Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (JP2018519640) 自動車両用投光装置の照明装置

Office : Japon
Numéro de la demande : 2017568036 Date de la demande : 21.06.2016
Numéro de publication : 2018519640 Date de publication : 19.07.2018
Numéro de délivrance : 6554189 Date de délivrance : 12.07.2019
Type de publication : B2
CIB :
F21W 102/10
F21S 41/16
F21S 41/675
F21Y 115/30
F21S 41/176
F21S 45/47
F21V 29/503
F21V 29/74
[IPC code unknown for F21W 102/10][IPC code unknown for F21S 41/16][IPC code unknown for F21S 41/675][IPC code unknown for F21Y 115/30][IPC code unknown for F21S 41/176][IPC code unknown for F21S 45/47][IPC code unknown for F21V 29/503][IPC code unknown for F21V 29/74]
Déposants : ツェットカーヴェー グループ ゲーエムベーハー
Inventeurs : マイヤー、マティアス
Mandataires : 加藤 朝道
内田 潔人
青木 充
Données relatives à la priorité : A50572/2015 30.06.2015 AT
Titre : (JA) 自動車両用投光装置の照明装置
Abrégé :
(JA)

【課題】自動車用投光装置の照明装置の個々のコンポーネントに製造不正確性がある場合であっても、所望の光像を簡単な方法で形成可能にすること。
【解決手段】照明装置(1)は、可視光を放射する少なくとも1つの発光モジュール(2)、発光モジュール(2)の光を偏向及び/又は整形する少なくとも1つの光学構造体(3)、及び、発光モジュール(2)と結合され、少なくとも1つの光学構造体(3)を支持する保持モジュール(4)を含み。発光モジュール(2)は少なくとも1つのレーザ光源(2a)及び光変換要素(2b)を含む。少なくとも1つのレーザ光源(2a)の光は光変換要素(2b)に導かれ、光変換要素(2b)はその光を可視光に変換して光学構造体(3)内に放射しする。保持モジュール(4)は少なくとも第1及び第2案内手段(4b’、4h)を有する。光学構造体(3)は、第1案内手段(4b’)によって第1方向(x)に、第2案内手段(4h)によって第2方向(z)に、光変換要素(2b)に対しシフト可能である。第1方向(x)と第2方向(z)は互いに対し異なる方向である。
【選択図】図1


Également publié sous:
CN107923586EP3317581US20180187857WO/2017/000009