Traitement en cours

Veuillez attendre...

PATENTSCOPE sera indisponible durant quelques heures pour des raisons de maintenance le mardi 27.07.2021 à 12:00 PM CEST
Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO2003025881 - PROCEDE DE COLLECTE DE DONNEES

Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

[ JA ]
請 求 の範囲

1 . センサから測定データを取得し、その測定データを無線で送信可能な測定 端末と、この測定端末から前記測定データを受信可能な収集端末とを用いたデー タ収集方法であって、

前記測定端末は、順番が規定できる、限られた数の識別情報の 1つを自己の識 別情報として記憶するメモリを有しており、

前記収集端末が、無線により前記識別情報を照会するメッセージを発信する照 会ステップと、

前記測定端末が、前記メッセージを受信すると、そのメッセージが終了してか ら前記自己の識別情報を送る順番が到来したときに、その自己の識別情報を無線 により送信する第 1の応答ステツプと、

前記収集端末が、前記識別情報の順番で応答された前記識別情報を記憶する第

1の識別ステップと、

前記収集端末が、記憶された前記識別情報の前記測定端末と個別に無線を介し て通信して当該測定端末から前記測定データを収集するステップとを有するデー タ収集方法。

2 . 前記測定端末および収集端末は交信範囲が数 m程度の限られた無線装置を 備えている、請求項 1のデータ収集方法。

3 . 前記識別情報は、順番を規定できる第 1の識別情報と、グループを識別で きる第 2の識別情報とを備えており、

前記照会ステップでは、前記第 2の識別情報を含めた前記メッセージを発信し、 前記第 1の応答ステップでは、前記メッセージに含まれた前記第 2の識別情報 を前記自己の識別情報に含む前記測定端末が応答する、請求項 1のデータ収集方 法。

4 . 前記照会ステップでは、同一のメッセージを、繰り返した回数と共に複数 回送信する、請求項 1のデ、一 'タ収集方法。

5 . 前記第 1の応答ステップでは、前記識別情報を送信するのに必要な時間お よび予備の時間の和が 1つの前記識別情報を送信するのに要する時間として、自 己の前記識別情報を送信する順番をカウントする、請求項 1のデータ収集方法。

6 . 前記第 1の応答ステップの前に、前記メッセージが終了してから全ての前 記測定端末が前記自己の識別情報をそれぞれ一斉に無線により送信する第 2の応 答ステップと、

この第 2の応答ステップで前記識別情報を識別できると、その識別情報を記憶 すると共に前記第 1の識別ステップをスキップする第 2の識別ステップを有する、 請求項 1のデータ収集方法。

7 . センサから測定データを取得する手段と、

その測定データを、無線装置を介して送信可能な手段と、

順番が規定できる識別情報の 1っを自己の識別情報として記憶するメモリと、 前記無線装置を介して前記識別情報を照会するメッセージを受信すると、その メッセージが終了してから前記自己の識別情報を送る順番が到来したときに、前 記自己の識別情報を前記無線装置を介して送信する第 1の応答手段とを有する測 定端末。

8 . 前記無線装置は、交信範囲が数 m程度の限られたものである、請求項 7の 測定端末。

9 . 第 1の応答手段により応答する前に、前記メッセージが終了してから所定 の時間後に前記自己の識別情報を、前記無線装置を介して送信する第 2の応答手 段を有する、請求項 7の測定端末。

1 0 . 前記無線装置を介して送受信する条件を設定するデータを受信可能な光 通信手段を有する、請求項 7の測定端末。

1 1 . センサから測定データを取得可能な測定端末から前記測定データを、無 線装置を介して受信可能な手段と、

前記無線装置を介して前記測定端末に対し識別情報を照会するメッセージを発 信する照会手段と、

前記無線装置を介して、前記メッセージが終了した後、前記識別情報の順番で 受信した前記識別情報を記憶する第 1の識別手段とを有し、

前記受信可能な手段は、記憶された前記識別情報の前記測定端末と個別に前記 無線装置を介して通信して該当する測定端末から前記測定データを収集する収集 末。

1 2 , 前記無線装置は、交信範囲が数 m程度の限られたものである、請求項 1 1の収集端末。

1 3 . 前記照会手段は、同一のメッセージを、繰り返し回数と共に複数回送信 する、請求項 1 1の収集端末。

1 4 . 前記無線装置を介して、前記メッセージが終了した後、全ての前記測定 端末から一斉に送信された前記識別情報を受信し、その識別情報を識別できると、 その識別情報を記憶すると共に前記第 1の識別手段の動作をスキップする第 2の 識別手段を有する、請求項 1 1の収集端末。

1 5 . センサから測定データを取得し、その測定データを無線で送信可能な測 定端末と、この測定端末から前記測定データを受信可能な収集端末とを有する データ収集システムであって、

前記測定端末は、

前記測定データを無線により送信可能な手段と、

順番が規定できる識別情報の 1っを自己の識別情報として記憶するメモリと、 無線により前記識別情報を照会するメッセージを受信すると、そのメッセージ が終了してから前記自己の識別情報を送る順番が到来したときに、前記自己の識 別情報を無線により送信する第 1の応答手段とを備えており、

前記収集端末は、

前記測定端末から前記測定データを無線により受信可能な手段と、

無線により前記測定端末に対し識別情報を照会するメッセージを発信する照会 手段と、

前記メッセージが終了した後、無線により前記識別情報の順番で受信した前記 識別情報を記憶する第 1の識別手段とを備えており、

前記受信可能な手段は、記憶された前記識別情報の前記測定端末と個別に通信 して該当する前記測定端末から前記測定データを収集する、データ収集システム。

1 6 . センサから取得した測定データを、無線装置を介して送信可能な測定端 末を制御するプログラムであって、

順番が規定できる、限られた数の識別情報の 1つを自己の識別情報としてメモ リに記憶しており、

前記無線装置を介して前記識別情報を照会するメッセージを受信すると、その メッセージが終了してから前記自己の識別情報を送る順番が到来したときに、前 記自己の識別情報を前記無線装置を介して送信するステップを実行する命令を有 するプログラム。

1 7 . 前記測定端末は光通信手段を有し、

この光通信手段により前記自己の識別情報を設定するステップを実行する命令 をさらに有する、請求項 1 6のプログラム。

1 8 . センサから測定データを取得可能な測定端末から前記測定データを、無 線装置を介して受信可能な収集端末を制御するプログラムであって、

前記無線装置を介して前記測定端末に対し識別情報を照会するメッセージを発 信するステップと、

前記無線装置を介して、前記メッセージが終了した後、前記識別情報の順番で 受信した前記識別情報を記憶するステップと、

記憶された前記識別情報の前記測定端末と個別に前記無線装置を介して通信し て該当する測定端末から前記測定データを収集するステップとを実行可能な命令 を有するプログラム。