Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persist, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO2019003559) STATOR OF DYNAMO-ELECTRICAL MACHINE, DYNAMO-ELECTRICAL MACHINE, AND METHOD FOR MANUFACTURING STATOR OF DYNAMO-ELECTRICAL MACHINE
Document

明 細 書

発明の名称 回転電機のステータ、回転電機、及び回転電機のステータの製造方法

技術分野

0001  

背景技術

0002   0003  

先行技術文献

特許文献

0004  

発明の概要

発明が解決しようとする課題

0005  

課題を解決するための手段

0006  

発明の効果

0007  

図面の簡単な説明

0008  

発明を実施するための形態

0009   0010   0011   0012   0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045  

符号の説明

0046  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7  

図面

1   2   3   4   5   6   7A   7B   8   9   10   11   12   13   14  

明 細 書

発明の名称 : 回転電機のステータ、回転電機、及び回転電機のステータの製造方法

技術分野

[0001]
 本発明は、ステータと、それを用いた回転電機及び回転電機のステータの製造方法に関し、特に自動車の走行のためにトルクを発生したり、あるいは制動時に発電したりするテータと、それを用いた回転電機及び回転電機のステータの製造方法に関する。

背景技術

[0002]
 回転電機では、ステータコイルに交流電力を供給することで回転磁界を発生させ、この回転磁界により回転子を回転させる。また、回転子に加わる機械エネルギーを電気エネルギーに変換してコイルから交流電力を出力することもできる。このように、回転電機は、電動機または発電機として作動する。
[0003]
 このような回転電機のステータとして、セグメント導体の端末を溶接して接続する構成が知られている(例えば特許文献1参照)。ステータコイルのコイルエンド部の全面及び根元部、隙間を塞ぐ接着性を有することでステータコイルのコイルエンドの絶縁性を向上させ、また耐振性を確保するとともに風騒音を低減できる回転電機を提供する(例えば特許文献2参照)。

先行技術文献

特許文献

[0004]
特許文献1 : 特開2011-151975号公報
特許文献2 : 特開2001-119883号公報

発明の概要

発明が解決しようとする課題

[0005]
 この種の回転電機を自動車に搭載する場合、狭く限られた空間に取り付けられるため、小型化が要求される。コイルエンドの上部はミッション部との隙間を確保するため、コイルエンド高さを下げることが望ましい。さらに、上側から滴下された油などの液状の冷媒RFはセグメント導体で成形された平角線では全周コイルに均等に効果的に冷却すること必要があった。特にコイル形状によって冷媒RFが落下してしまい局部的にコイルエンドに沿って流れにくい部分がある。

課題を解決するための手段

[0006]
 本発明に係る回転電機のステータは、回転軸を囲む複数のセグメントコイルと、複数のセグメントコイルのそれぞれの一部を収納するステータコアと、ステータコアの収納空間から突出した複数のセグメントコイルの部分を少なくとも覆う絶縁被膜と、を備え、複数のセグメントコイルは、回転軸から径方向の外側に向かう方向に並べられ、絶縁被膜の体積は、回転軸に近い側よりも径方向の外側に向かう側において大きくなる。

発明の効果

[0007]
 本発明により、回転電機の小型化と冷却性能の向上を図ることができる。

図面の簡単な説明

[0008]
[図1] 本実施形態に係る回転電機10の断面図である。
[図2] ステータ20の全体斜視図である。
[図3] ステータコア132の全体斜視図である。
[図4] 軸方向を直角方向に切る回転子11と固定20の断面図である。
[図5] ステータコイル60を示す全体斜視図である。
[図6] ステータコイル60の接続状態を示す概念図である。
[図7A] ステータコイル60を構成するセグメント導体28を説明する概念図である。
[図7B] ステータコイル60を構成するセグメント導体28を説明する概念図である。
[図8] 図5に示したステータコイル60の一相分であるU相コイル60Uを示す斜視図である。
[図9] U1相コイル60U1を示す斜視図である。
[図10] U2相コイル60U2を示す斜視図である。
[図11] 本実施形態に係るステータ20の反溶接側コイルエンド61側の拡大斜視図である。
[図12] 他の実施形態に係るステータ20の反溶接側コイルエンド61の拡大斜視図である。
[図13] 他の実施形態に係るステータ20の反溶接側コイルエンド61の拡大斜視図である。
[図14] 四輪駆動を前提としたハイブリッド自動車のパワートレインの概略構成を示す模式図である。

発明を実施するための形態

[0009]
 以下、図14を参照して本発明を実施するための形態について説明する。本実施形態における回転電機10は、自動車の走行に使用するのが好適な回転電機である。ここで、回転電機10を使用するいわゆる電気自動車には、エンジンENGと回転電機10の両方を備えるハイブリッドタイプの電気自動車(HEV)と、エンジンENGを用いないで回転電機10のみで走行する純粋な電気自動車(EV)とがある。以下に説明する回転電機は両方のタイプに利用できるので、ここでは代表してハイブリッドタイプの自動車に用いられる回転電機に基づいて説明する。
[0010]
 また、以下の説明において、「軸方向」は回転電機の回転軸に沿った方向を指す。周方向は回転電機の回転方向に沿った方向を指す。「径方向」は回転電機の回転軸を中心としたときの動径方向(半径方向)を指す。「内周側」は径方向内側(内径側)を指し、「外周側」はその逆方向、すなわち径方向外側(外径側)を指す。
[0011]
 (車両の概略構成)
まず、図14を参照して、回転電機が搭載される車両の概略構成を説明する。図14は、四輪駆動を前提としたハイブリッド自動車のパワートレインの概略構成を示す模式図である。前輪側の主動力として、エンジンENGと回転電機10を有する。エンジンENGと回転電機10の発生する動力は、変速機TRにより変速され、前輪側駆動輪FWに動力を伝えられる。また、後輪の駆動においては、後輪側に配置された回転電機10と後輪側駆動輪RWを機械的に接続され、動力が伝達される。前輪側の動力源である回転電機10は、エンジンENGと変速機TRの間に配置される。
[0012]
 回転電機10は、エンジンENGの始動を行い、また、車両の走行状態に応じて、駆動力の発生と、車両減速時のエネルギーを電気エネルギーとして回収する発電力の発生を切り換える。回転電機10の駆動動作及び発電動作は、車両の運転状況に合わせ、トルクおよび回転数が最適になるように電力変換装置INVにより制御される。回転電機10の駆動に必要な電力は、電力変換装置INVを介してバッテリBATから供給される。また、回転電機10が発電動作のときは、電力変換装置INVを介してバッテリBATに電気エネルギーが充電される。
[0013]
 この回転電機10は、永久磁石内蔵型の三相同期モータである。回転電機10は、ステータコイルに三相交流電流が供給されることで、回転子を回転させる電動機として作動する。また、回転電機10は、エンジンENGによって駆動されると、発電機として作動して三相交流の発電電力を出力する。つまり、回転電機10は、電気エネルギーに基づいて回転トルクを発生する電動機としての機能と、機械エネルギーに基づいて発電を行う発電機としての機能の両方を有しており、車両の走行状態によって上記機能を選択的に利用することができる。
[0014]
 (回転電機10の説明)
図1は、本実施形態に係る回転電機10の断面図である。本実施形態においては、回転電機10は、液冷ジャケット130の内部に配設されている。液冷ジャケット130は、エンジンENGのケースや変速機TRのケースによって構成される。回転電機10は、ステータ20と、ステータ20を保持するハウジング50と、回転子11と、を備えている。
[0015]
 ハウジング50の外周側には、液冷ジャケット130が固定されている。液冷ジャケット130の内周壁とハウジング50の外周壁とで、油などの液状の冷媒RFの冷媒通路153が構成される。回転子11が固定されるシャフト13は、液冷ジャケット130に設けられた軸受144及び軸受145により回転自在に支持されている。そのため、液冷ジャケット130は、軸受ブラケットとも称されている。
[0016]
 なお、直接液体冷却方式の場合には、冷媒RFは、冷媒貯蔵空間150に溜まった液体が冷媒通路153を通り、さらに冷媒通路154や冷媒通路155を介してステータ20へ向けて流出し、ステータ20を冷却する。ここで冷媒RFは冷却用の油であってもよい。
ハウジング50の内周側には、ステータ20が固定されている。ステータ20の内周側には、回転子11が回転可能に支持されている。ハウジング50は、炭素鋼など鉄系材料の切削により、または、鋳鋼やアルミニウム合金の鋳造により、または、プレス加工によって円筒状に成形され、回転電機10の外被を構成している。ハウジング50は、枠体或いはフレームとも称されている。
[0017]
 ハウジング50は、厚さ2~5mm程度の鋼板(高張力鋼板など)を絞り加工により円筒形状に形成されている。ハウジング50には、液冷ジャケット130に取り付けられる複数のフランジ(不図示)が設けられている。複数のフランジは、円筒状のハウジング50の一端面周縁において、径方向外方に突設されている。なお、フランジは、絞り加工時に形成される端部において、フランジ以外の部分を切除して形成されるものであり、ハウジング50と一体となっている。なお、ハウジング50を設けずに、ステータ20をケースである液冷ジャケット130に直接固定するようにしても良い。
[0018]
 図2は、ステータ20の全体斜視図である。図3は、ステータコア132の全体斜視図である。図2に示されるように、ステータ20は、ステータコア132と、ステータコイル60とによって構成されている。ステータコア132は、珪素鋼板の薄板が積層されて作られている。ステータコイル60は、ステータコア132の内周部に多数個設けられているスロット420に巻回されている。ステータコイル60からの発熱は、ステータコア132を介して、液冷ジャケット130に伝熱され、液冷ジャケット130内を流通する冷媒RFにより放熱される。
[0019]
 回転子11は、回転子コア12と、シャフト13とから構成されている。図4は、回転子11およびステータコア132の断面を示す図である。なお、図4ではシャフト13の図示を省略した。回転子コア12は、珪素鋼板の薄板が積層されて作られている。シャフト13は、回転子コア12の中心に固定されている。シャフト13は、図1に示すように液冷ジャケット130に取り付けられた軸受144,145により回転自在に保持されており、ステータ20内の所定の位置で、ステータ20に対向した位置で回転する。また、図示を省略したが回転子11には、永久磁石18と、エンドリング19が設けられている。
[0020]
 図3に示されるように、ステータコア132には、ステータコア132の軸方向に平行な複数のスロット420が周方向に等間隔となるように形成されている。スロット420の数は、例えば本実施形態では72個であり、スロット420に上記したステータコイル60が収容される。各スロット420の内周側は開口とされ、この開口の周方向の幅は、ステータコイル60が装着される各スロット420のコイル装着部とほぼ同等もしくは、コイル装着部よりも若干小さくなっている。
[0021]
 スロット420間にはティース430が形成されており、それぞれのティース430は環状のコアバック440と一体となっている。つまり、ステータコア132は、各ティース430とコアバック440とが一体成形された一体型コアとされている。ティース430は、ステータコイル60によって発生した回転磁界を回転子11に導き、回転子11に回転トルクを発生させる。
[0022]
 ステータコア132は、厚さ0.05~1.0mm程度の電磁鋼板を打ち抜き加工により成形し、成形された円環形状の電磁鋼板を複数枚積層してなる。溶接部200は、TIG溶接やレーザー溶接などにより、円筒状のステータコア132の外周部において、ステータコア132の軸方向に平行に設けられている。なお、溶接部200を設けずにカシメなどで固定して、ステータコア132をケースに直接挿入して固定するようにしても良い。
[0023]
 図4は、軸方向を直角方向に切る回転子11と固定20の断面図である。回転子コア12には、矩形形状の永久磁石18が挿入される磁石挿入孔810が等間隔に形成されている。各磁石挿入孔810には、永久磁石18が接着剤や粉体樹脂やモールドなどで固定されている。磁石挿入孔810の円周方向の幅は、永久磁石18の円周方向の幅よりも大きく設定されており、永久磁石18の両側には磁気的空隙156が形成されている。この磁気的空隙156は接着剤を埋め込んでも良いし,成形樹脂で永久磁石18と一体に固めても良い。永久磁石18は回転子11の界磁極を形成する作用をなす。この実施例では一つの永久磁石18で1つの磁極を形成する構成としているが、各磁極を構成する永久磁石18を複数に増やしても良く、永久磁石18を増やすことで、永久磁石が発する各磁極の磁束密度が大きくなり、磁石トルクを増大することができる。
[0024]
 永久磁石18の磁化方向は径方向を向いており、界磁極毎に磁化方向の向きが反転している。すなわち、ある磁極を形成するための永久磁石18のステータ側面がN極、軸側の面がS極に磁化されていたとすると、隣の磁極を形成する永久磁石18のステータ側面はS極、軸側の面はN極となるように磁化されている。これらの永久磁石18が円周方向に磁極毎に交互に磁化方向が変わるように磁化されて、配置されている。本実施形態では、各永久磁石18は等間隔に12個配置しており、回転子11は12極の磁極を形成している。
[0025]
 ここで、永久磁石18には、ネオジム系、サマリウム系の焼結磁石やフェライト磁石、ネオジム系のボンド磁石などを用いることができる。本実施形態では、磁極を形成する各永久磁石18間に補助磁極160が形成されている。この補助磁極160は、ステータコイル60が発生するq軸の磁束の磁気抵抗が小さくなるように作用する。そして、この補助磁極160により、q軸の磁束の磁気抵抗がd軸の磁束の磁気抵抗に比べて非常に小さくなるため、大きなリラクタンストルクが発生することになる。
[0026]
 図5は、ステータコイル60を示す全体斜視図である。図6は、ステータコイル60の接続状態を示す概念図である。本実施形態では、ステータコイル60は、図6に示される2つのスター結線が並列接続された2スター構成のステータコイルが採用されている。すなわち、ステータコイル60は、U1相コイル60U1、V1相コイル60V1およびW1相コイル60W1のスター結線と、U2相コイル60U2、V2相コイル60V2およびW2相コイル60W2のスター結線とを備えている。N1およびN2はそれぞれのスター結線の中性点である。
[0027]
 ステータコイル60は、断面が丸形状であっても、四角形状であってもよい。ただし、スロット420の内部の断面をできるだけ有効に利用し、スロット内の空間が少なくなるような構造とすることが効率の向上につながる傾向にあるため、断面が四角形状の方が効率向上の点で望ましい。なお、四角形状断面の各辺の長さは、ステータコア132の径方向が長く設定されていても良いし、逆に周方向が長く設定されていても良い。
[0028]
 本実施形態のステータコイル60は長方形断面の平角線が使用されており、長方形断面の長辺はスロット420内においてステータコア132の周方向に並んでおり、短辺はステータコア132の径方向に並んでいる。平角線は、外周が絶縁被膜で覆われている。ステータコイル60には無酸素銅や有酸素銅を用いられる。例えば、有酸素銅の場合は、酸素含有率がおよそ10ppm以上から1000ppm程度である。
[0029]
 図7は、ステータコイル60を構成するセグメント導体28を説明する図である。図7Aは、ステータコア132に装着する前のセグメント導体28の形状を示したものである。図7Bは、ステータコア132に装着した後のセグメント導体28の形状を示したものである。セグメント導体28は平角線で形成されており、一対の脚部28Bと、それらを連結する頭頂部28Cとを有する略U字形状に形成されている。
[0030]
 セグメント導体28同士を接続して各相コイルを形成する場合、図7Bに示すように、セグメント導体28の一対の脚部28Bを、ステータコア132の軸方向の一方側から異なるスロット420にそれぞれ挿入する。その後、ステータコア132の軸方向の他方側に突出した脚部28Bを、接続すべきセグメント導体28の方向に折り曲げて、脚部28Bの端部28Eを他方のセグメント導体28の端部28Eに溶接する。
[0031]
 ステータコア132の一方の側に突出する頭頂部28Cの集合は、図5に示されるステータコイル60の一方の側のコイルエンド61を構成する。ステータコア132の他方の側に突出する端部28Eの集合は、図5に示されるステータコイル60の他方の側のコイルエンド62を構成している。以下では、コイルエンド62を溶接側コイルエンド62と呼び、コイルエンド61を反溶接側コイルエンド61と呼ぶことにする。
[0032]
 図5及び図6に示されるように、反溶接側コイルエンド61の側には、U1相コイル60U1の一端に接続された口出し線41U1と、U2相コイル60U2の一端に接続された口出し線41U2とが引き出されている。口出し線41U1と口出し線41U2とは、交流端子42Uにより1つに纏められている。同様に、反溶接側コイルエンド61の側には、V1相コイル60V1及びV2相コイル60V2の一端に接続された口出し線41V1及び口出し線41V2が交流端子42Vにより1つに纏められる。W1相コイル60W1及びW2相コイル60W2の一端に接続された口出し線41W1及び口出し線41W2が交流端子42Wにより1つに纏められている。
[0033]
 また反溶接側コイルエンド61の側には、中性点結線用導体40N1及び中性点結線用導体40N2が配置されている。中性点結線用導体40N1は一方のスター結線の中性点N1(図6参照)に関するものであり、中性点結線用導体40N2は他方のスター結線の中性点N2に関するものである。
[0034]
 ステータコイル60は分布巻の方式で巻かれている。分布巻とは、複数のスロット420(図3参照)を跨いで離間し2二つのスロット420に相巻線が収納されるように、相巻線がステータコア132に巻かれる巻線方式である。本実施形態では、巻線方式として分布巻を採用しているので、形成される磁束分布は集中巻きに比べて正弦波に近く、リラクタンストルクを発生しやすい特徴を有している。そのため、この回転電機10は、弱め界磁制御やリラクタンストルクを活用する制御の制御性が向上し、低回転速度から高回転速度までの広い回転速度範囲に亘って利用が可能であり、電気自動車に適した優れたモータ特性を得ることができる。
[0035]
 図8は、図5に示したステータコイル60の一相分であるU相コイル60Uを示す斜視図である。図6に示すように、U相コイル60Uは、一方のスター結線のU1相コイル60U1と他方のスター結線のU2相コイル60U2とで構成される。図9は、U1相コイル60U1を示す斜視図である。図10は、U2相コイル60U2を示す斜視図である。図9及び図10に示すように、中性点結線用導体40N1はU1相コイル60U1の他端に接続され、中性点結線用導体40N2はU2相コイル60U2の他端に接続されている。
[0036]
 (ステータの製造方法)
-曲げ加工-
次に、本実施形態におけるステータ20の製造方法について説明する。前述したように、図7Aの状態のセグメント導体28をステータコア132のスロット内に挿入した後、図7Bのように脚部28Bを接続すべき他のセグメント導体28の方向に曲げ加工する。各スロット420から引き出された各脚部28Bは、接続すべきセグメント導体28の方向に曲げられる。例えば、スロット420から突出する脚部28B1は周方向左側に曲げられる。一方、端部28E2を有する脚部28B2は、周方向右側に曲げられる。そして、端部28E1と端部28E2は径方向に隣接するように配置される。
[0037]
 図11は、本実施形態に係るステータ20の反溶接側コイルエンド61側の拡大斜視図である。図12は、他の実施形態に係るステータ20の反溶接側コイルエンド61側の拡大斜視図である。図13は、他の実施形態に係るステータ20の反溶接側コイルエンド61側の拡大斜視図である。なお、図11ないし図13に示される回転電機は、複数のセグメントコイル28の頭頂部28Cを結んだ仮想円環が天地方向に対して90°とは異なる角度を有するように設けられる。図11ないし図13に記載のように、絶縁被膜500は、ステータバック400から突出した複数のセグメント導体28の部分を少なくとも覆う。複数のセグメントコイル28は、シャフト13の回転軸から径方向の外側に向かう方向に並べられる。
[0038]
 図13に記載のように絶縁被膜500の体積は、シャフト13の回転軸に近い側よりも径方向の外側に向かう側において大きくなるように設けられる。これにより、冷媒RFの流れを調整することができるので全周コイルに均等に効果的に冷却することができる。より具体的には、径方向に並べられたセグメントコイル28の外周側に流れ出る冷媒RFをステータコア132の内径側に流れるようにさせる。よって、冷媒RFがセグメントコイル28表面に接触しやすくなるので冷却性能が向上する。さらに、上側から滴下された油などの液状の冷媒RFに接触する面積が広くなり冷却効果が向上する。
[0039]
 また、図11に記載のように、絶縁被膜500はシャフト13の回転軸から最も遠い層を構成するセグメントコイル28のみに設けられてもよい。
[0040]
 図11に示されるように、固定部445は、反溶接側コイルエンド61側の連結部材(不図示)を用いて液冷ジャケット130に接続される。連結部材は例えばボルト等である。線分70は、図1に示されたシャフト13の回転軸と固定部445とを繋ぐ仮想線分である。絶縁被膜500は、線分70とセグメント導体28が重なる部分に少なくとも設けられる。絶縁樹脂500は主に熱硬化性のエポキシ系をもちいる。これにより、固定部445を固定する連結部材であるボルト等からの絶縁距離を確保することができるため絶縁性も向上する。例えば、絶縁樹脂500が反溶接側コイルエンド61を塗布するタイミングを、連結部材によりステータ20を液冷ジャケット130に接続させることで、組み立て時の絶縁信頼性を向上させることができる。
[0041]
 さらに図12に示される絶縁被膜500は、図11に示された実施形態の材料と同一であり、主に熱硬化性のエポキシ系が用いられる。図12に示された実施形態と図11に示された実施形態が異なる点は、絶縁樹脂500は、固定部445に面する反溶接側コイルエンド61の側面部に設けられる。具体的には、セグメントコイル28は、コアバック440から突出する方向に対して角度を有するように屈曲しかつセグメントコイル28の頭頂部28Cまで繋がる斜行部28Dを有する。 絶縁被膜500は、この斜行部28に設けられる。さらに絶縁被膜500がスロットライナー310に接触させてもよい。これにより、固定部445を固定する連結部材であるボルト等に対して更に絶縁性が向上する。
[0042]
 絶縁樹脂500は反溶接側コイルエンド62の頭頂部28Cにミッション部との隙間が狭いところに、絶縁樹脂500を設けてもよい。これにより、頭頂部28Cにミッション部との隙間に冷媒RFが溜まり易くなり、頭頂部28Cと冷媒RFとの接触時間が長くなり冷却性能が向上する。また、頭頂部28Cにミッション部との隙間が狭くなることにより、冷媒RFの流れ方向を変えやすい。
[0043]
 上述した実施の形態によれば、次の作用効果が得られる。
[0044]
 接続部である溶接部に生じる主な応力として昇温・降温時に生じる応力がある。そのため、油などの液状の冷媒RFや冷却風による反溶接側コイルエンド部の冷却が向上するため、ステータからの発熱の冷却効率が向上し、ステータの温度上昇を低減し得るものとなる。小型高出力であるにも関わらず、冷却性が優れた回転電機のステータを提供することができる。
[0045]
 上記では、種々の実施の形態および変形例を説明したが、本発明はこれらの内容に限定されるものではない。本発明の技術的思想の範囲内で考えられるその他の態様も本発明の範囲内に含まれる。

符号の説明

[0046]
 10…回転電機、11…回転子、12…回転子コア、13…シャフト、18…永久磁石、20…ステータ、28…セグメント導体、28B…脚部、28C…頭頂部、28E…端部、40N1…中性点結線用導体、40N2…中性点結線用導体、41U1…口出し線、41U2…口出し線、41V1…口出し線、41V2…口出し線、41W1…口出し線、41W2…口出し線、42U…交流端子、42V…交流端子、42W…交流端子、50…ハウジング、60…ステータコイル、60U…U相コイル、60U1…U1相コイル、60U2…U2相コイル、60V1…V1相コイル、60V2…V2相コイル、60W1…W1相コイル、60W2…W2相コイル、61…反溶接側コイルエンド、62…溶接側コイルエンド、130…液冷ジャケット、132…ステータコア、144…軸受、145…軸受、150…冷媒(油)貯蔵空間、153…冷媒通路、154…冷媒通路、155…冷媒通路、156…磁気的空隙、160…補助磁極、200…溶接部、310…スロットライナー、420…スロット、430…ティース、440…コアバック、445…固定部、500…絶縁被膜、BAT…バッテリ、ENG…エンジン、FW…前輪側駆動輪、INV…電力変換装置、N1…中性点、N2…中性点、TR…変速機、RF…冷媒、RW…後輪側駆動輪。

請求の範囲

[請求項1]
 回転軸を囲む複数のセグメントコイルと、
 複数の前記セグメントコイルのそれぞれの一部を収納するステータコアと、
 前記ステータコアの収納空間から突出した複数の前記セグメントコイルの部分を少なくとも覆う絶縁被膜と、を備え、
 複数の前記セグメントコイルは、前記回転軸から径方向の外側に向かう方向に並べられ、
 前記絶縁被膜の体積は、前記回転軸に近い側よりも径方向の外側に向かう側において大きくなる回転電機のステータ。
[請求項2]
 請求項1に記載の回転電機のステータであって、
 前記絶縁被膜は、前記回転軸から最も遠い層を構成する前記セグメントコイルのみに設けられる回転電機のステータ。
[請求項3]
 請求項1に記載の回転電機のステータであって、
 前記ステータコアは、連結部材を用いて他の部材に接続するための固定部を有し、
 前記絶縁被膜は、前記ステータコアに囲まれる前記回転軸と前記固定部とを繋ぐ仮想線分と複数の前記セグメントコイルが重なる部分が含まれるように設けられる回転電機のステータ。
[請求項4]
 請求項3に記載の回転電機のステータであって、
 前記セグメントコイルは、前記ステータコアの収納空間から突出する方向に対して角度を有するように屈曲し、かつ前記セグメントコイルの頭頂部まで繋がる斜行部を有し、
 前記絶縁被膜は、前記斜行部に設けられる回転電機のステータ。
[請求項5]
 請求項4に記載の回転電機のステータであって、
 前記ステータコアの収納空間に設けられ、前記セグメントコイルと前記ステータコアを絶縁するスロットライナーを備え、
 前記スロットライナーの一部は、前記ステータコアの収納空間から突出し、
 前記絶縁被膜は、前記スロットライナーの一部と接触する回転電機のステータ。
[請求項6]
 請求項1に記載のステータを備える回転電機であって、
 前記ステータは、複数の前記セグメントコイルの頭頂部を結んだ仮想円環が天地方向に対して90°とは異なる角度を有するように設けられる回転電機。
[請求項7]
 複数のセグメントコイルの一部をステータコアに形成された収納部内に、回転軸から径方向の外側に向かう方向に並べられるように収納する第1工程と、
 前記ステータコアの固定部と前記回転軸を繋ぐ仮想線分と複数の前記セグメントコイルが重なる部分に絶縁被膜を設ける第2工程と、
 固定部材を介して前記ステータコアの固定部をステータ支持部に固定する第3工程と、を備える回転電機のステータの製造方法。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3]

[ 図 4]

[ 図 5]

[ 図 6]

[ 図 7A]

[ 図 7B]

[ 図 8]

[ 図 9]

[ 図 10]

[ 図 11]

[ 図 12]

[ 図 13]

[ 図 14]