Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Une partie du contenu de cette demande n'est pas disponible pour le moment.
Si cette situation persiste, contactez-nous auObservations et contact
1. (WO1993017485) MOTEUR EQUIPE D'UN MOYEN DE REFROIDISSEMENT DU STATOR
Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

請求の範囲

1 . ハウジングと、

前記ハウジングの内側に固定され、内周部に複数のスロットを有 した略円筒状の積層ステ一夕コア、及び該積層ステ一夕コアの該ス 口ットの各々に巻設される複数の励磁巻線を有したステ一夕と、 前記ステ一タの内側に回転可能に配置されるロータと、

少なくとも前記積層ステ一夕コアの軸線方向全長と、該積層ステ 一夕コァの軸線方向両端面から突出する前記励磁巻線のコイルェン ド部の突出長との合計長さ部分に互って、前記ハウジング及び Z又 は前記積層ステ一夕コアの内部に延設され、冷却媒体を通す冷却媒 体通路と、

耐熱性樹脂材料に、熱伝導性に優れかつ電気絶縁性を有する粒状 材料を混入してなる熱伝導性複合樹脂材料から形成され、前記複数 の励磁巻線を被覆するとともに、前記積層ステ一夕コアのスロット の内壁面及び前記ハウジングの内壁面に接触する伝熱部材、 とを具備して構成されるステ一夕冷却手段を備えた電動機。

2 . 前記伝熱部材は、溶融状態の前記熱伝導性複合樹脂材料を、 前記複数の励磁巻線と前記積層ステータコアの複数のスロットの内 壁面及び前記ハウジングの内壁面との間の各隙間に注入し、硬化成 型される請求項 1に記載のステ一夕冷却手段を備えた電動機。

3 . 前記伝熱部材は、前記複数の励磁巻線と前記積曆ステ一夕コ ァの複数のスロットの内壁面及び前記ハウジングの内壁面との間の 各隙間に前記粒状材料を充塡し、かつ該粒状材料に溶融状態の前記 耐熱性樹脂材料を注入して硬化成型された前記熱伝導性複合樹脂材 料からなる請求項 1に記載のステ一夕冷却手段を備えた電動機。

4 . 前記伝熱部材の熱伝導性複合樹脂材料に混入される前記粒状 材料は、酸化アルミ二ゥムの粒子群からなる請求項 1〜 3のいずれ か 1つに記載のステ一夕冷却手段を備えた電動機。

5 . 前記ハウジングは、前記積層ステ一夕コアを軸線方向へ挟持 する一対のハウジング部材からなり、前記冷却媒体通路が、該積層 ステ一夕コアと該一対のハウジング部材との内部に、該積層ステー 夕コアの軸線方向全長と前記励磁巻線の各コイルェンド部の突出長 との合計長さ部分に亙って連続して延設される請求項 1〜 4のいず れか 1つに記載のステ一夕冷却手段を備えた電動機。