Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (JP2007520809) 局所的な動き複雑性に基づく候補ベクトルの分布

Office : Japon
Numéro de la demande : 2006548484 Date de la demande : 04.01.2005
Numéro de publication : 2007520809 Date de publication : 26.07.2007
Type de publication : A
CIB :
G06T 7/20
G PHYSIQUE
06
CALCUL; COMPTAGE
T
TRAITEMENT OU GÉNÉRATION DE DONNÉES D'IMAGE, EN GÉNÉRAL
7
Analyse d'image, p.ex. à partir d'un mappage binaire pour obtenir un mappage non binaire
20
Analyse du mouvement
CPC :
H04N 19/137
H04N 19/56
H04N 19/57
Déposants : コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ
Inventeurs : エルビン、ベラース
Mandataires : 吉武 賢次
橘谷 英俊
佐藤 泰和
吉元 弘
川崎 康
Données relatives à la priorité : 60/535,722 08.01.2004 US
Titre : (JA) 局所的な動き複雑性に基づく候補ベクトルの分布
Abrégé : front page image
(JA)

候補動きベクトルを分布させるシステムおよび方法は、1つのピクチャ・フレーム(110)を、各セグメント(120)が複数のピクチャ・ブロック(130)を含む複数のセグメント(120)に分割する。次いで、各セグメントの局所的な動き複雑性は、フレーム(110a)のブロック(130)と、隣接するフレーム(110b)のピクセル・ブロック(130)との間の差分絶対値和(SAD)を決定し、各セグメント(120)内のピクセル・ブロック(130)のSAD値を合計することによって測定されてもよい。セグメントの最大、最小、および平均のSAD値を使用して、ブロック当たりの候補ベクトルの所望の最大数、最小数、および平均数に従うように候補ベクトルを分布させる分布関数を定義してもよい。次いでこの分布関数を使用して、関連のセグメント(120)の測定されたSAD値に基づいて、ピクセル・ブロック(130)に割り当てるべき候補ベクトルの数を決定する。


Également publié sous:
EP1707011US20090207313CN1910928ES2445333WO/2005/069633