Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (JP2018519741) データ伝送方法、無線ネットワークノード、および通信システム

Office : Japon
Numéro de la demande : 2017566086 Date de la demande : 28.06.2016
Numéro de publication : 2018519741 Date de publication : 19.07.2018
Type de publication : A
CIB :
H04W 24/04
H ÉLECTRICITÉ
04
TECHNIQUE DE LA COMMUNICATION ÉLECTRIQUE
W
RÉSEAUX DE TÉLÉCOMMUNICATIONS SANS FIL
24
Dispositions de supervision, de contrôle ou d'essai
04
Configurations pour maintenir l'état de fonctionnement
Déposants : ホアウェイ・テクノロジーズ・カンパニー・リミテッド
Inventeurs : ダイ、ミンズン
ジャン、ジェン
リュウ、ジン
ズン、チンハイ
Mandataires : 龍華国際特許業務法人
Données relatives à la priorité : 201510374525.6 30.06.2015 CN
Titre : (JA) データ伝送方法、無線ネットワークノード、および通信システム
Abrégé : front page image
(JA)

本発明の実施形態は、第1無線ネットワークノードがダウンリンクパケットのベアラタイプを認識する段階と、ベアラタイプがシグナリング無線ベアラSRBであるとき、第1無線ネットワークノードがダウンリンクパケットを第2無線ネットワークノードへ送信し、これにより、第2無線ネットワークノードがパケットデータコンバージェンスプロトコルPDCP層の機能をダウンリンクパケットに対して実行するか、または、ベアラタイプがデータ無線ベアラDRBであるとき、第1無線ネットワークノードが、PDCP層の機能をダウンリンクパケットに対して実行し、処理済みダウンリンクパケットを第2無線ネットワークノードへ送信する段階とを備えるデータ伝送方法を開示する。従って、本発明の実施形態はさらに、無線ネットワークノードを開示し、これにより、伝送帯域幅および遅延についての要件を下げる。


Également publié sous:
EP3300443US20180124647IN201737047283WO/2017/000863