Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO2020116593 - DISPOSABLE DIAPER

Document

明 細 書

発明の名称 使い捨ておむつ

技術分野

0001  

背景技術

0002  

先行技術文献

特許文献

0003  

発明の概要

0004   0005   0006   0007  

図面の簡単な説明

0008   0009   0010   0011   0012   0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046   0047   0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059   0060   0061   0062   0063   0064   0065   0066   0067   0068   0069   0070   0071   0072   0073   0074   0075   0076   0077   0078   0079   0080   0081   0082   0083   0084   0085   0086   0087   0088   0089   0090   0091   0092   0093   0094   0095  

産業上の利用可能性

0096  

符号の説明

0097  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  

図面

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11  

明 細 書

発明の名称 : 使い捨ておむつ

技術分野

[0001]
 本発明は、ウエストバンドを有する使い捨ておむつに関する。

背景技術

[0002]
 従来、胴回り域に配置されているウエストバンドを有する使い捨ておむつが知られている(例えば、特許文献1参照)。ウエストバンドによって股下域側に向かって開口する空間が形成されている。空間の少なくとも非肌対向面側には、ウエストバンドが配置されており、当該空間は、ウエスト開口側に移動する排泄物を収容するポケットとして機能する。これにより、ウエスト開口から排泄物が漏れることを抑制できる。

先行技術文献

特許文献

[0003]
特許文献1 : 米国特許公開公報2018/71155号

発明の概要

[0004]
 ウエストバンドを有さない一般的な使い捨ておむつの方が、ウエストバンドを有する使い捨ておむつに比べて、広く知られている。このため、装着者は、一般的な使い捨ておむつと同じように、ウエストバンドを認識することなく着用者に使い捨ておむつを装着させることがあった。このため、装着者は、着用者に装着させた使い捨ておむつがウエストバンドを有するにもかかわらず、一般的な使い捨ておむつと同じように、ウエスト開口からの漏れに対する不安感を抱えたまま、使い捨ておむつを使用する虞がある。
[0005]
 また、使い捨ておむつを着用者に装着する際に、装着者が、ウエストバンドを認識していないため、ウエストバンドが不適切に折れ曲がった状態で使い捨ておむつが装着される虞がある。この場合、ポケットとして機能する空間が十分に形成できず、ウエスト開口から排泄物が漏れ出す可能性があった。
[0006]
 そこで、ウエストバンドを備える使い捨ておむつであって、ウエスト開口からの排泄物の漏れに対する不安感を低減し、装着者に安心感を与え易い使い捨ておむつが望まれる。
[0007]
 一態様に係る使い捨ておむつは、互いに直交する前後方向及び幅方向と、第1胴回り域、第2胴回り域及び前記第1胴回り域と前記第2胴回り域との間に配置された股下域と、吸収コアと、前記第1胴回り域に配置されているウエストバンドと、前記吸収コアを含み、かつ前記ウエストバンドよりも非肌対向面側に配置されている部材により構成される本体部と、を有する。前記ウエストバンドの前記非肌対向面側には、前記股下域側に向かって開口する空間が形成されている。前記使い捨ておむつは、前記吸収コアを含み、かつ前記ウエストバンドよりも非肌対向面側に配置されている部材により構成される本体部を有する。前記本体部は、前記第1胴回り域における前記前後方向の外端縁である第1外端縁を有する。前記ウエストバンドが前記本体部に挟まれるように前記股下域において前記幅方向に延びる折り目を基点に前記使い捨ておむつが折り畳まれている二つ折りの自然状態において、前記ウエストバンドの一部は、前記第1外端縁の前記前後方向よりも外側で露出している。

図面の簡単な説明

[0008]
[図1] 図1は、実施形態に係る使い捨ておむつを肌対向面側から見た模式平面図である。
[図2] 図2は、図1に示すA-A線に沿った模式断面図である。
[図3] 図3は、伸長状態における図1に示すB-B線に沿った模式断面図である。
[図4] 図4は、自然状態における図1に示すB-B線に沿った模式断面図である。
[図5] 図5は、図4を基準とした断面における着用状態を模式的に示した図である。
[図6] 図6は、二つ折りの自然状態における実施形態に係る使い捨ておむつ10の模式平面図である。
[図7] 図7は、図6のC-C線に沿った模式断面図である。
[図8] 図8は、実施形態に係るウエストバンド80を説明するための模式図である。
[図9] 図9は、腰回り弾性部材45を説明するための模式図である。
[図10] 図10は、変更例に係る使い捨ておむつを肌対向面側から見た模式平面図である。
[図11] 図11は、二つ折りの自然状態における変更例に係る使い捨ておむつの模式平面図である。
[0009]
 (1)実施形態の概要
 本明細書及び添付図面の記載により、少なくとも以下の事項が明らかとなる。
 一態様に係る使い捨ておむつは、互いに直交する前後方向及び幅方向と、第1胴回り域、第2胴回り域及び前記第1胴回り域と前記第2胴回り域との間に配置された股下域と、吸収コアと、前記第1胴回り域に配置されているウエストバンドと、前記吸収コアを含み、かつ前記ウエストバンドよりも非肌対向面側に配置されている部材により構成される本体部と、を有する。前記ウエストバンドの前記非肌対向面側には、前記股下域側に向かって開口する空間が形成されている。前記使い捨ておむつは、前記吸収コアを含み、かつ前記ウエストバンドよりも非肌対向面側に配置されている部材により構成される本体部を有する。前記本体部は、前記第1胴回り域における前記前後方向の外端縁である第1外端縁を有する。前記ウエストバンドが前記本体部に挟まれるように前記股下域において前記幅方向に延びる折り目を基点に前記使い捨ておむつが折り畳まれている二つ折りの自然状態において、前記ウエストバンドの一部は、前記第1外端縁の前記前後方向よりも外側で露出している。
[0010]
 使い捨ておむつは、使用前にかさばらないように、使用前の状態として、二つ折りの自然状態であることが一般的である。本態様によれば、このような二つ折りの自然状態において、ウエストバンドの一部が、第1外端縁の前後方向の外側で露出している。装着者は、使い捨ておむつの使用前から、第1胴回り域側からの使い捨ておむつの平面視において、本体部から露出しているウエストバンドの一部を視認することができ、ウエストバンドを認識し易くなる。装着者が、ウエストバンドを認識することで、ウエスト開口からの排泄物の漏れに対する不安感を低減でき、装着者に安心感を与えることができる。また、装着者がウエストバンドを認識している場合には、使い捨ておむつを着用者に装着する際に、ウエストバンドが不適切に折れ曲がった状態であることに気付き易くなる。装着者は、ウエストバンドが不適切に折れ曲がった状態である場合には、ウエストバンドが適切な状態となるように直すことで、ウエスト開口から排泄物が漏れ出することを抑制できるため、装着者に安心感を与えることができる。
[0011]
 好ましい一態様によれば、前記本体部は、前記第2胴回り域における前記前後方向の外端縁である第2外端縁を有してよい。前記二つ折りの自然状態において、前記ウエストバンドの一部は、前記第2外端縁の前記前後方向の外側で露出してよい。二つ折りの自然状態において、ウエストバンドの一部は、第1外端縁だけでなく、第2外端縁よりも前後方向の外側で露出するため、ウエストバンドの一部は、第1外端縁が配置されている側からだけでなく、第2外端縁が配置されている側からも視認可能である。従って、装着者は、使い捨ておむつの使用前から、本体部から露出しているウエストバンドの一部をより視認し易くなり、ウエストバンドをより認識し易くなる。
[0012]
 好ましい一態様によれば、前記ウエストバンドは、着用者の肌に当接する肌当接面を有する肌当接部を有してよい。前記本体部に接合されていない前記肌当接部は、前記肌当接部の前記前後方向の中心よりも外側の部分である外肌当接部と、前記肌当接部の前記前後方向の中心よりも内側の部分である内肌当接部と、を有してよい。前記内肌当接部の前記幅方向の収縮力は、前記外肌当接部の前記幅方向の収縮力よりも大きくてよい。内肌当接部の幅方向の収縮力は、外肌当接部の幅方向の収縮力よりも大きいため、内肌当接部は、外肌当接部よりも幅方向に収縮する。これにより、内肌当接部の幅方向の長さが外肌当接部の幅方向の長さよりも短くなる。外肌当接部と内肌当接部とは同じ肌当接部であるため、外肌当接部のうち内肌当接部に近い部分は、内肌当接部の収縮によりさらに収縮する。一方で、外肌当接部のうち内肌当接部から遠い部分は、内肌当接部の収縮の影響を受け難く、内肌当接部の収縮により収縮し難い。従って、肌当接部の幅方向の中央が前後方向の外側に向かって突出するように肌当接部が円弧状に変形し易い。これにより、肌当接部の幅方向の中央が、肌当接部の幅方向の端部よりも前後方向の外側に突出し易くなる。肌当接部の幅方向の端部が本体部から露出していない場合であったとしても、肌当接部の幅方向の中央が本体部から露出し、装着者が、ウエストバンドを認識し易くなる。
[0013]
 好ましい一態様によれば、前記本体部は、少なくとも前記第1胴回り域に配置されているウエスト収縮領域を有してよい。前記ウエスト収縮領域は、前記本体部の前記幅方向の中央を跨がるように前記幅方向に延びており、かつ前記幅方向に収縮してよい。ウエスト収縮領域の収縮によって、ウエスト収縮領域を有する本体部も収縮する。ここで、ウエスト収縮領域の前後方向の内側部分は、ウエスト収縮領域の前後方向の外側部分に比べると、吸収コア側に配置されている。従って、吸収コア上及び吸収コアの前後方向の延長上の領域では、吸収コアの剛性によって、ウエスト収縮領域の内側部分は、ウエスト収縮領域の外側部分と比べると幅方向に収縮し難くなる。これにより、ウエスト収縮領域の外側部分と厚さ方向に重なる本体部の幅方向の長さが、ウエスト収縮領域の内側部分と厚さ方向に重なる本体部の長さよりも短くなり易く、本体部の第1外端縁の幅方向の中央が内側に向かって凹むように、吸収コアの延長上の領域において本体部が円弧状に変形する。従って、ウエストバンドの幅方向の端部が本体部から露出していない場合であったとしても、ウエストバンドの幅方向の中央が本体部から露出し、装着者が、ウエストバンドを認識し易くなる。
[0014]
 好ましい一態様によれば、前記ウエスト収縮領域の前記前後方向の内端縁は、前記厚さ方向において前記吸収コアと重なってよい。ウエスト収縮領域の前後方向の内側部分のうち吸収コアと重なっている重複部分は、ウエスト収縮領域の前後方向の外側部分と比べて、吸収コアの剛性によって幅方向に収縮し難くなる。従って、ウエスト収縮領域の重複部分と厚さ方向に重なる本体部の幅方向の長さが、ウエスト収縮領域の外側部分と厚さ方向に重なる本体部の幅方向の長さよりも長くなる。従って、本体部の第1外端縁の幅方向の中央が内側に向かって凹むように、吸収コアの延長上の領域において本体部が円弧状により変形し易くなる。このため、ウエストバンドの幅方向の端部が本体部から露出していない場合であったとしても、ウエストバンドの幅方向の中央が本体部からより露出し、装着者が、ウエストバンドを認識し易くなる。
[0015]
 好ましい一態様によれば、前記ウエストバンドは、前記ウエストバンドの前記幅方向の両端部に位置し、かつ前記本体部に接合されている一対のサイド接合部を有してよい。前記一対のサイド接合部のそれぞれは、前記吸収コアの外側縁よりも前記幅方向の外側に位置する。一対のサイド接合部のそれぞれが、吸収コアの外側縁よりも幅方向の外側に位置する場合には、一対のサイド接合部のそれぞれの少なくとも一部は、吸収コア上及び吸収コアの前後方向の延長上の領域から離れて位置している。従って、本体部の第1外端縁の幅方向の中央が内側に向かって凹むように、吸収コアの延長上の領域において本体部が円弧状に変形しても、延長上の領域から離れて位置するサイド接合部の少なくとも一部が当該本体部の変形による影響を受けなくなる。これにより、ウエストバンドの幅方向の中央が内側に向かって凹むことを抑制でき、ウエストバンドが本体部から露出する量が低減することを抑制できる。ウエストバンドの露出量の低減を抑制することで、装着者は、使い捨ておむつの使用前から、ウエストバンドの一部を視認し易くなり、ウエストバンドを認識し易くなる。
[0016]
 好ましい一態様によれば、前記本体部は、前記吸収コアよりも肌対向面側に位置する肌面側シートを有してよい。前記肌面側シートは、表面シートと、前記表面シートの両外側部を覆う一対のサイドシートと、を有してよい。前記一対のサイドシートのそれぞれは、前記前後方向に延びる防漏弾性部材の収縮によって起立する収縮部を有する防漏ギャザーを構成してよい。前記ウエストバンドは、前記ウエストバンドの前記幅方向の両端部に位置し、かつ前記本体部と接合されている一対のサイド接合部を有してよい。前記一対のサイド接合部のそれぞれは、前記防漏弾性部材よりも前記幅方向の外側に位置してよい。一対のサイド接合部のそれぞれが、防漏弾性部材よりも幅方向の外側に位置するため、一対のサイド接合部は、防漏弾性部材の収縮による影響を直接的に受け難くなる。これにより、ウエストバンドが前後方向の内側へ引っ張られ難くなり、ウエストバンドが本体部から露出する量が低減することを抑制できる。ウエストバンドの露出量の低減を抑制することで、装着者は、使い捨ておむつの使用前から、ウエストバンドの一部を視認し易くなり、ウエストバンドを認識し易くなる。
[0017]
 好ましい一態様によれば、前記防漏ギャザーは、前記収縮部よりも前記幅方向の外側において前記収縮部の起立支点となる基端縁を有する。前記一対のサイド接合部のそれぞれは、前記基端縁よりも前記幅方向の外側に位置してよい。一対のサイド接合部のそれぞれが、基端縁よりも幅方向の外側に位置するため、一対のサイド接合部は、収縮部の収縮による影響を受け難くなる。これにより、ウエストバンドが前後方向の内側へ引っ張られ難くなり、ウエストバンドが本体部から露出する量が低減することを抑制できる。装着者は、使い捨ておむつの使用前から、ウエストバンドの一部を視認し易くなり、ウエストバンドを認識し易くなる。
[0018]
 好ましい一態様によれば、前記ウエストバンドは、前記本体部に接合された接合部と、前記本体部に接合されていない非接合部と、を有してよい。前記非接合部は、前記幅方向に延びるバンド折り目を基点として前記前後方向の外側に折り返されてよい。前記非接合部は、前記接合部から前記バンド折り目まで延びており、かつ起立可能に構成された起立部と、前記バンド折り目から前記前後方向の外側に向かって延びており、前記起立部よりも肌対向面側に位置する折り返し部と、を有してよい。前記起立部の前記前後方向の一方の端縁から他方の端縁までの長さと、前記折り返し部の前記前後方向の一方の端縁から他方の端縁までの長さとの合計の長さは、前記接合部と前記起立部との境界から前記第1外端縁までの長さよりも長くてよい。装着者は、使い捨ておむつを着用者に装着する際に、起立部が起立することによって、折り返し部が装着者に近づくため、装着者がウエストバンドを立体的に視認でき、ウエストバンドを認識し易くなる。
[0019]
 また、起立部と折り返し部との合計長さが、接合部と起立部との境界から第1外端縁までの長さよりも長いため、起立部が起立することによって、折り返し部が本体部よりも前後方向の外側に位置し易くなる。折り返し部が本体部よりも前後方向の外側に位置した場合には、ウエストバンドの一部が本体部11と重ならないため、ウエストバンドの視認性が向上し、装着者が、ウエストバンドを認識し易くなる。
[0020]
 好ましい一態様によれば、前記起立部の前記前後方向の一方の端縁から他方の端縁までの長さは、前記接合部と前記起立部との境界から前記第1外端縁までの長さよりも長くてよい。起立部の長さが接合部と起立部との境界から第1外端縁までの長さよりも長いため、起立部が起立することによって、折り返し部が装着者により近づき、ウエストバンドをより認識し易くなる。また、起立部の長さが短い場合と比較して、起立部の起立により折り返し部が前後方向の外側へ移動する距離が長くなり、折り返し部が本体部よりも前後方向の外側により位置し易くなる。折り返し部が本体部よりも前後方向の外側に位置した場合には、ウエストバンドの視認性が向上し、装着者が、ウエストバンドを認識し易くなる。
[0021]
 (2)使い捨ておむつの全体概略構成
 以下、図面を参照して、実施形態に係る使い捨ておむつについて説明する。なお、以下の図面の記載において、同一又は類似の部分には、同一又は類似の符号を付している。ただし、図面は模式的なものであり、各寸法の比率等は現実のものとは異なることに留意すべきである。したがって、具体的な寸法等は、以下の説明を参酌して判断すべきである。また、図面相互間においても互いの寸法の関係や比率が異なる部分が含まれ得る。
[0022]
 使い捨ておむつは、テープ型の使い捨ておむつである。図1は、実施形態に係る使い捨ておむつ10の肌対向面側から見た模式平面図である。図2は、図1に示す使い捨ておむつのA-A断面に沿った模式断面図である。図2に示す模式断面図では、説明の便宜上、各部材を厚さ方向Tにおいて離間して示しているが、実際の製品においては厚さ方向Tに接している。図1及び図2は、伸長状態の使い捨ておむつを示している。なお、本発明における伸長状態とは、使い捨ておむつ10を皺が形成されない状態まで伸長させた状態である。また、本発明における自然状態とは、パッケージに収容されている使い捨ておむつ10にあっては、パッケージから使い捨ておむつ10を取り出し、20℃±2℃、相対湿度60%±5%RHの雰囲気下において24時間放置した状態である。図3は、伸長状態における図1に示すB-B線に沿った模式断面図である。図4は、自然状態における図1に示すB-B線に沿った模式断面図である。図5は、図4に示す断面を基準とした着用状態を示す図である。図5に示すBLは、着用者の身体のラインを示している。
[0023]
 使い捨ておむつ10は、互いに直交する前後方向L及び幅方向Wを有する。前後方向Lは、身体前側と身体後側とに延びる方向によって規定される。言い換えると、前後方向Lは、展開された使い捨ておむつ10において前後に延びる方向である。また、使い捨ておむつ10は、前後方向Lと幅方向Wの両方の直交する厚さ方向Tを有する。厚さ方向Tは、着用者側に向かう肌対向面側T1と、肌対向面側と反対側の非肌対向面側T2と、に延びる。
[0024]
 使い捨ておむつ10は、前胴回り域S1と、後胴回り域S2と、股下域S3と、を有する。前胴回り域S1は、着用者の前胴回り(腹部)に対向する領域である。後胴回り域S2は、着用者の後胴回り(背部)に対向する領域であり、装着時に身体(臀部)が載せられる領域を含む。股下域S3は、着用者の股下に位置し、前胴回り域S1と後胴回り域S2との間に配置された領域である。従って、股下域S3は、前胴回り域S1及び後胴回り域S2からなる2つの胴回り域の間に配置されている。股下域S3は、着用者の脚回りに配置される脚回り開口部65が設けられた領域である。脚回り開口部65は、使い捨ておむつ10の外側縁から幅方向の内側に凹む部分である。
[0025]
 使い捨ておむつ10は、本体部11と後述するウエストバンド80とからなる。本体部11は、ウエストバンド80よりも非肌対向面側T2に配置されている部材により構成される。従って、本体部11は、使い捨ておむつ10を構成する部材のうち、ウエストバンド80を除いた部材により構成されている。本体部11は、後述する吸収コア31を含んでいる。
[0026]
 本体部11は、前胴回り域S1における前後方向Lの外側(前側)の外端縁である前端縁11Fと、後胴回り域S2における前後方向Lの外側(後側)の外端縁である後端縁11Rと、を有する。前端縁11Fは、本発明における第2外端縁を構成し、後端縁11Rは、本発明における第1外端縁を構成する。
[0027]
 使い捨ておむつ10は、吸収材料を含む吸収コア31を含む。吸収コア31は、粉砕パルプもしくは高吸収性ポリマー(SAP)、又はこれらの混合物等の吸収材料を含む。吸収コア31は、図示しないコアラップによって覆われてよい。吸収コア31とコアラップによって吸収体が構成されてよい。コアラップは、テッシュ又はSMS不織布によって構成され、吸収コア31の肌対向面側T1と吸収コア31の非肌対向面側T2に配置されてよい。
[0028]
 図2に示すように、使い捨ておむつ10は、吸収コア31よりも肌対向面側T1に位置する肌面側シート20を有する。肌面側シート20は、吸収コア31を覆い、かつ使い捨ておむつ10の全体に亘って配置されている。本実施形態の肌面側シート20は、表面シート21と一対のサイドシート22を含む。なお、コアラップを有する使い捨ておむつにあっては、肌面側シート20は、コアラップよりも肌対向面側T1に位置するシートである。表面シート21は、吸収コア31の幅方向Wの中心を跨いで配置されてよい。一対のサイドシート22は、表面シート21の両外側部を覆うように配置されてよい。表面シート21及びサイドシート22は、例えば不織布や開孔プラスチックフィルムのような透液性シートによって構成されていてよい。
[0029]
 サイドシート22の内側部は、折り返されて重なってよい。重なったサイドシート22間には、前後方向Lに延びる防漏弾性部材61が設けられてよい。防漏弾性部材61は、前後方向Lに伸縮する。防漏弾性部材61は、前後方向Lに伸縮する糸ゴムによって構成されてよい。サイドシート22は、防漏弾性部材61の収縮によって肌対向面側T1に起立する。一対のサイドシート22は、防漏ギャザー60を構成する。防漏ギャザー60は、防漏弾性部材61の収縮によって起立する収縮部63を有する。防漏ギャザー60は、収縮部63の起立支点となる防漏基端縁64を有する。防漏基端縁64は、第1防漏基端縁641と第2防漏基端縁642とを有する。
[0030]
 第1防漏基端縁641は、収縮部63よりも幅方向Wの外側において収縮部63の起立支点となる。第1防漏基端縁641は、収縮部63よりも幅方向の外側においてサイドシート22と表面シート21が接合された領域の内側縁である。第2防漏基端縁642は、収縮部63よりも前後方向Lの両外側において収縮部63の起立支点となる。第2防漏基端縁642は、収縮部63よりも前後方向Lの両外側においてサイドシート22と表面シート21が接合された領域の内端縁である。収縮部63は、サイドシート22が表面シート21に接合されてなく、防漏弾性部材61によって収縮可能な部分であり、非伸長状態の防漏弾性部材61が配置された部分を含まない。収縮部63の前後方向の範囲を図1に示す。
[0031]
 ここで、本発明における外側部とは、幅方向Wにおける外側の縁を含む幅方向Wに一定の範囲を占める部分であり、外側縁とは、幅方向Wにおける外側の縁である。また、内側部とは、幅方向Wにおける内側の縁を含む幅方向Wに一定の範囲を占める部分であり、内側縁とは、幅方向Wにおける内側の縁である。
[0032]
 使い捨ておむつ10は、吸収コア31よりも非肌対向面側T2に位置する非肌面側シート25を有する。非肌面側シート25は、吸収コア31を覆い、かつ使い捨ておむつ10の全体に亘って配置されている。本実施形態の非肌面側シート25は、裏面シート23と外装シート24を含む。なお、コアラップを有する使い捨ておむつにあっては、非肌面側シート25は、コアラップよりも非肌対向面側T2に位置するシートである。裏面シート23は、液不透過性のシートであり、ポリエチレンシート、ポリプロピレン等を主体としたラミネート不織布、通気性の樹脂フィルム、スパンボンド、又はスパンレース等の不織布に通気性の樹脂フィルムが接合されたシートなどを用いることができる。外装シート24は、裏面シート23の非肌対向面側T2に設けられてよい。外装シート24は、液透過性の不織布によって構成されてよい。裏面シート23の幅方向Wの長さは、外装シート24の幅方向Wの長さよりも短く、裏面シート23の前後方向Lの長さは、外装シート24の前後方向Lの長さよりも短くてよい。
[0033]
 後胴回り域S2には、ファスニングテープ90が設けられている。ファスニングテープ90は、ベース部92と係止部93を有する。ベース部92の少なくとも一部は、肌面側シート20と非肌面側シート25の間に接合され、かつ肌面側シート20と非肌面側シート25から幅方向Wの外側に延出する。係止部93は、ベース部92上に設けられ、ターゲット部95(図1参照)に着脱可能に止着される。ファスニングテープ90は、後胴回り域S2において幅方向Wに沿って延び、ターゲット部95に止着されることにより、使い捨ておむつ10を着用者の身体に保持する。ターゲット部95は、前胴回り域S1に配置されており、ファスニングテープ90がそれぞれ止着するように構成されている。
[0034]
 使い捨ておむつ10は、2つの胴回り域(前胴回り域S1及び後胴回り域S2)の少なくとも一方の胴回り域に配置されているウエストバンド80を有する。本実施の形態では、ウエストバンド80は、後胴回り域S2に配置されている。後胴回り域S2は、本発明における第1胴回り域を構成し、前胴回り域S1は、本発明における第2胴回り域を構成する。ウエストバンド80は、本体部11の肌対向面側T1に配置されている。ウエストバンド80は、肌面側シート20の肌対向面側T1に配置されている。ウエストバンド80は、着用時に肌面側シート20から浮き上がる。これにより、股下域S3側に向かって開口する空間(図4及び図5の収容空間AS)が形成される。収容空間ASは、ウエストバンド89の非肌対向面側に設けられており、股下域側に向かって開口している。収容空間ASの少なくとも肌対向面側T1には、ウエストバンド80が配置されている。本実施形態では、収容空間ASの肌対向面側T1にウエストバンド80が配置されており、収容空間ASの非肌対向面側T2に本体部11(肌面側シート20)が配置されている。収容空間ASは、ウエスト開口66側に移動する排泄物を収容するポケットとして機能する。これにより、ウエスト開口66から排泄物が漏れることを抑制できる。ウエストバンド80の構成については、後述にて詳細に説明する。ウエスト開口66は、使い捨ておむつ10の後端縁10Rと前端縁10Fによって構成され、ファスニングテープ90がターゲット部95に止着した状態で腰回りを囲む部分である。
[0035]
 図1に示すように、サイドシート22と裏面シート23との間、又はサイドシート22と外装シート24との間には、前後方向Lに延びる脚回り弾性部材42が設けられてよい。脚回り弾性部材42は、前後方向Lに伸縮する帯状の伸縮シートによって構成されてよい。脚回り弾性部材42の収縮によって、着用時に使い捨ておむつ10が脚回りにフィットする。脚回り弾性部材42は、吸収コア31よりも幅方向Wの外側において、少なくとも股下域S3において脚回り開口部65に沿って配置されている。
[0036]
 サイドシート22と裏面シート23との間、及びサイドシート22と外装シート24との間には、幅方向Wに延びる腰回り弾性部材45が設けられてよい。腰回り弾性部材45は、幅方向Wに伸縮する略矩形の伸縮シートによって構成されてよい。腰回り弾性部材45は、肌面側シート20と非肌面側シート25の間に接合されている。より詳細には、図2に示すように、腰回り弾性部材45は、幅方向Wに伸長した状態で、吸収コア31と非肌面側シート25の間、又は肌面側シート20と非肌面側シート25の間に接合されている。腰回り弾性部材45の収縮によって、着用時に使い捨ておむつ10が腰回りにフィットする。腰回り弾性部材45は、少なくとも後胴回り域S2に配置されている。本実施形態において、腰回り弾性部材45は、厚さ方向Tおいて吸収コア31と重なっている。従って、腰回り弾性部材45の前端縁45Fは、吸収コア31の後端縁よりも前側に位置しており、腰回り弾性部材45の後端縁45Rは、吸収コア31の前端縁よりも後側に位置している。使い捨ておむつ10は、吸収コア31の外側縁31Eよりも幅方向Wの外側に延びるサイドフラップ16を有する。サイドフラップ16は、ファスニングテープ90を含む。
[0037]
 (3)ウエストバンドの構成
 次いで、ウエストバンド80の構成について詳細に説明する。図3から図5に示すように、ウエストバンド80は、複数のシートが積層されたシート層81と、シート層81に接合されたバンド弾性部材82と、を有してよい。本実施形態のウエストバンド80のシート層81は、第1不織布層811と、第2不織布層812と、第1不織布層811と第2不織布層812の間に配置されたフィルム層813と、を含んでよい。第1不織布層811と第2不織布層812は、同一の不織布が折り返されることによって、同一の不織布により構成されている。第1不織布層811は、ウエストバンド80において最も肌面側シート20側に位置している。
[0038]
 バンド弾性部材82は、幅方向Wに伸縮する。バンド弾性部材82は、糸状又は帯状の弾性部材によって構成され、幅方向Wに伸長した状態で、シート層81に固定されている。バンド弾性部材82は、第1不織布層811と液不透過性のフィルム層813との間に固定されている。バンド弾性部材82は、前後方向Lに間隔を空けて複数配置されている。バンド弾性部材82は、後述する肌当接部851と起立部852とにおいて、それぞれ複数配置されてよい。
[0039]
 ウエストバンド80は、幅方向Wに伸縮可能に構成されている。ウエストバンド80は、バンド弾性部材82によって幅方向に伸縮するように構成されていてもよいし、シート層81が伸縮性を有することによって幅方向に伸縮するように構成されていてもよい。ウエストバンド80は、幅方向Wに伸縮するバンド伸縮領域BSRを有する(図3参照)。バンド伸縮領域BSRは、ウエストバンド80のうち幅方向Wに伸縮する領域である。
[0040]
 ウエストバンド80は、後胴回り域S2においてウエスト開口66の近傍に配置されてよい。ウエストバンド80の外側縁80Eは、吸収コア31の外側縁31Eよりも幅方向Wの外側に位置してよく、ファスニングテープ90の内側縁よりも幅方向Wの内側に位置してもよい。ウエストバンド80の前端縁80Fは、ファスニングテープ90の前端縁90Fよりも後側に位置してよい。
[0041]
 図3から図5に示すように、ウエストバンド80は、本体部11(より具体的には、肌面側シート20)に接合されている。ウエストバンド80の接合方法として、例えば、ホットメルト型接着剤(HMA)等の接合部材、ソニックシール、ヒートシールなどが用いられる。本実施形態では、ウエストバンド80は、接合部材83によって接合されている。
[0042]
 接合部材83は、第1接合部材831と、第2接合部材832と、を有する。第1接合部材831は、ウエストバンド80の前後方向Lの端部に配置されており、幅方向Wに延びている(図3参照)。第2接合部材832は、ウエストバンド80の幅方向Wの端部に配置されており、前後方向Lに延びている(図2参照)。
[0043]
 ウエストバンド80は、本体部11に接合された接合部84と、本体部11に接合されていない非接合部85と、を有する。接合部84は、接合部材83に当接している部分であり、本体部11と直接的に固定されている。接合部84は、第1接合部841と、第2接合部842と、を有する。第1接合部841は、ウエストバンド80の前後方向Lの端部に配置されており、幅方向Wに延びている。本実施形態では、第1接合部841は、非接合部85(詳細には、起立部852)よりも後側に配置されている。第1接合部841は、第1接合部材831に当接している部分である。第2接合部842は、ウエストバンド80の幅方向Wの両端部に位置し、本体部11に接合されている一対のサイド接合部である。第2接合部842は、前後方向Lに延びている。第2接合部842は、非接合部85よりも幅方向Wの外側に配置されている(図2参照)。第2接合部842は、第2接合部材832に当接している部分である。非接合部85は、接合部材83に接していない部分であり、本体部11との距離を変更可能である。非接合部85は、着用者の肌に当接する肌当接面851Sを有する肌当接部851を有している。図4及び図5に示すように、本実施形態では、ウエストバンド80の非接合部85と肌面側シート20とによって挟まれた収容空間ASによって、前側に向かって開口するポケットが形成されている。肌当接部851は、収容空間ASの肌対向面側T1に配置されている。
[0044]
 非接合部85は、本体部11(より具体的には、肌面側シート20)に対して起立する起立部852を有してよい。本実施形態において、非接合部85は、バンド折り目FLBを基点として前後方向Lの外側に折り返されている。肌当接部851は、幅方向Wに沿ったバンド折り目FLBによってウエストバンド80が折り返されている部分(折り返し部)により構成されている。肌当接部(折り返し部)851は、バンド折り目FLBから前後方向Lの外側(後側)に向かって延びており、起立部852よりも肌対向面側T1に位置している。
[0045]
 起立部852は、バンド折り目FLBによってウエストバンド80が折り返されていない部分により構成されている。起立部852は、接合部84からバンド折り目FLBまで延びており、かつ起立可能に構成されている。本明細書において、起立部852は、非接合部85のうち着用者の肌に当接しない部分である。なお、図3から図5に示すように、着用者の動き及び/又は起立部852の起立具合によって、着用者の肌と当接する領域が変化する。従って、肌当接部851の前後方向Lの長さと起立部852の前後方向Lの長さは、変化してもよい。
[0046]
 ここで、肌当接部(折り返し部)851の前後方向Lの一方の端縁(前端縁851F)から他方の端縁(後端縁851R)までの長さをAとする。起立部852の前後方向Lの一方の端縁(前端縁852F)から他方の端縁(後端縁852R)までの長さをBとする。この場合、AとBとのそれぞれは、着用者の動き及び/又は起立部852の起立具合によって、変化してもよい。一方で、AとBとの合計(A+B)は、一定である。
[0047]
 接合部84と起立部852との境界から本体部11の後端縁11Rまでの長さをCとする。この場合、AとBとの合計の長さは、長さCよりも長くてよい。すなわち、「A+B>C」の条件を満たしてよい。装着者は、使い捨ておむつ10を着用者に装着する際に、起立部852が起立することによって、肌当接部(折り返し部)851が装着者に近づくため、装着者がウエストバンド80を立体的に視認でき、ウエストバンド80を認識し易くなる。また、起立部852と肌当接部(折り返し部)851との合計長さA+Bが、長さCよりも長いため、起立部852が起立することによって、肌当接部(折り返し部)851が本体部11よりも前後方向Lの外側(後側)に位置し易くなる。この場合、ウエストバンド80の一部が厚さ方向Tにおいて後胴回り域S2の本体部11と重ならないため、ウエストバンド80の視認性が向上し、装着者が、ウエストバンド80を認識し易くなる。なお、「A+B<C」の条件を満たす場合であっても、例えば、後述するように、ウエストバンド80が変形したり、本体部11が変形したりすることにより、ウエストバンド80の一部が、後端縁11Rの前後方向Lの外側で露出することが可能であることに留意すべきである。
[0048]
 起立部852の長さBは、長さCよりも長くてよい。すなわち、「B>C」の条件を満たしてよい。起立部852の長さBが短い場合と比較して、起立部852の起立により肌当接部(折り返し部)851が前後方向Lの外側(後側)へ移動する距離が長くなり、肌当接部(折り返し部)851が本体部11よりも前後方向Lの外側により位置し易くなる。肌当接部(折り返し部)851が本体部11よりも前後方向Lの外側に位置した場合には、ウエストバンド80の一部が厚さ方向Tにおいて後胴回り域S2の本体部11と重ならないため、ウエストバンド80の視認性が向上し、装着者が、ウエストバンド80を認識し易くなる。
[0049]
 起立部852は、液不透過性のフィルム層813を有する。本実施形態において、起立部852は、収容空間ASの肌対向面側T1に配置されている。液不透過性のフィルム層813を有する起立部852が収容空間ASの肌対向面側T1に配置されているため、ポケットとして機能する収容空間ASに収容された排泄物が、フィルム層813が配置されている肌対向面側T1から滲み出すことを抑制することができる。使用後の排泄物の滲み出しを抑制することで、装着者に漏れ不安に対する安心感をさらに与え易くなる。
[0050]
 ウエストバンド80は、起立部852の起立支点となる基端縁を有してよい。基端縁は、起立部852よりもウエスト開口66側に位置する第1基端縁と、吸収コア31よりも幅方向Wの外側に位置する第2基端縁と、を有する。第1基端縁は、接合部84(第1接合部841)の前端縁84Fによって構成されている。接合部84は、第1基端縁から前後方向Lに延びている。第2基端縁は、接合部84(第2接合部842)の側端縁84Eによって構成されている。
[0051]
 なお、図2に示すように、ウエストバンド80の幅方向Wの側端部どうしは、接合部材83であるサイド接合部材833により接合されてよい。非接合部85は、サイド接合部材833の肌対向面側T1に配置されている一対の肌当接接合部853を有してよい。一対の肌当接接合部853の非肌対向面側T2は、サイド接合部材833により第2接合部842と接合されている。
[0052]
 なお、図1に示すように、使い捨ておむつ10の伸長状態において、ウエストバンド80の後端縁80Rは、係止部93の後端縁93Rよりも後側に配置されてよいし、ファスニングテープ90の後端縁90Rよりも後側に配置されてよい。これにより、ウエストバンド80がウエスト開口66側に配置されるため、ウエストバンド80の視認性を向上させることができる。また、ウエストバンド80の後端縁80Rは、吸収コア31の後端縁よりも後側に配置されてよい。これにより、吸収コア31が排泄物を吸収しきれない場合に、吸収コア31の後端縁よりも後側へ移動する排泄物を収容空間ASに収容することができる。
[0053]
 また、使い捨ておむつ10の伸長状態において、ウエストバンド80の前端縁80Fは、ファスニングテープ90の前端縁90Fよりも後側に配置されてよいし、係止部93の前端縁93Fよりも後側に配置されてよい。これにより、ウエストバンド80が必要以上に長くなりすぎず、資材コストが増加することを抑制できる。また、ウエストバンド80の前端縁80Fは、吸収コア31の後端縁よりも前側に配置されてよい。これにより、収容空間ASの始まりが吸収コアの後端縁よりも前側に位置するため、吸収コア31の後端縁よりも後側へ移動する排泄物を収容空間ASに収容することができる。
[0054]
 また、使い捨ておむつ10の伸長状態において、ウエストバンド80の後端縁80Rは、後胴回り域S2における本体部11と厚さ方向Tおいて重なってよい。従って、使い捨ておむつ10の伸長状態において、ウエストバンド80の後端縁80Rが本体部11の後端縁11Rよりも後側に配置されてなくてよい。ウエストバンド80の後端縁80Rは、本体部11の後端縁11Rよりも前側(股下域S3側)に配置されてよいし、ウエストバンド80の後端縁80Rと本体部11の後端縁11Rとが厚さ方向Tおいて重なってよい。これにより、使い捨ておむつ10の搬送中に、ウエストバンド80に直に働く力を抑制でき、使い捨ておむつ10の使用前においてウエストバンド80を保護することができる。
[0055]
 (4)二つ折りの自然状態での使い捨ておむつ10
 次に、二つ折りの自然状態での使い捨ておむつ10について、図6から図9を用いて説明する。図6は、二つ折りの自然状態における実施形態に係る使い捨ておむつ10の模式平面図である。図6Aは、二つ折りの自然状態での使い捨ておむつ10を後胴回り域S2側から見た模式平面図である。図6Bは、二つ折りの自然状態での使い捨ておむつ10を前胴回り域S1側から見た模式平面図である。図7は、図6のC-C線に沿った模式断面図である。図8は、実施形態に係るウエストバンド80を説明するための模式図である。図8Aは、伸長状態におけるウエストバンド80を肌対向面側T1から見た模式平面図である。図8Bは、自然状態におけるウエストバンド80を肌対向面側T1から見た模式平面図である。図9は、腰回り弾性部材45を説明するための模式図である。図9Aは、伸長状態における腰回り弾性部材45(ウエスト収縮領域WR)を肌対向面側T1から見た模式平面図である。図9Bは、二つ折りの自然状態における腰回り弾性部材45(ウエスト収縮領域WR)を肌対向面側T1から見た模式平面図である。
[0056]
 図6に示す使い捨ておむつ10は、二つ折りの自然状態である。二つ折りの自然状態では、ウエストバンド80が本体部11に挟まれるように少なくとも第1折り目を基点として使い捨ておむつ10が折り畳まれている状態である。本実施形態では、二つ折りの自然状態での使い捨ておむつ10は、第1折り目FL1及び第2折り目FL2を基点に折り畳まれている状態である。
[0057]
 第1折り目FL1は、幅方向Wに沿って延びる折り目であり、股下域S3に配置されている折り目である(図1参照)。第1折り目FL1は、一般的に、使い捨ておむつ10を前後方向Lの中心付近に配置されている。使い捨ておむつ10は、第1折り目FL1を基点に折り畳まれることにより、前後方向Lの長さが約半分にできる。本実施形態では、第1折り目FL1は、使い捨ておむつ10の前後方向Lの中心Oを通っている。
[0058]
 第2折り目FL2は、使い捨ておむつ10の前後方向Lの端縁(前端縁10F、後端縁10R)から股下域側へ向かって延びる折り目である。第2折り目FL2の少なくとも一部は、吸収コア31の外側縁31Eよりも幅方向Wの外側に位置してよい。第2折り目FL2は、吸収コア31の前後方向Lの端縁よりも外側の領域では、吸収コア31の外側縁31Eよりも幅方向Wの内側に位置してよい。図6に示すように、実施形態では、第2折り目FL2は、前後方向Lに延びるものの、前後方向Lに対して傾斜して延びてよい。また、図6に示すように、第2折り目FL2は、二つ折りの自然状態における平面視において、吸収コア31(吸収体)と重ならないように延びている。なお、第2折り目FL2は、二つ折りの自然状態における平面視において、吸収コア31(吸収体)と重なってもよい。
[0059]
 また、第2折り目FL2は、サイドフラップ16(の少なくとも一部)を折り返すための折り目である。ウエストバンド80が配置されている後胴回り域S2において、第2折り目FL2を基点として使い捨ておむつ10が折られることにより、サイドフラップ16が肌対向面側T1からウエストバンド80に重なっている。
[0060]
 使用前の使い捨ておむつ10は、かさばらないように、一般的に、第1折り目FL1及び第2折り目FL2を基点として折られた状態である。使い捨ておむつ10は、第2折り目FL2を基点に折られた後に、第1折り目FL1を基点に折られている。これにより、折り返されたサイドフラップ16が前胴回り域S1と後胴回り域S2との間に挟まれた状態である。
[0061]
 図6及び図7に示すように、ウエストバンド80は、二つ折りの自然状態において、本体部11から露出する露出部88を有する。露出部88は、二つ折りの自然状態において、ウエストバンド80のうち、肌対向面側T1及び非肌対向面側T2の少なくとも一方において、本体部11と厚さ方向Tおいて重なっていない部分である。従って、露出部88は、二つ折りの自然状態において、視認可能な部分である。
[0062]
 図6A及び図7に示すように、実施形態において、二つ折りの自然状態において、ウエストバンド80の一部は、本体部11の後端縁11Rの前後方向Lの外側で露出している。従って、ウエストバンド80は、二つ折りの自然状態において、本体部11から露出する第1露出部881(露出部88)を有する。第1露出部881は、二つ折りの自然状態において、ウエストバンド80のうち、本体部11の後端縁11Rよりも前後方向Lの外側で露出している部分である。これにより、装着者は、後胴回り域S2側からの使い捨ておむつ10の平面視において、使い捨ておむつ10の使用前から、本体部11から露出しているウエストバンド80の一部を視認することができ、ウエストバンド80を認識し易くなる。装着者が、ウエストバンドを認識することで、ウエスト開口66からの排泄物の漏れに対する不安感を低減でき、装着者に漏れ不安に対する安心感を与えることができる。また、装着者がウエストバンドを認識している場合には、使い捨ておむつ10を着用者に装着する際に、ウエストバンド80が不適切に折れ曲がった状態であることに気付き易くなる。装着者は、ウエストバンド80が不適切に折れ曲がった状態である場合には、ウエストバンド80が適切な状態となるように直すことで、ウエスト開口66から排泄物が漏れ出することを抑制できるため、装着者に漏れ不安に対する安心感を与えることができる。
[0063]
 また、装着者が、ウエスト開口側から二つ折りの自然状態における使い捨ておむつ10を視認するケース(例えば、複数の使い捨ておむつ10が包装体に収容されているケースなど)において、ウエストバンド80の一部が、本体部11の後端縁11Rよりも前後方向Lの外側で露出しているため、ウエストバンド80が露出していない場合と比較して、ウエストバンド80が装着者の視点の近くに位置する。従って、使い捨ておむつ10の上面視において(すなわち、ウエスト開口側から視て)、装着者がウエストバンド80を視認し易くなる。
[0064]
 図6B及び図7に示すように、実施形態において、二つ折りの自然状態において、ウエストバンド80の一部は、本体部11の前端縁11Fの前後方向Lの外側で露出している。従って、ウエストバンド80は、二つ折りの自然状態において、本体部11から露出する第2露出部882(露出部88)を有する。第2露出部882は、二つ折りの自然状態において、ウエストバンド80のうち、本体部11の前端縁11Fよりも前後方向Lの外側で露出している部分である。二つ折りの自然状態において、ウエストバンド80の一部は、本体部11の後端縁11Rだけでなく、本体部11の前端縁11Fよりも前後方向Lの外側で露出するため、ウエストバンド80の一部は、前胴回り域S1側からの使い捨ておむつ10の平面視において視認可能である。従って、装着者は、使い捨ておむつの使用前から、本体部から露出しているウエストバンド80の一部をより視認し易くなり、ウエストバンド80をより認識し易くなる。
[0065]
 図8に示すように、本体部11に接合されていない肌当接部851は、外肌当接部851Oと内肌当接部851Iとを有する。外肌当接部851Oは、肌当接部851の前後方向Lの中心C1よりも外側の部分である。内肌当接部851Iは、中心C1よりも内側の部分である。内肌当接部851Iの幅方向Wの収縮力は、外肌当接部851Oの幅方向Wの収縮力よりも大きくてよい。この場合、内肌当接部851Iは、外肌当接部851Oよりも幅方向Wに収縮する。これにより、内肌当接部851Iの幅方向Wの長さが外肌当接部851Oの幅方向の長さよりも短くなる。外肌当接部851Oと内肌当接部851Iとは同じ肌当接部851であるため、外肌当接部851Oのうち内肌当接部851Iに近い部分は、内肌当接部851Iの収縮によりさらに収縮する。一方で、外肌当接部851Oのうち内肌当接部851Iから遠い部分は、内肌当接部851Iの収縮の影響を受け難く、内肌当接部851Iの収縮により収縮し難い。従って、図8Bに示すように、肌当接部851の幅方向Wの中央が前後方向Lよりも外側(後側)に向かって突出するように肌当接部851が円弧状に変形し易い。これにより、肌当接部851の幅方向の中央が、肌当接部851の幅方向Wの端部よりも前後方向Lよりも外側に突出し易くなる。図6Aに示すように、肌当接部851の幅方向Wの端部が本体部11から露出していない場合であったとしても、肌当接部851の幅方向Wの中央が本体部11から露出し、装着者が、ウエストバンド80を認識し易くなる。なお、肌当接部851は、収縮によって皺が寄るため、図8Bに示すようなきれいな円弧形状に変形しなくてもよい。肌当接部851の幅方向Wの中央が、肌当接部851の幅方向Wの端部よりも後側に突出すればよい。
[0066]
 「収縮力」は、以下の方法により、測定されてよい。収縮力を測定する際は、測定対象となる試験片を作成する。試験片の両端部を引張試験器のチャック(挟持具)によって挟持する。このとき、チャック間の距離を50mmとする。次に、幅方向Wにおけるチャックの一方を固定した状態で、チャック間の距離を変えるようにチャックのもう一方を移動させる。このときのチャックの移動スピードは、300mm/minとする。チャックの移動中に、チャックにかかる応力を測定し、伸長状態から60%(一定幅)の状態で得られた応力(N)を「収縮力」と定義する。
[0067]
 図9に示すように、本体部11は、腰回り弾性部材45により構成されるウエスト収縮領域WRを有する。ウエスト収縮領域WRは、本体部11の幅方向Wの中央を跨がるように幅方向Wに延びている。ウエスト収縮領域WRは、幅方向Wに収縮する。ウエスト収縮領域WRの収縮によって、ウエスト収縮領域WRを有する本体部11も収縮する。ウエスト収縮領域WRの前後方向Lの内側部分のうち吸収コア31と重なっている重複部分WR1は、ウエスト収縮領域WRの前後方向Lの外側部分WR2と比べて、吸収コア31の剛性によって幅方向Wに収縮し難くなる。従って、ウエスト収縮領域WRの重複部分WR1と厚さ方向Tに重なる本体部の幅方向Wの長さが、ウエスト収縮領域WRの外側部分WR2と厚さ方向Tに重なる本体部11の幅方向Wの長さよりも長くなる。従って、図9Bに示すように、本体部11の後端縁11Rの幅方向Wの中央が内側に向かって凹むように、吸収コア31の延長上の領域である延長領域ERにおいて本体部11(の後端縁11R)が円弧状により変形し易くなる。このため、ウエストバンド80の幅方向Wの端部が本体部11から露出していない場合であったとしても、ウエストバンド80の幅方向Wの中央が本体部11からより露出し、装着者が、ウエストバンドを認識し易くなる。なお、本体部11(の後端縁11R)は、収縮によって皺が寄るため、図9Bに示すようなきれいな円弧形状に変形しなくてもよい。本体部11(の後端縁11R)の幅方向Wの中央が股下域S3側に凹めばよい。
[0068]
 また、図1及び図2に示すように、ウエストバンド80は、一対のサイド接合部(第2接合部)842を有してよい。一対のサイド接合部842のそれぞれは、吸収コア31の外側縁31Eよりも幅方向Wの外側に位置してよい。これにより、一対のサイド接合部842のそれぞれの少なくとも一部は、吸収コア31上及び延長領域ERから離れて位置している。従って、図9Bに示すように、本体部11の後端縁11Rの幅方向Wの中央が内側に向かって凹むように、延長領域ERにおいて本体部11が円弧状に変形しても、延長領域ERから離れて位置するサイド接合部842が当該本体部11の変形による影響を受けなくなる。これにより、ウエストバンド80の幅方向の中央が内側(股下域S3側)に向かって凹むことを抑制でき、ウエストバンド80が本体部11から露出する量が低減することを抑制できる。ウエストバンド80の露出量の低減を抑制することで、装着者は、使い捨ておむつの使用前から、ウエストバンド80の一部を視認し易くなり、ウエストバンド80を認識し易くなる。本実施形態のように、一対のサイド接合部842の内側縁が、吸収コア31の外側縁31Eよりも幅方向Wの外側に位置してよい。これにより、一対のサイド接合部842が吸収コア31上及び延長領域ERから離れて位置しているため、本体部11の変形に影響を受けなくなる。
[0069]
 なお、一対のサイド接合部842の内側縁間の距離が長いほど、非接合部85(起立部852)の幅方向Wの中央が、サイド接合部842から離れるため、前後方向Lへ移動し易くなる。従って、上述のウエストバンド80の収縮によって、非接合部85(起立部852)の幅方向Wの中央が、前後方向Lの外側に突出する(延びる)距離が増加する。このため、一対のサイド接合部842の内側縁が、吸収コア31の外側縁31Eよりも幅方向Wの外側に位置することで、非接合部85が前後方向Lの外側に突出する(延びる)距離が増加するため、ウエストバンド80の露出量を増加させることができる。
[0070]
 図1に示すように、一対のサイド接合部842のそれぞれは、防漏弾性部材61よりも幅方向Wの外側に位置してもよい。一対のサイド接合部842は、防漏弾性部材61の収縮による影響を直接的に受け難くなる。これにより、ウエストバンド80が前後方向Lの内側(股下域S3側)へ引っ張られ難くなり、ウエストバンド80が本体部11から露出する量が低減することを抑制できる。ウエストバンド80の露出量の低減を抑制することで、装着者は、使い捨ておむつ10の使用前から、ウエストバンド80の一部を視認し易くなり、ウエストバンド80を認識し易くなる。
[0071]
 本実施形態のように、一対のサイド接合部842の内側縁が、防漏弾性部材61よりも幅方向Wの外側に位置してよい。これにより、一対のサイド接合部842が防漏弾性部材61の収縮による影響を直接的に受け難くなり、ウエストバンド80が本体部11から露出する量が低減することを抑制できる。加えて、一対のサイド接合部842の内側縁が、防漏弾性部材61よりも幅方向Wの外側に位置することで、非接合部85が前後方向Lの外側に突出する(延びる)距離がより増加するため、ウエストバンド80の露出量をより増加させることができる。
[0072]
 図1に示すように、一対のサイド接合部842のそれぞれは、第1防漏基端縁641よりも幅方向Wの外側に位置してよい。これにより、一対のサイド接合部842は、収縮部63の収縮による影響を受け難くなる。これにより、ウエストバンド80が前後方向の内側(股下域S3側)へ引っ張られ難くなり、ウエストバンド80が本体部11から露出する量が低減することを抑制できる。装着者は、使い捨ておむつ10の使用前から、ウエストバンド80の一部を視認し易くなり、ウエストバンド80を認識し易くなる。
[0073]
 本実施形態のように、一対のサイド接合部842の内側縁が、第1防漏基端縁641よりも幅方向Wの外側に位置してよい。これにより、一対のサイド接合部842が収縮部63の収縮による影響を受け難くなり、ウエストバンド80が本体部11から露出する量が低減することを抑制できる。加えて、一対のサイド接合部842の内側縁が、第1防漏基端縁641よりも幅方向Wの外側に位置することで、非接合部85が前後方向Lの外側に突出する(延びる)距離がより増加するため、ウエストバンド80の露出量をより増加させることができる。
[0074]
 図1に示すように、一対のサイド接合部842は、後胴回り域S2側に配置されている第2防漏基端縁642よりも前後方向Lの外側に位置してよい。これにより、一対のサイド接合部842が収縮部63の収縮による影響を受け難くなる。従って、ウエストバンド80が前後方向の内側(股下域S3側)へ引っ張られ難くなり、ウエストバンド80が本体部11から露出する量が低減することを抑制できる。
[0075]
 また、一対の肌当接接合部853の内側縁間の距離が長いほど、非接合部85(肌当接部851)の幅方向Wの中央が、サイド接合部材833から離れるため、前後方向Lへ移動し易くなる。すなわち、非接合部85(肌当接部851)の幅方向Wの中央が、前後方向Lの外側に突出する(延びる)距離が増加する。このため、一対の肌当接接合部853の内側縁が、吸収コア31の外側縁31Eよりも幅方向Wの外側に位置することで、非接合部85が前後方向Lの外側に突出する(延びる)距離が増加するため、ウエストバンド80の露出量を増加させることができる。
[0076]
 また、一対の肌当接接合部853の内側縁が、防漏弾性部材61よりも幅方向Wの外側に位置することで、非接合部85が前後方向Lの外側に突出する距離がより増加するため、ウエストバンド80の露出量をより増加させることができる。また、一対の肌当接接合部853の内側縁が、第1防漏基端縁641よりも幅方向Wの外側に位置することで、非接合部85が前後方向Lの外側に突出する距離がより増加するため、ウエストバンド80の露出量をより増加させることができる。
[0077]
 (5)変更例
 次に、変更例について、図10及び図11を用いて説明する。図10は、変更例に係る使い捨ておむつ10を肌対向面側T1から見た模式平面図である。図11は、二つ折りの自然状態における変更例に係る使い捨ておむつ10の模式平面図である。図11Aは、二つ折りの自然状態での使い捨ておむつ10を後胴回り域S2側から見た模式平面図である。図11Bは、二つ折りの自然状態での使い捨ておむつ10を前胴回り域S1側から見た模式平面図である。なお、上述の実施形態と同様の部分は、説明を省略する。
[0078]
 図10に示すように、ウエストバンド80には、使い捨ておむつ10の肌対向面側T1から視認可能なデザインが設けられてよい。ウエストバンド80は、デザインが設けられるデザイン領域DRを有してよい。装着者が使い捨ておむつ10を着用者に装着する際に、デザインに目が留まり、当該デザインが設けられたウエストバンド80を認識し易くなる。装着者が、ウエストバンド80を認識することで、ウエスト開口66からの排泄物の漏れに対する不安感を低減でき、装着者に漏れ不安に対する安心感を与えることができる。また、装着者がウエストバンド80を認識している場合には、ウエストバンド80が不適切に折れ曲がった状態であることに気付き易くなる。装着者は、ウエストバンド80が不適切に折れ曲がった状態である場合には、ウエストバンド80が適切な状態となるように直すことで、股下域S3側に向かって開口する収容空間ASが、ウエスト開口66側に移動する排泄物を収容するポケットとして適切に機能する。これにより、ウエスト開口66から排泄物が漏れ出することを抑制できるため、装着者に漏れ不安に対する安心感を与えることができる。
[0079]
 図11に示すように、露出部88には、二つ折りの自然状態において視認可能なデザインが設けられてよい。これにより、装着者が、使い捨ておむつ10を着用者に装着する際に、デザインに目が留まり、当該デザインが設けられたウエストバンドを認識し易くなる。
[0080]
 図11Aに示すように、二つ折りの自然状態において、デザイン領域DRは、本体部11の後端縁11Rよりも前後方向Lの外側(後側)で露出してよい。すなわち、第1露出部881には、デザインが設けられてよい。これにより、二つ折りの自然状態において、着用者の背中側の非肌対向面側T2から、ウエストバンド80に設けられたデザインが視認可能であってよい。着用者が使い捨ておむつを着用者に装着する際に、デザインに目が留まり、当該デザインが設けられたウエストバンドを認識し易くなる。着用者の背中側の非肌対向面側T2から、ウエストバンド80に設けられたデザインを視認し易くするために、デザイン領域DRは、第1露出部881の非肌対向面側T2(具体的には、第2不織布層812の肌対向面側T1又は非肌対向面側T2、又はフィルム層813の非肌対向面側T2)に設けられてよい。
[0081]
 図11Bに示すように、二つ折りの自然状態において、デザイン領域DRは、本体部11の前端縁11Fよりも前後方向Lの外側(前側)で露出してよい。すなわち、第2露出部882には、デザインが設けられてよい。これにより、二つ折りの自然状態において、着用者の腹側の肌対向面側T1から、ウエストバンド80に設けられたデザインが視認可能であってよい。着用者が使い捨ておむつを着用者に装着する際に、デザインに目が留まり、当該デザインが設けられたウエストバンドを認識し易くなる。着用者の腹側の肌対向面側T1から、ウエストバンド80に設けられたデザインを視認し易くするために、デザイン領域DRは、第2露出部882の肌対向面側T1(具体的には、第1不織布層811の肌対向面側T1又は非肌対向面側T2、又はフィルム層813の肌対向面側T1)に設けられてよい。
[0082]
 なお、使い捨ておむつ10の伸長状態において、デザイン領域DRの後端縁は、係止部93の後端縁93Rよりも後側に配置されてよいし、ファスニングテープ90の後端縁90Rよりも後側に配置されてよい。これにより、デザイン領域DRがウエスト開口66側に配置されるため、デザインが、本体部11の前端縁11F及び後端縁11Rの少なくとも一方から露出し易くなる。従って、ウエストバンド80の視認性を向上させることができる。
[0083]
 なお、「視認可能」とは、昼白色(色温度目安 4600~5400 K(ケルビン))で明るく照明された室内(目安:500~750 lx(ルクス))で約30~50cmの距離で、良好な視力(1.0以上)を両眼に有する被験者が対象物を見たときに視認できる事を意味している。
[0084]
 デザインは、模様(図形及び色の組み合わせ)によって構成される。例えば、デザインは、図11に示すように、前後方向Lに延びる縦縞により構成されてよい。これにより、ウエストバンド80が幅方向Wに伸縮可能に構成されている場合、ウエストバンド80が幅方向Wに伸長することによって、縦縞も伸長し、縦縞の幅方向の長さが変化する。これにより、装着者が、ウエストバンドの身体へのフィット性を感じることができるため、ウエスト開口66からの排泄物の漏れに対する不安感を低減でき、装着者に漏れ不安に対する安心感を与えることができる。デザインは、幅方向Wに延びる横縞、丸形、星型、ハート型などの少なくともいずれかにより構成されてよい。
[0085]
 デザインには、本体部11を構成する部材が有する色よりも濃い色が用いられてもよく、本体部11を構成する部材(肌面側シート20、非肌面側シート25等)が有する色の数よりも多い数の色が用いられてもよい。これにより、ウエストバンド80が目立ち易くなり、デザインに装着者の目が留まり、当該デザインが設けられたウエストバンドを認識し易くなる。また、デザインの色が濃い色及び/又はデザインの色が複数の色であることにより、収容空間ASに収容された排泄物が目立ち難くなる。装着者に漏れ不安に対する安心感を与え易くなる。また、収容空間ASに収容された排泄物が滲み出したとしても、滲み出した排泄物が、デザインと重なったり、デザインに隣接したりすることにより、目立ち難くなる。従って、装着者は、使用後の排泄物の滲み出しに気付き難くなり、装着者に漏れ不安に対する安心感をさらに与え易くなる。
[0086]
 デザインは、ウエストバンド80を構成する部材(不織布、又はフィルムなど)に印刷されることによって設けられてよい。また、デザインは、ウエストバンド80を構成する有色の部材(不織布、フィルムなど)によって設けられてよい。有色の部分がデザインを構成してよい。また、デザインは、例えば、ハート型、星型等のデザイン性を有するヒートシールをウエストバンド80へ接合することによって設けられてよい。デザインは、ウエストバンド80を賦形加工することによって設けられてよい。賦形加工によって、例えば、波線、ドット線により模様や図形がウエストバンド80に描かれてよい。
[0087]
 デザイン(デザイン領域DR)は、バンド伸縮領域BSRに設けられてよい。装着者が、使い捨ておむつ10を着用者に装着する際に、使い捨ておむつ10の両側を幅方向Wに引っ張って伸長させることによって、バンド伸縮領域BSRが幅方向Wに伸長し、バンド伸縮領域BSRに設けられたデザインも伸長する。これにより、装着者が、ウエストバンド80の身体へのフィット性を感じることができるため、ウエスト開口66からの排泄物の漏れに対する不安感を低減でき、装着者に漏れ不安に対する安心感を与えることができる。
[0088]
 (6)その他実施形態
 以上、上述の実施形態を用いて本発明について詳細に説明したが、当業者にとっては、本発明が本明細書中に説明した実施形態に限定されるものではないということは明らかである。本発明は、特許請求の範囲の記載により定まる本発明の趣旨及び範囲を逸脱することなく修正及び変更態様として実施することができる。したがって、本明細書の記載は、例示説明を目的とするものであり、本発明に対して何ら制限的な意味を有するものではない。
[0089]
 上述の実施形態では、後胴回り域S2にウエストバンド80が配置されていたが、これに限られない。ウエストバンド80は、前胴回り域S1に配置されてよいし、前胴回り域S1及び後胴回り域S2の両方に配置されてよい。上述の使い捨ておむつ10において、第1不織布層811と第2不織布層812とは、同一の不織布により構成されていたが、別々の不織布により構成されてよい。
[0090]
 上述において、バンド弾性部材82は、ウエストバンド80に配置されなくてもよいし、バンド弾性部材82は、肌当接部851と起立部852との一方に配置されてよいし、肌当接部851と起立部852の両方に配置されてよい。バンド弾性部材82が肌当接部851に配置されている場合には、ウエストバンド80が身体にフィットするため、ウエスト開口66からの排泄物の漏れを抑制できる。また、バンド弾性部材82が起立部852に配置されている場合には、ウエストバンド80の起立性が向上するため、ウエストバンド80が身体に近づき、ウエスト開口66からの排泄物の漏れを抑制できる。
[0091]
 また、使い捨ておむつ10の伸長状態において、デザイン領域DRの後端縁は、ウエストバンド80の後端縁11Rから前側に離れていてもよい。また、使い捨ておむつ10の伸長状態において、デザイン領域DRの後端縁は、本体部11の後端縁11Rよりも前側に位置してよい。ここで、ウエストバンド80が連続シートに配置された後に、連続シートを切断することによって使い捨ておむつ10を製造するケースでは、連続シートと共にウエストバンド80が切断されることで、デザイン領域DRも切断されることがある。この場合、ウエストバンド80には、不完全なデザインが設けられる。デザイン領域DRの後端縁は、ウエストバンド80の後端縁11Rから前側に離すことにより、ウエストバンド80には、不完全なデザインが設けられないようにしてもよい。
[0092]
 また、肌当接部851においてデザイン領域DRが、バンド弾性部材82よりも肌対向面側T1に設けられるように、デザインが設けられている第1不織布層811又はデザインが設けられているフィルム層813が、バンド弾性部材82よりも肌対向面側T1に配置されよい。
[0093]
 上述の実施形態では、腰回り弾性部材45により構成されるウエスト収縮領域WRは、厚さ方向Tにおいて吸収コア31と重なっていたが、これに限られない。腰回り弾性部材45は、吸収コア31と厚さ方向Tおいて重ならなくてよい。具体的には、吸収コア31よりも幅方向Wの外側に配置されてよい。この場合、ウエスト収縮領域WRの前後方向Lの内側部分は、ウエスト収縮領域WRの前後方向の外側部分に比べると、吸収コア31側に配置されている。従って、吸収コア31上及び吸収コア31の前後方向Lの延長上の領域では、吸収コア31の剛性によって、ウエスト収縮領域WRの内側部分は、ウエスト収縮領域WRの外側部分と比べると幅方向Wに収縮し難くなる。これにより、ウエスト収縮領域WRの外側部分と厚さ方向Tに重なる本体部11の幅方向Wの長さが、ウエスト収縮領域WRの内側部分と厚さ方向Tに重なる本体部11の長さよりも短くなり易く、本体部11の後端縁11Rの幅方向Wの中央が内側に向かって凹むように、吸収コア31の延長上の領域において本体部11が円弧状に変形する。従って、ウエストバンド80の幅方向Wの端部が本体部11から露出していない場合であったとしても、ウエストバンド80の幅方向Wの中央が本体部11から露出し、装着者が、ウエストバンドを認識し易くなる。
[0094]
 なお、腰回り弾性部材45は、ウエストバンド80が配置されている胴回り域(前胴回り域S1及び/又は後胴回り域S2)に配置されてよい。上述の実施形態では、使い捨ておむつ10は、テープ型の使い捨ておむつであったが、これに限られない。使い捨ておむつ10は、パンツ型の使い捨ておむつであってもよい。上述の実施形態、変更例、及びその他実施形態に係る使い捨ておむつ10に係る構成は、適宜組み合わせることが可能である。
[0095]
 なお、2018年12月7日に出願された日本国特許出願第2018-230409号の全内容が、参照により、本明細書に組み込まれる。

産業上の利用可能性

[0096]
 本発明によれば、ウエストバンドを備える使い捨ておむつであって、ウエスト開口からの排泄物の漏れに対する不安感を低減し、装着者に安心感を与え易い使い捨ておむつを提供できる。

符号の説明

[0097]
 10   :使い捨ておむつ、11   :本体部、16   :サイドフラップ、20   :肌面側シート、21   :表面シート、22   :サイドシート、23   :裏面シート、24   :外装シート25   :非肌面側シート、31   :吸収コア、42   :脚回り弾性部材、45   :腰回り弾性部材、60   :防漏ギャザー、61   :防漏弾性部材、63   :収縮部、64   :防漏基端縁、65   :脚回り開口部、66   :ウエスト開口、80   :ウエストバンド、81   :シート層、82   :バンド弾性部材、83   :接合部材、84   :接合部、85   :非接合部、88   :露出部、90   :ファスニングテープ、92   :ベース部、93   :係止部、95   :ターゲット部、641  :第1防漏基端縁、642  :第2防漏基端縁、811  :第1不織布層、812  :第2不織布層、813  :フィルム層、831  :第1接合部材、832  :第2接合部材、833  :サイド接合部材、841  :第1接合部、842  :第2接合部(サイド接合部)、851  :肌当接部、851I :内肌当接部、851O :外肌当接部、851S :肌当接面、852  :起立部、853  :肌当接接合部、881  :第1露出部、882  :第2露出部、AS   :収容空間、BSR  :バンド伸縮領域、ER   :延長領域、S1   :前胴回り域、S2   :後胴回り域、S3   :股下域、WR   :ウエスト収縮領域

請求の範囲

[請求項1]
 互いに直交する前後方向及び幅方向と、
 第1胴回り域、第2胴回り域及び前記第1胴回り域と前記第2胴回り域との間に配置された股下域と、
 吸収コアと、
 前記第1胴回り域に配置されているウエストバンドと、
 前記吸収コアを含み、かつ前記ウエストバンドよりも非肌対向面側に配置されている部材により構成される本体部と、を有し、
 前記ウエストバンドの前記非肌対向面側には、前記股下域側に向かって開口する空間が形成されている使い捨ておむつであって、
 前記本体部は、前記第1胴回り域における前記前後方向の外端縁である第1外端縁を有し、
 前記ウエストバンドが前記本体部に挟まれるように前記股下域において前記幅方向に延びる折り目を基点に前記使い捨ておむつが折り畳まれている二つ折りの自然状態において、前記ウエストバンドの一部は、前記第1外端縁よりも前記前後方向の外側で露出している、使い捨ておむつ。
[請求項2]
 前記本体部は、前記第2胴回り域における前記前後方向の外端縁である第2外端縁を有し、
 前記二つ折りの自然状態において、前記ウエストバンドの一部は、前記第2外端縁よりも前記前後方向の外側で露出している請求項1に記載の使い捨ておむつ。
[請求項3]
 前記ウエストバンドは、着用者の肌に当接する肌当接面を有する肌当接部を有し、
 前記本体部に接合されていない前記肌当接部は、前記肌当接部の前記前後方向の中心よりも外側の部分である外肌当接部と、前記肌当接部の前記前後方向の中心よりも内側の部分である内肌当接部と、を有し、
 前記内肌当接部の前記幅方向の収縮力は、前記外肌当接部の前記幅方向の収縮力よりも大きい請求項1又は2に記載の使い捨ておむつ。
[請求項4]
 前記本体部は、少なくとも前記第1胴回り域に配置されているウエスト収縮領域を有し、
 前記ウエスト収縮領域は、前記本体部の前記幅方向の中央を跨がるように前記幅方向に延びており、かつ前記幅方向に収縮する請求項1から3のいずれか1項に記載の使い捨ておむつ。
[請求項5]
 前記ウエスト収縮領域の前記前後方向の内端縁は、厚さ方向において前記吸収コアと重なっている請求項4に記載の使い捨ておむつ。
[請求項6]
 前記ウエストバンドは、前記ウエストバンドの前記幅方向の両端部に位置し、かつ前記本体部に接合されている一対のサイド接合部を有し、
 前記一対のサイド接合部のそれぞれは、前記吸収コアの外側縁よりも前記幅方向の外側に位置する請求項4又は5に記載の使い捨ておむつ。
[請求項7]
 前記本体部は、前記吸収コアよりも肌対向面側に位置する肌面側シートを有し、
 前記肌面側シートは、表面シートと、前記表面シートの両外側部を覆う一対のサイドシートと、を有し、
 前記一対のサイドシートのそれぞれは、前記前後方向に延びる防漏弾性部材の収縮によって起立する収縮部を有する防漏ギャザーを構成し、
 前記ウエストバンドは、前記ウエストバンドの前記幅方向の両端部に位置し、かつ前記本体部と接合されている一対のサイド接合部を有し、
 前記一対のサイド接合部のそれぞれは、前記防漏弾性部材よりも前記幅方向の外側に位置する請求項1から6のいずれか1項に記載の使い捨ておむつ。
[請求項8]
 前記防漏ギャザーは、前記収縮部よりも前記幅方向の外側において前記収縮部の起立支点となる基端縁を有し、
 前記一対のサイド接合部のそれぞれは、前記基端縁よりも前記幅方向の外側に位置する請求項7に記載の使い捨ておむつ。
[請求項9]
 前記ウエストバンドは、前記本体部に接合された接合部と、前記本体部に接合されていない非接合部と、を有し、
 前記非接合部は、前記幅方向に延びるバンド折り目を基点として前記前後方向の外側に折り返されており、
 前記非接合部は、
 前記接合部から前記バンド折り目まで延びており、かつ起立可能に構成された起立部と、
 前記バンド折り目から前記前後方向の外側に向かって延びており、前記起立部よりも肌対向面側に位置する折り返し部と、を有し、
 前記起立部の前記前後方向の一方の端縁から他方の端縁までの長さと、前記折り返し部の前記前後方向の一方の端縁から他方の端縁までの長さとの合計の長さは、前記接合部と前記起立部との境界から前記第1外端縁までの長さよりも長い請求項1から8のいずれか1項に記載の使い捨ておむつ。
[請求項10]
 前記起立部の前記前後方向の一方の端縁から他方の端縁までの長さは、前記接合部と前記起立部との境界から前記第1外端縁までの長さよりも長い請求項9に記載の使い捨ておむつ。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3]

[ 図 4]

[ 図 5]

[ 図 6]

[ 図 7]

[ 図 8]

[ 図 9]

[ 図 10]

[ 図 11]