Dataバッファ 1 3 -Compositionバッファ 1 6間の転送を実 現するワイヤロジックである。この転送処理において現在時点が 0DSの DTSに示 される時刻になれば、 0DSを、 Coded Dataパッファ 1 3から Stream Graphicsプ 口セッサ 1 4に転送する。また現在時刻が ICS PDSの DTSに示される時刻になれ ば、 ICS, PDSを Composi tionパッファ 1 6に転送するという処理を行う。

Stream Graphics Processor 1 4は、 0DSをデコ一ドして、デコードにより得ら れたィンデックスカラーからなる非圧縮状態の非圧縮グラフィクスをグラフイク スォプジヱクトとして Object Buffer 1 5に書き込む。この Stream Graphicsプ 口セッサ 1 4によるデコードは、 0DSに関連付けられた DTSの時刻に開始し、 0DS に関連付けられた PTSに示されるデコ一ド終了時刻までに終了する。上述したグ ラフィックスオブジェクトのデコードレート Rdは、この Stream Graphicsプロセ ッサ 1 4の出力レートである。

Object Buffer 1 5には、 Stream Graphicsプロセッサ 1 4のデコードにより得 られたグラフィクスオブジェクトが配置される。

Compositionバッファ 1 6は、 ICS、 PDSが配置されるメモリである。

Graphicsコントローラ 1 7は、 Compositionバッファ 1 6に配置された ICSを 解読して、 ICSに基づく制御をする。

U0コントローラ 1 8は、リモコンや再生装置のフロントパネルに対してなされ たユーザ操作を検出して、ユーザ操作を示す情報(以降(JOOJser Operation)とい う)を制御部 2 0に出力する。

プレーヤレジスタ群 1 9は、制御部 2 0に内蔵されるレジスタであり、 32個の Player Status Registerと、 32個の General Purppose Registerとからなる cPlayer Status Registerの設定値 (PSR)がどのような意味をもっかは、以下に示す通りで ある。以下の PSR(x)という表記は、 X番目の Player Status Registerの設定値を 意味する。

PSR(O) : Reserved

PSR(l) : デコード対象たるオーディオストリーム

のストリーム番号

PSR(2) : デコード対象たる副映像ストリームのストリーム番号

P f. SR(3) ユーザによるアングル設定を示す番号

PSR(4o o) 現在再生対象とされているタイトルの番号

PSR(5) 現在再生対象とされている Chapterの番号

PSR(6) 現在再生対象とされている PLの番号

PSR(7) 現在再生対象とされている Playltemの番号

AVCl ip時間軸における再生時点を示す力レント PTM

PSR(9) ナピゲ一シヨンタイマのカウント値

現在セレクテツド状態にあるボタンの番号

PSR(11)〜(12) Reserved

PSR(13) ユーザによるパレンタルレベルの設定

PSR(14) 再生装置の映像再生に関する設定

PSR(15) 再生装置の音声再生に関する設定

PSR(16) 再生装置における音声設定を示す言語コード

PSR07) 再生装置における字幕設定を示す言語コード

PSR(18) メニュー描画のための言語設定

PSR(19)〜(63) Reserved

制御部 2 0は、グラフィクスデコーダ 1 2との双方向のやりとりを通じて、統 合制御を行う。制御部 2 0からグラフィクスデコーダ 1 2へのやりとりとは、 U0 コントローラ 1 8が受け付けた U0を、グラフィクスデコーダ 1 2に出力すること である。グラフィクスデコーダ 1 2から制御部 2 0へのやりとりとは、 ICS に含 まれるポタンコマンドを制御部 2 0に出力することである。

以上が再生装置の内部構成である。続いて制御部 2 0及びグラフィクスデコー ダ 1 2を、どのようにして実装するかについて説明する。制御部 2 0は、図 2 3 〜図 2 5の処理手順を行うプログラムを作成し、汎用 CPUに実行させることによ り実装可能である。以降、図 2 3〜図 2 5を参照しながら、制御部 2 0の処理手 順について説明する。

図 2 3は、制御部 2 0による PLに基づく再生手順を示すフローチャートである。 本フローチャートにおいて処理対象たる Playl temを Plyとする。本フローチヤ ートは、カレント PL情報(. rnpls)の読み込みを行い(ステップ S 1 )、カレント PL 情報の先頭の PI 情報を Ply にする(ステップ S 2 )。そして Ply の Cl ip— information_fi le— nameで指定される Cl ip情報を読み込む(ステップ S 3 )。 ステップ S 4は、 Plyの In_tinieから Plyの Out— timeまでの読み出しと、デコ ードを、 BD ドライブ 1 ビデオデコーダ 5 オーディオデコーダ 7、グラフイク スデコーダ 1 2に命じる。以上のステップ S 3〜ステップ S 4により、 AVCl i に おいて、 Plyにより指示されている部分の再生がなされることになる。

その後、ステップ S 5を経て、ステップ S 6において Plyがカレント PLの最後 の PIであるかを判定し、もし違うならカレント PLにおける次の PIを、 Pl にし て(ステップ S 7 )、ステップ S 3に戻る。以上のステップ S 3〜ステップ S 7を 繰り返すことにより、 PLを構成する PUま順次再生されることになる。

ステップ S 5は、ユーザオペレーション受け付け時の処理であり、この処理の 詳細手順は図 2 4に示されている。

図 2 4は、ユーザオペレーション受け付け時の処理手順を示すフローチャート である。本フローチャートは、ステップ S 1 5が Yesと判定されるまで、ステツ プ S 1 2〜ステップ S 1 5の処理を繰り返すループ処理を形成している。

ステップ S I 1は、ユーザにより SkipNextキ一、 SkipBackキーの押下がなさ れたか否かの判定であり、もしそうであるなら、図 2 5のステップ S 2 1〜ステ ップ S 3 3の手順に従い、頭出しを行う。

ステップ S 2 1は、カレント PLMarkを得る。ここで PL再生時間軸において、 現在の再生時点は、 PSR(7)に示される力レント PI番号、及び、 PSR(8)に示される カレント PTMにより表されているので、これらを変換することにより、カレント Mark情報を得る。ステップ S 2 2は、押下されたのが SkipNextキーであるか、 SkipBackキーであるかの判定であり、 SkipNextキ一であるならステップ S 2 3に おいて方向フラグを +1に設定し、 SkipBackキーであるならステップ S 2 4におい て方向フラグを- 1に設定する。

ステップ S 2 5は、カレント PLMarkの番号に方向フラグの値を足した番号を、 カレント PLMarkの番号として設定する。ここで SkipNextキーであるなら方向フ ラグは +1 に設定されているので力レント PLMarkはインクリメントされることに なる。 SkipBackキーであるなら方向フラグは- 1に設定されているので、力レント PLMarkはデクリメントされることになる。

ステップ S 2 6は、カレント PLMarkの mark— typeが Entry- markであるか否か の判定であり、もし異なるなら、ステップ S 2 5に戻る。ステップ S 2 5が再度 実行されることにより、カレント PLMarkは次の Mark情報を示すことになる。そ のためカレント Mark情報で指示される頭出し位置が L i nkPo i ntであるなら-,その 次の Mark情報により指示されている時点が、頭出し位置になる。

ステップ S 2 7〜ステップ S 3 3は、カレント Mark情報に基づく読出手順及ぴ 再生手順を示す。ここでの読出手順の読出範囲は、開始アドレス u、終了アドレ ス wにて特定されるステップ S 2 7は、カレント PLMarkの ref—to_PlayIteffl_W に記述されている PI を、 Ply に設定し、ステップ S 2 8は、 Ply の Cl ip—information— f i le— nameで指定される Cl ip情報を読み込む。ステップ S 2 9は、カレント CI ip情報の EPjnapを用いて、カレント PLMarkの mark_tinie_stanip を、 I ピクチャアドレス u に変換する。一方ステップ S 3 0は、 Plyの Out— time を,カレント Cl ip情報の EPjiapを用いて, Iピクチャアドレス vに変換する。 Ply の Out_timeに相当するピクチャデータのデコードを行うには、アドレス vに位置 する Iピクチャだけでは足りず、 Plyの Out_timeに後続するピクチャデータも必 要となる。何故なら、 Plyの Out_timeに相当するピクチャデータは、未来方向の ピクチャデータを参照している可能性があるからである。そのため、ステップ S 3 1ではァドレス Vに存在する Iピクチャの次の I ピクチャァドレスの 1つ手前 をァドレス wにする。

アドレス wを算出した後、ステップ S 3 2において Iピクチャアドレス uから アドレス wまでの TSバケツトの読み出しを BD ドライブ 1に命じる。ステップ S 3 3は、カレント PLMarkの mark_ti me— stampから Plyの Out_timeまでの出力を デコーダに命じる。以上のステップ S 2 7〜ステップ S 3 3により、 AVCl ipのう ち、 Plyに属する部分の再生がなされることになる。

図 2 4のステップ S 1 2は、ユーザによりチャプターサーチがなされたか否か の判定である。もしそうであれば、ステップ S 1 6において、ユーザにより数値 入力されたチャプター番号に相当する PLMarkを力レント Mark情報にし、ステツ プ S 1 7において方向フラグを 1に設定して、図 2 5のステップ S 2 6に移行す る。

ステップ S 1 3は、ユーザにより押下されたのが、 MoveUP/Down/Left/Rightで

あるかの判定であり、もしそうであれば、ステップ S 1 8において移動方向に存 在するポタンを、力レントボタンに設定してステップ S 1 5に移行する。

ステップ S 1 4は、力レントボタンがァクティベートされたか否かの判定であ り、もしそうであれば図 2 5のステップ S 3 6〜ステップ S 4 0を実行する。ス テツプ S 3 6〜ステップ S 4 0は、カレントポタンに対応するポタンコマンドの それぞれについて繰り返すループ処理を形成している(ステップ S 3 6、ステップ S 3 7 )。

ステップ S 3 8は、ポタンコマンドがリンクコマンドであるか否かの判定であ り、もしそうでないならボタンコマンドを実行する。もしリンクコマンドである なら、リンク先に指定されている Mark情報をカレント Mark情報に設定してステ ップ S 2 7に移行する。ステップ S 2 7に移行することにより、カレント Mark 情報の力レント PLMarkの mark一 time— stampから Plyの Out—timeまでの出力がな されることになる。

以上のように本実施形態によれば、マーカ情報における属性を規定することに より、ュ一ザスキップによる頭出しの対象にはならないが、分岐コマンドによる 頭出しの対象になり得る頭出し位置を規定することができる。これにより、ユー ザが何度もユーザスキップを実行したとしても、正解映像に迪り着かないように、 ォーサリング時に規定しておくことができる。

更に、ユーザスキップをユーザに行わせることで、好きな教材や設問、ゃヒン トをユーザに選ばせつつも、肝心の正解については、ユーザに隠蔽しておくとい う再生制御、つまり、 AV機能の利点を活かした新たな再生制御が可能になるので、 制作者にとつての恩恵は大きい。

(第 2実施形態)

本実施形態は、 BD- ROMの製造工程に関する実施形態である。図 2 6は、第 2施 形態に係る BD-R0Mの製造工程を示すフローチャートである。

BD-R0Mの制作工程は、動画収録、音声収録等の素材作成を行う素材制作工程 S 2 0 1、ォーサリング装置を用いて、アプリケーションフォーマツトを生成する ォーサリング工程 S 2 0 2、 BD-R0M の原盤を作成し、プレス ·貼り合わせを行つ て、 BD-R0Mを完成させるプレス工程 S 2 0 3を含む。

これらの工程のうち、 BD- ROMを対象としたォーサリング工程は、以下のステツ

プ S 2 0 4〜ステップ S 2 1 0を含む。

ステップ S 2 0 4において Playltemを記述し、ステップ S 2 0 5において PL 時間軸上において、頭出し位置にしたいピクチャが現れる時点を示す PLMarkを記 述する。ステップ S 2 0 6では、頭出し位置にしたいピクチャが現れる時点の、 属性を示す mark— type を PLMark に設定し、ステップ S 2 0 7では、記述した PLMarkを、複数 Playltemと一体化して、 PL清報を生成する。ステップ S 2 0 8で は、 LinkPointとなる PLMarkを分岐先とした l inkコマンドを有する ICSを記述する。 ステップ S 2 0 9では、 ICS,グループ化されたグラフィクスデータを一体化さ せて、グラフィクスストリームを生成する。グラフィクスストリームが得られれ ば、ステップ S 2 1 0においてグラフィクスストリームを別途生成されたビデオ ストリーム、オーディオストリームと多重して MCl ipを得る。 AVCl ipが得られ れば、ステップ S 2 1 1において、 PL情報、 Cl ip情報及び AVCl ipを BD-R0Mのフ ォーマツ卜に適合させることにより、アプリケーションフォーマツトが完成する。 (備考)

以上の説明は、本発明の全ての実施行為の形態を示している訳ではない。下記 (A) (B) (0 (D)……の変更を施した実施行為の形態によつても、本発明の実施は可 能となる。本願の請求項に係る各発明は、以上に記載した複数の実施形態及び T それらの変形形態を拡張した記載、ないし、一般化した記載としている。拡張な いし一般化の程度は、本発明の技術分野の、出願当時の技術水準の特性に基づく。

(A)第 1実施形態に示した PL情報、 C 1 i p情報は、いわゆる静的シナリオである。 この静的シナリオの他に動的シナリオを BD-R0Mに記録してもよい。動的なシナリ ォとは、 AVCl ipの動的な再生制御手順を示すコマンド列である。動的な再生制御 手順とは、装置に対するユーザ操作に応じて変化するものであり、プログラム的 な性質をもつ。ここでの動的な再生制御には、 2つのモードがある。 2つのモード のうち 1つは、 AV機器特有の再生環境で、 BD-R0Mに記録された動画データを再生 するモード(ノーマルモード)であり、もう 1つは BD- ROMに記録された動画データ の付加価値を高めるモード(ェンハンスドモ一ド)である。このェンハンスドモー ドにおいて、 Java言語、ページ記述言語で、再生制御手順を記述することができ る。

そしてこの動的シナリオから、 PL内の任意の LinkPointや、任意の EntryMark に分岐を行うよう、再生制御手順を記述してもよい。ここでの分岐には、広域的 な分岐を行うナビコマンドが用いられる。かかるナビコマンドには、 PlayPLatMark コマンドがある。このコマンドは、オペランドに指定される番号を、マーク番号 と解釈して、そのマーク番号の Mark情報を用いた頭出しを再生装置に命じるコ マンドである。かかる PlayPLatMarkコマンドを用いることにより、 Java言語、 ぺ―ジ記述言語で記述されたプログラムから、 PLの途中へと分岐するという再生 制御を実現することができる。

(B)全ての実施形態では、本発明に係る記録媒体を BD- ROMとして実施したが 本発明の記録媒体は、記録されるグラフィクスストリームに特徴があり、この特 徴は、 BD- ROMの物理的性質に依存するものではない。グラフィクスストリームを 記録しうる記録媒体なら、どのような記録媒体であってもよい。例えば、 DVD-ROM, DVD-RAM, DVD-RW, DVD-R, DVD+RW, DVD+B, CD-R, CD-RW 等の光ディスク、 PD. M0等の光磁気ディスクであってもよい。また、コンパクトフラッシユカ一ド、 スマートメディア、メモリスティック、マルチメディアカード、 PCM- CIA カード 等の半導体メモリ カードであってもよい。フレシキブルディスク、 SuperDisk. Zip. Cl ik !等の磁気記録ディスク(i)、 ORB, Jaz, SparQ, SyJet, EZFley, マイクロドライブ等のリムーバルハードディスクドライブ(i i)であってもよい。 更に、機器内蔵型のハードディスクであってもよい。

(C)全ての実施形態における再生装置は、 BD-R0Mに記録された AVCl ipをデコ一 ドした上で TVに出力していたが、再生装置を BD-R0M ドライブのみとし、これ以 外の構成要素を TVに具備させてもい、この場合、再生装置と、 TVとを IEEE1394 で接続されたホームネットワークに組み入れることができる。また、実施形態に おける再生装置は、テレビと接続して利用されるタイプであつたが、ディスプレ ィと一体型となった再生装置であってもよい。更に、各実施形態の再生装置にお いて、処理の本質的部分をなすシステム LSI (集積回路)のみを、実施としてもよ い。これらの再生装置及び集積回路は、何れも本願明細書に記載された発明であ るから、これらの何れの態様であろうとも、第 1実施形態に示した再生装置の内 部構成を元に、再生装置を製造する行為は、本願の明細書に記載された発明の実 施行為になる。第 1実施形態に示した再生装置の有償'無償による譲渡 (有償の場 合は販売、無償の場合は贈与になる)、貸与、輸入する行為も、本発明の実施行為

である。店頭展示、カタログ勧誘、パンフレット配布により、これらの譲渡や貸 渡を、一般ユーザに申し出る行為も本再生装置の実施行為である。

(D)各フ口一チャートに示したプログラムによる情報処理は、ハードゥヱァ資源 を用いて具体的に実現されていることから、上記フローチャートに処理手順を示 したプログラムは、単体で発明として成立する。全ての実施形態は、再生装置に 組み込まれた態様で、本発明に係るプログラムの実施行為についての実施形態を 示したが、再生装置から分離して、第 1実施形態に示したプログラム単体を実施 してもよい。プログラム単体の実施行為には、これらのプログラムを生産する行 為 ωや、有償'無償によりプログラムを讓渡する行為 (2)、貸与する行為 (3)、輸 入する行為 (4)、双方向の電子通信回線を介して公衆に提供する行為 (5)、店頭、 カタログ勧誘、パンフレット配布により、プログラムの譲渡や貸渡を、一般ユー ザに申し出る行為(6)がある。

(Ε)各フローチャートにおいて時系列に実行される各ステップの「時」の要素を、 発明を特定するための必須の事項と考える。そうすると、これらのフローチヤ一 トによる処理手順は、再生方法の使用形態を開示していることがわかる。各ステ ップの処理を、時系列に行うことで、本発明の本来の目的を達成し、作用及び効 果を奏するよう、これらのフローチャートの処理を行うのであれば、本発明に係 る記録方法の実施行為に該当することはいうまでもない。

(F)BD-ROMに記録するにあたって、 AVCl ipを構成する各 TSバケツトには、拡張 ヘッダを付与しておくことが望ましい。拡張ヘッダは、 TP— extrajieader と呼ば れ、『Arribval— Time— St卿』と、『copy— permission— indicatorj とを含み 4ノィ トのデータ長を有する。 TP_extra— header付き TSパケット(以下 EX付き TSパケ ットと略す)は、 32個毎にグループ化されて、 3 つのセクタに書き込まれる。 32 個の EX付き TSパケットからなるグループは、 6144バイト(=32 X I 92)であり、こ れは 3個のセクタサイズ 6144パイト(=2048 x 3)と一致する。 3個のセクタに収め られた 32個の EX付き TSパケットを" Al igned Unit" という。

IEEE1394を介して接続されたホームネットワークでの利用時において、再生装 置は、以下のような送信処理にて Al igned Uni tの送信を行う。つまり送り手側の 機器は、 Al igned Unit に含まれる 32個の EX付き TSバケツトのそれぞれから TP— extrajieaderを取り外し、 TSバケツト本体を DTCP規格に基づき暗号化して出

力する。 TSパケットの出力にあたっては、 TSパケット間の随所に、 isochronous バケツトを揷入する。この挿入箇所は、 TP_extra_headerの Arribval— Time_Stamp に示される時刻に基づいた位置である。 TS バケツトの出力に伴い、再生装置は DTCP— Descriptorを出力する。 DTCPJtescriptorは TP一 extra— headerにおけるコ ピー許否設定を示す。ここで「コピー禁止」を示すよう DTCP— Descriptorを記述 しておけば、 IEEE1394を介して接統されたホームネットワークでの利用時におい て TSバケツトは、他の機器に記録されることはない。

(G)各実施形態におけるデジタルストリームは、 BD-R0M規格の AVC1 ipであった が、 DVD-Video規格、 DVD- Video Recording規格の V0B(Video Object)であっても よい。 V0B は、ビデオストリーム、オーディオストリームを多重化することによ り得られた IS0/IEC13818- 1規格準拠のプログラムストリームである。また AVCl ip におけるビデオストリームは、 MPEG4や WMV方式であってもよい。更にオーディ ォストリームは、 Linear- PCM方式、 Dolby- AC3方式、 MP3方式、 MPEG- AAC方式、 DTS方式であってもよい。

(H)各実施形態における映画作品は、アナ口グ放送で放送されたアナ口グ映像信 号をエンコードすることにより得られたものでもよい。デジタル放送で放送され たトランスポートストリームから構成されるストリームデータであってもよい。 またビデオテープに記録されているアナ口グノデジタルの映像信号をェンコ一 ドしてコンテンツを得ても良い。更にビデオカメラから直接取り込んだアナログ /デジタルの映像信号をエンコードしてコンテンツを得ても良い。他にも、配信 サーバにより配信されるデジタル著作物でもよい。

(I)第 1実施形態〜第 2実施形態に示したグラフィックスオブジェクトは、ラン レングス符号化されたラス夕データである。グラフィックスォブジェクトの圧縮' 符号化方式にランレンダス符号方式を採用したのは、ランレンダス符号化は字幕 の圧縮 '伸長に最も適しているためである。字幕には、同じ画素値の水平方向の連 続長が比較的長くなるという特性があり、ランレンダス符号化による圧縮を行え ば、高い圧縮率を得ることができる。また伸長のための負荷も軽く、復号処理の ソフトゥヱァ化に向いている。デコードを実現する装置構成を、字幕—グラフィ ックスォブジェクト間で共通化する目的で、字幕と同じ圧縮'伸長方式をグラフィ ックスオブジェクトに採用している。しかし、グラフィックスオブジェクトにラ

ンレングス符号化方式を採用したというのは、本発明の必須事項ではなく、グラ フィックスォブジェクトは PNGデータであってもよい。またラスタデータではな くべクタデータであってもよい、更に透明な絵柄であってもよい。

(J)第 1実施形態において PLMarkの Mark— Typeはチヤプタ一サーチ、ユーザ スキップ、 Linkコマンドによるリンクの何れもが可能であるか (EntryMark)、 Link コマンドによるリンクのみが可能であるか (LinkPoint)を示したが、他の属性を示 してもよい。例えば PLMarkに複数のフラグを設け、個々のフラグに、チャプター サーチが可能か否か(1) -, ユーザスキップが可能か否か(2) , Linkコマンドによる リンクが可能か否か (3)を個別に示させてもよい。

以上のような変更実施が可能であるとしても、本願の特許請求の範囲に係る各 発明は、従来技術の技術的課題を解決するための手段を反映したものであるから、 請求項に係る各発明の技術範囲は、従来技術の技術的課題解決が当業者により認 識される技術範囲を超えることはない。故に、本願の請求項に係る各発明は、詳 細説明の記載と、実質的な対応関係を有する。

符号の説明

1 BD ドライブ

2 Read Buffer

3 PIDフィルタ

4 TBバッファ

5 ビデオデコーダ

6 ビデオプレーン

7 オーディォデコーダ

8 グラフィクスプレーン

9 CLUT部

1 0 加算器

1 グラフィクスデコーダ

1 3 Coded Data Buffer

1 4 Stream Graphics プロセッサ

1 6 Composition バッファ

1 7 Graphicsコントローラ

1 8 UOコントローラ

1 9 プレーヤレジスタ群

2 0 制御部

2 0 0 再生装置

3 0 0 テレビ

4 0 0 リモコン

産業上の利用可能性

本発明に係る記録媒体、再生装置は、対話機能に、 AV機能の有為性を取り入れ ることができるので、より付加価値が高い映画作品を市場に供給することができ、 映画市場や民生機器市場を活性化させることができる。故に本発明に係る記録媒 体、再生装置は、映画産業や民生機器産業において高い利用可能性をもつ。