Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (JPWO2017002340) 基板搬送方法

Office : Japon
Numéro de la demande : 2017526170 Date de la demande : 23.06.2016
Numéro de publication : WO2017002340 Date de publication : 05.01.2017
Numéro de délivrance : 6298933 Date de délivrance : 02.03.2018
Type de publication : B2
CIB :
H02J 50/80
H02J 50/05
[IPC code unknown for H02J 50/80][IPC code unknown for H02J 50/05]
Déposants : 株式会社アルバック
Inventeurs : 鈴木 傑之
川久保 大輔
南 展史
武者 和博
Mandataires : 特許業務法人青莪
Données relatives à la priorité : 2015133632 02.07.2015 JP
Titre : (JA) 基板搬送方法
Abrégé : front page image
(JA)

別途の通信機器を用いることなく、非接触給電を行う際に通信も行い得るように非接触式給電システムを構成する。
給電システムPSは、一対の電極5a,5b間で機械的に分離されるキャパシタ5と、キャパシタの一方の電極に接続される給電回路ユニット6と、キャパシタの他方の電極に接続される受電回路ユニット7とを備える。給電回路ユニットが、キャパシタと共に直列共振回路を構成する発振器61と振幅変調を加える変調器62と第1の制御手段63とを有し、互いに異なる振幅に変調された搬送波をキャパシタの一方の電極に供給する。受電回路ユニットが、整流回路72と、直流電圧を給電対象電極4a,4bに選択的に印加する切換回路73と第2の制御手段75とを有する。第2の制御手段は、電力供給用搬送波を供給している間に供給される制御信号用搬送波を基に切換回路の作動を制御する。


Également publié sous:
KR1020180025937CN107852030WO/2017/002340