Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. JP2008537217 - ポータブル・ポートレットを選択および配信する方法ならびに装置

Office Japon
Numéro de la demande 2008503515
Date de la demande 29.03.2006
Numéro de publication 2008537217
Date de publication 11.09.2008
Numéro de délivrance 4849692
Date de délivrance 28.10.2011
Type de publication B2
CIB
G06F 13/00
GPHYSIQUE
06CALCUL; COMPTAGE
FTRAITEMENT ÉLECTRIQUE DE DONNÉES NUMÉRIQUES
13Interconnexion ou transfert d'information ou d'autres signaux entre mémoires, dispositifs d'entrée/sortie ou unités de traitement
CPC
H04L 67/02
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
67Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
02involving the use of web-based technology, e.g. hyper text transfer protocol [HTTP]
H04L 67/142
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
67Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
14for session management
142provided for managing session state for stateless protocols; Signalling a session state; State transitions; Keeping-state mechanisms
H04L 67/148
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
67Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
14for session management
148provided for migration or transfer of sessions
Déposants インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション
Inventeurs エトゲン、マイケル、ピーター
フォックス、ジェームズ、エドワード
ミラー、スティーブン、マイケル
Mandataires 上野 剛史
太佐 種一
市位 嘉宏
坂口 博
Données relatives à la priorité 11094092 30.03.2005 US
Titre
(JA) ポータブル・ポートレットを選択および配信する方法ならびに装置
Abrégé
(JA)

【課題】ポータブル・ポートレットを選択および配信する方法および装置を提供すること
【解決手段】ポートレットは、オリジン・サーバでレンダリングされる1つまたは複数のポートレットの中から選択することができる。オリジン・サーバは、ポインタ活動を聴取するオブジェクトを有することができ、ユーザ・イベントがポートレットの選択をトリガする。それに応答して、オリジン・サーバは、しばしばユーザによって操作されるクライアントに、キーの形のポートレットの状態情報を送ることができる。後に、クライアントは、分離サーバにキーを送ることができ、キーは、クライアントが加入するサービスを含むポータルに統合される。したがって、ユーザのプリファレンスに基づいて、持続セッションが分離サーバとオリジン・サーバの間で存在することができる。
【選択図】図4