PATENTSCOPE sera indisponible quelques heures pour des raisons de maintenance le mardi 19.11.2019 à 16:00 CET
Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (JP2007516679) ビデオデータを安定させるための方法及びシステム

Office : Japon
Numéro de la demande : 2006546387 Date de la demande : 17.12.2004
Numéro de publication : 2007516679 Date de publication : 21.06.2007
Type de publication : A5
CIB :
H04N 5/232
H ÉLECTRICITÉ
04
TECHNIQUE DE LA COMMUNICATION ÉLECTRIQUE
N
TRANSMISSION D'IMAGES, p.ex. TÉLÉVISION
5
Détails des systèmes de télévision
222
Circuits de studio; Dispositifs de studio; Equipements de studio
225
Caméras de télévision
232
Dispositifs pour la commande des caméras de télévision, p.ex. commande à distance
Déposants : コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ
Inventeurs : オベルジェ,ステファーヌ
Mandataires : 杉村 憲司
杉村 興作
来間 清志
藤谷 史朗
澤田 達也
伊東 忠彦
大貫 進介
伊東 忠重
Données relatives à la priorité : 03300284.1 23.12.2003 EP
Titre : (JA) ビデオデータを安定させるための方法及びシステム
Abrégé :
(JA)

本発明は、ビデオカメラにより作成され、ビデオデータで表されるシーンのビデオ記録を安定化する方法に関する。当該方法は、以下のステップを含む。ビデオデータを複数の連続するフレームに小分割し、連続するフレームのそれぞれを複数のブロックに分割するステップ。それぞれのフレームのそれぞれのブロックについて、ブロックにおける動きの方向及び大きさを表す動きベクトルを決定するステップ。ベクトルGMVは、瞬間tでのグローバル動きベクトルGMV(t)と呼ばれ、前のフレームに関して瞬間tでの前記動きを表す。瞬間tで統合された動きベクトルIMV(t)と呼ばれる変更されたベクトルを定義し、その動き補正の観点で現在のフレームに適用される最後の動きベクトルの補正を示すステップ。かかる統合された動きベクトルは、式.IMV(t)=GMV(t)+a(E).IMV(t−1)により与えられる。a(E)は表現Eに依存する可変の適応ファクタであり、IMV(t−1)は前の現在のフレームに対応する統合された動きベクトルである。それぞれ連続する現在のフレームについて定義された変更された統合された動きベクトルに従ってビデオデータを変更するステップ。


Également publié sous:
KR1020060120222EP1700471US20070085927JP4427551CN1898948IN2291/CHENP/2006
WO/2005/064919