Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO2020203610 - USE OF T-TYPE CALCIUM CHANNEL BLOCKER FOR TREATING RHEUMATOID ARTHRITIS


Disclaimer The image version (PDF) available on PATENTSCOPE is the official version. This online html version is provided to assist users. Despite the great care taken in its compilation to ensure a precise and accurate representation of the data appearing on the printed document/images, errors and/or omissions cannot be excluded due to the data transmittal, conversion and inherent limitations of the (optional) machine translation processes used. Hyperlinks followed by this symbol , are to external resources that are not controlled by WIPO. WIPO disclaims all liability regarding the above points.

INTERNATIONAL SEARCH REPORT (ISR)
Part 1:  1  2  3  4  5  6          Part 2:  A  B  C  D  E 
国際出願番号 出願人又は代理人の書類記号
PCT/JP2020/013543 NJ119-CAU2
国際出願日 (日.月.年) 優先日 (日.月.年)
26.03.2020 29.03.2019
出願人(氏名又は名称)
日本ケミファ株式会社
今後の手続については、: 様式PCT/ISA/220 及び下記5を参照すること。
国際調査機関が作成したこの国際調査報告を法施行規則第41条(PCT18条)の規定に従い出願人に送付する。この写しは国際事務局にも送付される。
1. 国際調査報告の基礎
a. 言語に関し、この国際調査は以下のものに基づき行った。
出願時の言語による国際出願
出願時の言語から国際調査のための言語である                                          に翻訳された、この国際出願の翻訳文(PCT規則12.3(a)及び23.1(b))
b.
この国際調査報告は、PCT規則91の規定により国際調査機関が許可した又は国際調査機関に通知された明らかな誤りの訂正を考慮して作成した(PCT規則43.6の2(a))。
c.
この国際出願で開示されたヌクレオチド又はアミノ酸配列に関して、以下の配列表に基づき国際調査を行った。
2. 請求の範囲の一部の調査ができない
3. 発明の単一性が欠如している
4. 発明の名称
出願人が提出したものを承認する。
次に示すように国際調査機関が作成した。
5. 要約
出願人が提出したものを承認する。
第Ⅳ欄に示されているように、法施行規則第47条第1項(PCT規則38.2)の規定により国際調査機関が作成した。出願人は、この国際調査報告の発送の日から1月以内にこの国際調査機関に意見を提出することができる。
6. 図面
a.
要約とともに公表される図は、 第    1     図とする。
出願人が示したとおりである。
出願人は図を示さなかったので、国際調査機関が選択した。
本図は発明の特徴を一層よく表しているので、国際調査機関が選択した。
b.
要約とともに公表される図はない。

A. 発明の属する分野の分類(国際特許分類(IPC))

     A61P 19/02 (2006.01)i; A61P 29/00 (2006.01)i; A61P 43/00 (2006.01)i; C07D 207/14 (2006.01)i; C07D 401/04 (2006.01)i; C07D 401/12 (2006.01)i; C07D 401/14 (2006.01)i; C07D 403/04 (2006.01)i; C07D 403/12 (2006.01)i; C07D 403/14 (2006.01)i; C07D 409/04 (2006.01)i; C07D 413/04 (2006.01)i; C07D 413/14 (2006.01)i; C07D 417/04 (2006.01)i; C07D 417/14 (2006.01)i; C07D 471/04 (2006.01)i; C07D 491/08 (2006.01)i; C07D 491/107 (2006.01)i; C07D 491/113 (2006.01)i; C07F 7/12 (2006.01)i; C07D 498/08 (2006.01)i; C07D 205/04 (2006.01)i; A61K 31/397 (2006.01)i; A61K 31/402 (2006.01)i; A61K 31/4025 (2006.01)i; A61K 31/4184 (2006.01)i; A61K 31/422 (2006.01)i; A61K 31/427 (2006.01)i; A61K 31/4355 (2006.01)i; A61K 31/437 (2006.01)i; A61K 31/4439 (2006.01)i; A61K 31/444 (2006.01)i; A61K 31/454 (2006.01)i; A61K 31/4545 (2006.01)i; A61K 31/4709 (2006.01)i; A61K 31/496 (2006.01)i; A61K 31/497 (2006.01)i; A61K 31/501 (2006.01)i; A61K 31/506 (2006.01)i; A61K 31/517 (2006.01)i; A61K 31/5377 (2006.01)i; A61K 31/5386 (2006.01)i; A61K 31/541 (2006.01)i; A61K 31/695 (2006.01)i

B. 調査を行った分野

最小限資料以外の資料で調査を行った分野に含まれるもの:
日本国実用新案公報              1922‐1996年
日本国公開実用新案公報          1971‐2020年
日本国実用新案登録公報          1996‐2020年
日本国登録実用新案公報          1994‐2020年
国際調査で使用した電子データベース(データベースの名称、調査に使用した用語):
CAplus/REGISTRY/MEDLINE/EMBASE/BIOSIS (STN), JSTPlus/JMEDPlus/JST7580 (JDreamIII)

C. 関連すると認められる文献

引用文献のカテゴリー* 引用文献名 及び一部の箇所が関連するときは、その関連する箇所の表示 関連する
請求項の番号
(1)
X
WO 2011/058932 A1 (大日本住友製薬株式会社) 19.05.2011 (2011-05-19)
1-6,9-12,16,18-20,22,26-29,33,35,74-76
特に、請求項1-23, 段落0005, 実施例23, 24, 試験例1
A
7,8,13-15,17,21,23-25,30-32,34,36-73
(2)
X
JP 2014-505037 A (クオンベルゲンセ プハルマセウトイカルス リミテッド) 27.02.2014 (2014-02-27)
1,2,9-12,16,18,19,74-76
特に、請求項1-29, 実施例51,55
A
3-8,13-15,17,20-73
(3)
X
JP 2018-537501 A (メルク パテント ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハ フツング) 20.12.2018 (2018-12-20)
1,2,7,9-12,17,19,74-76
特に、請求項1-20, 段落0004, 化合物番号117, 119, 130, 131, 132, 133 (段落0130, 0132), 実施例142
A
3-6,8,13-16,18,20-73
(4)
X
CN 105837577 A (四川大学) 10.08.2016 (2016-08-10)
1,2,9-11,17-19,74-76
特に、請求項1-13, 実施例10, 表2
A
3-8,12-16,20-73
(5)
X
JP 2008-543762 A (ジヤンセン・フアーマシユーチカ・ナームローゼ・フエンノート シヤツプ) 04.12.2008 (2008-12-04)
75
特に、実施例21, 35
A
1-74,76
(6)
X
WO 2017/223474 A1 (ST. JUDE CHILDREN'S RESEARCH HOSPITAL) 28.12.2017 (2017-12-28)
75
特に、化合物85, 86, 87, 89, 91, 92, 93, 94, 95, 96, 97, 100, 103, 105, 106, 107, 114, 118(TABLE 1)
A
1-74,76
(7)
X
WO 2009/131196 A1 (武田薬品工業株式会社) 29.10.2009 (2009-10-29)
75
特に、実施例125, 127, 129, 131, 145, 146, 149, 150, 182, 187, 192, 211, 212, 213, 215, 217, 218, 230
A
1-74,76
(8)
X
CN 107556318 A (山東大学) 09.01.2018 (2018-01-09)
75
特に、化合物番号 II-a1, II-a2, II-a3, II-a8, II-a9, II-a29(表1) 79-81 A
A
1-74,76
(9)
X
LEPRI, S. et al., Structure-metabolism relationships in human-AOX: Chemical insights from a large database of aza-aromatic and amide compounds, PNAS, 2017.04.03, Vol.114, No.16, pp.E3178-E3187, (Supplementary Information Appendixを含む)
75
特に、Compound MC080 (Supplementary Information AppendixのTable S9)
A
1-74,76
(10)
X
WO 2015/057655 A1 (EISAI R&D MANAGEMENT CO., LTD.) 23.04.2015 (2015-04-23)
75
特に、ER-898350, ER-898351 (FIG.3M), ER-898979, ER-898980 (FIG.3S)
A
1-74,76
(11)
X
JP 2016-525562 A (インスティチュート パスツール コリア) 25.08.2016 (2016-08-25)
75
特に、化合物D1(段落0087-0088)
A
1-74,76
(12)
X
JP 2008-509910 A (インサイト・コーポレイション) 03.04.2008 (2008-04-03)
75
特に、実施例118, 142, 143, 144
A
1-74,76
(13)
X
WO 2005/095327 A1 (味の素株式会社) 13.10.2005 (2005-10-13)
75
特に、化合物B-1, B-3, B-6 (表2-8), 化合物B-9, B-10, B-11 (表2-28)
A
1-74,76
(14)
X
JP 2002-88073 A (山之内製薬株式会社) 27.03.2002 (2002-03-27)
75
特に、Ex.52 (段落0036)
A
1-74,76
(15)
X
JP 55-15495 A (ヘキスト・アクチーエンゲゼルシヤフ) 02.02.1980 (1980-02-02)
75
特に、実施例33
A
1-74,76
(16)
P, X
WO 2020/017569 A1 (日本ケミファ株式会社) 23.01.2020 (2020-01-23)
1-76
特に、請求項1-31, 実施例, 段落0088
(17)
P, X
WO 2020/025517 A1 (MERCK PATENT GMBH) 06.02.2020 (2020-02-06)
1,2,7,10,12,17,19,74-76
特に、実施例58, 74, 390, 請求項1-30, 段落0003
P, A
3-6,8,9,11,13-16,18,20-73
(18)
P, X
WO 2019/133635 A1 (ST. JUDE CHILDREN'S RESEARCH HOSPITAL) 04.07.2019 (2019-07-04)
75
特に、請求項16
P, A
1-74,76
(19)
P, X
WO 2019/133632 A1 (ST. JUDE CHILDREN'S RESEARCH HOSPITAL) 04.07.2019 (2019-07-04)
75
特に、段落00409, 00410
P, A
1-74,76
*
引用文献のカテゴリー
"A"
特に関連のある文献ではなく、一般的技術水準を示すもの
"D"
国際出願で出願人が先行技術文献として記載した文献
"E"
国際出願日前の出願または特許であるが、国際出願日以後に公表されたもの
"L"
優先権主張に疑義を提起する文献又は他の文献の発行日若しくは他の特別な理由を確立するために引用する文献(理由を付す)
"O"
口頭による開示、使用、展示等に言及する文献
"P"
国際出願日前で、かつ優先権の主張の基礎となる出願の日の後に公表された文献
"T"
国際出願日又は優先日後に公表された文献であって出願と抵触するものではなく、発明の原理又は理論の理解のために引用するもの
"X"
特に関連のある文献であって、当該文献のみで発明の新規性又は進歩性がないと考えられるもの
"Y"
特に関連のある文献であって、当該文献と他の1以上の文献との、当業者にとって自明である組合せによって進歩性がないと考えられるもの
"&"
同一パテントファミリー文献

D. パテントファミリーに関する情報

引用文献 公表日 パテントファミリー文献 公表日
WO 2011/058932 A1
19.05.2011
JP 2013-28537 A
JP 2014-505037 A
27.02.2014
US 9045485 B2
WO 2012/080735 A1
特に、Claims 1-29, Examples 51, 55
US 2016/0067251 A1
US 2017/0210748 A1
EP 2651417 A1
JP 2018-537501 A
20.12.2018
WO 2017/106607 A1
特に、Claims 1-20, [0004], Compound Number 117, 119, 130, 131, 132, 133 (pages 65, 68, 69), Example142
US 2019/0330183 A1
US 2017/0174653 A1
EP 3390389 A1
TW 201730175 A
AR 107142 A
AU 2016371014 A1
CA 3005766 A1
KR 10-2018-0094939 A
CN 108699032 A
MX 2018006637 A
BR 112018011556 A2
CL 2018001624 A
CN 105837577 A
10.08.2016
(ファミリーなし)
JP 2008-543762 A
04.12.2008
US 2007/0004763 A1
WO 2006/135649 A2
特に、EXAMPLES 21, 35
EP 1899319 A2
AR 57062 A1
CA 2611378 A1
KR 10-2008-0028913 A
CN 101300249 A
EA 200800014 A1
ZA 200800271 A
BR PI0611621 A2
AU 2006258059 A1
CR 9647 A
GT 200600254 A
TW 200716598 A
PE 20070113 A
WO 2017/223474 A1
28.12.2017
US 2019/0300499 A1
EP 3474667 A1
CA 3025260 A1
AU 2017281907 A1
KR 10-2019-0022620 A
CN 109561680 A
BR 112018076441 A2
MX 2018015170 A
WO 2009/131196 A1
29.10.2009
(ファミリーなし)
CN 107556318 A
09.01.2018
(ファミリーなし)
WO 2015/057655 A1
23.04.2015
JP 2016-539079 A
US 2016/0176841 A1
EP 3057948 A1
CA 2920791 A1
AU 2014334551 A1
CN 105636945 A
IL 243926 A
KR 10-2016-0068775 A
MX 2016004629 A
RU 2016118624 A
CN 107935988 A
JP 2016-525562 A
25.08.2016
US 2016/0185774 A1
WO 2015/014993 A2
特に、Compound D1(page28)
EP 3027615 A2
CN 105745208 A
KR 10-2017-0082450 A
RU 2016107378 A
JP 2008-509910 A
03.04.2008
US 2006/0122197 A1
WO 2006/020598 A2
特に、Example 118, 142, 143, 144
EP 1778229 A2
CA 2575561 A1
KR 10-2007-0050076 A
CN 101080226 A
BR PI0514230 A
EA 200700251 A1
AU 2005273986 A1
MX 2007001540 A
CR 8901 A
TW 200626156 A
WO 2005/095327 A1
13.10.2005
US 2007/0066586 A1
特に、化合物B-1, B-3, B-6 (TABLE 2-8), 化合物B-9, B-10, B-11 (TABLE 2-28)
EP 1736465 A1
JP 2002-88073 A
27.03.2002
(ファミリーなし)
JP 55-15495 A
02.02.1980
EP 7525 A1
DE 2831447 A1
ES 482438 A
WO 2020/017569 A1
23.01.2020
(ファミリーなし)
WO 2020/025517 A1
06.02.2020
(ファミリーなし)
WO 2019/133635 A1
04.07.2019
(ファミリーなし)
WO 2019/133632 A1
04.07.2019
(ファミリーなし)
名称及びあて先:
日本国特許庁(ISA/JP)
東京都千代田区霞が関三丁目4番3号, 100-8915
日本国
国際調査を完了した日:
27.05.2020
国際調査報告の発送日:
09.06.2020
権限のある職員(特許庁審査官):
鳥居 福代 4C 3436
電話番号 03-3581-1101 内線 3439
Top    Part 1: 1 2 3 4 5 6         Part 2: A B C D E