Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Une partie du contenu de cette demande n'est pas disponible pour le moment.
Si cette situation persiste, contactez-nous auObservations et contact
1. (WO1990006551) PROCEDE D'ETABLISSEMENT DES PARAMETRES DE CONSTRUCTION DANS UN TRACEUR DE COURBES
Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

請 求 の 範 囲

1 . 第 1 の 2次元座標系を設定したグラフ ィックデイス ブレイ画面上に描画された図形を含みかつ第 2の 2次 元座標系を設定した X Yブロッタにより作図されるべ き矩形領域を、 前記グラフィックディスプレイ画面上 で手動設定する工程 ( a ) と、前記矩形領域の縱方向 長さ及び横方向長さとプロッタ用紙の縱方向長さ及び 模方向長さとに基づいて作図倍率を自動的に決定する 工程 ( b〉と、前記矩形領域および前記プロッタ用紙 の夫々の前記^及び横方向長さならびに前記作図倍率 に基づいて、 前記第 1および第 2の座標系を互いに対 応づけるための少なく とも一つの座標バラメータの値 を自動的に浃定する工程 ( c ) とを備える プロ ッタの作図パラメ一タ設定方法。

2. 前記矩形領域の縱および横方向長さの一方に対する 他方の比である第 1の比を箅出する工程 ( d〉と、前 記プロッタ用紙の縱および横方向長さの一方に対する 他方の比でありかつ前記第 1の比に対応する第 2の比 を算出する工程 ( e ) と、前記第 1の比と前記第 2の 比とに基づいて前記矩形領域の形状を前記ブロッタ用 紙の形状と比較する工程 ( f ) と、前記矩形領域が前 記ブロッタ用紙と相似形でないと判別したときに前記 矩形領域を包含しかつ前記ブロッタ用紙と相似形の第 2の矩形領域を自動的に決定する工程 ( g ) とを含み、 前記第 2の矩形領域は、 該第 2の矩形領域の、 前記ェ 程 ( f ) での比較結果に応じて定まる一対の対向辺が 前記矩形領域の対応する一対の対向辺に合致するよう に設定される請求の範囲第 1項記載の X Yブロッタの 作図パラメータ設定方法。

3 . 前記矩形領域が前記ブロッタ用紙と相似形でないと 判別したとき、 前記工程 ( b ) において、前記第 2の 矩形領域の他方の対の対向辺が延びる方向における前 記矩形領域の長さとこれに対応する方向における前記 ブロッタ用紙の長さとに基づいて前記作図倍率を自動 的に決定する請求の範囲第 2項記载の X Yブロッタの 作図パラメ一タ設定方法。

4. 前記工程 ( c ) において、前記座標パラメータ値と しての、 前記第 2の矩形領域の一つの頂点の前記第 1 の 2次元座標系における座標位 gを、 前記第 2の矩形 領域の一つの頂点が該頂点に閬連する前記プロッタ用 紙の一つの頂点に対応づけられるように自動的に決定 する請求の範囲第 2項記載の X Yプロッタの作図パラ メータ設定方法。

5 . 前記工程( a ) に先立って、前記グラフィックディ スブレィ画面上に描画した前記図形を該グラフイツク ディスプレイ画面上で移動, 拡大および縮小させる図 形処理の少なく とも一つを舍む図形変換を行う請求の 範囲第 1項記载の X Yブロッタの作図パラメータ設定 方法。

6 . 前記図形変換は図形移動処理を舍み、 該図形変換前 後での前記図形の移動童を前記少なくとも一つの座標 パラメータ値として自動的に決定する請求の範囲第 5 項記載の X Yブ Πッタの作図パラメータ設定方法。

7. 前記工程 ( b ) において、前記図形の前記図形変換 前後での夫々の寸法に基づいて図形変換倍率を算出し、 前記図形変換倍率を考慮して前記作図倍率を自動的に 決定する請求の範囲第 5項記載の X Yブロッタの作図 バラメータ設定方法。

8. 前記工程 ( a ) において、前記矩形領域を定める 2 つの頂点を指定することにより前記矩形領域を指定す る請求の範囲第 1項記载の X Yプロッタの作図パラメ ータ設定方法。