Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO2007105366 - DETECTEUR D'ANGLE DE ROTATION ET PALIER AVEC DETECTEUR DE ROTATION

Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

[ JA ]

請求の範囲

[1 ] 回転側部材に設けられ回転中心周りの円周方向異方性を有する磁石と、

この磁石に対し前記回転側部材の回転中心の軸方向に対向して固定側部材 に配置され複数の磁気センサ素子が平面的に並ぶ磁気センサと、

この磁気センサの各磁気センサ素子の出力から前記磁石の磁界強度を計測 し、その計測値を基に回転側部材の回転角度を検出する角度算出手段と、 前記磁石の磁界が磁気センサ素子で検出されてから前記角度算出手段で検 出角度が出力されるまでの遅延時間を補正する遅延時間補正手段と、 を備えた回転検出装置。

[2] 請求項 1において、前記磁石は、前記回転側部材の回転軸端部に配置され て一対の磁極が形成されている回転検出装置。

[3] 請求項 1において、さらに、前記磁気センサによる磁界のサンプリング間 隔を補間して角度の変化分を演算する補間手段と、これら遅延時間補正手段 による遅延時間補正、および補間手段による補間処理がされた回転角度を出 力する出力手段とを設けた回転検出装置。

[4] 請求項 1において、さらに、前記磁気センサの出力から回転パルス信号を 生成するパルス生成回路を設け、前記出力手段は回転角度の出力をパルス信 号で出力するものとした回転検出装置。

[5] 請求項 4において、前記パルス信号が、互いに 9 0 ° 位相の異なる二つの 回転パルス信号、または回転パルス信号と回転方向信号とからなる回転検出 装置。

[6] 請求項 4において、さらに、前記磁気センサの出力から回転側部材の 1回 転ごとにインデックス信号を出力するインデックス信号生成回路を設けた回 転検出装置。

[7] 請求項 6において、さらに、インデックス信号を出力する角度値を記憶す る記憶手段と、このインデックス信号を出力する角度値を設定する角度値設 定手段とを設けた回転検出装置。

[8] 請求項 1において、前記遅延時間補正手段および補間手段の機能をそれぞ れオン状態とオフ状態とに切り替える機能オンオフ手段を設けた回転検出装 置。

請求項 1において、さらに、前記遅延時間補正手段のオン状態とオフ状態 とを、回転側部材の回転速度が設定速度以上か否かに応じて切り替える自動 切替手段を設け、設定回転速度未満のときにオフ状態とするものとした回転 検出装置。

請求項 1において、前記遅延時間補正手段は、前記角度算出手段で検出し た回転角度の時間変化から回転速度を算出する回転速度算出手段と、この回 転速度算出手段で算出した回転速度によって、前記磁気センサによる磁界の 検出から前記角度算出手段で回転角度を出力するまでの回転角度の時間遅れ を補正する角度時間遅れ補正手段とを有する回転角度検出装置。

請求項 1 0において、前記角度時間遅れ補正手段で補正された回転角度を

—定時間毎に得て、この一定時間毎の回転角度情報と前記回転速度算出手段 の算出する回転速度の情報とから、任意の時刻における前記回転軸の回転角 度を推測する回転角度推測手段を設けた回転角度検出装置。

請求項 1 0において、前記磁気センサを構成する大規模集積回路に、前記 角度算出手段、回転速度算出手段、および角度時間遅れ補正手段を集積した 回転角度検出装置。

請求項 1に記載の回転角度検出装置を、前記回転側部材と前記固定側部材 との間に転動体が介装された軸受に組み込んだ検出装置付き軸受。

請求項 1に記載の回転角度検出装置と、この回転角度検出装置の回転角度 の出力によって、モータの励磁電流および励磁タイミングを制御する制御回 路とを備えたモータの回転制御装置。