Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (JP2018519085) 超音波システム及び超音波パルス送信方法

Office : Japon
Numéro de la demande : 2017567416 Date de la demande : 30.06.2016
Numéro de publication : 2018519085 Date de publication : 19.07.2018
Type de publication : A
CIB :
A61B 8/14
A NÉCESSITÉS COURANTES DE LA VIE
61
SCIENCES MÉDICALE OU VÉTÉRINAIRE; HYGIÈNE
B
DIAGNOSTIC; CHIRURGIE; IDENTIFICATION
8
Diagnostic utilisant des ondes ultrasonores, sonores ou infrasonores
13
Tomographie
14
Echo-tomographie
Déposants : コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェ
KONINKLIJKE PHILIPS N.V.
Inventeurs : パム ホア
マウクゾク ルーディガー
デ ワイルド ニコ マリス アドリアーン
Mandataires : 特許業務法人M&Sパートナーズ
Données relatives à la priorité : 15174414.1 30.06.2015 EP
Titre : (JA) 超音波システム及び超音波パルス送信方法
Abrégé : front page image
(JA)

超音波システムが開示され、超音波システムは、CMUT(容量性マイクロマシン超音波トランスデューサ)セル100のアレイ110を含むプローブ10であって、各セルは電極構成部の第1の電極122を担持する基板112を備え、基板は、前記電極構成部の第2の電極120を含む柔軟メンブレン114からギャップ118によって空間的に離間され、柔軟メンブレンは中央領域17、17’に質量要素140を備える、プローブ10と、前記プローブに結合され、超音波システムの送信モードにおいて、CMUTセルのうちの少なくともいくつかを柔軟メンブレンの中央部が基板に接触するつぶれた状態へと駆動するバイアス電圧成分であって、前記中央部は中央領域を含む、バイアス電圧成分と、前記つぶれた状態にあるCMUTセルのうちの少なくともいくつかのそれぞれの柔軟メンブレンを共鳴させるための設定周波数を有する刺激成分とを含む電圧を、CMUTセルのうちの少なくともいくつかのそれぞれの電極構成部に提供するように適合された電圧源45と、を備え、少なくともいくつかのCMUTセルの各々の質量要素は、前記共鳴中に、前記セルの柔軟メンブレンの少なくとも中央領域を強制的に基板と接触したままにする。このようなシステムのためのパルス送信方法も開示される。


Également publié sous:
EP3317026US20180178250CN108025331WO/2017/001636