Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2017209011) 受電装置、及び受電方法

Office : Japan
Application Number: 2017145337 Application Date: 27.07.2017
Publication Number: 2017209011 Publication Date: 24.11.2017
Grant Number: 6504416 Grant Date: 05.04.2019
Publication Kind : B2
IPC:
H02J 7/00
H02J 50/60
H02J 50/12
H02J 50/40
H02J 50/80
H ELECTRICITY
02
GENERATION, CONVERSION, OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
J
CIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
7
Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries
[IPC code unknown for H02J 50/60][IPC code unknown for H02J 50/12][IPC code unknown for H02J 50/40][IPC code unknown for H02J 50/80]
Applicants: ソニー株式会社
Inventors: 中野 裕章
小堺 修
込山 伸二
藤巻 健一
Agents: 西川 孝
稲本 義雄
Priority Data:
Title: (JA) 受電装置、及び受電方法
Abstract:
(JA)

【課題】ワイヤレス給電を、効率的に行う。
【解決手段】コイルを含む共振回路と、共振回路を用いたワイヤレス給電に影響する異物の有無を検出するための処理を行う処理部とを備え、当該処理部は、ワイヤレス給電による電力の負荷への給電が開始される前に、第1の検出方法で、ワイヤレス給電に影響する異物の有無を判定し、負荷への給電を行っている間、第1の検出方法とは異なる第2の検出方法で、異物の有無を判定することにより異物を検出するための処理を行う受電装置が提供される。本技術は、例えば、ワイヤレス給電を行う場合に適用することができる。
【選択図】図1