Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persist, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2018093593) 回転機

Office : Japan
Application Number: 2016233655 Application Date: 30.11.2016
Publication Number: 2018093593 Publication Date: 14.06.2018
Publication Kind : A
IPC:
H02K 3/34
H ELECTRICITY
02
GENERATION, CONVERSION, OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
K
DYNAMO-ELECTRIC MACHINES
3
Details of windings
32
Windings characterised by the shape, form, or construction of the insulation
34
between conductors or between conductor and core, e.g. slot insulation
Applicants: アイチエレック株式会社
Inventors: 米津 裕史
Agents: 池田 敏行
岩田 哲幸
Priority Data:
Title: (JA) 回転機
Abstract: front page image
(JA)

【課題】折り曲げ箇所に、レーザー光を用いて適切な形状に形成された溝を有するスロット絶縁部材を備える回転機を提供する。
【解決手段】スロット絶縁部材30は、溝320が形成されている樹脂シート300により構成され、溝320が形成されている箇所で折り曲げられている。溝320は、樹脂シート300の第1の面300Aに、レーザー500からのレーザー光を、距離M320離れた第1の直線L311および第2の直線L322に沿って放射することにより形成される。樹脂シート300(スロット絶縁部材30)の厚さTは、0.23(mm)〜0.29(mm)の範囲内であり、溝320の開口部320Aの一方側端部320aと他方側端部320bとの間の長さ(開口幅)W320は、0.18(mm)〜0.22(mm)の範囲内であり、第1の面300Aと溝320の底部320Dとの間の長さ(深さ)の最小値D320は、0.015(mm)〜0.025(mm)の範囲内である。
【選択図】図10