Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO2004064317 - PROCEDE D'AUTHENTIFICATION MUTUELLE, PROGRAMME, SUPPORT D'ENREGISTREMENT, SYSTEME DE TRAITEMENT DU SIGNAL, DISPOSITIF DE REPRODUCTION ET DISPOSITIF DE TRAITEMENT D'INFORMATION

Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

[ JA ]

請 求 の範 囲

1 . 不正な電子機器を判別するためのリボケ一ション情報と記録媒体 固有の情報とを予め備えた記録媒体から、コンテンッ情報を読み出す 再生部を有する再生装置と、上記再生装置が上記コンテンッ情報を伝 達手段を介して送受信し、処理する情報処理装置と相互に認証する相 互認証方法において、

上記再生装置は、当該再生装置を表す情報と上記リボケーション情 報とを用いて当該再生装置を無効化すべきか否かを判定する第 1の判 定ステップを有し、

上記情報処理装置は、当該情報処理装置を表す情報と上記リボケ一 ション情報を用いて当該情報処理装置を無効化すべきか否かを判定す る第 2の判定ステップを有し、

上記第 1の判定ステップによって無効化すべきという判定をされな かった場合に生成される第 1 の鍵情報と、上記第 2の判定ステップに よって無効化すべきという判定をされなかった場合に生成される第 2 の鍵情報とを用いて、上記再生装置と上記情報処理装置とが相互に認 証する相互認証ステップとを有することを特徴とする相互認証方法。

2 . 請求の範囲第 1項において、

上記相互認証ステップは、

上記情報処理装置が上記伝達手段を介して正常に動作しているかを 上記再生装置において確認する第 1の確認ステツプと、

上記再生装置が上記伝達手段を介して正常に動作しているかを上記 情報処理装置において確認する第 2の確認ステップとを有することを 特徴とする請求の範囲第 1項に記載の相互認証方法。

3 . 請求の範囲第 2項において、

上記再生装置は、

乱数を生成する第 1の乱数生成ステップと、

所定の計算をする第 1の計算ステップとを有し、

上記情報処理装置は、

乱数を生成する第 1の乱数生成ステップと、

所定の計算をする第 2の計算ステップとを有し、

上記第 1の確認ステップは、

上記第 1の乱数生成ステップにより生成される第 1の乱数と、上記 第 2の乱数生成ステップにより生成される第 2の乱数とを上記伝達手 段を介して上記再生装置と上記情報処理装置との間で相互に交換する 第 1の乱数交換ステップと、

上記再生装置において、少なくとも上記第 1 の鍵情報と上記相互に 交換された第 1の乱数および第 2の乱数とを用いて上記第 1の計算ス テツプにより計算した結果と、上記情報処理装置から上記伝達手段を 介して送られた、少なくとも上記第 2の鍵情報と上記相互に交換され た第 1 の乱数および第 2の乱数とを用いて上記第 2の計算ステップに より計算した結果とが同一であるかを比較する第 1の比較ステップと を有し、

上記第 1の確認ステップは、

上記第 1 の乱数生成ステツプにより生成される第 3の乱数と、上記 第 2の乱数生成ステップにより生成される第 4の乱数とを上記伝達手 段を介して上記再生装置および上記情報処理装置との間で相互に交換 する第 1の乱数交換ステップと、

上記情報処理装置において、上記再生装置から上記伝達手段を介し て送られた、少なくとも上記第 1の鍵情報と上記相互に交換された第 3の乱数および第 4の乱数とを用いて上記第 1の計算ステップにより 計算した結果と、少なくとも上記第 2の鍵情報と上記相互に交換され た第 3の乱数および第 4の乱数とを用いて上記第 2の計算ステップに より計算した結果とが同一であるかを比較する第 2の比較ステツプと を有していることを特徴とする相互認証方法。

4 . 不正な電子機器を判別するためのリボケ一シヨン情報と記録媒体 固有の情報とを予め備えた記録媒体から、コンテンツ情報を読み出す 再生部を有する再生装置と、上記再生装置が上記コンテンッ情報を伝 達手段を介して送受信し、処理する情報処理装置と相互に認証する相 互認証方法のプログラムであって、

上記再生装置は、当該再生装置を表す情報と上記リボケーシヨン情 報とを用いて当該再生装置を無効化すべきか否かを判定する第 1の判 定ステップを有し、

上記情報処理装置は、当該情報処理装置を表す情報と上記リボケ一 ション情報を用いて当該情報処理装置を無効化すべきか否かを判定す る第 1の判定ステップを有し、

上記第 1の判定ステップによって無効化すべきという判定をされな かった場合に生成される第 1の鍵情報と、上記第 2の判定ステツプに よって無効化すべきという判定をされなかった場合に生成される第 2 の鍵情報とを用いて、上記再生装置と上記情報処理装置とが相互に認 証する相互認証ステツプとを有することを特徴とする相互認証方法の プログラム。

5 . 不正な電子機器を判別するためのリボケーション情報と記録媒体 固有の情報とを予め備えた記録媒体から、コンテンッ情報を読み出す 再生部を有する再生装置と、上記再生装置が上記コンテンッ情報を伝 達手段を介して送受信し、処理する情報処理装置と相互に認証する相 互認証方法のプログラムを格納した記録媒体であって、

上記再生装置は、当該再生装置を表す情報と上記リボケーション情 報とを用いて当該再生装置を無効化すべきか否かを判定する第 1の判 定ステップを有し、

上記情報処理装置は、当該情報処理装置を表す情報と上記リボケ一 ション情報を用いて当該情報処理装置を無効化すべきか否かを判定す る第 の判定ステップを有し、

上記第 1の判定ステップによって無効化すべきという判定をされな かった場合に生成される第 1の鍵情報と、上記第 2の判定ステップに よって無効化すべきという判定をされなかった場合に生成される第 2 の鍵情報とを用いて、上記再生装置と上記情報処理装置とが相互に認 証する相互認証ステップとを有することを特徴とする相互認証方法の プログラムを格納した記録媒体。

6 . 不正な電子機器を判別するためのリボケーション情報と記録媒体 固有の情報とを予め備えた記録媒体から、コンテンッ情報を読み出す 再生部を有する再生装置と、上記再生装置が上記コンテンツ情報を伝 達手段を介して送受信し、処理する情報処理装置とを備える信号処理 システムであって、

上記再生装置は、当該再生装置を表す情報と上記リボケーション情 報とを用いて当該再生装置を無効化すべきか否かを判定する第 1 の判 定手段を有し、

上記情報処理装置は、当該情報処理装置を表す情報と上記リボケ一 ション情報とを用いて当該情報処理装置を無効化すべきか否かを判定 する第 2の判定手段を有し、

上記第 1の判定手段によって無効化すべきという判定をされなかつ た場合に生成される第 1の鍵情報と、上記第 2の判定手段によって無 効化すべきという判定をされなかった場合に生成される第 2の鍵情報 とを用いて、上記再生装置と上記情報処理装置とが相互に認証する相 互認証手段と、

上記相互認証手段による相互認証後に、上記再生装置および上記情 報処理装置に共通の共通鍵を生成する共通鍵生成手段とを備えること を特徴とする信号処理システム。

7 . 請求の範囲第 6項において、

上記相互認証手段は、

上記情報処理装置が上記伝達手段を介して正常に動作しているかを 上記再生装置において確認する第 1の確認手段と、

上記再生装置が上記伝達手段を介して正常に動作しているかを上記 情報処理装置において確認する第 2の確認手段とを有することを特徴 とする信号処理システム。

8 . 請求の範囲第 7項において、

上記再生装置は、

乱数を生成する第 1の乱数生成手段と、

所定の計算をする第 1の計算手段とを有し、

上記情報処理装置は、

乱数を生成する第 2の乱数生成手段と、

所定の計算をする第 2の計算手段とを有し、

上記第 1 の確認手段は、

上記第 1の乱数生成手段により生成される第 1の乱数と、上記第 2 の乱数生成手段により生成される第 2の乱数とを上記伝達手段を介し て上記再生装置と上記情報処理装置との間で相互に交換する第 1の乱 数交換手段と、

上記再生装置において、少なくとも上記第 1 の鍵情報と上記相互に 交換された第 1の乱数および第 2の乱数とを用いて上記第 1 の計算手 段により計算した結果と、上記情報処理装置から上記伝達手段を介し て送られた、少なくとも上記第 2の鍵情報と上記相互に交換された第 1 の乱数および第 2の乱数とを用いて上記第 2の計算手段により計算 した結果とが同一であるかを比較する第 1の比較手段とを有し、 上記第 2の確認手段は、

上記第 1の乱数生成手段により生成される第 3の乱数と、上記第 2 の乱数生成手段により生成される第 4の乱数とを上記伝達手段を介し て上記再生装置および上記情報処理装置との間で相互に交換する第 2 の乱数交換手段と、

上記情報処理装置において、上記再生装置から上記伝達手段を介し て送られた、少なくとも上記第 1の鍵情報と上記相互に交換された第 3の乱数および第 4の乱数とを用いて上記第 1 の計算手段により計算 した結果と、少なくとも上記第 2の鍵情報と上記相互に交換された第 3の乱数および第 4の乱数とを用いて上記第 2の計算手段により計算 した結果とが同一であるかを比較する第 2の比較手段とを有している ことを特徴とする信号処理システム。

9 . 請求の範囲第 8項において、

上記共通鍵生成手段は、

上記第 1の乱数生成手段により生成される第 5の乱数と、上記第 2 の乱数生成手段により生成される第 6の乱数とを上記伝達手段を介し て上記再生装置と上記情報処理装置との間で相互に交換する第 3の乱 数交換手段と、

上記再生装置において、少なくとも上記第 1の鍵情報と上記第 5の 乱数と上記第 6の乱数とを用いて上記共通鍵を生成する第 1の共通鍵 生成手段と、

上記情報処理装置において、少なくとも上記第 2の鍵情報と上記第 5の乱数と上記第 6の乱数とを用いて上記共通鍵を生成する第の共 通鍵生成手段とを有することを特徴とする信号処理システム。

1 0 . 請求の範囲第 9項において、

上記伝達手段を介して、上記共通鍵を用いた共通鍵暗号方式で上記 再生装置から上記情報処理装置へ情報を送る第 1の送信手段と、 上記再生装置において、上記第 1の鍵情報と上記記録媒体固有の情 報を用いて記録媒体固有の鍵情報を生成する中間鍵情報生成手段とを 備えることを特徴とする請求の範囲第 7項に記載の信号処理 ·

1 1 . 請求の範囲第 1 0項において、

第 3の鍵情報を、少なくとも上記記録媒体固有の鍵情報を用いて暗 号化する鍵情報暗号化手段と、

上記鍵情報暗号化手段により暗号化された上記第 3の鍵情報を上記 記録媒体に記録する暗号化鍵情報記録手段と、

上記第 3の鍵情報に基づいてコンテンツ情報暗号化鍵を生成する最 終暗号化鍵生成手段と、

上記コンテンッ情報暗号化鍵を用いて暗号化されたコンテンツ情報 を上記記録媒体に記録するコンテンッ情報記録手段とを備えることを 特徴とする信号処理システム。

1 2 . 請求の範囲第 1 1項において、

上記鍵情報暗号化手段、上記暗号化鍵情報記録手段、上記最終暗号 化鍵生成手段、上記コンテンッ情報記録手段は、

上記情報処理装置が有しているとともに、

上記記録媒体固有の鍵情報は、

上記第 1の送信手段により上記情報処理装置へ送られることを特徴 とする信号処理

1 3 . 請求の範囲第 1 2項において、

上記第 3の鍵情報は、

上記再生装置において前期第 1の乱数生成手段により生成された第 7の乱数に基づいた鍵情報であるとともに、

当該第 3の鍵情報は、

上記第 1の送信手段により上記情報処理装置に送られることを特徴 とする信号処理システム。

1 4 . 請求の範囲第 1 2項において、

上記第 3の鍵情報は、

上記情報処理装置において上記第 2の乱数生成手段により生成され た第 8の乱数に基づいた鍵情報であることを特徴とする信号処理シス テム。

1 5 . 請求の範囲第 1 1項において、

上記鍵情報暗号化手段、上記暗号化鍵情報記録手段、上記コンテン ッ情報記録手段は、

上記情報処理装置が有しており、

上記記録媒体固有の鍵情報は、

上記第 1の送信手段により上記情報処理装置へ送られるとともに、

上記最終暗号化鍵生成手段は、

上記再生装置が有しており、

上記最終暗号化鍵生成手段により生成された上記コンテンッ情報暗 号化鍵は、

上記第 1の送信手段により上記情報処理装置へ送られることを特徴 とする信号処理システム。

1 6 . 請求の範囲第 1 5項において、

上記第 3の鍵情報は、

上記再生装置において上記第 1の乱数生成手段により生成された第 9の乱数を基にした鍵情報であることを特徴とする請求の範囲第 1 3 項に記載の信号処理 ·

1 7 . 請求の範囲第 1 5項において、

上記第 3の鍵情報は、

上記情報処理装置において上記第 2の乱数生成手段により生成され た第 1 0の乱数を基にした鍵情報であるとともに、

上記伝達手段を介して、上記共通鍵を用いた共通鍵暗号方式で上記 情報処理装置から上記再生装置へ情報を送る第 2の送信手段により上 記再生装置の上記最終暗号化鍵生成手段に送られることを特徴とする 信号処理システム。

1 8 . 請求の範囲第 1 0項において、.

上記記録媒体から読み出される暗号化された第 4の鍵情報を、少な くとも上記記録媒体固有の鍵情報を用いて復号する鍵情報復号手段と

上記第 4の鍵情報に基づいてコンテンツ情報復号鍵を生成する最終 復号鍵生成手段と、

上記コンテンッ情報復号鍵を用いて上記コンテンツ情報を復号する コンテンッ情報復号手段とを備えていることを特徴とする信号処理シ ステム。

1 9 . 請求の範囲第 1 8項において、

上記最終復号鍵生成手段、上記コンテンッ情報復号手段は、 上記情報処理装置が有していることを特徴とする信号処理

2 0 . 請求の範囲第 1 9項において、

上記鍵情報復号手段は、

上記情報処理装置が有しており、

上記記録媒体固有の鍵情報は、

上記第 1の送信手段によって上記情報処理装置へ送られることを特 徴とする信号処理システム。

2 1 . 請求の範囲第 1 9項において、

上記鍵情報復号手段は、

上記再生装置が有しており、

復号された上記第 4の鍵情報は、

上記第 1 の送信手段によって上記情報処理装置へ送られることを特 徴とする信号処理システム。

2 2 . 請求の範囲第 1 8項において、

上記最終復号鍵生成手段は、

上記再生装置が有していることを特徴とする信号処理システム。 2 3 . 請求の範囲第 2 2項において、

上記鍵情報復号手段は、

上記再生装置が有しており、

上記再生装置において生成された上記コンテンッ情報復号鍵は、 上記第 1の送信手段によつて上記情報処理装置へ送られることを特 徴とする信号処理システム。

2 4 . 不正な電子機器を判別するためのリボケーション情報記録媒体 固有の情報とを予め備えた記録媒体から、コンテンツ情報を読み出す 再生部を有し、上記コンテンツ情報が伝達手段を介して情報処理装置 に送信され、処理される信号処理システムにおける再生装置であって

, δ亥再生装置を表す情報と上記リボケ一ション情報とを用いて当該 再生装置を無効化すべきか否かを判定する第 1 の判定手段を有し、 上記第 1の判定手段によって無効化すべきという判定をされなかつ た場合に生成される第 1の鍵情報と、

上記情報処理装置に設けられている当該情報処理装置を表す情報と 上記リボケ一ション情報とを用いて当該情報処理装置を無効化すべき か否かを判定する第 2の判定手段によって無効化すべきという判定を されなかった場合に生成される第 2の鍵情報とを用いて、上記情報処 理装置と相互に認証する相互認証手段と、

上記相互認証手段による相互認証後に、上記情報処理装置と共通の 共通鍵を生成する共通鍵生成手段とを備えることを特徴とする再生装 置。

2 5 . 不正な電子機器を判別するためのリボケ一シヨン情報と記録媒 体固有の情報とを予め備えた記録媒体から、再生装置がコンテンッ情 報を読み出し、上記コンテンツ情報が伝達手段を介して受信され、処 理される情報処理装置であって、

上記再生装置に設けられている第 1の判定手段によって、当該再生 装置を表す情報と上記リボケ一ション情報とを用いて当該再生装置を 無効化すべきか否かを判定し、上記第 1 の判定手段によって無効化す べきという判定をされなかった場合に生成される第 1の鍵情報と、 当該情報処理装置を表す情報と上記リボケーション情報とを用いて 当該情報処理装置を無効化すべきか否かを判定する第 2の判定手段を 有し、

上記第 1 の鍵情報と、上記第 2の判定手段によって無効化すべきと いう判定をされなかった場合に生成される第 2の鍵情報とを用いて、 上記再生装置と相互に認証する相互認証手段と、

上記相互認証手段による相互認証後に、上記再生装置と共通の共通 鍵を生成する共通鍵生成手段とを備えることを特徴とする情報処理装