Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (JP2018520882) レーザー加工を用いて多相の透明ワークピース内にまたは多相の透明ワークピース上に変性を作製する方法;多相の複合素材

Office : Japon
Numéro de la demande : 2017568094 Date de la demande : 28.06.2016
Numéro de publication : 2018520882 Date de publication : 02.08.2018
Numéro de délivrance : 6486507 Date de délivrance : 01.03.2019
Type de publication : B2
CIB :
C03C 23/00
B23K 26/53
C CHIMIE; MÉTALLURGIE
03
VERRE; LAINE MINÉRALE OU DE SCORIES
C
COMPOSITION CHIMIQUE DES VERRES, GLAÇURES OU ÉMAUX VITREUX; TRAITEMENT DE LA SURFACE DU VERRE; TRAITEMENT DE SURFACE DES FIBRES OU FILAMENTS DE VERRE, SUBSTANCES MINÉRALES OU SCORIES; LIAISON DU VERRE AU VERRE OU À D'AUTRES MATÉRIAUX
23
Autres traitements de surface du verre, autre que sous forme de fibres ou de filaments
[IPC code unknown for B23K 26/53]
Déposants : ショット アクチエンゲゼルシャフト
Schott AG
Inventeurs : アンドレアス オアトナー
ニクラス ビッシュ
ファビアン ヴァーグナー
アルブレヒト ザイドル
フランク−トーマス レンテス
Mandataires : アインゼル・フェリックス=ラインハルト
篠 良一
森田 拓
前川 純一
二宮 浩康
上島 類
Données relatives à la priorité : 102015110422.9 29.06.2015 DE
Titre : (JA) レーザー加工を用いて多相の透明ワークピース内にまたは多相の透明ワークピース上に変性を作製する方法;多相の複合素材
Abrégé :
(JA)

本発明は、レーザー加工装置(1)を用いて透明なワークピース(2)内にまたは透明なワークピース(2)上に変性(14)を作製する方法が予定され、ここで、ワークピース(2)の透過範囲の波長を有するレーザービーム(12)を放射する短パルスレーザーまたは超短パルスレーザー(10)と、ビーム形成するための、ことにレーザービームを集束するためのビーム形成光学系(11)とを有するレーザー加工装置(1)を使用し、かつ複数の相を有する材料からなる透明なワークピース(2)を使用し、この複数の相の少なくとも2つの相は、異なる比誘電率を有し、またこれらの相の一方の相は、粒子の形で封入された相であり、この封入された相は、他方の相によりほぼ取り囲まれていて、かつこの粒子の立方ナノメートルで表される体積と、2つの異なる比誘電率の差の絶対値の、取り囲む相の比誘電率に対する比率との積は、500より大で、好ましくは1000より大で、特に好ましくは2000より大であるので、透明なワークピース(2)内のまたは透明なワークピース(2)上の変性(14)は、粒子の形で封入された相を有しない同じ材料からなるワークピースよりも大きな拡がりを達成する。


Également publié sous:
KR1020180020300CN107921580US20180117708EP3313608WO/2017/001102