Traitement en cours

Veuillez attendre...

PATENTSCOPE sera indisponible durant quelques heures pour des raisons de maintenance le mardi 27.07.2021 à 12:00 PM CEST
Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO1990004554 - FEUILLE D'AMORTISSEMENT GONFLABLE DU TYPE AUTO-SCELLANT

Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

[ JA ]

請 求 の 範 囲

. ヒートシール可能な材料製で、独立に膨らませ得る、 常時 はフラッ トな形をした一連の個々のエアバッグと、

同じ くヒー卜シール可能な材料製で、前記個々のエアバジ グを縦に貫いてそれに結合され、 前記エアバッグの各々の内 部に位置する部分に自封式弁となるス リット又はスロットを 備えている少なく とも 1本の空気吹き込みチューブとから成 る、膨張可能で自己封鎖式の緩衝シー ト。

. 前記一連続のエアバッ グが互いに離間された個々のェアバ ッグとして形成され、該エアバッグを貫通している前記空気 吹き込みチューブがエアバッ グの各々 にその対向する端緣で ヒー トシールによリ結合されていて、該チューブの内部には 開通した空気通路が残されている請求の範囲 1 に記載の膨張 可能で自己封鎖式の緩衝シー 卜。

. 前記一連のエアバッグが連続したヒー トシール可能な筒状 材料から形成され、 該筒状部材を貫いて前記空気吹き込みチ ユーブが貫揷され、 ついで前記筒状部材に前記ス リット又は スロッ卜と重ならない所定間隔の位置において横新的にヒー トシ一ルが形成されて、 縱に結合した一連の個々のエアバッ グが形成される請求の範囲 1 に記載の膨張可能で自己封鎖式 の緩衝シー ト。

. 前記個々のエアバッグを貫いて複数の空気吹き込みチュー ブが互いにほ 平行に貫挿されている請求の範囲 1 に記載の 膨張可能で自 己封鎖式の緩衝シート。

. 前記一連の個々 のエアバッグが、ヒートシール可能な比較 的広幅で長さ方向に連続した上下の帯状フィ ルムをその縦縁 でヒー トシールにより結合することにより形成され、前記空 気吹き込みチューブは、 前記帯状フイ ルムより細幅で、それ より少し長い長さのヒートシール可能な連続した上下の細条 フィルムを用意し、該細条フィルムの一方に自封式弁となる ス リット又はスロットを所定間隔で形成し、該細条フィルム のいずれかの内表面に非熱融着性塗膜を適用 し、しかる後両 細条フィ ルムをその縦緣でヒー トシールすることによリ形成 され、 この空気吹き込みチューブを前記縱縁を結合 した上下 の帯状フィ ルムの中に挿入し、該チューブの少なくとも一端 を前記蒂状フィ ルムの一端から突出させ、 前記スリット又は ス□ ッ卜と重ならない位置において、及び前記帯状フィルム の両端において、 帯状フィルム上に横断的に ヒートシールを する ことによリー連の個々のエアバッグが構成される請求の 範囲 1 に記載の膨張可能で自己封鎖式の緩衝シー ト。

. 前記非熱融着性塗膜は、 着色又は非着色のシリコーン系射 熱剥離剤によ り形成される請求の範囲 5 に記載の膨張可能で 自己封鎖式の緩衝シー ト。

. 前記非熱融着性塗膜が前記横新的ヒー 卜シール έ形成すベ き位置に相当する細条フィルム上の位置に部分的に適用され ている請求の範囲 6 に記載の膨張可能で自己封鎖式の緩衝シ 一卜。

. 前記エアバッグの各々を形成する横断的ヒー卜シールが一 対の狭い間隔のシール線によ り形成されている請求の範囲 5 に記載の膨張可能で自己封鎮式の緩衝シー ト。