Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO2004063443 - DISPOSITIF DE FIXATION DE L'EXTREMITE DE DEBUT D'UN FIL ET OURDISSOIR SECTIONNEL

Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

[ JA ]
糸始端固定装置及び部分整経機

技術分野

本発明は、部分整経機の整経ドラム田に卷き付けられる経糸群の巻き始め の糸始端を保持固定するための糸始端固定装置及ぴこれを用いた部分整経 機に関する。

背景技術

部分整経機(Sectional Warper) は、織物の総経糸本数をいくつかのセ クシヨン (バンドともいう)に分割し、クリールより供給された 1セクシ ョン分の経糸群を綾取り箴及び幅決め箴を通過させ、所定の綾取りを行い つつ、所定の密度で必要な整経長を整経ドラムに巻き付け、これを総経糸 本数及ぴ整経幅になるまで、セクションを繰り返し連続して整経を行うも のである。部分整経機の整経ドラム上に整経された全経糸は一斉に引き出 してワープビームに巻き返しされる。

このような部分整経機として、本願発明者らは、図 1 4及び図 1 5に示 す如くのものを既に提案している。

図 1 4において、符号 1 1 0は従来の部分整経機を示しており、整経ド ラム 1 1 2を有している。該整経ドラム 1 1 2は基礎枠 1 1 4に設けられ た軸受に回転可能に遊装されたドラム軸 1 1 8に支持されている。このド ラム軸 1 1 8は整経ドラム 1 1 2の駆動手段であるィンバータモータ 1 2 0によりベルトからなる伝動部材 1 2 2及ぴベルトプーリ 1 2 4を介して 回転せしめられ、これにより整経ドラム 1 1 2が回転するようになつてい る。符号 1 2 6は幅決め箴台であって、簇台駆動手段であるモータ 1 2 8 によりベルト等の伝動部材 1 3 0及ぴネジシャフト 1 3 2を介して駆動さ れ、ネジシャフト 1 3 2の回転によりこれと嚙み合うナット 1 3 4によつ て前記幅決め箴台 1 2 6は整経ドラム 1 1 2の軸長手方向に往復動せしめ られるようになっている。

図 1 5において、符号 1 0 2は綾取り簇手段であり、符号 1 3 5は幅決 め箴台 1 2 6に連結部材 1 3 6を介して連結された綾取り簇台である。該 綾取り箴台 1 3 5には綾を作る綾取り统 1 3 8が互いに上下動できるよう 設けられている。この綾取り漦 1 3 8は夫々ラック 1 4 0 , 1 4 0に固定 され、所定の位置を維持するためのブレーキ付モータ 1 4 2の駆動に従い 歯車 1 4 4, 1 4 4によりラック 1 4 0 , 1 4 0が上下動され綾取り箴 1 3 8は上下動される。綾取り箴台 1 2 6の両側には基枠 1 4 6が立設され、 該基枠 1 4 6には糸押さえシャフト 1 4 8, 1 4 8が水平かつ平行となる ように 2本取り付けられており、またエアシリンダ 1 5 0, 1 5 0がー対 取り付けられている。このエアシリンダのビストンロッド 1 5 1の先端に は前記糸押さえシャフト 1 4 8, 1 4 8と平行となるようゴムロール 1 5 2が取り付けられており、エアシリンダの作動によりゴムロール 1 5 2は 糸押さえシャフトと接離するよう上下動するようになつている。この糸押 さえシャフト 1 4 8, 1 4 8とゴムロール 1 5 2とによる加圧接触により 異色の整経糸群 Aが巻いてある複数本のポビンを有するクリール 1 5 4か ら引き出される経糸群 Aに張力を付与する機能を有している。

符号 1 0 4は幅決め箴手段であり、前記幅決め簇台 1 2 6上の台板 1 5 6上には口ッドレスシリンダ 1 5 8が配置されている。このロッドレスシ リンダ 1 5 8はガイドロッド 1 6 0とシリンダ状の移動部材 1 6 2と力ら なり、該移動部材 1 6 2には取付板 1 6 4を介して幅決め簇 1 6 6が取り 付けられている。また台板 1 5 6のドラム 1 1 2側には取付部材 1 6 8が 立設され、その上部には下方向に向くエアシリンダ 1 7 0が垂設されてい る。このエアシリンダ 1 7 0のピストンロッド 1 7 2の先端には変換器 1

7 4を介して回転軸 1 7 6が取り付けられ、該回転軸 1 7 6の先端にはガ ィドローラ 1 7 8が取り付けられている。このガイドローラ 1 7 8は、ェ ァシリンダ 1 7 0の作動によ変換器 1 7 4を介して回転軸 1 7 6が回転 させられ、ガイドローラ 1 7 8は垂直位置から略水平位置に約 9 0 ° 回転 せしめられ、経糸群 Aを整経ドラム 1 1 2に卷付ける際に経糸群 Aの押さ え位置ずれを防ぐ役目を果たすものである。また取付部材 1 6 8の反対側 の台板 1 5 6には取付板 1 8 0を介してエアシリンダ 1 8 2が設けられて いる。このエアシリンダ 1 8 2のピストンロッド 1 8 4にはブラケット 1

8 6を介して開口棒 1 8 8と該開口棒 1 8 8をドラム軸 1 1 8に対して平 行方向に出没させるエアシリンダ 1 9 0とが取り付けられている。そして この開口捧 1 8 8は、エアシリンダ 1 8 2の作動によりガイドロッド 1 9 2に沿って上下動するようになっており、綾取り箴で作った綾に開口を作 るようになって! /、る。

そして、図示しないが、リーズテープを指定量だけ送り出すリーズテー プ駆動機構が設けられており、これにより所定の綾取り位置で各種の綾取 りが可能となっているものである。

この従来の部分整経機によれば、経糸群を所定の密度及び必要な整経長 で整経ドラムに巻き付けることができると共に、所定の綾取り位置で各種 の綾取りを行うことができ、しかもコンピュータにより電子制御されてい るため、全自動の部分整経機として非常に好評を得ている(国際公開番号 第 W O 9 1 / 1 4 8 1 2号公報参照)。

ところで、このような部分整経機にあっては、整経ドラムに各セクショ ンの経糸群を卷き始める際の糸始端を整経ドラムに保持固定しておくため

の糸始端固定装置が必要がある。

仮に、各セクションの卷き始めの糸始端を保持固定することなく、糸の 張力を維持しておかないと、整経ドラムから経糸群をワープビームに卷き 返す際、特に残りの 5〜 6周分の経糸群を卷き返す際に、糸の張力が不足 し緩んだ状態となるため、均等な張力でのワープビームへの巻き返しを行 うことができなくなり、また、整経ドラム上で綾位置を移動することがで きなくなったり、強撚糸の場合には卷取自体が不可能となる等の制限が生 じ、部分整経機としての機能を著しく損なってしまう。

そのため、例えば、各セクションの巻き始める際に、整経ドラムを所定 位置に自動的に停止させ、卷き始めの経糸群の上に、分割用スチールテー プを自動的に送り出し、整経終了後、整経ドラムからワープビームに糸を 巻き返す巻取作業終了直前に手動にて所定の位置に整経ドラムを停止させ、 プレス用薄板を分割用スチールテープに取り付け、モータにて分割用スチ ールテープを引き戻すことにより、プレス用薄板と整経ドラムの間に、各 セクションの糸始端が挟まった状態でプレス用薄板を整経ドラムに固定し、 これにより各セクションの糸始端を整経ドラムに固定するというものがあ る。

しかし、このような従来の糸始端固定装置では、手動にて所定位置に整 経ドラムを停止させることが非常に難しく、またプレス用薄板を各セクシ ヨンの巻き始めの糸シートと、その上の糸シートとの間に揷入しなければ ならないため、ワープビームへの卷取操作が複雑となり、卷取操作に要す る時間も大幅に増加する等、部分整経機を完全自動化するにあたり大きな 制限となっていた。

その他、例えば、粘着テープを用いて、糸シート始端部を固着する方法 及ぴ装置 (特開 2 0 0 0— 3 3 6 5 4 4号公報参照)等もあるが、やはり 全自動化が困難であったり、粘着テープによる固着力も十分なものではな

レ、。

従って、操作性が良く、完全自動化のできる糸始端固定装置及び部分整 経機の開発が待望されている。

本発明は、上記従来の糸始端固定装置及び部分整経機の問題点に鑑みて なされたものであり、各セクションの卷き始めの糸始端を整経ドラムに固 定するに際して、ワープビームへの巻取操作も複雑化せず、卷取操作に要 する時間を短縮し、部分整経機の自動化をより完全なものとすることので きる糸始端固定装置及び部分整経機を提供することを目的とする。

発明の開示

上記課題を解決するために、本発明の糸始端固定装置は、織物の総経 糸本数をいくつかのセクションに分割し、クリールょり供給された 1セク ション分の経糸群を綾取り簇及ぴ幅決め簇を通過させ、所定の綾取りを行 いつつ、所定の密度で必要な整経長を整経ドラムに巻き付け、これを総経 糸本数及ぴ整経幅になるまで、セクションを繰り返し連続して整経を行う 部分整経機における各セクションの経糸群の巻き始めの糸始端を整経ドラ ムに固定するための糸始端固定装置であって、経糸が掛けられる糸掛部を 所定間隔で複数形成した糸掛手段と、該糸掛手段の糸掛部に経糸を押し込 む糸押込手段と、該糸掛手段の片側面又は両側面から経糸を押圧固定する 糸押圧固定手段と、を有することを特徴とする。

前記糸掛手段が単数又は複数の糸掛プレートを有し、該糸掛プレートの 上端部には複数の波形突部が形成され、該波形突部の夫々の間の空隙は経 糸が導入される糸導入路であり、該波形突部には、経糸が押し込まれる際 に滑落するように傾斜した湾曲部となっている糸案内部と、経糸が掛けら れるように凹欠部となっている糸掛部とを有することが好ましい。

前記糸掛プレートが整経ドラムの軸長手方向に 1列以上配置されてなる ことができる。特には、前記糸掛プレートが整経ドラムの軸長手方向に 2 列配置され、一方の糸掛プレートの糸掛部と他方の糸掛プレートの糸掛部 とが千鳥状乃至ジグザグ状に並列するように配置されてなることが好まし レ、。

前記糸押込手段が 1セクション分の経糸群を一度に押動可能な横幅を持 つた長尺で板状の単数又は複数の糸押込プレートを有し、該糸押込プレー トを前記糸掛手段の糸案内部の傾斜角度に沿って昇降自在とし、該糸押込 プレートが下降することにより 1セクション分の経糸群が前記糸掛手段の 糸掛部に押入されるようにすれば好適である。

前記糸押圧固定手段が、前記糸掛手段の片側面又は両側面に摺接して上 下動自在であり、上方に移動することにより該糸掛手段に掛けられた経糸 を押圧固定し、また、下方に移動することにより押圧固定を解除するよう にすることが好ましい。

前記糸掛手段が片側面又は両側面において前記糸押圧固定手段と摺接し て上下動自在であり、下方に移動することにより該糸掛手段に掛けられた 経糸を押圧固定し、また、上方に移動することにより押圧固定を解除する ようにすることもできる。

また、本発明の部分整経機は、上記本発明の糸始端固定装置を備えるこ とを特徴とする。

図面の簡単な説明

図 1は、本発明の糸始端固定装置における糸掛手段を構成する糸掛プレ ートを示す側面説明図である。

図 2は、本発明の糸始端固定装置の設置例を示す斜視説明図である。 図 3は、本発明の糸始端固定装置の要部を示す側面要部拡大説明図であ る。

図 4は、本発明の糸始端固定装置における糸押圧固定手段の上下動機構 を示す側面説明図である。

図 5は、本発明の糸始端固定装置における糸押込手段の昇降機構を示す 側面説明図である。

図 6は、図 5に示した糸押込手段の動作を示す正面説明図であり、 ( a ) は動作開始前、(b ) は横スライド動作後、( c ) は下降動作後 ( d ) は上昇動作後、(e ) は動作完了後を示している。

図 7は、整経ドラムに巻き始めの経糸が巻き付けられた状態を示す側面 説明図である。

図 8は、糸押込手段を下降せしめ、経糸を糸掛手段に押し込んだ状態を 示す側面説明図である。

図 9は、経糸が糸掛手段に掛けられた状態を示す側面説明図である。 図 1 0は、糸押圧固定手段により、経糸を押圧固定した状態を示す側面 説明図である。

図 1 1は、糸掛プレートを 2列配置することによる作用効果の概念説明 図であり、 (a ) は経糸を押し込む前、(b ) は経糸を押し込んだ後であ る。

図 1 2は、本発明の部分整経機を示す概念説明図である。

図 1 3は、本発明の部分整経機を用いて、経糸の整経を行う場合の全体 的機器構成を示す概念説明図である。

発明を実施するための最良の形態

以下に本発明の糸始端固定装置及び部分整経機の実施の形態をあげるが

以下の説明は例示的に示されるもので限定的に解釈すべきものでないこと はいうまでもない。なお、図 1〜図 1 3において、前述した図 1 4及ぴ図 1 5と同一又は類似の部材については同一の符号を用いることがある。 まず、図 1〜図 6に基づき、本発明の糸始端固定装置の構成について説 明する。

図 1は、本発明の糸始端固定装置における糸掛手段を構成する糸掛プレ ートを示す側面説明図である。図中、符号 2は糸掛プレートである。糸掛 プレート 2には、その上端部に波形突部 3が複数形成されている。波形突 部 3は、糸案内部 4と糸掛部 5が形成されている。糸案内部 4は、経糸が 押入される際に滑落し易いように傾斜した湾曲部となっている。糸掛部 5 は、経糸を掛けるための凹欠部となっている。

複数の波形突部 3の夫々の間の空隙は、糸導入路 6となっており、また、 糸導入路 6の底部分には糸導入空間 7が形成されている。糸導入路 6は、 経糸が押入されて、糸案内部 4を滑落し、糸導入空間 7まで導入される際 の通路となっている。

また、糸掛プレート 2は、取付孔 9を有し、整経ドラム 1 2に取り付け られるようになっている。

図 2は、本発明の糸始端固定装置の設置例を示す斜視説明図である。図 3は、 本発明の糸始端固定装置の要部を示す側面要部拡大説明図である。 図中、符号 1 2は整経ドラム、符号 1 0は糸掛手段、符号 2 0は糸押込手 段、符号 3 0は糸押圧固定手段である。

整経ドラム 1 2は、中間ドラム 1 4と、ドラムスポーク 1 6とを有して いる。ドラムスポーク 1 6は、中間ドラム 1 4の全長にわたって、その外 周上に設けられた凸状部材である。経糸はドラムスポーク 1 6の外周表面 上に卷き付けられるようになつている。

糸掛手段 1 0は、前述した糸掛プレート 2を整経ドラム 1 2のドラムス ポーク 1 6, 1 6の間の凹部に略全長にわたって連設したものであり、図 示例では、中間ドラム 1 4に取付金具 3 3を介して固定されているクリッ プベース 3 2の上端両側部に糸掛プレート 2 a, 2 bを 2列連設している。 糸押込手段 2 0は、経糸を押し下げて糸掛手段 2の糸掛部 5に押し込む ものであり、押込ベース 2 2、糸押込プレート 2 4 a , 2 4 b及ぴ後述す る昇降機構からなっている。糸押込プレート 2 4 a , 2 4 bは、押込べ一 ス 2 2の両側端から下方に突出するように、ボルトとナツトで押込ベース

2 2に固定されている。

糸押圧固定手段 3 0は、糸掛手段 1 0の片側面又は両側面から経糸を押 圧して固定するものである。

連設されている糸掛プレート 2 a, 2 bには、所定間隔で空隙部が形成 されており、この空隙部で上下動可能なようにミドルプレート 3 4が配置 されている。

ミドルプレート 3 4には、取付金具 3 9を介してスライドパー 3 5 a, 3 5 b , 3 5 cが取り付けられており、このスライドバー 3 5 a , 3 5 b ,

3 5 cには、夫々、平ゴム 3 6 a, 3 6 b , 3 6 cがゴム押え板 3 8 a, 3 8 b, 3 8 cをネジ 3 7で固定することにより取り付けられている。平 ゴム 3 6 a, 3 6 b , 3 6 cは、糸掛プレート 2 a, 2 bの側面に当接し た状態で取り付けることが必要である。

スライドパー 3 5 a, 3 5 cは整経ドラム 1 2の内側からドラムスポー ク 1 6の貫通孔 1 7を通過して伸ぴているプランジャー 4 0 a , 4 0 bに 取り付けられている。

図 4は、本発明の糸始端固定装置における糸押圧固定手段の上下動機構 を示す側面説明図である。エアシリンダ 4 8は、ベースアングル 4 6を介 して中間ドラム 1 4の内部で固定されており、エアシリンダ 4 8のロッド 先端にジョイント 4 4が接続されている。ジョイント 4 4はジョイントプ

0

レート 4 2に取り付けられ、また、プランジャー 4 0 a, 4 0 bもジョイ ントプレート 4 2に取り付けられている。従って、エアシリンダ 4 8の動 力がジョイント 4 4及ぴジョイントプレート 4 2を介して、プランジャー

4 0 a , 4 0 bに伝達され、上下動可能となっている。

図 5は、本発明の糸始端固定装置における糸押込手段の昇降機構を示す 側面説明図であり、また、図 6は、図 5に示した糸押込手段の動作を示す 正面説明図であり、 ( a ) は動作開始前、(b ) は横スライド動作後、

( c ) は下降動作後(d ) は上昇動作後、(e ) は動作完了後を示してい る。

図中、符号 5 0は移動柱であり、移動柱 5 0は、整経ドラム 1 2の軸長 手方向に往復動自在とされているものである。移動柱 5 0には、支持部材

5 2が整経ドラム 1 2の上方に突出するように設けられ、支持部材 5 2の 突端には、ベース板 5 3が取り付けられている。ベース板 5 3と重なり合 うようにして、角度調整板 5 4が回動自在に取り付けられ、角度調整板 5 4には、 鉛直方向にエアシリンダ 5 6と案内ロッド 5 8が設けられている c 従って、角度調整板 5 4を回動することにより、エアシリンダ 5 6及び案 内ロッド 5 8の角度調整が可能とされている。

エアシリンダ 5 6のピストンロッド 5 7の先端部分には昇降板 6 0が取 り付けられており、昇降板 6 0の背面側には案内筒 6 1が設けられている t 案内筒 6 1は案内口ッド 5 8に摺動自在な状態で嵌合しており、従って、 エアシリンダ 5 6のピストンロッド 5 7を伸縮させることにより、案内口 ッ ド 5 8に沿って昇降板 6 0を昇降せしめることが可能となっている。 昇降板 6 0の前面側には、エアシリンダ 6 2が水平方向に取り付けられ ており、エアシリンダ 6 2のピストンロッド 6 3の先端部分にはスライド 部材 6 4が取り付けられている。スライド部材 6 4は昇降板 6 0の案内レ ール 6 5に沿って水平方向に摺動自在に設けられており、従って、エアシ 1

リンダ 6 2のビストンロッド 6 3を伸縮させることにより、案内レール 6 5に沿ってスライ ド部材 6 4を水平方向にスライドせしめることが可能と なっている。

そして、スライド部材 6 4の突端部分の整経ドラム 1 2と対向する側に、 前述した押込ベース 2 2が取り付けられることにより、糸押込プレート 2 4 a, 2 4 bを整経ドラム 1 2の上方で上下左右に移動自在とされている。 このような構成により、図 5に示した如く、ベース板 5 3に対して、角 度調整板 5 4を所定角度(例えば、糸掛プレート 2の波形突部 3の傾斜角 度と略一致する角度)に傾けた状態とし〔図 5 ( a ) 〕、エアシリンダ 6 2のピス トンロッド 6 3を伸ばすことにより、スライド部材 6 4を水平方 向に延出せしめ 〔図 5 ( b ) 〕、エアシリンダ 5 6のピストンロッド 5 7 を伸ばすことにより、昇降板 6 0を下降せしめ〔図 5 ( c ) 〕、エアシリ ンダ 5 6のピストンロッド 5 7を縮ませることにより、昇降板 6 0を上昇 せしめ 〔図 5 ( d ) 〕、エアシリンダ 6 2のビストンロッド 6 3を縮ませ ることにより、スライド部材 6 4を元に戻すことができる〔図 5 ( e ) 〕 c 次に、上記構成を有する糸始端固定装置により、整経ドラムに巻き付け られる経糸の巻き始めの糸始端を保持固定する動作について、図 7〜図 1 0に基づいて説明する。

図 7は、整経ドラムに巻き始めの経糸が巻き付けられた状態を示す側面 説明図である。整経ドラム 1 2に巻き始めの経糸群 Aが巻き付けられた状 態で、整経ドラム 1 2の回転を所定位置で停止させる。

図 8は、糸押込手段を下降せしめ、経糸を糸掛手段に押し込んだ状態を 示す側面説明図である。糸押込手段 2 0を下降せしめ、糸押込プレート 2 4 a , 2 4 bがゴム押え板 3 8 a , 3 8 cに当接するまで下降させる。糸 押込手段 2 0の下降は、垂直に下降させることもできるが、前述したよう に、角度調整板 5 4により糸押込手段 2 0の下降する角度を調節可能であ

ることから、糸掛プレート 2 a , 2 bの波形突部 3の傾斜角度に沿った角 度にて下降させることが好適である。糸押込手段 2 0の下降により、卷き 始めの経糸群 Aは、ゴム押え板 3 8 a, 3 8 cに当接すると共に、糸掛プ レート 2 a , 2 bの糸導入空間 7の底部分にまで押し下げられる。

図 9は、経糸が糸掛手段に掛けられた状態を示す側面説明図である。糸 押込手段 2 0を上昇せしめると、糸押込プレート 2 4 a, 2 4 bの押圧力 から開放された経糸群 Aは張力で上昇し、糸掛プレート 2 a, 2 bの糸掛 部 5に掛けられる。

図 7〜図 9で説明した動作を各セクションの卷き始めにおいて、自動的 に行うことにより、各セクションの巻き始めの経糸は、全て糸掛プレート 2 a , 2 bの糸掛部 5に掛けられることとなる。即ち、各セクションの卷 き始めの経糸を全て整経ドラムに掛けられた状態で、必要な整経長を整経 ドラムに巻き付けることができる。

図 1 0は、糸押圧固定手段により、経糸を押圧固定した状態を示す側面 説明図である。整経ドラムから経糸をワープビームに卷き返す際、卷取終 了の整経ドラム数周分手前、例えば、残りの整経ドラム 5〜 6周分手前に て、エアシリンダ 4 8を動作させ、ミドルプレート 3 4を上昇せしめると , 糸掛プレート 2 a, 2 bの糸掛部 5に掛けられている卷き始めの経糸群 A は、糸掛プレート 2 a, 2 bの両側面から平ゴム 3 6 a, 3 6 b , 3 6 c によって挟み付けられ、押圧固定される。これにより、卷き始めの経糸群 Aはワープビームに巻き返す際の卷取張力に対して十分な保持力にて整経 ドラムに保持固定されることとなる。

次に、糸掛手段における糸掛プレートを整経ドラムの軸長手方向に 2列 配置し、一方の糸掛プレートの糸掛部と他方の糸掛プレートの糸掛部とを 千鳥状乃至ジグザグ状に並列するように配置することによる作用効果につ いて説明する。

3

図 1 1は、糸掛プレートを 2列配置することによる作用効果の概念説明 図であり、(a ) は経糸を押し込む前、(b ) は経糸を押し込んだ後であ る。図 1 1 ( a ) における符号 Pの範囲にある経糸は、糸押込手段により 糸掛プレート 2 a , 2 bの下方に押し下げられると、符号 Pの範囲にある 波状突部 3 a, 3 bにおける糸案内部 4 a, 4 bを滑落し、糸導入路 6 a,

6 bを通過して、糸導入空間 7 a , 7 bに至る。また、符号 Qの範囲にあ る経糸も同様にして、符号 Qの範囲にある波状突部 3 c, 3 bにおける糸 案内部 4 c , 4 bを滑落し、糸導入路 6 c , 6 bを通過して、糸導入空間

7 a , 7 bに至る。

従って、図 1 1 ( b ) に示したように、符号 Pの範囲にあった経糸は、 糸掛プレート 2 aにおける糸導入空間 7 a と糸掛プレート 2 bにおける糸 導入空間 7 bに押し入れられ、また、符号 Qの範囲にあった経糸は、糸掛 プレート 2 aにおける糸導入空間 7 cと糸掛プレート 2 bにおける糸導入 空間 7 bに押し入れられる。

そして、糸押込手段による押圧力を開放し、経糸が上昇すると、符号 P の範囲にあった経糸は、糸掛プレート 2 aにおける糸導入空間 7 aにある 経糸については経糸の流れが右側に押し付けられているため、糸掛部 5 a に掛けられる一方、糸掛プレート 2 bにおける糸導入空間 7 bにある経糸 については、糸掛部 5 aに掛けられるものと抜け出てしまうものとに分か れる。また、符号 Qの範囲にあった経糸も同様に、糸掛プレート 2 にお ける糸導入空間 7 bにある経糸については経糸の流れが右側に押し付けら れているため、糸掛部 5 bに掛けられる一方、糸掛プレート 2 aにおける 糸導入空間 7 cにある経糸については、糸掛部 5 cに掛けられるものと抜 け出てしまうものとに分かれる。

このように、糸掛プレートを 2列配置し、一方の糸掛プレートの糸掛部 と他方の糸掛プレートの糸掛部とを千鳥状乃至ジグザグ状に並列するよう

に配置することにより、経糸は 2列の糸掛プレートの少なくとも片方どち らかの糸掛部に掛けられることとなる。従って、いずれの糸掛部からも抜 け出てしまって、どこにも掛けられていない経糸が生じることは皆無とな る。

次に、図 1 2及び図 1 3に基づき、本発明の部分整経機について説明す る。本発明の部分整経機は、前記本発明の糸始端固定装置を備えるもので ある。なお、本発明の部分整経機の基本的構成は、従来の部分整経機のも のと略同様であり、重複した説明は省略する。

図 1 2は、本発明の部分整経機を示す概念説明図である。図中、 '符号 1 0 0は、本発明の部分整経機である。本発明の部分整経機 1 0 0は、綾取 り箴手段 1 0 2及び幅決め簇手段 1 0 4を有している。この綾取り簇手段 1 0 2及ぴ幅決め簇手段 1 0 4については、前述した従来の部分整経機の 場合と基本的構成が略同様であるので説明を省略する。

本発明の糸始端固定装置における糸押込手段 2 0における移動柱 5 0は. ベースプレート 1 0 6に固定されている。ベースプレート 1 0 6は、その 下面にリユアベアリング 1 0 7が取り付けられており、整経ドラムの軸長 手方向の全長にわたって敷設されているレール 1 0 8に沿って移動可能と されている。そして、モータ 1 2 8よりネジシャフト 1 3 2を回転せしめ ることにより、ベースプレート 1 0 6が整経ドラムの軸長手方向に移動自 在となっている。

移動柱 5 0には、前述した如く、シリンダ 5 6, 6 2や糸押込プレート 2 4 a , 2 4 b等が取り付けられ、糸押込手段 2 0を構成している(図 5 参照)。

整経ドラム 1 2は、前述した如く、中間ドラム 1 4及びドラムスポーク 1 6からなり、ィンパータモータ 1 2 0により回動自在とされている。 そして、整経ドラム 1 2の外周上の所定位置に、プランジャー 4 0 a , 4 0 bやエアシリンダ 4 8を有する糸押圧固定手段 3 0及び糸掛手段 1 0 が設けられているものである。

このように、本発明の部分整経機によれば、整経ドラムからワープビーム に卷き返す際にも手作業を必要とせず、操作も複雑化せず、部分整経機の 完全自動化を図ることができるようになる。

図 1 3は、本発明の部分整経機を用いて、経糸の整経を行う場合の全体 的機器構成を示す概念説明図である。クリール 1 5 4から引き出された 1 セクション分の経糸群 Aは、本発明の部分整経機 1 0 0によって、綾取り 簇及び幅決め箴を通過し、所定の綾取りを行いつつ、所定の密度で必要な 整経長を整経ドラムに巻き付けられる。これを総経糸本数及び整経幅にな るまで、セクションを繰り返し連続して整経を行う。この際、前述した如 く、本発明の糸始端固定装置によって、各セクションの巻き始めの経糸が 整経ドラムに掛けられる。そして、部分整経機 1 0 0の整経ドラム上に整 経された全経糸は一斉に引き出してワープビーム 2 0 0に巻き返す。この 際、本発明の糸始端固定装置によって、経糸が整経ドラムに固定されるた め、卷取操作における張力不足が生じることはない。

産業上の利用可能性

以上述べた如く、本発明によれば、各セクションの巻き始めの糸始端を 整経ドラムに固定するに際して、ワープビームへの卷取操作も複雑化せず. 卷取操作に要する時間を短縮し、部分整経機の自動化をより完全なものと することのできる糸始端固定装置及び部分整経機を提供することができる という大きな効果を奏する。