Processing

Please wait...

Settings

Settings

1. JP2004526188 - 照明の波長条件に関する装置及び方法

Office Japan
Application Number 2002562913
Application Date 01.02.2002
Publication Number 2004526188
Publication Date 26.08.2004
Publication Kind A
IPC
G PHYSICS
02
OPTICS
B
OPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
27
Other optical systems; Other optical apparatus
F MECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
21
LIGHTING
S
NON-PORTABLE LIGHTING DEVICES OR SYSTEMS THEREOF
2
Systems of lighting devices, not provided for in main groups F21S4/-F21S10/119
F MECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
21
LIGHTING
V
FUNCTIONAL FEATURES OR DETAILS OF LIGHTING DEVICES OR SYSTEMS THEREOF; STRUCTURAL COMBINATIONS OF LIGHTING DEVICES WITH OTHER ARTICLES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
13
Producing particular characteristics or distribution of the light emitted by means of a combination of elements specified in two or more of main groups F21V1/-F21V11/204
G PHYSICS
02
OPTICS
B
OPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
26
Optical devices or arrangements using movable or deformable optical elements for controlling the intensity, colour, phase, polarisation or direction of light, e.g. switching, gating, modulating
08
for controlling the direction of light
G02B 27/00
F21S 2/00
F21V 13/00
G02B 26/08
CPC
A61N 5/0616
A61N 5/062
F21S 10/02
F21W 2131/406
G02B 26/0841
H05B 41/3922
Applicants タイダル フォトニクス インコーポレイテッド
Inventors マッキノン、 ニコラス、 ビー
マコーレイ、 カラム、 イー
スタンジ、 ウルリッチ
Agents 松永 宣行
小合 宗一
佐藤 玲太郎
Priority Data 60/265,991 02.02.2001 US
60/310,940 07.08.2001 US
Title
(JA) 照明の波長条件に関する装置及び方法
Abstract
(JA)

【課題】過熱が生じず、選択された光の波長及び強度を生じ、種々の選択された波長又は強度間で迅速に切り換えることができること。
【解決手段】照明装置は、反射型画素化光空間変調器(反射型画素化SLM)より上流のスペクトル形成器を含み、該反射型画素化SLMは、スペクトル内の実質的にすべての光を少なくとも2つの異なる光路であって光源やスペクトル形成器に戻るようには反射しない光路へ反射する。前記光路の少なくとも一つは、投射光路として機能し、所望の光を照明装置の外部に送る。照明装置は、実質的にあらゆる色及び強度の光を生じる。照明装置は、不必要の光及び他の電磁放射線を照明装置の外部へ又は熱管理装置へ反射することによって過熱の問題を回避する。照明装置は、他の装置、照明器具又は他の適当な光源の部分とすることができる。照明装置は、夜明けの光の場面から癌や乾癬を治療するために特化された光に至るまで、実質的にあらゆる所望の光を生じることができる。照明装置は、色及び強度を知覚的に瞬時の速さで変化するようにしてもよい。
【選択図】図1