Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO2007148694 - PNEUMATIC TIRE

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]

請求の範囲

[1] トレッドに設けられた周方向溝と、前記周方向溝と交差する幅方向溝とによって区 画形成されたブロックと、

前記ブロックのタイヤ幅方向両側の壁面のうち少なくとも一方に設けられ、前記ブロ ックの踏面側力タイヤ径方向内側に向けて周方向幅が増大する凹部と、

を備えることを特徴とする空気入りタイヤ。

[2] 前記凹部のタイヤ径方向最内側の端部と前記踏面との間の長さが、タイヤ幅方向 内側の前記凹部よりもタイヤ幅方向外側の前記凹部で長いことを特徴とする請求項 1 に記載の空気入りタイヤ。

[3] タイヤ幅方向最外側の前記ブロックのタイヤ幅方向外側の壁面にのみ前記凹部を 設けることを特徴とする請求項 1に記載の空気入りタイヤ。

[4] タイヤ径方向内側に向けて、前記凹部の周方向幅の増大する割合が一定でないこ とを特徴とする請求項 1〜3のいずれ力 1項に記載の空気入りタイヤ。

[5] 前記凹部のタイヤ径方向最内側の端部と前記踏面との間の長さを A、前記ブロック の踏面力前記幅方向溝の溝深さの 80%までの範囲にぉ、て、前記ブロックの前記 凹部と前記幅方向溝との間の領域のタイヤ周方向の長さを Bとしたとき、 0. 8<BZ A< 2. 5を満たすことを特徴とする請求項 1〜4のいずれか 1項に記載の空気入りタ ィャ。

[6] タイヤ幅方向断面において、前記凹部の深さが、タイヤ径方向外側とタイヤ径方向 内側とで同じ、又はタイヤ径方向外側よりもタイヤ径方向内側で深、ことを特徴とする 請求項 1〜5のいずれか 1項に記載の空気入りタイヤ。

[7] タイヤ幅方向断面において、前記凹部の少なくとも一部が円弧状であることを特徴 とする請求項 1〜6のいずれ力 1項に記載の空気入りタイヤ。