Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO2018003242) ULTRASONIC ENDOSCOPE
Document

明 細 書

発明の名称 超音波内視鏡

技術分野

0001  

背景技術

0002   0003   0004   0005   0006  

先行技術文献

特許文献

0007  

発明の概要

発明が解決しようとする課題

0008   0009   0010   0011   0012  

課題を解決するための手段

0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019  

発明の効果

0020  

図面の簡単な説明

0021  

発明を実施するための形態

0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046   0047   0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059   0060   0061   0062   0063   0064   0065   0066   0067   0068   0069   0070   0071   0072   0073   0074   0075   0076   0077   0078   0079   0080   0081   0082   0083   0084   0085   0086   0087   0088   0089   0090   0091   0092   0093   0094   0095   0096   0097   0098   0099   0100   0101   0102   0103   0104   0105  

符号の説明

0106  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19  

図面

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20  

明 細 書

発明の名称 : 超音波内視鏡

技術分野

[0001]
 本発明は、超音波内視鏡に係り、特に、体腔内に挿入される超音波内視鏡に用いられる超小型超音波振動子において発生した熱を放熱するための放熱構造を先端部に有する超音波内視鏡に関する。

背景技術

[0002]
 超音波撮像を用いる超音波診断装置には、通常、被検体に接触させて用いられる体表用超音波探触子や、被検体の体腔内に挿入して用いられる体腔内用超音波探触子(プローブ)が備えられている。更に、近年においては、被検体内を光学的に観察する内視鏡と体腔内用の超音波探触子とが組み合わせられた超音波内視鏡が使用されている。
 超音波探触子を用いて、人体等の被検体に向けて超音波ビームを送信し、被検体において生じた超音波エコーを受信すると、超音波画像情報が取得される。
 この超音波画像情報に基づいて、被検体内に存在する物体(例えば、内臓や病変組織等)の超音波画像が、超音波内視鏡に接続された超音波内視鏡装置本体の表示部に表示される。
[0003]
 超音波を送信及び受信する超音波トランスデューサ(超音波振動子アレイ)としては、圧電効果を発現する材料(圧電体)の両面に電極を形成した複数の超音波振動子(圧電振動子)が、一般的に用いられている。
 これらの超音波振動子の電極に電圧を印加すると、圧電効果により圧電体が伸縮して超音波が発生する。複数の超音波振動子を1次元又は2次元状に配列して超音波振動子アレイとし、その複数の超音波振動子を順次駆動することにより、所望の方向に送信される超音波ビームを形成することができる。
 また、超音波振動子は、伝播する超音波を受信することによって伸縮して電気信号を生成する。この電気信号は、超音波の検出信号として用いられる。
[0004]
 このような複数の超音波振動子を備える超音波内視鏡は、経消化管による胆嚢又は膵臓の観察を主な目的として、内視鏡の先端部に超音波観察部を設けたものである。超音波内視鏡の先端部には、超音波観察部の他に、超音波観察部を設けていない通常の内視鏡と同様に、光学センサー、照明、送気口、送水口、及び吸引口が設けられている。このように、被検者の体腔内、特に上部消化管や気管支等に挿入される超音波内視鏡においては、被検者の身体的負担を軽減するために、超音波内視鏡の挿入部の小径化、及び先端部、特に超音波観察部の小型化が求められている。
 また、超音波内視鏡の先端部においては、超音波振動子及び内視鏡の光源などの発熱要因がある。しかしながら、超音波内視鏡の挿入部、特に先端部は、人体などの生体の内部に直接接触するものであるため、低温火傷を防止する等の安全上の理由から、挿入部の表面温度が所定の温度以下にすることが要請されている。
 そこで、先端部を小型に維持しつつ、先端部の表面温度を低下させるための手段を有する超音波内視鏡が求められており、近年では、熱の発生源である超音波内視鏡の先端部を冷却するための様々な提案がなされている(特許文献1、2、及び3参照)。
[0005]
 特許文献1は、屈曲部を有する挿入部を備え、その挿入部が、複数の超音波トランスデューサが配置された前面を有するバッキング材と、挿入部の先端において複数の超音波トランスデューサを収容するステンレス(SUS)製等の外装部材と、外装部材内に配設されて、バッキング材の裏面及び外装部材の内面に接する熱伝導部材を有する超音波内視鏡を開示している。この構成によれば、超音波トランスデューサにおいて発生してバッキング材に伝導した熱、及び超音波トランスデューサによる超音波を受けてバッキング材で発生した熱は、バッキング材を介して熱伝導部材に伝導し、更に、熱伝導部材を介して外装部材に伝導して、外装部材から超音波内視鏡の外部へ放熱される。従って、特許文献1では、超音波トランスデューサ部から外部への放熱が促進されるとしている。
[0006]
 特許文献2は、複数の超音波トランスデューサを支持するバッキング材の下部に位置し、複数の信号線(シールド線群)を収納する信号線収納部に高熱伝導性の充填材を充填すると共に、信号線収納部の底面と側面と後面に銅箔などの高熱伝導層を配置し、超音波トランスデューサの発熱をバッキング層、信号線収納部内の高熱伝導性の充填材、及び高熱伝導層を介して外装材の表面に拡散させて効率よく放熱する超音波内視鏡を開示している。
 特許文献3は、複数の圧電素子のアース電極側にそれぞれ熱伝導材としての個別の金属薄板を設け、これらの個別の金属薄板を共通の金属薄板、又はバキング材の端面に接合された絶縁性熱伝導材を介して、圧電素子を支持するバッキング材の下部に位置する放熱用基台に熱的に接続して、圧電素子での発生熱を個別の金属薄板、共通の金属薄板、又は絶縁性熱伝導材を介して、放熱用基台に放熱する超音波探触子を開示している。

先行技術文献

特許文献

[0007]
特許文献1 : 特許第5329065号
特許文献2 : 特開2009-240755号公報
特許文献3 : 特開2008-22077号公報

発明の概要

発明が解決しようとする課題

[0008]
 ところで、特許文献1に開示の超音波内視鏡では、超音波振動子及びバッキング材層において発生した熱を、熱伝導部材を介して外装部材に放熱する放熱パスのみしか考慮されていないため、更なる放熱効果の向上が望めないという問題があった。更に、特許文献1に開示の技術では、超音波振動子及びバッキング材層に熱がこもることはないが、SUS等の外装部材への放熱であるために、超音波内視鏡の先端部付近の体腔内に放熱することになる。ここで、熱は外装部材から拡散するので温度上昇はある程度抑制されるが、超音波内視鏡の先端部の外装部材の温度、及び先端部周囲の温度を上昇させてしまうという問題を含んでいる。
[0009]
 また、特許文献2に開示の超音波内視鏡等では、高周波処置具を使用するため、先端本体ケース(外装体)は絶縁性樹脂を使用している。内視鏡の洗浄、消毒、滅菌可能であるようにするため、先端本体ケースに対して耐薬性が要求され、一般的にはポリサルフォン、ポリフェニルサルフォン、ポリエーテルイミドが使用されている。そのため先端本体ケースの熱伝導率は悪く、絶縁性樹脂に熱伝導率の高い部材を貼り付けても熱がうまく逃げないといった課題があった。
 また、特許文献2、及び3に開示の技術では、最終的に外装体に熱を拡散させて放熱するものであるので、特許文献1に開示の技術同様、外装体の表面温度が上昇する虞がある。
 なお、特許文献3に開示の技術は、被検体の体表面に対して用いられるものであるので、外装体に熱を拡散させて放熱させても体外へ効率よく放熱できる。しかしながら、特許文献3に開示の技術の技術を被検体の体腔内で用いられる超音波内視鏡に適用すると、外装体の表面温度の上昇を招くので、挿入部の表面温度を所定の温度以下にするという要請を満たすことが難しくなるというという問題があった。
[0010]
 現在、超音波内視鏡では診断精度を向上させるため、超音波トランスデューサ(振動子)を積層化して超音波の送信出力を増加させたり、超音波振動子の数を増やしたりして受信感度を高めている。
 その結果、超音波振動子からの放熱量が大きくなり、超音波振動子の発熱により、体腔内壁と接する挿入部、特に超音波振動子が配置される先端部の温度が上昇する可能性がある。
 更に、超音波内視鏡では、得られる超音波画像の画質等を向上させて診断精度を向上させるため、受信感度を高めることの他、超音波振動子を駆動する駆動電圧を上げることも考えられるが、駆動電圧を上げることによる超音波振動子(超音波トランスデューサ)の発熱によって更なる温度上昇を引き起こす虞がある。
[0011]
 このように、超音波画像の画質等の向上による診断精度の向上を図るために、超音波振動子の数を増やしたり、超音波振動子の駆動電圧を上昇させたり、超音波の送信出力を増加させていった場合には、特許文献1~3に開示の技術では、人体などの生体の内部に直接接触する超音波内視鏡の先端部、及び外装部材等の周囲の温度を許容温度以上に上昇させてしまう虞があるという問題があった。
 従って、挿入部の小径化や先端部の小型化を維持しつつ、発熱や温度上昇を抑えることが必要となっており、特に発生した超音波振動子の熱を如何にして放熱するかが重要な課題となっている。
 ここで、超音波内視鏡内の金属製内視鏡構造物は、熱容量が大きく、また、熱伝導性が高いため、超音波振動子の発熱を銅箔等の熱伝導部材を介して金属製内視鏡構造物に逃がすことにより、内視鏡基端側へ熱を逃がすことができるが、超音波振動子を駆動するための駆動信号は10V~100Vの電圧がかかっているため、銅箔を含めた超音波振動子構造と内視鏡構造とは、電気的に絶縁をとる必要があった。そのため、熱伝導性の高い銅箔に伝わった熱を内視鏡構造物に逃がすことが難しいという問題があった。
[0012]
 本発明は、上記従来技術の問題点を解消し、挿入部を小径に、かつ先端部を小型に維持しつつ、電気的な安全性を担保した上で、超音波振動子において発生した熱を先端部に内に収納された、例えば導電性の内視鏡構造物に伝達し、そこから効率的に放熱することができる放熱構造を有し、超音波振動子表面の熱上昇を抑制して消化管熱傷を防ぐことができ、その結果、超音波診断における診断精度を向上させることができる超音波内視鏡を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

[0013]
 上記目的を達成するために、本発明の第1の態様の超音波内視鏡は、複数の超音波振動子と、複数の超音波振動子を収容する先端部と、先端部に収納、又は接続される導電性の内視鏡構造物と、複数の超音波振動子に接続された熱伝導部材と、内視鏡構造物と接続された絶縁性熱伝導部材と、を有し、熱伝導部材と絶縁性熱伝導部材とを接続したことを特徴とする。
[0014]
 ここで、熱伝導部材は、導電性熱伝導部材であり、かつ内視鏡構造物は、金属製であることが好ましい。
 また、熱伝導部材は、複数の超音波振動子に直接接続される第1熱伝導部材と、第1熱伝導部材と絶縁性熱伝導部材とを接続する第2熱伝導部材と、を有することが好ましい。
 また、絶縁性熱伝導部材は、熱伝導部材、又は内視鏡構造物に対して着脱自在に接続されていることが好ましい。
 また、熱伝導部材は、内視鏡構造物に対して露出している露出部分を有し、露出部分は、絶縁被覆部材で被覆されることが好ましい。
[0015]
 また、絶縁性熱伝導部材の耐電圧は、1.5kV以上であることが好ましい。
 また、絶縁性熱伝導部材の厚みは、3mm以下であることが好ましい。
 また、絶縁性熱伝導部材の熱伝導率は、0.5W/mK以上であることが好ましい。
 また、内視鏡構造物は、起立台部品、鉗子管路部品、又はアングル組立部品の先端側リング部品であることが好ましい。
 また、起立台部品、及び鉗子管路部品の少なくとも一方は、複数の超音波振動子よりも、超音波内視鏡の基端側に配置されていることが好ましい。
[0016]
 また、熱伝導部材の熱伝導率は、0.5W/mK以上であることが好ましい。
 また、更に、複数の超音波振動子にそれぞれ接続される複数の超音波ケーブルと、先端部に設けられ、複数の超音波ケーブルを挿通するケーブル挿通孔と、を有し、熱伝導部材の一部は、ケーブル挿通孔内に配置されることが好ましい。
 更に、熱伝導部材は、複数の超音波振動子に直接接続される第1熱伝導部材と、第1熱伝導部材と絶縁性熱伝導部材とを接続する第2熱伝導部材と、を有し、第2の熱伝導部材は、ケーブル挿通孔内に配置されることが好ましい。
[0017]
 また、絶縁性熱伝導部材は、内視鏡構造物の導電性の構造体に当接するケーブル挿通孔の壁であり、壁の厚さは3mm以下であることが好ましい。
 もしくは、絶縁性熱伝導部材は、熱伝導部材を内視鏡構造物の導電性の構造体に取り付ける熱伝導性のセラミック製のネジであり、ネジの先端部は、導電性の構造体に当接することが好ましい。
 また、先端部は、絶縁性の外装部材を有し、内視鏡構造物は、外装部材内に収納される、又は接続されることが好ましい。
 また、複数の超音波振動子は、コンベックス型、又はラジアル型であることが好ましい。
[0018]
 上記目的を達成するために、本発明の第2の態様の超音波内視鏡は、複数の超音波振動子と、複数の超音波振動子を収容する先端部と、を有する超音波内視鏡であって、先端部は、複数の超音波振動子が配列された超音波振動子アレイと、超音波内視鏡の先端側に超音波振動子アレイを収容する先端ケースと、先端ケース内に設けられ、超音波振動子アレイの複数の超音波振動子と電気的にそれぞれ接続される複数のケーブルが挿通するケーブル挿通孔と、先端ケースの、超音波内視鏡の基端側に収容される、又は接続される導電性の内視鏡構造物と、超音波振動子アレイに接続された、複数の超音波振動子から発生した熱を放熱する導電性熱伝導部材と、導電性の内視鏡構造物に当接して配設された絶縁性熱伝導部材と、を有し、導電性熱伝導部材は、超音波内視鏡の基端側に延長され、延長された導電性熱伝導部材の基端側は、絶縁性導電部材と接続されることを特徴とする。
[0019]
 上記目的を達成するために、本発明の第3の態様の超音波内視鏡は、複数の超音波振動子と、複数の超音波振動子を収容する先端部と、を有する超音波内視鏡であって、先端部は、複数の超音波振動子が配列された超音波振動子アレイと、超音波内視鏡の先端側に超音波振動子アレイを収容する先端ケースと、先端ケース内に設けられ、超音波振動子アレイの複数の超音波振動子と電気的にそれぞれ接続される複数のケーブルが挿通するケーブル挿通孔と、先端ケースの、超音波内視鏡の基端側に収容される、又は接続される導電性の内視鏡構造物と、超音波振動子アレイに接続された、複数の超音波振動子から発生した熱を放熱する導電性の第1熱伝導部材と、導電性の内視鏡構造物に当接して配設された絶縁性熱伝導部材と、先端側が第1熱伝導部材に接続され、先端ケース内を超音波内視鏡の基端側に延設するように配設され、基端側を絶縁性熱伝導部材に接続する導電性の第2熱伝導部材と、を有することを特徴とする。

発明の効果

[0020]
 本発明によれば、挿入部を小径に、かつ先端部を小型に維持しつつ、電気的な安全性を担保した上で、超音波振動子において発生した熱を先端部に内に収納された、例えば導電性の内視鏡構造物に伝達し、そこから効率的に放熱することができる放熱構造を有し、超音波振動子表面の熱上昇を抑制して消化管熱傷を防ぐことができ、その結果、超音波診断における診断精度を向上させることができる超音波内視鏡を提供することができる。

図面の簡単な説明

[0021]
[図1] 本発明の一実施形態に係る超音波内視鏡を用いる超音波検査システムの構成の一例を示す概略構成図である。
[図2] 図1に示す超音波内視鏡の先端部及び湾曲部の構成を示す部分拡大斜視図である。
[図3] 図1に示す超音波内視鏡の先端部を示す部分拡大平面図である。
[図4] 図3に示す超音波内視鏡の先端部をその長手方向に沿った中心線で切断した模式的縦断面図である。
[図5] 図3に示す超音波内視鏡の先端部をその長手方向に沿って切断した、先端部の防熱構造の一例を模式的に示す縦断面図である。
[図6] 図4に示す超音波内視鏡の先端部の超音波観察部の一例を模式的に示す横断面図である。
[図7] 図4に示す超音波内視鏡の先端部の超音波観察部において用いられる同軸ケーブルの一例の構成を模式的に示す断面図である。
[図8] 図4に示す超音波内視鏡の先端部の超音波観察部において用いられる複数の同軸ケーブルによって構成されるシールドケーブルの一例を模式的に示す断面図である。
[図9] 図2に示す先端部の起立台アセンブリの一例を模式的に示す斜視図である。
[図10] 図9に示す起立台アセンブリのレバー収容部の起立レバーを示す側面図である。
[図11] 図2に示す先端部の起立台アセンブリと湾曲部との連結部を示す部分分解斜視図である。
[図12] 図4に示す超音波内視鏡の先端部の放熱構造の他の一例の模式的縦断面図である。
[図13] 図4に示す超音波内視鏡の先端部の放熱構造の他の一例の模式的縦断面図である。
[図14] 図4に示す超音波内視鏡の先端部の放熱構造の他の一例の模式的縦断面図である。
[図15] 本発明の他の実施形態の超音波内視鏡の先端部の一例を示す部分拡大平面図である。
[図16] 図15に示す超音波内視鏡の先端部の一例の模式的縦断面図である。
[図17] 図15に示す超音波内視鏡の先端部の放熱構造の一例の模式的縦断面図である。
[図18] 図15に示す超音波内視鏡の先端部の放熱構造の他の一例の模式的縦断面図である。
[図19] 本発明の他の実施形態の超音波内視鏡の挿入部の先端部を模式的に示す部分拡大平面図である。
[図20] 図19に示す超音波内視鏡の挿入部の先端部の部分縦断面図である。

発明を実施するための形態

[0022]
 本発明に係る超音波内視鏡を添付図面に示す好適実施形態に基づいて以下に詳細に説明する。
(第1実施形態)
 図1は、本発明の第1実施形態に係る超音波内視鏡を用いる超音波検査システムの構成の一例を示す概略構成図である。図2は、図1に示す超音波内視鏡の先端部及び湾曲部の構成を示す部分拡大斜視図である。図3は、図1に示す超音波内視鏡の先端部及びその近傍を示す部分拡大平面図である。
 図1に示す超音波検査システム10は、患者等の被検体の体表からの超音波検査では困難な胆嚢又は膵臓の観察を被検体の体腔である食道、胃、十二指腸、小腸、及び大腸等の消化管を経由して可能にし、複数の超音波振動子を備え、超音波断層画像(以下、超音波画像という)を取得する超音波観察部と、内視鏡光学画像(以下、内視鏡画像という)を取得する内視鏡観察部とを有する本発明の超音波内視鏡を被検体の体腔内に挿入して、被検体の内視鏡画像を観察しながら被検体の観察対象部位の超音波画像を取得するものである。
[0023]
 また、本発明の超音波内視鏡は、超音波検査において発熱する複数の超音波振動子の側面にシールド及び放熱効果の役割を担わせた銅箔等の熱伝導部材、例えば導電性熱伝導部材を配置し、超音波振動子から銅箔等の熱伝導部材に伝わった熱を効率的に逃がし、超音波振動子表面の熱上昇を抑制して消化管の熱傷を防ぐことができるものである。
 このため、本発明では、例えば銅箔、又は銅箔と接続した熱伝導性の高い導通部材、即ち導電性熱伝導部材を、極力、先端本体の外装部材(先端ケース)内、好ましくは絶縁性の外装部材内に配置された熱伝導性の高い内視鏡構造物、例えば金属製内視鏡構造物の近くまで配置させ、複数の超音波振動子から熱を銅箔等の導電性熱伝導部材を介して内視鏡構造物に熱を伝達し、そこから熱を逃がしている。この時、本発明では、更に電気的な安全性を担保するため、金属製内視鏡構造物と銅箔等の熱伝導部材との間に絶縁性熱伝導部材を配置して、銅箔等の熱伝導部材と金属製内視鏡構造物との間に熱伝導性の高い絶縁層を設けることで、絶縁を確保しながら熱を内視鏡構造物に伝えている。
 即ち、本発明においては、複数の超音波振動子の熱を逃がす先は、外装部材そのものではなく、外装部材内に収納される、又は接続される内視鏡構造物である。このため、外装部材は、絶縁性であれば良く、熱伝導性が高い必要はなく、低い熱伝導性の材料、例えば特許文献2に開示の熱伝導率の悪いポリサルフォン、ポリフェニルサルフォン、又はポリエーテルイミド等の、従来より超音波内視鏡に用いられる公知の樹脂材料からなるものであって良い。
 本発明において、外装部材が絶縁性であれば良いのは、外装部材が絶縁性でなく、導電性がある場合、熱が人体等の被検体側に伝わるため、低温火傷等の火傷が懸念されるからである。また、超音波振動子に高い駆動電圧が印加されているため導電性のある外装部材への漏れ電流があると、人体等への漏れ電流も懸念されるからである。
[0024]
 図1に示すように、超音波検査システム10は、先端部に放熱構造を有する本発明の第1実施形態の超音波内視鏡12と、超音波画像を生成する超音波用プロセッサ装置14と、内視鏡画像を生成する内視鏡用プロセッサ装置16と、体腔内を照明する照明光を超音波内視鏡12に供給する光源装置18と、超音波画像及び/又は内視鏡画像を表示するモニタ20と、を備えて構成されている。
 また、超音波検査システム10は、更に、洗浄水等を貯留する送水タンク21aと、体腔内の吸引物(供給された洗浄水等も含む)を吸引する吸引ポンプ21bとを備えている。なお、超音波検査システム10は、図示しないが、更に、送水タンク21a内の洗浄水、又は外部の空気等の気体を超音波内視鏡12内の管路(図示せず)に供給する供給ポンプ等を備えていても良い。
[0025]
 まず、図1~図3に示すように、本発明の超音波内視鏡12は、本発明の特徴とする放熱構造(70:図5~図6参照)を備える超音波観察部36と、内視鏡観察部38とを先端部40に有し、被検体の体腔内を撮影して、それぞれ超音波画像(エコー信号)及び内視鏡画像(画像信号)を取得するものである。
 超音波内視鏡12は、先端部に超音波観察部36と内視鏡観察部38とを備え、被検体の体腔内に挿入される挿入部22と、挿入部22の基端部に連設され、医師や技師などの術者が操作を行うための操作部24と、操作部24に一端が接続されたユニバーサルコード26とから構成されている。
[0026]
 操作部24には、後述するが、内視鏡観察部38の処置具導出部76に設けられる起立台84を操作する起立操作レバー27と、送水タンク21aから送気送水管路(図示せず)を開閉する送気送水ボタン28a、及び吸引ポンプ21bからの吸引管路(図示せず)を開閉する吸引ボタン28bが並設されると共に、一対のアングルノブ29、29、及び処置具挿入口(鉗子口)30が設けられている。
 ここで、送水タンク21aは、超音波内視鏡12の内視鏡観察部38等の洗浄等のために超音波内視鏡12内の送気送水管路に供給する洗浄水等を貯留するためのものである。なお、送気送水ボタン28aは、送水タンク21aから送気送水管路を経て供給された空気等の気体、及び洗浄水等の水を挿入部22の先端側の内視鏡観察部38から噴出させるために用いられる。
[0027]
 また、吸引ポンプ21bは、超音波内視鏡12の先端側から体腔内の吸引物(供給された洗浄水等も含む)を吸引するために吸引管路(図示せず)を吸引するものである。吸引ボタン28bは、吸引ポンプ21bの吸引力によって挿入部22の先端側から体腔内の吸引物を吸引するために用いられる。
 また、処置具挿入口30は、鉗子や穿刺針、高周波メス等の処置具を挿通するためのものである。
 ユニバーサルコード26の他端部には、超音波用プロセッサ装置14に接続される超音波用コネクタ32aと、内視鏡用プロセッサ装置16に接続される内視鏡用コネクタ32bと、光源装置18に接続される光源用コネクタ32cとが設けられている。超音波内視鏡12は、これらの各コネクタ32a、32b、及び32cを介してそれぞれ超音波用プロセッサ装置14、内視鏡用プロセッサ装置16、及び光源装置18に着脱自在に接続される。また、光源用コネクタ32cには、送水タンク21aを接続する送気送水用チューブ34a、及び吸引ポンプ21bを接続する吸引用チューブ34b等が接続される。
[0028]
 挿入部22は、先端側から順に、硬質部材で形成され、超音波観察部36と内視鏡観察部38とを有する先端部(先端硬質部)40と、先端部40の基端側に連設され、複数の湾曲駒を連結してなり、湾曲自在の湾曲部42と、湾曲部42の基端側と操作部24の先端側との間を連結し、細長かつ長尺の可撓性を有する軟性部44とから構成されている。
 湾曲部42は、図2に示すように、リング状に形成された複数のアングルリング(節輪)43を軸方向に連枢着したアングルリング構造を有する。アングルリング43の内部には,複数の操作ワイヤ(図示せず)が内周面の軸方向に沿って所定の間隔で配設されており,この操作ワイヤの基端は、操作部24に設けられた一対のアングルノブ29、29で回動されるプーリ(図示せず)に接続されている。これにより、一対のアングルノブ29、29を回動操作してプーリを回動すると、操作ワイヤが牽引され、湾曲部42が所望の方向に湾曲される。このように、一対のアングルノブ29、29を操作することにより、湾曲部42を遠隔的に湾曲操作して、先端部40を所望の方向に向けることができる。
 また、先端部40には、内部に、超音波観察部36を覆う超音波伝達媒体(例えば、水、オイル等)を注入したバルーンが着脱自在に装着されていても良い。超音波及びエコー信号は空気中で著しく減衰するため、このバルーンに超音波伝達媒体を注入して膨張させ、観察対象部位に当接させることにより、超音波観察部36の超音波振動子(超音波トランスデューサ)アレイ50と観察対象部位の間から空気を排除し、超音波及びエコー信号の減衰を防止することができる。
[0029]
 なお、超音波用プロセッサ装置14は、超音波内視鏡12の挿入部22の先端部40の超音波観察部36の超音波振動子アレイ50に超音波を発生させるための超音波信号(データ)を生成して供給するものである。また、超音波用プロセッサ装置14は、超音波が放射された観察対象部位から反射されたエコー信号(データ)を超音波振動子アレイ50によって受信して取得し、取得したエコー信号に対して各種の信号(データ)処理を施してモニタ20に表示される超音波画像を生成するためのものである。
 内視鏡用プロセッサ装置16は、超音波内視鏡12の挿入部22の先端部40の内視鏡観察部38において光源装置18からの照明光によって照明された観察対象部位から取得された撮像画像信号(データ)を受信して取得し、取得した画像信号に対して各種の信号(データ)処理、及び画像処理を施して、モニタ20に表示される内視鏡画像を生成するためのものである。
 なお、これらのプロセッサ装置14、及び16は、PC(パーソナルコンピュータ)等のプロセッサによって構成されるものであっても良い。
[0030]
 光源装置18は、超音波内視鏡12の内視鏡観察部38によって体腔内の観察対象部位を撮像して画像信号を取得するために、赤光(R)、緑光(G)、及び青光(B)等の3原色光からなる白色光や特定波長光等の照明光を、発生させて、超音波内視鏡12に供給し、超音波内視鏡12内のライトガイド(図示せず)等によって伝搬し、超音波内視鏡12の挿入部22の先端部40の内視鏡観察部38から出射して、体腔内の観察対象部位を照明するためのものである。
 モニタ20は、超音波用プロセッサ装置14及び内視鏡用プロセッサ装置16により生成された各映像信号を受けて超音波画像や内視鏡画像を表示する。これらの超音波画像や内視鏡画像の表示は、いずれか一方のみの画像を適宜切り替えてモニタ20に表示することや両方の画像を同時に表示すること等が可能である。なお、超音波画像を表示するためのモニタと内視鏡画像を表するためのモニタを別個に設けてよいし、他の任意に形態で、これらの超音波画像と内視鏡画像とを表示するようにしてもよい。
[0031]
 次に、超音波内視鏡の挿入部の先端部及び湾曲部の構成を図2~図3に加え、図4~図6を参照して詳細に説明する。
 図4は、図3に示す超音波内視鏡の先端部をその長手方向に沿った中心線で切断した模式的縦断面図である。図5は、図3に示す超音波内視鏡の先端部をその長手方向に沿って切断した、先端部の防熱構造の一例を模式的に示す縦断面図である。図6は、図4に示すVI-VI線矢視図であり、図4に示す超音波内視鏡の先端部の超音波観察部の一例を模式的に示す横断面図である。
 図2~図3に示すように、超音波内視鏡12の先端部40には、先端側に超音波画像を取得するための超音波観察部36と、基端側に内視鏡画像を取得するための内視鏡観察部38とが設けられており、共に超音波内視鏡12の先端部40の先端部本体となる、硬質樹脂等の硬質部材からなる外装部材41に取り付けられて保持されている。
 超音波観察部36は、超音波振動子ユニット46、及び超音波振動子ユニット46を取り付けて保持する外装部材41から構成される。
[0032]
 また、内視鏡観察部38は、処置具導出部76、観察窓78、照明窓80(80a、80b)、及び洗浄(送気送水)ノズル82等から構成される。処置具導出部76は、内視鏡観察部38の中心に設けられ、処置具の突出方向を変更する起立台84と、起立台84を収容する凹形状の起立台収容部86とを有する。また、起立台収容部86には、処置具を外部に導出する処置具導出口88が設けられている。なお、図示例においては、内視鏡観察部38には、先端側の超音波観察部36側から見て、処置具導出部76の左右両側には、先端側に対して斜め上方を向く斜面77a、及び77bが形成されている。図中右側の斜面77a上には上方から順に観察窓78、洗浄ノズル82、照明窓80aが配設され、図中右側の斜面77b上には照明窓80bが配設されている。
 図2に示す例では、処置具導出口88(又は処置具導出部76)は、内視鏡観察部38に設けられているが、本発明は特に図示例に限定されず、超音波観察部36の複数の超音波振動子(48:図4~図5参照)よりも超音波内視鏡12の基端側(湾曲部42側)であればどこに設けられても良く、例えば、超音波観察部36と内視鏡観察部38との間に設けられていても良いし、内視鏡観察部38よりも更に基端側に設けられていても良い。
 即ち、本発明の放熱構造が適用される超音波内視鏡は、処置具導出口が超音波振動子よりも基端側に配置されている超音波内視鏡である必要がある。
[0033]
 まず、図4及び図5を参照して、超音波観察部36について説明する。
 図4及び図5に示すように、超音波観察部36を構成する超音波振動子ユニット46は、複数の超音波振動子(トランスデューサ)48からなる超音波振動子アレイ50と、複数の個別電極52aを備える電極部52と、複数の接続部56aを備えるケーブル配線部56と、グランドバー57と、銅箔60と、を有する。
 図4に示すように、電極部52は、超音波振動子アレイ50の外側面又は内側面に設けられる。電極部52の複数の個別電極52aは、それぞれ複数の超音波振動子48に接続されている。バッキング材層54は、超音波振動子アレイ50の各超音波振動子48を下面側から支持する。ケーブル配線部56は、電極部52の複数の個別電極52aとそれぞれ電気的に接続される。ケーブル配線部56の複数の接続部56aは、それぞれ複数本の同軸ケーブル58の信号線58aを配線接続する。グランドバー57は、超音波振動子アレイ50と逆側のバッキング材層54の下側に配置される。グランドバー57には、複数本の同軸ケーブル58のシールド部材58cがそれぞれ接続される。
 図5に示すように、銅箔60は、複数の超音波振動子アレイ50に接続される熱伝導部材であって、複数の超音波振動子48又はバッキング材層54の片面、両外側面、又は背面側(バッキング材層54の超音波振動子48とは逆側)に貼り付けられ、超音波振動子アレイ50と逆側のバッキング材層54の下側を経て内視鏡観察部38まで延在する。銅箔60は、複数の超音波振動子48をシールドすると共に、複数の超音波振動子48及びバッキング材層54において発生した熱を逃がす役目を果たす。
[0034]
 本発明の第1実施形態においては、銅箔60には、導電性熱伝導部材61の一端が接続され、他端は、内視鏡観察部38において、本発明の超音波ケーブルである複数本の同軸ケーブル58を束ねたシールドケーブル72を挿通するケーブル挿通孔73内を通って内視鏡観察部38の基端側に延在し、ケーブル挿通孔73の上壁面の開口73aを通って折り返されて内視鏡観察部38を構成する起立台84から構成される起立台アセンブリ92まで延長され、絶縁性熱伝導部材62を介して熱的に接続される。ここで、銅箔60、導電性熱伝導部材61、及び絶縁性熱伝導部材62は、複数の超音波振動子48及びバッキング材層54において発生した熱を本発明の導電性の内視鏡構造物である本発明の起立台部品、例えば金属製の起立台アセンブリ92の基台部96に放熱する本発明の特徴とする放熱構造70を構成する。この放熱構造70についての詳細は後述する。
 こうして、本発明の特徴とする放熱構造70によって、複数の超音波振動子48及びバッキング材層54において発生した熱は、銅箔60、導電性熱伝導部材61、及び絶縁性熱伝導部材62を介して、起立台アセンブリ92に放熱される。起立台アセンブリ92に伝導された熱は、更に、例えば起立台アセンブリ92に電気的及び熱的に接続された本発明の導電性の内視鏡構造物である湾曲部42の本発明のアングル組立部品、例えば複数のアングルリング43、本発明の導電性の内視鏡構造物であるレバー操作ワイヤ110、及び/又は鉗子チューブ114内の導電性部材等、更には、挿入部22を介して操作部24から被検体外に放熱されるようにしても良い。
 本発明において、2つの部材を電気的に接続するとは、2つの部材間で良好に電流が流れるように、直接接触させて固定する、又は半田、又は導電性接着剤等で接合して固定することを言う。
 また、2つの部材を熱的に接続するとは、2つの部材間で良好に熱伝達が生じ、一方の部材から他方の部材に熱が良好に伝わるように、直接接触させて固定する、又は半田、又は熱伝導性接着剤等で接合して固定することを言う。
[0035]
 また、超音波振動子ユニット46は、更に、超音波振動子アレイ50の上に積層された音響整合層64と、音響整合層64上に積層された音響レンズ66とを有する。即ち、超音波振動子ユニット46は、音響レンズ66、音響整合層64、超音波振動子アレイ50、及びバッキング材層54の積層体68からなる。
 音響整合層64は、人体等の被検体と超音波振動子48との間の音響インピーダンス整合をとるためのものである。
 音響整合層64上に取り付けられている音響レンズ66は、超音波振動子アレイ50から発せられる超音波を観察対象部位に向けて収束させるためのものである。音響レンズ66は、例えば、シリコン系樹脂(ミラブル型シリコンゴム(HTVゴム)、液状シリコンゴム(RTVゴム)等)、ブタジエン系樹脂、ポリウレタン系樹脂等からなる。音響整合層64によって被検体と超音波振動子48との間の音響インピーダンス整合をとり、超音波の透過率を高めるため、音響レンズ66には、必要に応じて酸化チタンやアルミナ、シリカ等の粉末が混合される。
[0036]
 超音波振動子アレイ50は、円弧状かつ外側に向けて配列された複数、例えば48~192個の直方体形状の超音波振動子(トランスデューサ)48からなる複数チャンネル、例えば48~192チャンネル(CH)のアレイである。
 即ち、超音波振動子アレイ50は、複数の超音波振動子48が、一例として、図示例のように一次元アレイ状に所定のピッチで配列されてなるものである。このように、超音波振動子アレイ50を構成する各超音波振動子48は、先端部40の軸線方向(挿入部22の長手軸方向)に沿って凸湾曲状に等間隔で配列されており、超音波用プロセッサ装置14から入力される駆動信号に基づいて順次駆動されるようになっている。これによって、図2に示す超音波振動子48が配列された範囲を走査範囲としてコンベックス電子走査が行われる。
[0037]
 超音波振動子アレイ50は、バッキング材層54の底面と平行な方向(AZ(アジマス)方向)よりも、AZ方向と直交する超音波振動子48の長手方向(EL(エレベーション)方向)の長さのほうが短く、後端側が張り出すように傾斜して配置される。図6に示すように、超音波振動子48は、例えば、PZT(チタン酸ジルコン酸鉛)や、PVDF(ポリフッ化ビニリデン)等の圧電体厚膜の底面に電極を形成した構成を有する。一方の電極は、超音波振動子48毎に個々に独立した個別電極52a、他方の電極は、超音波振動子48の全てに共通の共通電極(例えば、グランド(接地)電極)52bとなっている。図示例では、複数の個別電極52aは、複数の超音波振動子48の内側の下面にそれぞれ設けられ、ケーブル配線部56の複数の配線(図示せず)に電気的にそれぞれ接続されている。なお、ケーブル配線部56では、複数の配線(図示せず)は、それぞれ複数の接続部56aに電気的に接続されている。一方、共通電極52bは、図示例では、超音波振動子48の端部の上面に設けられ、グランドバー57に接続されている。これらの複数の個別電極52a、及び共通電極52bは、電極部52を構成している。
 なお、図示は省略するが、隣接する2つの超音波振動子48同士の隙間には、エポキシ樹脂等の充填材が充填されている。
[0038]
 超音波観察部36の超音波振動子ユニット46において、超音波振動子アレイ50の各超音波振動子48が駆動され、超音波振動子48の両電極に電圧が印加されると、圧電体が振動して超音波を順次発生し、被検体の観察対象部位に向けて超音波が照射される。そして、複数の超音波振動子48をマルチプレクサ等の電子スイッチで順次駆動させることで、超音波振動子アレイ50が配された曲面に沿った走査範囲、例えば曲面の曲率中心から数十mm程度の範囲で、超音波が走査される。その結果、超音波振動子アレイ50の各超音波振動子48は、超音波を発生する際に発熱し、更に、バッキング材層54も、超音波の作用により発熱する。
 また、観察対象部位から反射されたエコー信号(超音波エコー)を受信すると、圧電体が振動して電圧を発生し、この電圧を受信した超音波エコーに応じた電気信号(超音波検出信号)として超音波用プロセッサ装置14に出力する。そして、超音波用プロセッサ装置14において各種の信号処理が施されてから、超音波画像としてモニタ20に表示される。
[0039]
 電極部52は、図4、及び図6に示すように、複数(48~192)の超音波振動子48の配列による円弧状面に対して垂直となる超音波振動子アレイ50の(各超音波振動子48の)内側下面に円弧状に設けられるもので、複数(48~192)の超音波振動子48にそれぞれ導通する複数(48~192)の個別電極52aからなる。なお、電極部52には、複数の超音波振動子48の共通電極52bが含まれていても良い。本発明において、垂直とは、90度に限定されるわけではなく、略垂直、例えば、90度±5度、即ち、85度~95度までの範囲の角度を含むものである。
 なお、図4においては、円弧状に配列された複数の個別電極52a及びこれらからなる電極部52は、バッキング材層54に隠れて見えないが、分かり易くするために破線表示している。
[0040]
 電極部52は、図6に示す例では、複数の超音波振動子48の配列面に対して垂直となる超音波振動子アレイ50の内側下面に2列に設けられるが、超音波振動子48の数が少ない場合には、1列のみであっても良いし、複数の超音波振動子48の配列が長手方向に複数列に亘る場合には、2列以上の複数列であっても良い。なお、電極部52は、超音波振動子アレイ50の内側下面のみならず、超音波振動子アレイ50の長手方向の両外側面に設けられていても良いし、片側の外側面でも良いし、超音波振動子アレイ50の内側下面に1列以上、及びその外側面の片側又は両側に設けても良い。
 なお、超音波振動子48の数は多い方が好ましいので、複数の個別電極52aは、超音波振動子アレイ50の内側下面に複数列、又はその両外側面に、もしくは両方に設けられることが好ましい。
 なお、図6に示す例では複数の個別電極52aを、各超音波振動子48の長手方向の端面側に設けられた個別電極で構成しているが、本発明はこれに限定されず、超音波振動子48の個別電極52aに導通していれば、個別電極から配線によって接続された別の電極によって構成しても良い。また、電極部52には、直接共通電極が含まれているが、共通電極52bから配線によって接続された電極が含まれていても良い。
 電極部52の複数の個別電極52a及び共通電極52bは、電極パッドとして設けられていることが好ましい。
[0041]
 次に、バッキング材層54は、図4、及び図6に示すように、複数の超音波振動子48の配列面に対して内側となる、即ち超音波振動子アレイ50の背面(下面)に配設されるバッキング材からなり、アレイ状に配列された複数の超音波振動子48を支持する部材の層である。バッキング材層54は、上表面(上側面)が断面凸円弧状に形成される。
 なお、図6に示す例においては、バッキング材層54は、電極部52の複数の個別電極52aにそれぞれ接続されるケーブル配線部56の複数の配線(図示せず)の部分を内部に埋め込んだ構成となっている。なお、ケーブル配線部56の複数の接続部56aは、バッキング材層54に下側に出ている。
 バッキング材層54を構成するバッキング材は、超音波振動子アレイ50の各超音波振動子48等を柔軟に支持するクッション材として機能する。このため、バッキング材は、硬質ゴム等の剛性を有する材料からなり、超音波減衰材(フェライト、セラミックス等)が必要に応じて添加されている。
 したがって、超音波振動子アレイ50は、バッキング材層54の断面凸円弧状に形成された上面となる円弧状の外表面上に、図示例では、複数の直方体状の超音波振動子48をその長手方向が平行となるように、好ましくは等間隔に配列したもの、即ち、複数の超音波振動子48が円弧状かつ外側に向けて配列されたものである。
[0042]
 ケーブル配線部56は、電極部52の複数の個別電極52aと電気的に接続される複数の配線(図示せず)と、複数の配線(図示せず)にそれぞれ接続され、複数本の同軸ケーブル58の信号線58aを配線接続する複数の接続部56aとを備えるものである。
 ケーブル配線部56は、電極部52の複数の個別電極52aと電気的に接続された複数の配線(図示せず)の端部にそれぞれ複数の接続部56aとを備えるものであっても良い。
 しかしながら、電極部52の複数の個別電極52aの接続への容易さからは、ケーブル配線部56は、例えばフレキシブルプリント配線基板(以下、単にFPC(Flexible Printed Circuit)という)、プリント配線回路基板(以下、PCB(Printed Circuit Board)という)、又はプリント配線基板(以下、PWB(Printed Wired Board)という)等の配線基板から構成されることが好ましく、図3及び図4に示すように、電極部52の複数(48~192)の個別電極52aとそれぞれ電気的に接続するための複数(48~192)の配線を有し、かつ複数(48~192)の配線にそれぞれ接続される複数の接続部56aを有するものであることが好ましい。
[0043]
 この場合、ケーブル配線部56は、1つの配線基板、例えばFPC等のフレキシブルな配線基板、もしくはPCB、又はPWB等のリジッドな配線基板で構成されていても良いし、更には、FPC等のフレキシブルな配線基板と、PCB、又はPWB等のリジッドな配線基板とが一体化された多層基板で構成しても良い。例えば、ケーブル配線部56として、電極部52の複数(48~192)の個別電極52aとそれぞれ電気的に接続するための複数(48~192)の配線を持つFPCと、複数本の同軸ケーブル58の信号線58aを配線接続する複数(48~192)の接続部56aとを持つリジッドな配線基板とを、複数(48~192)の配線と複数(48~192)の接続部56aとがそれぞれ接続されるように一体化したものを用いることができる。
 こうすることで、ケーブル配線部56の複数の配線と超音波振動子アレイ50の電極部52の複数の個別電極52aとをそれぞれ容易に電気的に接続することができる。
[0044]
 ここで、ケーブル配線部56の複数の配線と超音波振動子アレイ50の電極部52の複数の個別電極(電極パッド)52aとの電気的な接続は、異方性導電性シート、又は異方性導電性ペーストを用いて行っても良いし、また、熱融着によって行っても良い。なお、これらの電気的な接続は、これらの接続方法に制限される訳ではなく、配線の作業性を阻害せず、作業工程の難易度が高くならなければ、いかなる方法を用いても良く、ワイヤーボンディング、半田付け等の方法などの公知の方法を用いても良い。
 こうすることにより、超音波振動子配線作業の簡素化、効率化、作業性の向上を図ることができ、小型化ができ、かつ超音波振動子アレイの各電極、及び多数のケーブルを配線する際に作業性の良く、作業工程の難易度が低く、ケーブルへの負荷がかかりにくく断線の危険性が少ない配線構造を有する超音波振動子ユニットを用いる超音波内視鏡を提供することができる。
[0045]
 本発明に用いられる同軸ケーブル58は、図7に示すように、中心に信号線58aと、信号線58aの外周に第1絶縁層58bと、第1絶縁層58bの外周にシールド部材58cと、シールド部材58cの外周に第2絶縁層58dとを備えるものである。換言すれば、同軸ケーブル58は、中心側から信号線58aと、第1絶縁層58bと、シールド部材58cと、第2絶縁層58dとを同心円状に積層したものである。
 ここで、本発明においては、複数の同軸ケーブル58は、図8に示すように、複数の同軸ケーブル58を最外層の外皮72aでその内部に包んだ1本のシールドケーブル72として用いられる。
 なお、本発明に用いられる複数の超音波ケーブルからなるシールドケーブルは、複数の同軸ケーブル58を外皮72aで包んだシールドケーブル72に限定されず、中心の導体の外周を誘電体等の絶縁層で包んだ複数の信号線と、シールド部材として機能する導体からなる複数のドレイン線とをランダムに混在させて配置して1本のケーブルユニットとした非同軸ケーブルであっても良いし、中心の導体の外周を誘電体等の絶縁層で包んだ複数の信号線を中心側に配置し、複数の信号線の周囲にシールド部材として機能する複数の外部の導体を配置し、全体を遮蔽材で包んで1本のケーブルユニットとした非同軸ケーブルであっても良い。
[0046]
 グランドバー57は、図4に示すように、1本のシールドケーブル72の複数の同軸ケーブル58の各シールド部材58cを電気的に接続するためのものである。
 即ち、グランドバー57は、電極部52の複数の個別電極52aとそれぞれ電気的に接続される複数本の同軸ケーブル58の信号線58aに対して、電極部52の共通電極52bと接続されるグランド部として機能するもので、複数の同軸ケーブル58の複数のシールド部材58cと電気的に接続されてグランド部の電位を複数のシールド部材58cの電位にするものである。
 グランドバー57としては、複数の同軸ケーブル58の複数のシールド部材58cを、例えば半田等により電気的に接続できるものであればどのようなものでも良く、超音波内視鏡に用いられる従来公知のグランドバーであれば良い。
[0047]
 なお、複数のシールド部材58cのグランドバー57への電気的な接続、及び上述した複数の信号線58aのケーブル配線部56の複数の接続部56aへのそれぞれの電気的な接続に際しては、1本のシールドケーブル72の先端側の外皮72aを剥いで除去し、複数の同軸ケーブル58を取り出し、取り出された複数の同軸ケーブル58の先端側の第2絶縁層58dを剥いで除去し、複数のシールド部材58cを外側に剥き出し、外側に剥き出された複数のシールド部材58cを基端側は残し、その先端部のシールド部材58cを切断して除去すると共に第1絶縁層58bを剥いで除去して複数の信号線58aを外側に剥き出す。
 こうして、複数の同軸ケーブル58の外側に剥き出されたまま残された複数のシールド部材58cは、それぞれグランドバー57に半田等により電気的に接続される。
 また、複数の同軸ケーブル58の先端の外側に剥き出された複数の信号線58aは、それぞれケーブル配線部56の複数の接続部56aに半田等により電気的に接続される。
[0048]
 銅箔60は、超音波振動子アレイ50の複数の超音波振動子48の外側面に配置されて、シールド効果及び放熱効果の役割を担うものである。銅箔60は、導電性熱伝導部材61及び絶縁性熱伝導部材62と共に、放熱構造70を構成するものであって、超音波振動子アレイ50の複数の超音波振動子48に貼り付けられ、少なくとも超音波振動子アレイ50の側面、即ち積層体68の外側面、具体的には、超音波振動子アレイ50及びバッキング材層54の外側面に配設される。
 また、複数の超音波振動子48への銅箔60の接続は、銅箔60を超音波振動子アレイ50及びバッキング材層54の外側面に貼り付けることによって行えばよく、銅箔60の貼り付けは、半田、銀ペースト、又は導電性接着剤等の導電性部材、若しくはシリコン系の非導電性接着剤等を用いて行うことが好ましい。
 なお、図6に示す超音波振動子ユニット46においては、銅箔60を持つ放熱構造70が、積層体68(複数の超音波振動子48及びバッキング材層54)の両外側面に設けられているが、本発明はこれに限定されず、においては、積層体68の一方の外側面のみに設けられていても良い。
[0049]
 ここで、図6に示すように、超音波振動子ユニット46を本発明の超音波内視鏡12の先端部40の外装部材41に取り付ける際には、超音波振動子ユニット46の積層体68のバッキング材層54とケーブル配線部56との間の隙間(空間)、銅箔60とグランドバー57及び複数の同軸ケーブル58(信号線58a、シールド部材58c等)との間の隙間(空間)、並びに積層体68、銅箔60、グランドバー57、複数の同軸ケーブル58、及びバッキング材層54と外装部材41との間の隙間(空間)は、放熱性の良い充填材で埋めて、充填材層74としておくことが好ましい。ここで、充填材層74を形成する充填材としては、エポキシ樹脂、又はシリコン系充填材等の非導電性の充填材であれば、どのような充填材を用いても良い。
 このような充填材層74は、超音波振動子ユニット46と外装部材41との間の隙間、特にバッキング材層54と外装部材41との間の隙間を埋めるために設けられるものであって、ケーブル配線部56と複数の同軸ケーブル58の配線部分及び延長部分の一部とを固定して、ケーブル配線部56の複数の接続部56aにおける同軸ケーブル58の信号線58aの接続不良の発生、グランドバー57における同軸ケーブル58のシールド部材58cの接続不良の発生、及び同軸ケーブル58等の断線を防止することができるものである。このように、ケーブル配線部56、及び複数の同軸ケーブル58の少なくとも一部を、放熱性の良い充填材にて覆い、充填材層74を形成しておくことで、本発明の超音波内視鏡12の先端部40の超音波振動子ユニット46、及び超音波観察部36のアセンブリの取り回し時の複数の同軸ケーブル58の部分の保護を行うことができる。
[0050]
 更に、充填材層74は、超音波振動子アレイ50から発振されて、その下側に伝播した超音波がバッキング材層54との境界で反射しないように、かつ超音波振動子アレイ50から発振された超音波が観察対象又はその周辺部において反射して、超音波振動子アレイ50の下側に伝播した超音波を十分に減衰させることができるように、バッキング材層54との音響インピーダンスが整合していることが好ましい。そのため、充填材層74の音響インピーダンスをZp(kg/m  s)とし、かつバッキング材層54の音響インピーダンスをZb(kg/m  s)としたときに、下記式(1)で表される充填材層74とバッキング材層54との音響インピーダンス反射率Q(%)が、50%以下であることが好ましい。
    Q=100×|Zp-Zb|/(Zp+Zb)    …(1)
[0051]
 この音響インピーダンス反射率Qは、充填材層74とバッキング材層54との境界面における超音波(音響ビーム)の反射のし易さを表す指標であり、すなわち、値が0%に近いほど、充填材層74の音響インピーダンスとバッキング材層54の音響インピーダンスとが整合していることを示す。上記の音響インピーダンス反射率が50%以下程度であれば、超音波振動子アレイ50の下側に伝播した超音波が原因となる雑音は、超音波振動子アレイ50において受信される超音波信号を用いて、超音波用プロセッサ装置14において超音波画像を生成することにおいて、問題とはならないように処理をすることができる。
[0052]
 また、超音波振動子ユニット46の超音波振動子アレイ50から超音波を発振する際に、超音波用プロセッサ装置14から超音波振動子アレイ50に伝送される駆動信号が熱エネルギーとなり、超音波振動子アレイ50が発熱するため、充填材層74は放熱性を有することが好ましい。そのため、充填材層74の熱伝導率は、1.0W/m K以上であることが好ましい。
 本発明の超音波内視鏡12の先端部40の超音波観察部36は、以上のように構成される。
[0053]
 次に、図2~図5に示すように、内視鏡観察部38は、処置具導出部76、観察窓78、照明窓80(80a、80b)、及び洗浄ノズル82等から構成される。
 観察窓78は、先端部40の図中右側の斜面77aの上方に向けて取り付けられている。観察窓78の内側には、図示しないが、対物レンズ及び固体撮像素子が配設されている。観察窓78から入射した観察対象部位の反射光は、対物レンズで固体撮像素子の撮像面に結像される。固体撮像素子は、観察窓78、及び対物レンズを透過して撮像面に結像された観察対象部位の反射光を光電変換して、撮像信号を出力する。固体撮像素子としては、CCD(Charge Coupled Device:電荷結合素子)、及びCMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor:相補形金属酸化膜半導体)等を挙げることができる。固体撮像素子で出力された撮像画像信号は、挿入部22から操作部24まで延設された配線ケーブル(図示せず)を経由して、ユニバーサルコード26により内視鏡用プロセッサ装置16に伝送される。内視鏡用プロセッサ装置16は、伝送された撮像信号に対して、各種信号処理、及び画像処理を施し、内視鏡光学画像としてモニタ20に表示する。
[0054]
 照明窓80(80a、80b)は、処置具導出部76を挟んで両側に設けられている。照明窓80には、ライトガイド(図示せず)の出射端が接続されている。ライトガイドは、挿入部22から操作部24まで延設され、その入射端は、ユニバーサルコード26を介して接続された光源装置18に接続されている。光源装置18で発せられた照明光は、ライトガイドを伝って照明窓80から被観察部位に照射される。
 また、洗浄ノズル82は、観察窓78、及び照明窓80(80a、80b)の表面を洗浄するために、送水タンク21aから超音波内視鏡12内の送気送水管路を経て空気、又は洗浄水を観察窓78、及び照明窓80に向けて噴出する。
[0055]
 また、先端部40には、起立台84及び起立台収容部86を有する処置具導出部76が設けられている。起立台収容部86には、処置具を外部に導出する処置具導出口88が設けられている。処置具導出口88は、挿入部22の内部に挿通される処置具チャンネル90に接続されており、処置具挿入口30に挿入された処置具は、処置具チャンネル90を通って処置具導出口88から体腔内に導入される。なお、処置具導出口88は内視鏡観察部38に位置しているが、処置具導出口88から体腔内に導入された処置具の動きを超音波画像で確認する構成する場合には、超音波観察部36に近づけて配設しても良い。
[0056]
 起立台84は、ステンレス鋼等の金属材料により形成されており、上面側に先端部40の基端側から先端側に向かって上方に湾曲する凹面状のガイド面を有している。処置具導出口88から導出された処置具はそのガイド面に沿って先端部40の軸線方向(先端部40の長手軸方向)に対して上向きに湾曲して起立台収容部86の上側開口から外部に導出されるようになっている。
 また、起立台84は、操作部24の起立操作レバー27の操作により起立動作するようになっており、起立台84を起立動作させて倒伏状態からの起立角度を調整することにより処置具導出部76から導出する処置具の導出方向(導出角度)を調整することができるようになっている。
 なお、処置具導出口88は、吸引チャンネルとも連通しており、操作部24の吸引ボタン28bを操作することにより、処置具導出部76からの体液等の吸引も行えるようになっている。
[0057]
 ここで、詳細な図面及び説明は省略するが、先端部40は、内視鏡観察部38において、それぞれ着脱可能に取り外すことができる3つのセパレートブロックに分解できるようになっている。1つのセパレートブロックは、超音波観察部36を構成する超音波振動子ユニット46及び内視鏡観察部38を構成する照明窓80(80a、及び80b)を備える基部アセンブリ91である。2つ目のセパレートブロックは、処置具導出部76を構成する起立台84を備え、基部アセンブリ91の中央部上に組み付けられる起立台アセンブリ92である。3つ目のセパレートブロックは、内視鏡観察部38を構成する観察窓78、及び洗浄ノズル82を備え、起立台アセンブリ92を内包した状態で基部アセンブリ91上に組み付けられる頭部アセンブリ93である。
 基部アセンブリ91、及び頭部アセンブリ93は、絶縁性を有する絶縁材料、例えば、メタクリル樹脂やポリカーボネイドのようなプラスチック等の樹脂材料により形成されている外装部材41の所定の収容部に、それぞれの構成部品が組み付けられて保持され、起立台アセンブリ92と共に、先端部40に固定されるようになっている。
[0058]
 以下では、図9及び図10を参照して、起立台アセンブリ92を説明する。
 起立台アセンブリ92は、起立台84を備え、起立台84支持すると共に駆動する。起立台アセンブリ92は、パッキンやシール部材以外の後述する種々の組立部品がステンレス鋼のような金属材料で形成されており、全体が導電性(電気伝導性)、及び熱伝導性を有し、全体が電気的に導通しており、熱が伝達されて伝導される。
 起立台アセンブリ92は、起立台84と、起立台84を駆動する駆動機構部94とから構成されている。
 駆動機構部94は、凹形状の起立台収容部86を画成し、起立台84を下側から回動可能に支持する基台部96と、起立台収容部86の側面側の基台部96の側部に配置されるレバー収容部98と、基台部96及びレバー収容部98の後端側から延設されて起立台84の後側に配置され、処置具導出口88を備える処置具挿通部100とから構成されている。
 基台部96全体とレバー収容部98の外壁部分と処置具挿通部100全体は金属製の部材により一体的に構成されている。
[0059]
 起立台84の下側に突設された支持部84aには、回動軸102が取り付けられている。回動軸102は、基台部96の軸孔(図示せず)に回動可能に支持されている。
 これによって、起立台84と回動軸102とが連結され、起立台84が先端部40の軸線方向に対して直交する方向の回動軸102を介して基台部96に回動自在に支持されている。そして、回動軸102の回動と連動して起立台84が回動軸102を中心にして回動(起立動作)するようになっている。
[0060]
 駆動機構部94のレバー収容部98の収容空間98aには、レバー部材である起立レバー104が収容されている。
 起立レバー104は、長板状に形成されており、その長手方向の一方の端部側(基端部側)が基台部96の回動軸102に連結されている。なお、回動軸102と起立レバー104とは、一体形成されたものであってもよいし、別体のものを一体的に連結してもよい。
 また、起立レバー104の他方の端部(先端部)には、円柱状の貫通孔104aが形成されている。貫通孔104aには略同径の円柱状の円柱部材106が回動可能に嵌入されている。円柱部材106には、コントロールケーブル108のレバー操作ワイヤ110が取り付けられている。
[0061]
 コントロールケーブル108は、超音波内視鏡12の操作部24から挿入部22内を挿通して配置され、先端側がレバー収容部98の側壁部98bに接続されている。
 コントロールケーブル108は、管状で可撓性を有する可撓性スリーブ(ガイド管)の管腔内にレバー操作ワイヤ110が摺動可能に挿通配置されて構成されている。
 レバー操作ワイヤ110は、例えば、複数の金属細線からなる素線を撚り合わせた撚り線により形成されている。可撓性スリーブは、例えば、管状の密着コイルに熱収縮性チューブを被装することによって形成されている。
 コントロールケーブル108とレバー収容部98との接続部において、可撓性スリーブの端部はレバー収容部98の側壁部98bに固定されている。
[0062]
 一方、レバー操作ワイヤ110は、レバー収容部98の側壁部98bに形成された貫通孔(図示せず)を挿通してレバー収容部98の収容空間98aに挿入されて円柱部材106に固定されている。
 また、コントロールケーブル108の基端側は、操作部24の内部において起立操作レバー27と動力伝達機構を介して接続されている。
 このような構成により、操作部24の起立操作レバー27の操作による押し引き操作によって、レバー操作ワイヤ110が進退移動(押し引き動作)すると、起立レバー104が回動軸102を中心に回動(揺動)し、これに連動して回動軸102を介して起立台84が起立動作し、起立台の起立角度が変化し、これによって処置具が所望の方向に導出されるようになっている。例えば、図10において起立台84は実線で示す倒伏状態から二点鎖線で示す起立状態までの範囲で起立動作させることができるようになっている。
[0063]
 駆動機構部94の処置具挿通部100には、円柱状に貫通する処置具挿通孔101が形成されており、処置具挿通孔101の出口が、処置具導出口88となっている。この処置具挿通孔101には、円筒状の繋ぎ部材112の先端側が嵌入されて固定されている。繋ぎ部材112の後端側には、処置具チャンネル90を形成する鉗子チューブ114の先端部が外嵌されて取り付けられている。なお、鉗子チューブ114は、同じく処置具チャンネル90を構成する、例えばSUS製の鉗子パイプに接続される。なお、鉗子チューブ114には、金属編組、メッシュ、又は密着コイルばね等の導電性部材が含まれている。
 これによって、上述のように操作部24の処置具挿入口30から挿入されて処置具チャンネル90である鉗子チューブ114内を挿通した処置具が、繋ぎ部材112及び処置具挿通孔101を介して処置具導出口88に導出されるようになっている。
 そして、処置具導出口88に導出された処置具が起立台84によって所定の角度に起立されて処置具導出口88から外部に導出されるようになっている。
 以上のように構成された起立台アセンブリ92は、高い強度を得るためにパッキンやシール材等の部材以外の組立部品が金属材料により形成されており、全体が電気的、及び熱的に導通している。
[0064]
 また、図11は、先端部40の内視鏡観察部38と湾曲部42との連結部116の構成を示す斜視図である。
 本実施形態の超音波内視鏡12においては、先端部40の内視鏡観察部38の基端側外周部には、湾曲部42との連結部116が形成されている。連結部116には、先端部40の外周面が先端側よりも縮径された中間径部116aと、中間径部116aの基端側において中間径部116aよりも縮径された小径部116bとが形成されている。
 連結部116の小径部116bの外周部には、超音波内視鏡12の湾曲部42の先端のアングルリング43(以下、先端リング43aという)が嵌合される。なお、湾曲部42の先端リング43aは、本発明のアングル組立部品の先端側リング部品であり、図2に示すように、湾曲部42において回動可能に連結して配置される複数の円環状のアングルリング43のうち、最先端のアングルリングを指す。
[0065]
 連結部116の小径部116bには、複数のネジ孔(図示せず)及び少なくとも1つの開口(図示せず)が形成され、先端リング43aには、小径部116bの複数のネジ孔に合わせてそれぞれ複数の開口117aが形成され、小径部116bの少なくとも1つの開口に合わせてそれぞれ少なくとも1つの開口117bが形成されている。
 先端リング43aの複数の開口117aにはネジ(図示せず)が嵌め込まれ、小径部116bの複数のネジ孔に締め込まれて、連結部116の小径部116bに先端リング43aが固定される。
 一方、起立台アセンブリ92の駆動機構部94の処置具挿通部100の外側面(上面)には、連結部116の小径部116bの少なくとも1つの開口に対応して、図9に示すように、少なくとも1つのネジ孔118が形成されている。このため、先端リング43aの少なくとも1つの開口117b及び対応する小径部116bの少なくとも1つの開口には導電性、例えば金属製のネジ119が嵌め込まれ、処置具挿通部100の少なくとも1つのネジ孔118に締め込まれて、先端リング43a、及び連結部116の小径部116bが、起立台アセンブリ92の駆動機構部94の処置具挿通部100に固定される。
[0066]
 したがって、処置具導出部76の金属製の起立台アセンブリ92は、先端部40と湾曲部42との連結部116のネジ119を介して、湾曲部42の先端リング43a、及び複数のアングルリング43に、電気的、及び熱的に接続され、その結果、アングルリング43から軟性部44の金属外管(図示せず)を介して操作部24のグランドに電気的、及び熱的に接続される。
 したがって、処置具導出部76から導出する処置具として高周波処置具を使用した場合等に、仮に、処置具から起立台84に漏れ電流が流れたとしても、漏れ電流は、起立台84から、起立台アセンブリ92、及び先端部40と湾曲部42の連結部116のネジ119を介して、湾曲部42のアングルリング43に流れ、アングルリング43から軟性部44の金属外管を介して操作部24のグランドに放流されるようになっている。これによって、処置具から起立台84に漏洩した漏れ電流を適切にグランドに逃がすことができる。
 また、本発明の放熱構造70により、複数の超音波振動子48の発熱が、銅箔60、導電性熱伝導部材61、及び絶縁性熱伝導部材62を介して、処置具導出部76の起立台アセンブリ92に放熱されると、熱は、起立台アセンブリ92から、漏れ電流と同様にして、ネジ119、湾曲部42のアングルリング43、及び軟性部44の金属外管を介して、操作部24のグランドに放流される。これによって、複数の超音波振動子48から起立台アセンブリ92に流れた熱を適切にグランドに逃がすことができ、外部に放熱することができる。
[0067]
 図5を参照して、本発明の第1実施形態の超音波内視鏡12の放熱構造70について説明する。
 なお、図5は、放熱構造70を説明するために、放熱構造70に関連する部材等を強調して示すものであり、説明に必要な部分のみを強調して記載し、説明に用いない部分は簡略化、又は省略して示す図面である。
 放熱構造70は、図5に示すように、上述した様に、銅箔60、導電性熱伝導部材61、及び絶縁性熱伝導部材62からなるが、更に、絶縁被覆部材63を備えていることが好ましい。
 ここで、銅箔60は、基部アセンブリ91の超音波観察部36の超音波振動子ユニット46の複数の超音波振動子48及びバッキング材層54の片面前面、又は両外側面全面に貼り付けられ、超音波振動子アレイ50と逆側のバッキング材層54の下側まで延びて超音波観察部36の側面全体を覆って配設される。
 導電性熱伝導部材61は、銅箔60と、絶縁性熱伝導部材62とを熱的に接続する。導電性熱伝導部材61の一端、即ち先端側の端部は、銅箔60のバッキング材層54の下側まで延びた部分に接続される。導電性熱伝導部材61の他端、即ち基端側の端部は、銅箔60との接続部である先端側の端部から、内視鏡観察部38のケーブル挿通孔73内を通って内視鏡観察部38の基端側に延在し、ケーブル挿通孔73の上壁面の開口73aを通って折り返されて内視鏡観察部38の起立台アセンブリ92の駆動機構部94の処置具挿通部100の下側表面100aまで延長され、下側表面100aの下側において、起立台アセンブリ92を支持している基部アセンブリ91の内視鏡観察部38の支持部品91a上に載置して配置される。
[0068]
 絶縁性熱伝導部材62は、起立台アセンブリ92の下側表面100aの下側において、支持部品91a上に載置された導電性熱伝導部材61の他端部上に載置して配置される。
 即ち、導電性熱伝導部材61の他端部と絶縁性熱伝導部材62とは重ねられ、基部アセンブリ91の支持部品91aと起立台アセンブリ92の下側表面100aとの間に挟持されて固定される。
 こうして、導電性熱伝導部材61は、絶縁性熱伝導部材62を介して起立台アセンブリ92に熱的に接続されるが、絶縁性熱伝導部材62の介在により電気的には絶縁、又は遮断される。
 この時、絶縁性熱伝導部材62は、導電性熱伝導部材61、又は起立台アセンブリ92に対して固定されていても良いが、導電性熱伝導部材61及び起立台アセンブリ92の少なくとも一方に対して着脱自在であることが好ましい。こうすることにより、超音波内視鏡12の先端部40は、基部アセンブリ91、起立台アセンブリ92、及び頭部アセンブリ93に分解でき、各アセンブリの組み立て部品も分解できて修理ができることから、放熱構造70を含む超音波内視鏡12の修理性を向上させることができる。
[0069]
 なお、導電性熱伝導部材61は、ケーブル挿通孔73内から、ケーブル挿通孔73の上壁面の開口73aを通って折り返されて基部アセンブリ91の支持部品91a上に載置して配置されるが、ケーブル挿通孔73の開口73aから突出して折り返され絶縁性熱伝導部材62に覆われるまでの折返し部分は、ケーブル挿通孔73の開口73aによって開放されているので、内視鏡観察部38のその他の種々の内視鏡構造物、例えば処置具チャンネル90を構成するSUS製の鉗子パイプ等に対して露出している露出部分となっている。このため、本発明においては、図5に示すように、導電性熱伝導部材61の折返し部分、即ち露出部分は、絶縁被覆部材63で被覆されていることが好ましく、こうして、内視鏡構造物との導通を絶縁、又は遮断しておくことが好ましい。
 図示例においては、導電性熱伝導部材61、及び絶縁性熱伝導部材62は、基部アセンブリ91の支持部品91aと起立台アセンブリ92の下側表面100aとの間に挟まれて配置されているが、本発明はこれに限定されず、起立台アセンブリ92の表面とその支持部品との間であれば、例えば起立台アセンブリ92の基台部96の下面と基部アセンブリ91の内視鏡観察部38の支持部品との間等の起立台アセンブリ92の表面の一部とその支持部品との間に配置しても良い。
 また、絶縁性熱伝導部材62は、起立台アセンブリ92の種々の起立台部品の外側表面の一部又は全部に配置しても良い。超音波内視鏡12においては、基部アセンブリ91に配設され、シールドケーブル72が挿通するケーブル挿通孔73は、起立台アセンブリ92の底面(下面)側を通過するため、絶縁性熱伝導部材62は、起立台アセンブリ92の起立台部品の底面、側面、又はその両方に配置するのが好ましい。
[0070]
 本発明の第1実施形態の放熱構造70においては、銅箔60、及び導電性熱伝導部材61は、複数の超音波振動子48に接続される本発明の熱伝導部材であり、本発明の内視鏡構造物である起立台アセンブリ92に接続される絶縁性熱伝導部材62に接続される。
 銅箔60は、導電性熱伝導部材であり、複数の超音波振動子48に接続された熱伝導部材として機能する。好ましくは、銅箔60は、複数の超音波振動子48に直接接続される本発明の第1熱伝導部材、即ち導電性の第1熱伝導部材である。
 銅箔60は、箔形状に限定されるものではなく、メッシュ形状及びシート形状などの、超音波振動子アレイ50及びバッキング材層54の幅方向の側面から十分に熱を伝導できる形状であることが好ましい。
 なお、本発明の熱伝導部材、例えば第1熱伝導部材としては、銅箔60を用いているが、本発明はこれに限定されず、熱伝導性の良い部材であればどのようなものでもよく、例えば、薄い板状体の場合には、アルミニウム箔、金箔、又は銀箔などの金属箔であっても良いし、板金等の金属板、例えば銅板、であっても良いし、更には、薄い板状体でなくとも、後述する導電性熱伝導部材61として用いる部材、例えば金属編組のネット部材、金属メッシュ、同軸ケーブル58の信号線58aより太い芯線を備えるケーブルであっても良い。
 また、図示例では、銅箔60は、複数の超音波振動子48に直接接続されているが、本発明はこれに限定されず、熱伝導ができれば、複数の超音波振動子48に固定された基板、及び/又は放熱板に接続されていても良い。
[0071]
 次に、導電性熱伝導部材61は、銅箔60と共に、複数の超音波振動子48に接続された熱伝導部材として機能する。導電性熱伝導部材61は、好ましくは、一端、即ち先端側の端部が銅箔60に、他端、即ち基端側の端部が絶縁性熱伝導部材62に接続される本発明の第2熱伝導部材、即ち導電性の第2熱伝導部材である。
 なお、導電性熱伝導部材61は、複数の超音波振動子48及びバッキング材層54で発生し、銅箔60に伝導された熱を、絶縁性熱伝導部材62を介して起立台アセンブリ92等の内視鏡構造物に伝導できるものであれば、特に制限的ではなく、熱伝導性を有し、超音波内視鏡12の先端部40の狭いスペースに柔軟に収納可能なものであればどのようなものでも良い。導電性熱伝導部材61としては、熱伝導性を有し、ケーブル挿通孔73のような狭いスペースに柔軟に収納可能なものとする必要があるので、例えば芯線を備えるケーブル等の熱伝導性ケーブル、金属線等の熱伝導性線材、金属ネット部材等の熱伝導性ネット、又は銅箔60の一部を線材として延長した部材などを挙げることができることができる。
[0072]
 このように、導電性熱伝導部材61は、銅箔60と異なる導電性熱伝導部材であっても良いし、銅箔60を延長した部材であっても良い。導電性熱伝導部材61として、銅箔60の延長部材を用いる場合には、本発明の熱伝導部材は、1つの熱伝導部材として機能する。
 導電性熱伝導部材61として、上述の異なる熱伝導部材を用いる場合、熱伝達効率を良くするために、同軸ケーブル58の信号線58aより太い芯線を備えるケーブル、又は信号線58aより太い金属線を使用することが好ましい。
 また、導電性熱伝導部材61として、狭いスペースに収納可能な柔軟性を求める場合には、金属編組のネット部材を使用することが好ましい。
 なお、銅箔60等の第1熱伝導部材と、導電性熱伝導部材61等の第2熱伝導部材との接続は、熱伝導性を維持できれば、いかなる接続方法であっても良く、例えば、半田接続、又は熱伝導性の弱接着材による接続などでも良い。
 ここで、本発明の熱伝導部材、例えば銅箔60等の第1熱伝導部材、及び導電性熱伝導部材61等の第2熱伝導部材の熱伝導率は、0.5W/mK以上であることが好ましい。その理由は、これらの熱伝導部材の熱伝導率が0.5W/mK未満であると、複数の超音波振動子48及びバッキング材層54で発生した熱を本発明の内視鏡構造物である起立台アセンブリ92に効率よく放熱することができず、超音波振動子ユニット46の表面温度を上昇させ、体腔表面に低温火傷等を生じさせる虞があるからである。
[0073]
 また、絶縁性熱伝導部材62は、基部アセンブリ91の支持部品91aに支持された導電性熱伝導部材61と起立台アセンブリ92の下側表面100aとの間に介在して、導電性熱伝導部材61と起立台アセンブリ92とを熱的に接続すると共に、電気的に絶縁、又は遮断するためのものである。
 絶縁性熱伝導部材62としては、導電性熱伝導部材61と起立台アセンブリ92とを熱的に接続すると共に、電気的に絶縁、又は遮断できれば、どのようなものを用いても良い。絶縁性熱伝導部材としては、例えば、放熱シリコンゴム、又は放熱シート等を用いることができ、更に、熱伝導性があれば、セラミック部材、放熱性パッド、もしくは、DLC(Diamond-like Carbon:ダイヤモンドライクカーボン)コート、又はパラフィンコート等の絶縁コートを用いても良い。
 ここで、絶縁性熱伝導部材62の耐電圧は、1.5kV以上であることが好ましい。その理由は、絶縁性熱伝導部材62の耐電圧が1.5kV未満であると、絶縁性熱伝導部材62によって導電性熱伝導部材61と内視鏡構造物である起立台アセンブリ92とを電気的に絶縁、又は遮断できず、仮に、高周波処置具などの使用により内視鏡構造物である起立台アセンブリ92に漏電が生じた時に、導電性熱伝導部材61、及び銅箔60を介して、超音波振動子ユニット46の表面に漏電させ、体腔表面に電気ショックなどの負担を与えたり、ショートして低温火傷等を生じさせる虞があるからである。
 加えて、超音波振動子48は高電圧で駆動されており、これが起立台アセンブリ92に漏電することを防ぐ目的もあるからである。
[0074]
 また、絶縁性熱伝導部材62の熱伝導率は、0.5W/mK以上であることが好ましい。その理由は、絶縁性熱伝導部材62は、銅箔60及び導電性熱伝導部材61と同様に、複数の超音波振動子48及びバッキング材層54で発生した熱を本発明の内視鏡構造物である起立台アセンブリ92に伝導する必要があるため、導電性熱伝導部材61の場合と同様の理由があるからである。
 また、絶縁性熱伝導部材62の厚みは、3mm以下であることが好ましい。絶縁性熱伝導部材62が、銅箔60及び導電性熱伝導部材61と同様の熱伝導率を有していれば、絶縁性熱伝導部材62の厚みは、特に制限的ではないが、一般に、絶縁性熱伝導部材62の方が、銅箔60及び導電性熱伝導部材61等より、熱伝導率が低いため、その場合には、その厚みが3mm超だと熱伝導が悪くなる虞があるからであり、また、絶縁性熱伝導部材62の厚みが3mm超であると、内視鏡観察部38のサイズが必要以上に増大するからである。
[0075]
 また、内視鏡観察部38の鉗子パイプ等のその他の種々の内視鏡構造物に対して露出している導電性熱伝導部材61の露出部分、図示例では折り返し部分を絶縁被覆する絶縁被覆部材63は、絶縁性熱伝導部材62と同様に、導電性熱伝導部材61と内視鏡構造物との導通を絶縁、又は遮断できれば、特に制限的ではなく、従来公知の絶縁被覆部材を用いることができるが、例えば、樹脂製部材、又はセラミック製部材でもよいし、もしくは、シール材、熱収縮チューブ、絶縁性の薄膜、又は絶縁性コート等でもあっても良い。
[0076]
 以上のような超音波内視鏡12によって体腔内を観察する際には、まず、挿入部22を体腔内に挿入し、内視鏡観察部38において取得された内視鏡光学画像をモニタ20で観察しながら、観察対象部位を探索する。
 次いで、観察対象部位に先端部40が到達し、超音波断層画像を取得する指示がなされると、超音波用プロセッサ装置14から超音波内視鏡12内の同軸ケーブル58、ケーブル配線部56、及び電極部52を介して駆動制御信号が超音波振動子48に入力される。駆動制御信号が入力されると、超音波振動子48の両電極に規定の電圧が印加される。そして、超音波振動子48の圧電体が励振され、音響レンズ66を介して、観察対象部位に超音波が発せられる。
 なお、この時、先端部40の超音波振動子48及びバッキング材層54は発熱するが、発生した熱は、放熱構造70を構成する銅箔60に効率的に伝導され、銅箔60を伝導した熱は、銅箔60に接続された導電性熱伝導部材61、及び絶縁性熱伝導部材62を介して、内視鏡構造物である起立台アセンブリ92に効率的に伝導され、起立台アセンブリ92から挿入部22の湾曲部42及び軟性部44を経て操作部24に伝導され、被検体の体腔の外部に効率的に放熱されるので、超音波内視鏡12の先端部40の温度上昇は抑制されるので、先端部40が接触する体腔表面に低温火傷等の損傷を与えることがない。また、導電性熱伝導部材61と起立台アセンブリ92との間には絶縁性熱伝導部材62が、また、導電性熱伝導部材61と他の内視鏡構造物との間には絶縁被覆部材63が、介在しているので、仮に、起立台アセンブリ92及び/又は鉗子パイプなどの他の内視鏡構造物に漏れ電流が発生しても、先端部40に流下することは無いので、被検体に電気的な負荷による負担を与えることはない。
[0077]
 以上のようにして、超音波が照射された後、観察対象部位からのエコー信号が超音波振動子48で受信される。この超音波の照射、及びエコー信号の受信は、駆動する超音波振動子48をマルチプレクサ等の電子スイッチによりずらしながら繰り返し行われる。これにより、観察対象部位に超音波が走査される。超音波用プロセッサ装置14では、エコー信号を受信して超音波振動子48から出力された検出信号を元に、超音波断層画像が生成される。生成された超音波断層画像は、モニタ20に表示される。
 本発明の第1実施形態の超音波内視鏡は、基本的に以上のように構成される。
[0078]
 上述した本発明の第1実施形態の超音波内視鏡は、先端部40の超音波振動子48及びバッキング材層54の発熱を、銅箔60等の第1熱伝導部材、導電性熱伝導部材61等の第2熱伝導部材、及び絶縁性熱伝導部材62を介して、内視鏡構造物である起立台アセンブリ92に逃がすものであるが、本発明はこれに限定されず、他の内視鏡構造物に熱を流すものであっても良いし、他の第2熱伝導部材を用いるものであっても良い。なお、放熱対象となる内視鏡構造物としては、上述した起立台アセンブリ92等の種々の起立台部品のみならず、内視鏡構造物の導電性の構造体であれば、処置具チャンネル90の鉗子パイプ等の鉗子管路部品、又はアングルリング43の先端リング43a等のアングル組立部品の先端側リング部品であっても良いし、他の導電性の構造体であっても良い。
 以下に、図12~図14を参照して、本発明の第2~第4実施形態の超音波内視鏡について説明する。ここで、図12~図14は、図5と同様に、各実施形態の超音波内視鏡の放熱構造を説明するために、放熱構造に関連する部材等を強調して示すものであり、説明に必要な部分のみを強調して記載し、説明に用いない部分は簡略化、又は省略して示す図面である。
 図12~図14に示す本発明の第2~第4実施形態の超音波内視鏡の先端部の超音波観察部、及び内視鏡観察部は、図5に示す放熱構造70、及び放熱構造70のための内視鏡観察部38の変更部分を除いて、図4に示す超音波内視鏡12の先端部40の超音波振動子ユニット46を備える超音波観察部36、及び内視鏡観察部38と同じ構成を有し、また、図1~図4、及び図6~図11に示す超音波内視鏡12と同様の構成を有するものであるので、それらの詳細な説明は省略する。
[0079]
(第2実施形態)
 図12は、本発明の第2実施形態に係る超音波内視鏡の先端部の放熱構造を模式的に示す説明図である。
 本発明の第2実施形態の超音波内視鏡12aの先端部40aの放熱構造70aは、図12に示すように、銅箔60、導電性熱伝導部材61a、及び絶縁性熱伝導部材62aからなるが、更に、絶縁被覆部材63aを備えていることが好ましい。
 導電性熱伝導部材61aは、銅箔60と、絶縁性熱伝導部材62aとを熱的に接続する。導電性熱伝導部材61aの一端、即ち先端側の端部は、図5に示す放熱構造70と同様に、銅箔60に接続される。導電性熱伝導部材61aの他端、即ち基端側の端部は、銅箔60との接続部である先端側の端部から、内視鏡観察部38aのケーブル挿通孔73内を通って内視鏡観察部38aの基端側に延在し、ケーブル挿通孔73の下壁面の開口73bを通って折り曲げられて内視鏡観察部38aと湾曲部42の連結部116に固定されている先端リング43aの内側、内周面上まで延長され、内視鏡構造物であるアングルリング43の先端リング43aの内周面に配置された絶縁性熱伝導部材62aを介して先端リング43aの内周面上に配置される。
 なお、導電性熱伝導部材61aの基端側の端部の屈曲部分は、ケーブル挿通孔73の開口73bによって開放されているので、内視鏡観察部38aのその他の種々の内視鏡構造物、例えば処置具チャンネル90を構成するSUS(ステンレス)製の鉗子パイプ等に対して露出している露出部分となっている。このため、本発明においては、図12に示すように、導電性熱伝導部材61aの露出部分は、絶縁被覆部材63aで被覆されていることが好ましく、こうして、鉗子パイプ等の内視鏡構造物との導通を絶縁、又は遮断しておくことが好ましい。
[0080]
 放熱構造70aにおいては、導電性熱伝導部材61aと、内視鏡構造物である先端リング43aとで、その間に絶縁性熱伝導部材62aを挟み込む構成を有する。この時、導電性熱伝導部材61aを、C形状のリング状板バネで押さえつけるようにしても良い。こうすることで、絶縁性熱伝導部材62を先端リング43aの内周面上に着脱自在に配置でき、修理性が向上する。
 こうして、導電性熱伝導部材61aは、絶縁性熱伝導部材62aを介して先端リング43aに熱的に接続されるが、電気的には絶縁、又は遮断される。その結果、銅箔60は、導電性熱伝導部材61a、及び絶縁性熱伝導部材62aを介して、先端リング43aに熱的に接続されるが、電気的には絶縁、又は遮断される。
 したがって、先端部40aの超音波振動子48及びバッキング材層54の発熱を、銅箔60等の第1熱伝導部材、導電性熱伝導部材61a等の第2熱伝導部材、及び絶縁性熱伝導部材62aを介して、内視鏡構造物であるアングルリング43の先端リング43aに伝導し、図2に示すように、その熱を更に、先端リング43aから湾曲部42の複数のアングルリング43の基端側に伝導し、軟性部44を経て操作部24から外部に放熱することができる。
[0081]
 なお、導電性熱伝導部材61a、絶縁性熱伝導部材62a、及び絶縁被覆部材63aは、それぞれ図5に示す導電性熱伝導部材61、絶縁性熱伝導部材62、及び絶縁被覆部材63と、配置される場所、及びそのために形状が異なる以外は、全く同様の機能及び構成を有するものであるので、その説明は省略する。
 なお、図12示す例では、絶縁性熱伝導部材62aを先端リング43aの内周面上に配置し、導電性熱伝導部材61aと先端リング43aとで挟み込む構成としたが、本発明はこれに限定されず、絶縁性熱伝導部材62aを先端リング43aの外側、外周面上に配置し、その上から導電性熱伝導部材61aを被せ、導電性熱伝導部材61aと先端リング43aとで挟み込む構成としても良い。この場合にも、導電性熱伝導部材61aを、外側からC形状のリング状板バネ押さえつけるようにして、絶縁性熱伝導部材62aを先端リング43aの内周面上に着脱自在に配置できるようにして、修理性を向上させるようにしても良い。
[0082]
(第3実施形態)
 図13は、本発明の第3実施形態に係る超音波内視鏡の先端部の放熱構造を模式的に示す説明図である。
 本発明の第3実施形態の超音波内視鏡12bの先端部40bの放熱構造70bは、図13に示すように、銅箔60、導電性熱伝導部材61b、及び絶縁性熱伝導部材62bからなる。
 本実施形態の放熱構造70bにおいては、ケーブル挿通孔73と起立台アセンブリ92の基台部96の底面(下面)96aとを仕切る壁の厚みを薄くした部分が、絶縁性熱伝導部材62bとして、機能する。即ち、絶縁性熱伝導部材62bとして機能するのは、内視鏡構造物である起立台アセンブリ92の基台部96の底面96aに当接するケーブル挿通孔73の厚みの薄い壁、即ち薄壁部分73cである。
[0083]
 導電性熱伝導部材61bは、銅箔60と、絶縁性熱伝導部材62bとなるケーブル挿通孔73の薄壁部分73cとを熱的に接続する。導電性熱伝導部材61bの一端、即ち先端側の端部は、図5に示す放熱構造70と同様に、銅箔60に接続される。導電性熱伝導部材61bの他端、即ち基端側の端部は、銅箔60との接続部である先端側の端部から、内視鏡観察部38bのケーブル挿通孔73内を通って内視鏡観察部38bの基端側に延在し、ケーブル挿通孔73の薄壁部分73cに接続される。
 その結果、本実施形態の放熱構造70bにおいては、導電性熱伝導部材61bと、内視鏡構造物である起立台アセンブリ92の基台部96とで、その間に絶縁性熱伝導部材62bとなる薄壁部分73cを挟み込む構成を有する。
 本実施形態においては絶縁性熱伝導部材62bとして機能するケーブル挿通孔73の薄壁部分73cの壁の厚みは、3mm以下である必要があるが、1mm以下であることが望ましい。
[0084]
 こうして、導電性熱伝導部材61bは、絶縁性熱伝導部材62bとなる薄壁部分73cを介して起立台アセンブリ92に熱的に接続されるが、内視鏡構造物に対して開放されていないので、内視鏡構造物から電気的には絶縁、又は遮断される。その結果、銅箔60は、導電性熱伝導部材61b、及び絶縁性熱伝導部材62bとなる薄壁部分73cを介して、起立台アセンブリ92に熱的に接続されるが、電気的には絶縁、又は遮断される。
 したがって、先端部40bの超音波振動子48及びバッキング材層54の発熱を、銅箔60等の第1熱伝導部材、導電性熱伝導部材61b等の第2熱伝導部材、及び絶縁性熱伝導部材62bとして機能する薄壁部分73cを介して、内視鏡構造物である起立台アセンブリ92に伝導し、第1実施形態の放熱構造70と同様に、図10に示す内視鏡構造物であるレバー操作ワイヤ110に伝導し、及び/又は図2に示す湾曲部42の複数のアングルリング43の基端側から更に軟性部44に伝導し、操作部24から外部に放熱することができる。
 なお、導電性熱伝導部材61bは、それぞれ図5に示す導電性熱伝導部材61と、配置される場所が異なるために、形状が異なる以外は、全く同様の機能及び構成を有するものであるので、その説明は省略する。
[0085]
(第4実施形態)
 図14は、本発明の第4実施形態に係る超音波内視鏡の先端部の放熱構造を模式的に示す説明図である。
 本発明の第4実施形態の超音波内視鏡12cの先端部40cの放熱構造70cは、図14に示すように、上述した様に、銅箔60、導電性熱伝導部材61c、及び絶縁性熱伝導部材として機能する、即ち熱伝導性の高いセラミック製ネジ62cからなる。
 導電性熱伝導部材61cは、銅箔60と、セラミック製ネジ62cとを熱的に接続する。導電性熱伝導部材61cの一端、即ち先端側の端部は、図5に示す放熱構造70と同様に、銅箔60に接続される。導電性熱伝導部材61cの他端、即ち基端側の端部は、銅箔60との接続部である先端側の端部から、内視鏡観察部38cのケーブル挿通孔73内を通って内視鏡観察部38cの基端側に延在する。
 このようにケーブル挿通孔73内を延在する導電性熱伝導部材61cには、ネジ62cを挿通する挿通孔が穿孔されており、導電性熱伝導部材61cの挿通孔に対応してケーブル挿通孔73の壁には対応挿通孔が、ケーブル挿通孔73に隣接する起立台アセンブリ92の基台部96にはネジ孔が形成されている。セラミック製ネジ62cは、導電性熱伝導部材61cの挿通孔に嵌めこまれ、ケーブル挿通孔73の壁の対応挿通孔を通って、起立台アセンブリ92の基台部96のネジ孔に螺合されて締め付けられる。こうして、ネジ62cの先端部は、内視鏡構造物の導電性の構造体である起立台アセンブリ92の基台部96に当接する。
[0086]
 導電性熱伝導部材61cは、セラミック製ネジ62cによって、ケーブル挿通孔73の壁を挟んで起立台アセンブリ92の基台部96に固定されて接続される。なお、ネジ62cは、起立台アセンブリ92に対して着脱自在であるので、放熱構造70cは、修理性が高い。
 こうして、導電性熱伝導部材61cは、セラミック製ネジ62cを介して起立台アセンブリ92に熱的に接続されるが、内視鏡構造物に対して開放されていないので、内視鏡構造物から電気的には絶縁、又は遮断される。その結果、銅箔60は、導電性熱伝導部材61a、及びセラミック製ネジ62cを介して、起立台アセンブリ92に熱的に接続されるが、電気的には絶縁、又は遮断される。
 したがって、先端部40cの超音波振動子48及びバッキング材層54の発熱を、銅箔60等の第1熱伝導部材、導電性熱伝導部材61c等の第2熱伝導部材、及び絶縁性熱伝導部材として機能するセラミック製ネジ62cを介して、内視鏡構造物である起立台アセンブリ92に伝導し、第1実施形態の放熱構造70と同様に、湾曲部42から軟性部44に伝導し、操作部24から外部に放熱することができる。ネジ62cの取付性をよくするため、ネジ62cを挿入するためのアクセス孔が基部アセンブリ91の外周面に設けられていて、ネジ接続後にアクセス孔をシール材や蓋状部材で塞ぐ構造にしてもよい。
 なお、導電性熱伝導部材61c、及び絶縁性熱伝導部材として機能するセラミック製ネジ62cは、それぞれ図5に示す導電性熱伝導部材61、及び絶縁性熱伝導部材62と、配置される場所、及びそのために形状が異なる以外は、全く同様の機能及び構成を有するものであるので、その説明は省略する。
[0087]
 上述した本発明の第1~第4実施形態の先端部に放熱構造を備える超音波内視鏡は、いずれも内視鏡観察部の処置具導出部に起立台を備えるコンベックス型超音波内視鏡であるが、本発明はこれに限定されず、起立台を備えていない内視鏡観察部を有する先端部に放熱構造を備えるコンベックス型超音波内視鏡であっても良い。
 以下に、図15~図18を参照して、本発明の第5~第6実施形態の超音波内視鏡について説明する。
 図15~図18に示す本発明の第5~第6実施形態の超音波内視鏡の先端部の超音波観察部、及び内視鏡観察部は、内視鏡観察部に起立台を備えていない点、及び図5に示す放熱構造70、及び放熱構造70のための内視鏡観察部38の変更部分を除いて、図4に示す超音波内視鏡12の先端部40の超音波振動子ユニット46を備える超音波観察部36、及び内視鏡観察部38と同じ構成を有し、また、図15~図18に示す本発明の第5~第6実施形態の超音波内視鏡のその他の構成は、図1~図4、及び図6~図11に示す超音波内視鏡12と同様の構成であるので、それらの詳細な説明は省略する。なお、図16~図18は、図5と同様に、各実施形態の超音波内視鏡の放熱構造を説明するために、放熱構造に関連する部材等を強調して示すものであり、説明に必要な部分のみを強調して記載し、説明に用いない部分は簡略化、又は省略して示す図面である。
[0088]
(第5実施形態)
 図15は、本実施形態の超音波内視鏡の先端部及びその近傍を示す部分拡大平面図である。図16は、図15に示す超音波内視鏡の先端部をその長手方向に沿った中心線で切断した模式的縦断面図である。図17は、図15に示す超音波内視鏡の先端部の放熱構造の一例の模式的縦断面図である。
 まず、図15~図17に示すように、本発明の超音波内視鏡12dは、本発明の特徴とする放熱構造70dを備える超音波観察部36と、内視鏡観察部38dとを先端部40dに有し、被検体の体腔内を撮影して、それぞれ超音波画像及び内視鏡画像を取得するものである。
 図15及び図16に示す超音波内視鏡12dの先端部40dには、先端側に超音波観察部36と、基端側に内視鏡観察部38dと、これらの間に処置具導出口88aとが設けられており、共に超音波内視鏡12dの先端部40dの先端部本体となる、硬質樹脂等の硬質部材からなる外装部材41に取り付けられて保持されている。
 図15及び図16に示す例では、処置具導出口88aは、超音波観察部36と内視鏡観察部38dとの間に設けられているが、本発明は特に図示例に限定されず、内視鏡観察部38d内に設けられていても良いし、内視鏡観察部38dよりも基端側(湾曲部42側)に設けられていても良い。
[0089]
 超音波観察部36は、複数の超音波振動子48がアレイ状に配列された超音波振動子アレイ50を備える超音波振動子ユニット46、及び超音波振動子ユニット46を取り付けて保持する外装部材41から構成される。
 図16及び図17に示すように、超音波振動子ユニット46は、複数の超音波振動子48からなる超音波振動子アレイ50と、複数の個別電極52aを備える電極部52と、複数の接続部56aを備えるケーブル配線部56と、グランドバー57と、銅箔60aと、を有する。
 図17に示すように、銅箔60aは、複数の超音波振動子48に接続される熱伝導部材であって、本実施形態の放熱構造70dを構成するものである。銅箔60aは、図5に示す銅箔60と同様に、複数の超音波振動子48及びバッキング材層54の片面前面、又は両外側面全面に貼り付けられ、超音波振動子アレイ50と逆側のバッキング材層54の下側を経て内視鏡観察部38まで延在する。銅箔60aは、複数の超音波振動子48をシールドすると共に、複数の超音波振動子48及びバッキング材層54において発生した熱を逃がす役目を果たす。
[0090]
 また、図15~図17に示すように、内視鏡観察部38dは、観察窓78、照明窓80(80a、80b)、及び洗浄(送気送水)ノズル82等と、観察窓78の内側に配設される対物レンズ120、固体撮像素子122、及び配線ケーブル124等とから構成される。
 本発明の第1実施形態と同様に、観察窓78から入射した観察対象部位の反射光は、対物レンズ120でCCD、又はCMOS等の固体撮像素子122の撮像面に結像される。固体撮像素子122は、観察窓78、及び対物レンズ120を透過して撮像面に結像された観察対象部位の反射光を光電変換して、撮像信号を出力する。固体撮像素子122で出力された撮像画像信号は、挿入部22から操作部24まで延設された配線ケーブル124を経由して、ユニバーサルコード26により内視鏡用プロセッサ装置16に伝送される。内視鏡用プロセッサ装置16は、伝送された撮像信号に対して、各種信号処理、及び画像処理を施し、内視鏡光学画像としてモニタ20に表示する。
[0091]
 本発明の第5実施形態の超音波内視鏡12dの放熱構造70dは、図17に示すように、銅箔60a、導電性熱伝導部材61d、及び絶縁性熱伝導部材62dからなるが、更に、絶縁被覆部材63dを備えていることが好ましい。
 導電性熱伝導部材61dは、銅箔60aと、絶縁性熱伝導部材62dとを熱的に接続する。導電性熱伝導部材61dの一端、即ち先端側の端部は、図5に示す放熱構造70と同様に、銅箔60aのバッキング材層54の下側まで延びた部分の先端側に接続される。導電性熱伝導部材61dの他端、即ち基端側の端部は、銅箔60aとの接続部である先端側の端部から、内視鏡観察部38dのケーブル挿通孔73を通って内視鏡観察部38dの基端側に向い、処置具チャンネル(鉗子管路)90aを構成する、内視鏡構造物である鉗子管路部品である鉗子パイプ126の外側、外周面上まで延長され、鉗子パイプ126の外周面に配置された絶縁性熱伝導部材62dを介して鉗子パイプ126の外周面上に配置される。
 なお、鉗子パイプ126の外周面に配置された導電性熱伝導部材61dの基端側の端部は、内視鏡観察部38dのその他の種々の内視鏡構造物に対して露出している露出部分となっている。このため、本発明においては、図17に示すように、導電性熱伝導部材61dの露出部分は、絶縁被覆部材63d、例えば糸巻チューブ、又は熱収縮チューブ等で被覆されていることが好ましく、こうして、他の内視鏡構造物との導通を絶縁、又は遮断しておくことが好ましい。
[0092]
 本実施形態の放熱構造70dにおいては、鉗子パイプ126の周囲、即ち外周面に絶縁性熱伝導部材62dを巻き付け、その上から導電性熱伝導部材61dを巻き付け、更にその上から糸巻チューブ、又は熱収縮チューブ等で挟み込んで押さ付ける構成を有する。こうすることで、絶縁性熱伝導部材62dを鉗子パイプ126の外周面上に着脱自在に配置でき、修理性を向上させることができる。
 こうして、導電性熱伝導部材61dは、絶縁性熱伝導部材62dを介して鉗子パイプ126に熱的に接続されるが、電気的には絶縁、又は遮断される。その結果、銅箔60aは、導電性熱伝導部材61d、及び絶縁性熱伝導部材62dを介して、鉗子パイプ126に熱的に接続されるが、電気的には絶縁、又は遮断される。
 したがって、先端部40dの超音波振動子48及びバッキング材層54の発熱を、銅箔60a等の第1熱伝導部材、導電性熱伝導部材61d等の第2熱伝導部材、及び絶縁性熱伝導部材62dを介して、内視鏡構造物である鉗子パイプ126に伝導し、その熱を操作部24の処置具挿入口30から外部に放熱することができる。
[0093]
 なお、本実施形態においては、図18に示すように、絶縁性熱伝導部材62dとして、鉗子パイプ126の外周面にDLCコーティング等の絶縁性コーティングを施して形成された絶縁性コーティング層128を用いることも好ましい。なお、絶縁性コーティング層128としては、本発明に用いられる絶縁性熱伝導部材として要件、例えば耐電圧、厚み、及び熱伝導率等を満足するものであれば、どのようなものでも良い。このように、絶縁性コーティング層128を用いる場合には、導電性熱伝導部材61dが被覆された鉗子パイプ126の周囲に、導電性熱伝導部材61dを容易に巻きつけることができる。
 また、図17及び図18に示す放熱構造70dにおいては、放熱構造70dが放熱する内視鏡構造物を、鉗子パイプ126としているが、本実施形態においてはこれに限定されず、図12に示すように、内視鏡構造物である湾曲部42のアングルリング43の先端リング43aとしても良い。この場合には、放熱構造70dの導電性熱伝導部材61d、絶縁性熱伝導部材62d、及び絶縁被覆部材63dを、図12に示す放熱構造70aの導電性熱伝導部材61a、絶縁性熱伝導部材62a、及び絶縁被覆部材63aのように配置すればよい。
 なお、図17に示す銅箔60a、導電性熱伝導部材61d、絶縁性コーティング層128等の絶縁性熱伝導部材62d、及び絶縁被覆部材63dは、それぞれ図5に示す銅箔60、導電性熱伝導部材61、絶縁性熱伝導部材62、及び絶縁被覆部材63と、配置される場所、及びそのために形状が異なる以外は、全く同様の機能及び構成を有するものであるので、その説明は省略する。
[0094]
 上述した本発明の第1~第5実施形態の先端部に放熱構造を備える超音波内視鏡は、いずれもコンベックス型の超音波探触子を有するコンベックス型超音波内視鏡であるが、本発明はこれに限定されず、先端部に放熱構造を備えるラジアル型の超音波探触子に有するラジアル型超音波内視鏡であっても良い。
(第6実施形態)
 図19は、本実施形態の超音波内視鏡の挿入部の先端部を模式的に示す部分拡大平面図である。また、図20は、図19に示すX-X線矢視図であり、図19に示す超音波内視鏡の挿入部の先端部の部分縦断面図である。
 なお、図19及び図20に示す第6実施形態の超音波内視鏡130は、図1に示す第1実施形態の超音波内視鏡12と、先端部40以外は、同様の構成を有し、また、図15、及び図16に示す第5実施形態の超音波内視鏡12dと、コンベックス型の超音波観察部36及び内視鏡観察部38dを備える先端部40dの代わりに、ラジアル型の超音波観察部134及び内視鏡観察部136を備える先端部132を有している点で異なる以外は、同様の構成を有するものであるので、同一の構成要素には同一参照の符号を付し、詳細な説明は省略する。
[0095]
 図19及び図20に示すように、本実施形態の超音波内視鏡130は、ラジアル型の超音波観察部134及び内視鏡観察部136超音波探触子を備える先端部132を有し、被検体の体腔内を撮影して、それぞれ超音波画像(エコー信号)及び内視鏡画像(画像信号)を取得するものである。超音波内視鏡130は、先端部132に加え、図19及び図20には図示しないが、図1に示す超音波内視鏡12と同様に、湾曲部(42)及び軟性部(44)を備える挿入部(22)、操作部(24)、並びにユニバーサルコード(26)を有する。
 ここで、図19及び図20に示す例においては、超音波観察部134は、内視鏡観察部136よりも超音波内視鏡130の先端側に配設されるが、本発明はこれに限定されず、内視鏡観察部136が超音波観察部134より先端側にあっても良いし、内視鏡観察部136の一部の構成部品が超音波観察部134より先端側にあっても良い。
[0096]
 また、本実施形態の超音波内視鏡130の内視鏡観察部136は、処置具導出口(鉗子出口ともいう)140、観察窓142、照明窓144、及び洗浄ノズル146等を有し、観察窓142の内側には、図示しないが、対物レンズ、固体撮像素子、及び配線ケーブルを有している。
 なお、処置具導出口140は、処置具を導出させる開口であり、処置具挿入口30(図1参照)に連通する処置具チャンネル(鉗子管路)148の出口開口である。
 図19及び図20に示す超音波内視鏡130では、処置具導出口140は、超音波観察部134よりも基端側の内視鏡観察部136に設けられているが、本発明はこれに限定されず、超音波観察部134よりも基端側にあれば、超音波観察部134と内視鏡観察部136との間にあっても良い。また、本実施形態の超音波内視鏡130は、図2~図5、及び図9~図11に示す第1実施形態の超音波内視鏡12と同様、鉗子、穿刺針及び高周波メスなどの処置具を処置具導出口140から導出する処置具導出機構を備えていても良い。
 なお、処置具導出口140、観察窓142、照明窓144、洗浄ノズル146、並びに図示しない対物レンズ、固体撮像素子、及び配線ケーブルは、図16に示す処置具導出口88a、観察窓78、照明窓80、洗浄ノズル82、並びに図示しない対物レンズ120、固体撮像素子122、及び配線ケーブル124と同様の構成を有するものであるので、その説明は省略する。
[0097]
 図19及び図20に示すように、本実施形態の超音波観察部134は、超音波振動子ユニット138と、超音波振動子ユニット138を取り付けて保持する円筒状の外装部材150と、超音波振動子ユニット138に配線されるシールドケーブル72の複数本の同軸ケーブル58と、から構成されるものである。
 図20に示すように、超音波振動子ユニット138は、複数の超音波振動子152が円筒状に配列された超音波振動子アレイ154と、超音波振動子アレイ154と導通する電極部156と、超音波振動子アレイ154の各超音波振動子152を超音波振動子ユニット138の中心側の面(超音波振動子152の内側の面)側から支持するバッキング材層158と、超音波振動子アレイ154に対してバッキング材層158の逆側(超音波振動子アレイ154の外側)に積層された音響整合層160と、音響整合層160に対して超音波振動子アレイ154の逆側(音響整合層160の外側)に積層された音響レンズ162と、を有する。以上のように、超音波振動子ユニット138は、音響レンズ162、音響整合層160、超音波振動子アレイ154及びバッキング材層158からなる積層体164を有する。
[0098]
 ここで、電極部156は、超音波振動子アレイ154の複数の超音波振動子152の各個別電極156aと、複数の超音波振動子152に共通な共通電極156bとを備える。
 また、バッキング材層158は、中心側に配設されるフランジ166aを持つ円筒状部材166によって支持されている。円筒状部材166には、積層体164の基端側の端部近傍において、円筒状部材166の内外を貫通する1以上のスリット166bが開けられている。
 なお、本実施形態の超音波振動子152、超音波振動子アレイ154、電極部156、バッキング材層158、音響整合層160、音響レンズ162、及び積層体164は、円筒形状に形成されており、図1~図4に示す第1実施形態の超音波振動子48、超音波振動子アレイ50、電極部52、バッキング材層54、音響整合層64、音響レンズ66、及び積層体68と、形状的には異なるが、その構成、及び機能は同様であるので、その説明を省略する。
[0099]
 また、超音波振動子ユニット138は、更に、電極部156の複数の個別電極156aに電気的に接続され、複数本の同軸ケーブル58の信号線58aを配線接続する複数の接続部168aを備えるフレキシブル配線基板(FPC)168と、電極部156の共通電極156bに電気的に接続されたグランドバー170と、バッキング材層158の側端面(内視鏡観察部136側の端面)とは逆側、基端側のFPC168表面に貼り付けられる銅箔172と、を有する。
 ここで、FPC168は、円筒形状のバッキング材層158の側端面(内視鏡観察部136側の端面)に配設される。FPC168の一方の端部は、バッキング材層158の側端面に隣接する外周面に沿って配設され、電極部156の複数の個別電極156a、及び共通電極156bに電気的に接続される。FPC168の一方の端部は、バッキング材層158の側端面から延在して円筒状部材166に当接し、円筒状部材166の外周面に沿って内視鏡観察部136側に延在する。
 また、電極部156の複数の個別電極156aに電気的に接続されたFPC168の複数の接続部168aには、複数本の同軸ケーブル58の信号線58aがそれぞれ電気的に接続され、複数の超音波振動子152の各個別電極156aを複数本の同軸ケーブル58の信号線58aにそれぞれ電気的に接続する。
[0100]
 一方、電極部156の共通電極156bに電気的に接続されたFPC168のグランド配線と、グランドバー170との間に、複数本の同軸ケーブル58のシールド部材58cが挟まれる構造となっており、グランドバー170には、複数本の同軸ケーブル58のシールド部材58cがそれぞれ電気的に接続されて、FPC168のグランド配線が電気的に接続される。こうして、複数の超音波振動子152の共通電極156bは、複数本の同軸ケーブル58のシールド部材58cにそれぞれ電気的に接続される。
 複数本の同軸ケーブル58、その信号線58a、及びシールド部材が58cは、円筒状部材166の1以上のスリット166bを通り、円筒状部材166の内部から外部に引き出されて、それぞれFPC168の複数の接続部168a、及びグランドバー170に接続される。
 なお、複数本の同軸ケーブル58、それらの信号線58aのFPC168の複数の接続部168aへの接続部、及び複数本の同軸ケーブル58のシールド部材58cのグランドバー170への接続部は、複数本の同軸ケーブル58がばらけたり、接続部が接続不良になることを避けるために充填材で埋めて、円筒状部材166のスリット166b及びその近傍の内部管路166cに充填材層(図示せず)を形成しておくことが好ましい。
[0101]
 図20に示すように、本発明の第6実施形態の超音波内視鏡130の放熱構造174は、銅箔172、導電性熱伝導部材176、及び絶縁性熱伝導部材178からなるが、更に、絶縁被覆部材180を備えていることが好ましい。
 銅箔172は、複数の超音波振動子152に熱的に接続される熱伝導部材であって、本実施形態の放熱構造174を構成するものである。銅箔172は、複数の超音波振動子152が円筒形状に配列された超音波振動子アレイ154、及び円筒形状のバッキング材層158の片面、又は両外側面の位置に相当するFPC168の表面に貼り付けられ、超音波振動子アレイ154と逆側のバッキング材層158に相当する位置から基端側に折り曲げられて円筒状部材166の中心線に平行に内視鏡観察部136まで延在する。銅箔172は、複数の超音波振動子152をシールドすると共に、複数の超音波振動子152及びバッキング材層158において発生した熱を逃がす役目を果たす。
 なお、図示例では、銅箔172は、複数本の同軸ケーブル58のシールド部材58cに接続されたグランドバー170に、即ち、複数本の同軸ケーブル58のシールド部材58cとグランドバー170との接続部に接続されている。なお、本発明はこれに限定されず、銅箔172と、グランドバー170、及び複数本の同軸ケーブル58のシールド部材58cとは接続されていなくてもよい。
[0102]
 導電性熱伝導部材176は、例えば1以上からなり、銅箔172と、絶縁性熱伝導部材178とを熱的に接続する。導電性熱伝導部材176の一端、即ち先端側の端部は、シールド部材58cとグランドバー170との接続部において、バッキング材層158に相当する位置から内視鏡観察部136まで延びた銅箔172の部分の先端側に接続される。導電性熱伝導部材176の他端、即ち基端側の端部は、銅箔172との接続部である先端側の端部から、内視鏡観察部136の円筒状部材166の外部を通ってその中心線に略平行に内視鏡観察部136の基端側に向い、処置具チャンネル(鉗子管路)148を構成する、内視鏡構造物である鉗子管路部品である鉗子パイプ182の外側、外周面上まで延長され、鉗子パイプ182の外周面に配置された絶縁性熱伝導部材178を介して鉗子パイプ182の外周面上に配置される。
 なお、FPC168の複数の接続部168a、及びグランドバー170にそれぞれ接続された信号線58a、及びシールド部材が58cを備える複数本の同軸ケーブル58は、内視鏡観察部136の円筒状部材166のスリット166bを通ってその内部管路166cに入り、内部管路166cにおいてシールドケーブル72として纏められて内部管路166cを通って内視鏡観察部136の基端側に向う。
 ここで、スリット166bは、複数本の同軸ケーブル58、その信号線58a、及びシールド部材が58cを通すことができれば、1つであっても、複数であっても良い。
 ここで、鉗子パイプ182の外周面に配置された導電性熱伝導部材176の基端側の端部は、内視鏡観察部136のその他の種々の内視鏡構造物に対して露出している露出部分となっている。このため、本発明においては、図20に示すように、導電性熱伝導部材176の露出部分は、絶縁被覆部材180、例えば糸巻チューブ、又は熱収縮チューブ等で被覆されていることが好ましく、こうして、他の内視鏡構造物との導通を絶縁、又は遮断しておくことが好ましい。
[0103]
 本実施形態の放熱構造174においても、図17、及び図18に示す放熱構造70dと同様に、鉗子パイプ182の周囲、即ち外周面に絶縁性熱伝導部材178を巻き付け、その上から導電性熱伝導部材176を巻き付け、更にその上から糸巻チューブ、又は熱収縮チューブ等で挟み込んで押え付ける構成を有する。こうすることで、絶縁性熱伝導部材178を鉗子パイプ182の外周面上に着脱自在に配置でき、修理性を向上させることができる。
 こうして、導電性熱伝導部材176は、絶縁性熱伝導部材178を介して鉗子パイプ182に熱的に接続されるが、電気的には絶縁、又は遮断される。その結果、銅箔172は、導電性熱伝導部材176、及び絶縁性熱伝導部材178を介して、鉗子パイプ182に熱的に接続されるが、電気的には絶縁、又は遮断される。
 したがって、先端部132の超音波振動子152及びバッキング材層158の発熱を、銅箔172等の第1熱伝導部材、導電性熱伝導部材176等の第2熱伝導部材、及び絶縁性熱伝導部材178を介して、内視鏡構造物である鉗子パイプ182に伝導し、その熱を操作部24の処置具挿入口30から外部に放熱することができる。
[0104]
 なお、本実施形態においては、図18に示す第5実施形態の場合と同様に、図20に示す絶縁性熱伝導部材178として、鉗子パイプ182の外周面に施されたDLCコーティング等の絶縁性コーティング層を用いることも好ましい。
 また、図20に示す放熱構造174においても、図17に示す放熱構造70dの場合と同様に、図12に示すように、放熱対象となる内視鏡構造物を、湾曲部42のアングルリング43の先端リング43aとしても良い。
 なお、図20に示す銅箔172、導電性熱伝導部材176、絶縁性熱伝導部材178、及び絶縁被覆部材180は、それぞれ図5に示す銅箔60、導電性熱伝導部材61、絶縁性熱伝導部材62、及び絶縁被覆部材63と、配置される場所、及びそのために形状が異なる以外は、全く同様の機能及び構成を有するものであるので、その説明は省略する。
[0105]
 以上、本発明に係る超音波内視鏡について種々の実施形態、及び種々の実施例を挙げて詳細に説明したが、本発明は、以上の例には限定されず、本発明の要旨を逸脱しない範囲において、各種の改良や変形を行ってもよいのはもちろんである。

符号の説明

[0106]
 10…超音波検査システム
 12,12a,12b,12c,12d,130…超音波内視鏡
 14…超音波用プロセッサ装置
 16…内視鏡用プロセッサ装置
 18…光源装置
 20…モニタ
 21a…送水タンク
 21b…吸引ポンプ
 22…挿入部
 24…操作部
 26…ユニバーサルコード
 27…起立操作レバー
 28a…送気送水ボタン
 28b…吸引ボタン
 29…アングルノブ
 30…処置具挿入口(鉗子口)
 32a…超音波用コネクタ
 32b…内視鏡用コネクタ
 32c…光源用コネクタ
 34a…送気送水用チューブ
 34b…吸引用チューブ
 36,134…超音波観察部
 38,38a,38b,38c,38d,136…内視鏡観察部
 40,40a,40b,40c,40d,132…先端部
 41,150…外装部材(先端ケース)
 42…湾曲部
 43…アングルリング
 43a…先端リング
 44…軟性部
 46,138…超音波振動子ユニット
 48,152…超音波振動子
 50,154…超音波振動子アレイ
 52,156…電極部
 52a,156a…個別電極
 52b,156b…共通電極
 54,158…バッキング材層
 56…ケーブル配線部
 56a,168a…接続部
 58…同軸ケーブル
 58a…信号線
 58b…第1絶縁層
 58c…シールド部材
 58d…第2絶縁層
 57,170…グランドバー
 60,60a,172…銅箔
 61,61a,61b,61c,61d,176…導電性熱伝導部材
 62,62a,62b,62c,62d,178…絶縁性熱伝導部材
 63,63a,63d,180…絶縁被覆部材
 64,160…音響整合層
 66,162…音響レンズ
 68,164…積層体
 70、70a、70b、70c、70d,174…放熱構造
 72…シールドケーブル
 72a…外皮
 73…ケーブル挿通孔
 73a、73b…開口
 73c…薄壁部分
 74…充填材層
 76…処置具導出部
 77a,77b…斜面
 78,142…観察窓
 80,80a,80b,144…照明窓
 82,146…洗浄ノズル
 84…起立台
 84a…支持部
 86…起立台収容部
 88,88a,140…処置具導出口(鉗子出口)
 90,90a,148…処置具チャンネル(鉗子管路)
 91…基部アセンブリ
 91a…支持部品
 92…起立台アセンブリ
 93…頭部アセンブリ
 94…駆動機構部
 96…基台部
 96a…底面(下面)
 98…レバー収容部
 98a…収容空間
 98b…側壁部
 100…処置具挿通部
 100a…下側表面
 101…処置具挿通孔
 102…回動軸
 104…起立レバー
 104a…貫通孔
 106…円柱部材
 108…コントロールケーブル
 110…レバー操作ワイヤ
 112…繋ぎ部材
 114…鉗子チューブ
 116…連結部
 116a…中間径部
 116b…小径部
 117a,117b…開口
 118…ネジ孔
 119…ネジ
 120…対物レンズ
 122…固体撮像素子
 124…配線ケーブル
 126,182…鉗子パイプ
 128…絶縁性コーティング層
 166…円筒状部材
 166a…フランジ
 166b…スリット
 166c…内部管路
 168…フレキシブル配線基板(FPC)
 EL…長手方向(エレベーション方向)
 AZ…平行な方向(アジマス方向)

請求の範囲

[請求項1]
 複数の超音波振動子と、
 前記複数の超音波振動子を収容する先端部と、
 前記先端部に収納、又は接続される導電性の内視鏡構造物と、
 前記複数の超音波振動子に接続された熱伝導部材と、
 前記内視鏡構造物と接続された絶縁性熱伝導部材と、を有し、
 前記熱伝導部材と前記絶縁性熱伝導部材とを接続したことを特徴とする超音波内視鏡。
[請求項2]
 前記熱伝導部材は、導電性熱伝導部材であり、
 前記内視鏡構造物は、金属製である請求項1に記載の超音波内視鏡。
[請求項3]
 前記熱伝導部材は、前記複数の超音波振動子に直接接続される第1熱伝導部材と、該第1熱伝導部材と前記絶縁性熱伝導部材とを接続する第2熱伝導部材と、を有する請求項1、又は2に記載の超音波内視鏡。
[請求項4]
 前記絶縁性熱伝導部材は、前記熱伝導部材、又は前記内視鏡構造物に対して着脱自在に接続されている請求項1~3のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項5]
 前記熱伝導部材は、前記内視鏡構造物に対して露出している露出部分を有し、
 該露出部分は、絶縁被覆部材で被覆される請求項1~4のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項6]
 前記絶縁性熱伝導部材の耐電圧は、1.5kV以上である請求項1~5のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項7]
 前記絶縁性熱伝導部材の厚みは、3mm以下である請求項1~6のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項8]
 前記絶縁性熱伝導部材の熱伝導率は、0.5W/mK以上である請求項1~7のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項9]
 前記内視鏡構造物は、起立台部品、鉗子管路部品、又はアングル組立部品の先端側リング部品である請求項1~8のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項10]
 前記起立台部品、及び鉗子管路部品の少なくとも一方は、前記複数の超音波振動子よりも、前記超音波内視鏡の基端側に配置されている請求項9に記載の超音波内視鏡。
[請求項11]
 前記熱伝導部材の熱伝導率は、0.5W/mK以上である請求項1~10のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項12]
 更に、前記複数の超音波振動子にそれぞれ接続される複数の超音波ケーブルと、
 前記先端部に設けられ、前記複数の超音波ケーブルを挿通するケーブル挿通孔と、を有し、
 前記熱伝導部材の一部は、前記ケーブル挿通孔内に配置される請求項1~11のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項13]
 前記熱伝導部材は、前記複数の超音波振動子に直接接続される第1熱伝導部材と、該第1熱伝導部材と前記絶縁性熱伝導部材とを接続する第2熱伝導部材と、を有し、
 前記第2の熱伝導部材は、前記ケーブル挿通孔内に配置される請求項12に記載の超音波内視鏡。
[請求項14]
 前記絶縁性熱伝導部材は、前記内視鏡構造物の導電性の構造体に当接する前記ケーブル挿通孔の壁であり、
 前記壁の厚さは3mm以下である請求項12、又は13に記載の超音波内視鏡。
[請求項15]
 前記絶縁性熱伝導部材は、前記熱伝導部材を前記内視鏡構造物の導電性の構造体に取り付ける熱伝導性のセラミック製のネジであり、
 該ネジの先端部は、前記導電性の構造体に当接する請求項1~13のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項16]
 前記先端部は、絶縁性の外装部材を有し、
 前記内視鏡構造物は、前記外装部材内に収納される、又は接続される請求項1~15のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項17]
 前記複数の超音波振動子は、コンベックス型、又はラジアル型である請求項1~16のいずれか1項に記載の超音波内視鏡。
[請求項18]
 複数の超音波振動子と、
 前記複数の超音波振動子を収容する先端部と、を有する超音波内視鏡であって、
 前記先端部は、
 前記複数の超音波振動子が配列された超音波振動子アレイと、
 前記超音波内視鏡の先端側に前記超音波振動子アレイを収容する先端ケースと、
 前記先端ケース内に設けられ、前記超音波振動子アレイの前記複数の超音波振動子と電気的にそれぞれ接続される複数のケーブルが挿通するケーブル挿通孔と、
 前記先端ケースの、前記超音波内視鏡の基端側に収容される、又は接続される導電性の内視鏡構造物と、
 前記超音波振動子アレイに接続された、前記複数の超音波振動子から発生した熱を放熱する導電性熱伝導部材と、
 前記導電性の内視鏡構造物に当接して配設された絶縁性熱伝導部材と、を有し、
 前記導電性熱伝導部材は、前記超音波内視鏡の基端側に延長され、
 延長された前記導電性熱伝導部材の基端側は、前記絶縁性導電部材と接続されることを特徴とする超音波内視鏡。
[請求項19]
 複数の超音波振動子と、
 前記複数の超音波振動子を収容する先端部と、を有する超音波内視鏡であって、
 前記先端部は、
 前記複数の超音波振動子が配列された超音波振動子アレイと、
 前記超音波内視鏡の先端側に前記超音波振動子アレイを収容する先端ケースと、
 前記先端ケース内に設けられ、前記超音波振動子アレイの前記複数の超音波振動子と電気的にそれぞれ接続される複数のケーブルが挿通するケーブル挿通孔と、
 前記先端ケースの、前記超音波内視鏡の基端側に収容される、又は接続される導電性の内視鏡構造物と、
 前記超音波振動子アレイに接続された、前記複数の超音波振動子から発生した熱を放熱する導電性の第1熱伝導部材と、
 前記導電性の内視鏡構造物に当接して配設された絶縁性熱伝導部材と、
 先端側が前記第1熱伝導部材に接続され、前記先端ケース内を前記超音波内視鏡の基端側に延設するように配設され、基端側を前記絶縁性熱伝導部材に接続する導電性の第2熱伝導部材と、を有することを特徴とする超音波内視鏡。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3]

[ 図 4]

[ 図 5]

[ 図 6]

[ 図 7]

[ 図 8]

[ 図 9]

[ 図 10]

[ 図 11]

[ 図 12]

[ 図 13]

[ 図 14]

[ 図 15]

[ 図 16]

[ 図 17]

[ 図 18]

[ 図 19]

[ 図 20]