Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Une partie du contenu de cette demande n'est pas disponible pour le moment.
Si cette situation persiste, contactez-nous auObservations et contact
1. (WO1993017417) SUPPORT D'ENREGISTREMENT OPTIQUE, SON PROCEDE D'ENREGISTREMENT, SON PROCEDE DE REPRODUCTION ET PROCEDE POUR PRODUIRE DES SIGNAUX D'ERREUR DE POURSUITE
Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

請求の範囲

1 . 光記録媒体の先行する記録トラックに記録された記録データを 蓄える記億手段と、

上記光記録媒体の上記先行する記録トラッ クに後続する記録トラ ックに記録される入力データと上記記憶手段に記憶された記録デー 夕との論理演算を行う演算手段と、

上記演算手段から出力される記録データを上記後続する記録トラ ックに記録を行う記録手段を備えてなる光記録媒体の記録装置。

2 . 光源と、この光源から出射される光ビームを光記録媒体の互い に隣接する 2つの記録トラックに亘るように集束させる対物レンズ と、この対物レンズを介して入射される上記光記録媒体からの戻り 光ビームを受光する受光手段とを有する光へッ ドと、

上記受光手段からの出力信号の信号レベルに基づいて記録された データの判別を行う判別回路とを備えてなる光記録媒体の再生装置,

3 . 上記再生装置は、さらに上記受光手段からの出力信号中よりク ロック信号成分を取り出すクロック抽出手段と、上記クロック抽出 手段によって得られたクロック信号に基づいて上記判別手段の動作 を制御する制御手段を備えてなる請求の範囲第 2項記載の光記録媒 体の再生装置。

4 . 上記受光手段は上記記録トラックと平行な境界線を有する少な くとも 2つの受光部を有し、上記判別手段は上記 2つの受光部から の出力信号が供給されるとともにこの供給された出力信号のレベル を比較しこの比較結果に基づいて記録されたデータの判別を行って なる請求の範囲第 2項記載の光記録媒体の再生装置。

5 . 上記受光手段は、上記記録トラックと平行な境界線を有する少 なくとも 2つの受光部を有し、上記判別手段は上記 2つの受光部か らの出力信号の差をとつた信号レベルに基づいて記録されたデー夕 の判別を行ってなる請求の範囲第 2項記載の光記録媒体の再生装置。

6 . 上記判別手段は上記 2つの受光部からの出力信号の和をとつた 信号も洪給され、上記和をとつた信号のレベルと上記 2つの受光部 からの出力信号の差をとつた信号のレベルに基づいて記録されたデ 一夕を読み取つてなる請求の範囲第 5項記載の光記録媒体の再生装

7 . 記録領域內の先行する(η— 1 ) 本目の記録トラックに対して 照射された先ビームのスポッ ト径よりも狭い間隔に位置し、上記

( η - 1 ) 本目の記録トラックに記録された記録データとの論理演 算を行った結果得られる記録データが η本目の記録トラックに記録 されてなる光記録媒体。

8 . 上記記録領域の最も内周側に位置する記録トラックには初期デ 一夕が記録されてなる請求の範囲第 7項記載の光記録媒体。

9 . 光記録媒体の記録トラックと平行な境界線を有する第 1 の受光 部と第 2の受光部とを有するディテクタと、

上記第 1 の受光部からの出力信号が供給される第 1 のィコライザ 回路と、

上記第 2の受光部からの出力信号が供給される第 2のイコライザ 回路と、

上記第 1 のィコライザ回路からの出力信号と上記第 2のィコライ ザ回路からの出力信号の和をとる加算回路と、

上記第 1 のィコライザ回路からの出力信号と上記第 2のィコライ ザ回路からの出力信号の差をとる減算回路とを備えてなる光記録媒 体の再生装置。

1 0 . 上記加算回路の利得を調整する第 1 の調整手段と、上記減算 回路に供給される上記第 1 のィコライザ回路からの出力信号と上記 第 2のィコライザ回路からの出力信号の供給比を調整する第 2の調 整手段とを備えてなる請求の範囲第 9項記載の光記録媒体の再生装

1 1 . 記録領域内の先行する(n— 1 ) 本目の記録トラックに対し て照射された光ビームのスポッ ト径よりも狭い間隔に位置し、上記

( n - 1 ) 本目の記録トラックに記録された記録データとの論理演 算を行った結果得られる記録データが n本目の記録トラックに記録 されてなる光記録媒体を再生する方法において、

光記録媒体の記録トラ ックと平行な境界線を有する第 1 の受光部 と第 2の受光部を有するディテク夕で、 上記光記録媒体の互いに隣 接する 2つの記録トラックに亘つて照射された光ビームの戻り光ビ 一ムを受光し、上記第 1 の受光部と上記第 2の受光部からの出力信 号の和をとつた信号の信号レベルに基づいて光記録媒体に記録され た情報を読み取るようにしてなる光記録媒体の再生方法。

1 2 . 記録領域内の先行する( n— 1 ) 本目の記録トラックに対し て照射された光ビームのスポッ ト径よりも狭い間隔に位置し、上記 ( n— 1 ) 本目の記録トラックに記録された記録データとの論理演 " 算を行った結果得られる記録データが n本目の記録トラックに記録 されてなる光記録媒体を再生する方法において、

光記録媒体の記録トラ ックと平行な境界線を有する第 1 の受光部 と第 2の受光部を有するディテク夕で、 上記光記録媒体の互いに隣 接する 2つの記録トラックに亘つて照射された光ビームの戻り光ビ 一ムを受光し、上記第 1 の受光部と上記第 2の受光部からの出力信 号の差をとつた信号の信号レベルに基づいて光記録媒体に記録され た情報を読み取るようにしてなる光言 3録媒体の再生方法。

1 3 . 上記第 1の受光部と上記第 2の受光部からの出力信号の差を とった信号の信号レベルと、 第 1 の受光部と上記第 2の受光部から の出力信号の和をとつた信号の信号レベルに基づいて光記録媒体に 記録された情報を読み取るようにしてなる請求の範囲第 1 2項記載 の光記録媒体の再生方法。

1 4 . 光記録媒体の先行する記録トラックに記録された記録データ と上記光記録媒体の上記先行する記録トラッ クに後鏡する記録トラ ックに記録される入力データとの論理演算を行った結果に基づいて、 上記光記録媒体の後続する記録トラックに上記論理演算の結果を記 録するようにしてなる光記録媒体の記録方法。

1 5 . 記録領域内の先行する(n— 1 ) 本目の記録トラックに対し て照射された光ビームのスポッ ト径よりも狭い間隔に位置し、上記

( n - 1 ) 本目の記録トラックに記録された記録データとの論理演 算を行った結果得られる記録データが n本目の記録トラックに記録 されてなる光記録媒体を再生する方法において、

上記記録領域内の (n— 2 ) 本目の記録トラックと(n— 1 ) 本 巨の記録トラックとを光ビームにより走査して得られた (n— 1 ) 本目の記録トラッ クの再生データと、上記(n— 1 ) 本目の記録ト ラックとこの (n— 1 ) 本目の記録トラックに後鐃する n本目の記 録トラックを走査して得られた (n— 1 ) 本目の記録トラックの再 生データとを比較することによって、 上記(η— 1 ) 本目の記録ト ラッ クに記録されたデータを正しく読み取つたか否かを判断してな る光記録媒体の再生方法。

1 6 . 記録領域内の先行する( n— 1 ) 本目の記録トラック上に第 1及び第 2のピットを設けるとともに、上記(n— 1 ) 本目の記録 トラックに対して照射された光ビームのスポット径よりも狭い間隔 で形成された n本目の記録トラック上に上記第 1及び^ 2のピット のうちいずれか一方のピッ トとともにトラッキングエラーを検出す るための第 3のピットを形成してなる光記録媒体。

1 7 . 上記第 1 及び第 2の.ピットのいずれ一方のピットと上記第 3 のピッ トは上記光ビームのスポットの走査中心から 1 2のトラッ クピットずれを有してなる請求項 1 6記載の光記録媒体。

1 8 . 記録領域内の先行する( n— 1 ) 本目の記録トラック上に第 1及び第 2のピットを設けるとともに、上記( n— 1 ) 本目の記録 トラックに対して照射された光ビームのスポット径よりも狭い間隔 で形成された n本目の記録トラック上に上記第 1 及び第 2のピット のうちいずれか一方のピッ トとともにトラツキングエラ一を検出す るための第 3のピットを形成してなる光記録媒体からトラッキング エラー信号を生成する方法において、

上記第 1、第 2及び第 3のピットを上記光ビームが走査して得ら れる検出信号を上記第 1 、第 2及び第 3のピットを上記光ビームが 走査する各タイ ミングでサンプルホールドし、このサンプルホール ドされた検出信号同志の差動をとることによって複数の差動信号を 生成し、且つこれらの複数の差動信号の極性を検出するこ とによつ て上記複数の差動信号を周期的に切り換えることによって トラツキ ングエラー信号を生成するようにした光記録媒体の トラッキングェ ラー信号生成方法。

1 9 . 記録領域内の先行する(n— 1 ) 本目の記録トラック上に第 1及び第 2のピットを設けるとともに、上記(n— 1 ) 本目の記録 トラックに対して照射された光ビームのスポッ ト径よりも狭い間陽 で形成された n本目の記録トラック上に上記第 1及び第 2のピット のうちいずれか一方のピッ トとともにトラツキングエラーを検出す るための第 3のピットを形成してなる光記録媒体からトラッキング エラー信号を生成する トラッキングエラー生成装置において、 上記光へッドからの出力信号中のク口ック信号成分に基づいて夕 ィミング信号を生成するタイミング信号発生手段と、

上記タイミング信号発生手段からのタイミング信号に基づいて、 上記第 1、第 2及び第 3のピットの各々を検出した上記光へッドか らの出力信号をサンプルホールドするサンプルホールド手段と、 上記サンプルホールド手段からの上記各ピッ トに対応する出力信 号の差動をとつて複数の差動信号を生成し、 且つ上記複数の差動信 号の極性に基づいて上記差動信号を周期的に切り換えてトラッキン グエラー信号として出力する トラッキングエラー信号生成手段とを 備えてなる トラッキングエラー生成装置。

2 0 . 上記サンプルホールド手段からの上記各ピットに対応する出 力信号の差動をとる演算手段と、 上記演算手段からの出力信号の極 性を判別する判別手段と、 上記判別手段からの出力信号に基づいて 上記演算手段からの出力信号を周期的に切り換えて出力する切り換 え手段とを備えてなる請求の範囲第 1 9項記載のトラッキングエラ 一生成装置。