Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO2003021765 - OSCILLATEUR ET DISPOSITIF DE COMMUNICATION

Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

[ JA ]

請 求 の範囲

1 . 振動子を有し、供給される制御電圧に応じて出力信号の周波数が変化する電 圧制御発振回路と、

前記振動子の周波数温度特性を近似した 3次曲線モデルに従って、前記振動子 の周波数温度特性を温度補償するための第 1温度補償電圧を出力する第 1の温度 補償回路と、

前記振動子の周波数温度特性を近似した 1次直線モデルに従って、前記振動子 の周波数温度特性を温度補償するための第 2温度補償電圧を出力する第 2の温度 補償回路と、

前記第 1温度補償電圧と前記第 2温度補償電圧の加算電圧、若しくは、前記第 2温度補償電圧のいずれかを前記制御電圧として前記電圧制御発振回路に供給す る選択手段と

を備えることを特徴とする発振器。

2 . 前記選択手段は、

前記第 1温度補償電圧を出力するか否かを選択するためのスィツチと、 前記スィッチを介して供給された前記第 1温度補償電圧と、前記第 2温度補償 電圧とを加算して前記制御電圧として出力する加算回路と、

前記スィツチを制御するための制御データを記憶するメモリと、

外部からの調整用制御データに基づいて前記メモリに制御データを記憶させる とともに、前記メモリに記憶された制御デー夕に基づいて前記スィッチを制御す る制御回路とを有する

ことを特徴とする請求項 1に記載の発振器。

3 . 前記選択手段は、

制御データを記憶するメモリと、

前記第 1温度補償電圧と、前記第 2温度補償電圧とを加算して前記制御電圧と して出力する加算回路と、

外部からの調整用制御データに基づいて前記メモリに前記制御データを記憶さ せるとともに、前記メモリに記憶された制御データに基づいて前記第 2の温度補 償回路の駆動を制御する制御回路とを有する

ことを特徴とする請求項 1に記載の発振器。

4 . 振動子を有し、供給される制御電圧に応じて出力信号の周波数が変化する電 圧制御発振回路と、

前記振動子の周波数温度特性を近似した 3次曲線モデルに従って、前記振動子 の周波数温度特性を温度補償するための第 1温度補償電圧を出力する第 1の温度 補償回路と、

前記振動子の周波数温度特性を近似した 1次直線モデルに従って、前記振動子 の周波数温度特性を温度補償するための第 2温度補償電圧を出力する第 2の温度 補償回路と、

前記第 1温度補償電圧と前記第 2温度補償電圧の加算電圧、若しくは、前記第 1温度補償電圧、または、前記第 2温度補償電圧のいずれかを前記制御電圧とし て前記電圧制御発振回路に供給する選択手段と

を備えることを特徴とする発振器。

5 . 前記選択手段は、

前記第 1温度補償電圧を出力するか否かを選択するための第 1のスィツチと、 前記第 2温度補償電圧を出力するか否かを選択するための第 2のスィツチと、 前記第 1のスィツチを介して供給された前記第 1温度補償電圧と、前記第 2の スィツチを介して供給された前記第 2温度補償電圧とを加算して前記制御電圧と して出力する加算回路と、

前記第 1及び第 2のスィッチを制御するための制御デー夕を記憶するメモリと

外部からの調整用制御データに基づいて前記メモリに制御データを記憶させる とともに、前記メモリに記憶された制御デ一夕に基づいて前記第 1及び第 2のス イッチを制御する制御回路とを有する

ことを特徴とする請求項 4に記載の発振器。

6 . 前記選択手段は、

制御データを記憶するメモリと、

前記第 1温度補償電圧と、前記第 2温度補償電圧とを加算して前記制御電圧と して出力する加算回路と、

外部からの調整用制御データに基づいて前記メモリに制御データを記憶させる とともに、前記メモリに記憶された制御データに基づいて前記第 1及び第 2の温 度補償回路の駆動を制御する制御回路とを有する

ことを特徴とする請求項 4に記載の発振器。

7 . 前記第 1の温度補償回路は、予め設定された温度範囲でのみ前記第 1温度補 償電圧を出力し、

前記温度範囲は、前記第 2温度補償電圧だけで前記出力信号の周波数偏差が所 定の周波数偏差内に収まる温度範囲を少なくとも除く温度範囲である

ことを特徴とする請求項 1乃至 6のいずれかに記載の発振器。

8 . 外部から供給されるコントロール電圧を変換して周波数調整電圧を出力する 周波数調整回路をさらに備え、

前記選択手段は、前記周波数調整電圧を出力するか否かを選択するための第 3 のスィツチをさらに有し、

前記制御回路は、さらに、前記メモリに記憶された制御データに基づいて前記 第 3のスィッチを制御し、

前記加算回路は、さらに、前記第 3のスィッチを介して供給された前記周波数 調整電圧を加算して前記制御電圧として出力する

ことを特徴とする請求項 2、 3、 5、 6または 7に記載の発振器。

9 . 前記出力信号の周波数の初期偏差を補正するための初期偏差補正電圧を出力 する初期偏差補正回路をさらに備え、

前記選択手段は、

前記初期偏差補正電圧を出力するか否かを選択するための第 4のスィツチをさ らに有し、

前記制御回路は、さらに、前記メモリに記憶された制御データに基づいて前記 第 4のスィツチを制御し、

前記加算回路は、さらに、前記第 4のスィッチを介して供給された前記初期偏 差補正電圧を加算して前記制御電圧として出力する

ことを特徴とする請求項 2、 3、 5、 6、 7または 8に記載の発振器。

1 0 . 前記第 1の温度補償回路の後段に配置され、前記第 1温度補償電圧のノィ ズを除去する第 1のフィル夕と、

前記第 2の温度補償回路の後段に配置され、前記第 2温度補償電圧のノィズを 除去する第 2のフィル夕と

をさらに備えることを特徴とする請求項 1乃至 9のいずれかに記載の発振器。

1 1 . 請求項 1乃至 1 0のいずれかに記載の発振器を内蔵し、前記発振器の出力 信号に基づいて動作することを特徴とする通信機器。