Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2004523596 - グリコリドの製造方法

Office Japan
Application Number 2002581417
Application Date 10.04.2002
Publication Number 2004523596
Publication Date 05.08.2004
Grant Number 4394352
Grant Date 23.10.2009
Publication Kind B2
IPC
C07D 319/12
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
DHETEROCYCLIC COMPOUNDS
319Heterocyclic compounds containing six-membered rings having two oxygen atoms as the only ring hetero atoms
101,4-Dioxanes; Hydrogenated 1,4-dioxanes
12not condensed with other rings
CPC
C07D 319/12
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
DHETEROCYCLIC COMPOUNDS
319Heterocyclic compounds containing six-membered rings having two oxygen atoms as the only ring hetero atoms
101,4-Dioxanes; Hydrogenated 1,4-dioxanes
12not condensed with other rings
Applicants 株式会社クレハ
Inventors 山根 和行
川上 進盟
Agents 西川 繁明
野田 直人
Priority Data 2001113577 12.04.2001 JP
Title
(JA) グリコリドの製造方法
Abstract
(JA)

本発明は、グリコール酸オリゴマーまたはグリコール酸オリゴマーと極性有機溶媒とを含有する解重合反応系を加熱して、グリコール酸オリゴマーをグリコリドに解重合させ、生成したグリコリドまたはグリコリドと極性有機溶媒とを解重合反応系外に留出させ、そして、留出により得られた留出物からグリコリドを回収するグリコリドの製造方法に関する。解重合反応系内に連続的または間欠的にグリコール酸オリゴマーまたはグリコール酸オリゴマーと極性有機溶媒とを投入して、解重合反応を連続的または繰り返して実施する。解重合反応中、解重合反応系内にアルコール性水酸基を持つ化合物を特定量比で存在させる。また、本発明は、アルコール性水酸基を持つ化合物の存在下でグリコール酸を縮合して得られるグリコリド製造用グリコール酸オリゴマーに関する。

Other related publications