Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Une partie du contenu de cette demande n'est pas disponible pour le moment.
Si cette situation persiste, contactez-nous auObservations et contact
1. (WO1993017890) DISPOSITIF DE FREINAGE ET DE PRODUCTION DE PUISSANCE AUXILIAIRE DESTINE A UN MOTEUR A COMBUSTION INTERNE
Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

請求の範囲

1 . 内燃機関の回転軸に連結されたかご形多相誘導機と、蓄電手段と、前記かご 形多相誘導機の多相交流回路と前記蓄電手段の直流回路とを双方向に電気工ネル ギを変換して結合するィンバータ回路と、このィンバータ回路を制御する制御回 路とを備えた内燃機関の制動および補助動力装置において、

前記蓄電手段が静電容量回路であることを特徴とする内燃機関の制動および補

2. 前記内燃機関の回転軸と前記かご形多相誘導機の回転軸とが直結され、 前記制御回路には、前記かご形多相誘導機を前記内燃機関の補助動力装置とす る加速モードでは前記かご形多相誘導機に前記内燃機関の回転速度を越える速度 の回転磁界を与え、前記かご形多相誘導機を前記内燃機関の制動装置とする減速 モードでは前記かご形多相誘導機に前記内燃機関の回転速度を下回る速度の回転 磁界を与えるように前記ィンバータ回路を制御する手段を含み、

前記ィンバータ回路は、前記加速モードでは前記蓄電手段に蓄積された電気工 ネルギの直流出力を前記かご形多相誘導機に多相交流出力として与え、前記減速 モードでは前記かご形多相誘導機の多相交流出力エネルギを直流出力として前記 蓄電手段に与える回路手段を含む

請求項 1記載の内燃機関の制動および補助動力装置。

3. 前記静電容量回路は、単位コンデンサが複数個電気的に直列接続された直列 回路がさらに複数電気的に並列接続された請求項 1または 2記載の内燃機関の制 動および補助動力装置。

4. 前記内燃機関は自動車に搭載された車軸駆動用の内燃機関であり、前記単位 コンデンサがその自動車に分散配置された請求項 3記載の内燃機関の制動および 補助動力装置。

5. 前記静電容量回路に昇圧降圧変換器を介して前記ィンバータ回路の直流端子 電圧より低、端子電圧の蓄電池が接続され、

前記昇圧降圧変換器は前記制御回路により制御される

請求項 1または 2記載の内燃機関の制動および補助動力装置。

6. 請求項 5記載の内 i然機関の制動および補助動力装置において、

前記制御回路の制御モードは、

前記内燃機関の停止状態で前記静電容量回路に前記蓄電池のエネルギを昇圧降 圧変換器により昇圧変換して充電させる初期充電モードと、

前記内燃、機関の始動時に前記静電容量回路に蓄電されたエネルギを前記ィンバ —タ回路を介して前記かご形多相誘導機に交流電流として与え前記かご形多相誘 導機を TO機として作動させる始動モードと、

前記自動車の制動時に前記かご形多相誘導機を発電機として作動させ前記かご 形多相誘導機の出力交流電流を前記ィンバータ回路を介して前記静電容量回路に 充電電流として供給する減速モードと、

前記自動車の加速時に前記かご形多相誘導機を電動機として作動させ前記静電 容量回路に蓄電されたエネルギを前記ィンバータ回路を介して前記かご形多相誘 導機に交流電流として供給する加速モードと .

を含むことを特徵とする自動車の制動および補助動力装置。

7. 前記制御回路の各制御モードに加えて、さらに

前記内燃機関の暧機運転中に前記かご形多相誘導機を発電機として作動させ前 記かご形多相誘導機の出力交流電流を前記ィンバータ回路を介して前記静電容量 回路に充電電流として供給する暧機モ一ドと、

前記内燃機関の運転中に前記静電容量回路の端子電圧が所定値以下に低下した ときに前記かご形多相誘導機を発電機として作動させ前記かご形多相誘導機の出 力交流電流を前記ィンバータ回路を介して前記静電容量回路に充電電流として供 給する補充充電モードと

を含む請求項 6記載の自動車の制動および補助動力装置。

8. 前記蓄電池の端子電圧は前記自動車の標準電気装備の定格電圧である請求項 5記載の自動車の制動および補助動力装置。

9. 前記静電容量回路に双方向 D C · D Cコンバータを介して前記ィンバ一タ回 路の直流端子電圧より低ヽ端子電圧の蓄電池が接続され、

その双方向 D C · D Cコンバータにはそのスィツチング素子を開閉制御してェ ネルギの伝達方向を制御するコンバータ制御回路を含む

請求項 1または 2記載の内燃機関の制動および補助動力装置。

10. 前記蓄電池の一端となる低電圧側の共通電位と、前記静電容量回路の一端と なる高電圧側の共通電位とは切り離され、

前記ィンバータ制御回路の共通電位は前記高電圧側の共通電位に接続され、 前記ィンバータ制御回路の制御入力点にホトカブラを含む共通電位分離回路を 備えた

請求項 9記載の内燃機関の制動および補助動力装置。

11. 前記低電圧側の共通電位は内燃機関の電位に接続された請求項 1 0記載の内 燃機関の制動および補助動力装置。

12. 前記コンバータ制御回路はその制御モードとして、前記静電容量回路に記 蓄電池のエネルギを前記 D C · D Cコンバータにより変換して充電させる初期充 電モードと、前記静電容量回路の端子電圧が所定値を越えるときにその静電容量 回路の蓄電エネルギを前記 D C ' D Cコンバータにより変換して前記蓄電池に充 電させる電池充電モードを含む請求項 1 1記載の内燃機関の制動および補助動力

13. 前記インバ一タ回路、前記インバータ制御回路および前記静電容量回路は電 気絶縁体により包まれ、車体電位に接続された金属容器に収容された構造'である 請求項 1 1記載の内燃機関の制動および補助動力装置。