Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2008517516) 媒体非依存事前認証改善策のフレームワーク

Office : Japan
Application Number: 2007536412 Application Date: 13.07.2006
Publication Number: 2008517516 Publication Date: 22.05.2008
Grant Number: 4745344 Grant Date: 10.08.2011
Publication Kind : B2
Prior PCT appl.: Application Number:WOJP2006314312 ; Publication Number:WO2007007914 Click to see the data
IPC:
H04W 36/8
G09C 1/0
H ELECTRICITY
04
ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
W
WIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
36
Handoff or reselecting arrangements
08
Reselecting an access point
G PHYSICS
09
EDUCATING; CRYPTOGRAPHY; DISPLAY; ADVERTISING; SEALS
C
CIPHERING OR DECIPHERING APPARATUS FOR CRYPTOGRAPHIC OR OTHER PURPOSES INVOLVING THE NEED FOR SECRECY
1
Apparatus or methods whereby a given sequence of signs, e.g. an intelligible text, is transformed into an unintelligible sequence of signs by transposing the signs or groups of signs or by replacing them by others according to a predetermined system
Applicants: 株式会社東芝; 東京都港区芝浦一丁目1番1号
テルコーディア・テクノロジーズ・インコーポレーテッド; アメリカ合衆国、ニュー・ジャージー州 08854-4157、ピスカタウェイ、ワン・テルコーディア・ドライブ 05ジィー0116
Inventors: ダッタ、アシュトシュ
ファジャード、ビクター
大場 義洋
谷内 謙一
Priority Data: 27985606 14.04.2006 US
69894905P 14.07.2005 US
JP2006314312 13.07.2006 WO
Title: (JA) 媒体非依存事前認証改善策のフレームワーク
Abstract:
(JA)

【課題】媒体に依存しない事前認証改善策のフレームワーク
【解決手段】本明細書の好ましい実施形態は、媒体に依存しない事前認証フレームワーク内の第1のネットワークと第2のネットワーク間のモバイルノードの切り替え復帰に関連するハンドオフ決定を制御する方法及びシステムに、ならびに媒体に依存しない事前認証フレームワークでの第1のネットワークと第2のネットワーク間のモバイルノードの望ましくない切り替え復帰の影響を緩和する方法及びシステムに関する。
【選択図】 なし


Also published as:
KR1020070067074EP1902555CN101288273CA2612406WO/2007/007914