Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO2007148425 - IMAGE COMPRESSING DEVICE, IMAGE RESTORING DEVICE, AND PROGRAM

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]

請求の範囲

[1 ] 画素毎に画素データを有する画像データを圧縮する画像圧縮装置において

前記画像データ中の連続する複数の画素分の画素データからなる元画素デ ータ群の直交変換を行い、最低周波数側から所定数に制限して、周波数成分 を示す係数を出力する変換部と、

前記変換部が出力する係数毎に、該係数と前に復元された係数との係数差 分値を算出する係数差分値算出部と、

前記係数差分値算出部が前記係数毎に算出する係数差分値を量子化し、該 量子化によって得られる量子化値を出力する係数差分値量子化部と、 前記係数差分値量子化部から前記係数毎に出力された量子化値の逆量子化 を行い、前記係数差分値を出力する逆量子化部と、

前記逆量子化部が前記係数毎に出力する係数差分値と、前記前に復元され た係数とを用いた計算によリ、前記所定数の係数を復元して出力する係数復 元部と、

前記係数復元部が出力する前記所定数の復元された係数を用いた直交逆変 換を行い、前記元画素データ群を復元する逆変換部と、

前記元画素データ群と、前記逆変換部が復元した元画素データ群との画素 差分値を前記画素毎に算出する画素差分値算出部と、

前記係数差分値量子化部が出力する前記量子化値、及び前記画素差分値算 出部が算出する画素差分値を符号化して圧縮データを出力する符号化部と、 を具備することを特徴とする画像圧縮装置。

[2] 前記画素差分値算出部が前記画素毎に算出する画素差分値を量子化し、該 量子化によって得られる量子化値を出力する画素差分値量子化部、を更に具 備し、

前記符号化部は、前記画素差分値量子化部が出力する量子化値を符号化す る、

ことを特徴とする請求項 1記載の画像圧縮装置。

[3] 前記符号化部は、前記画素差分値量子化部が前記画素毎に出力する量子化 値を複数のグループに分け、該グループ単位で符号化する、

ことを特徴とする請求項 2記載の画像圧縮装置。

[4] 請求項 1記載の画像圧縮装置によリ符号化された画像データを復元する装 置であって、

前記圧縮データから、前記係数差分値の量子化値、及び前記画素差分値を 復元する第 1の復元部と、

前記第 1の復元部が復元した量子化値を逆量子化し、前記係数差分値を出 力する逆量子化部と、

前記係数差分値と前に復元された係数を用いた計算を行い、前記係数を復 元する係数計算部と、

前記係数計算部が復元した前記係数を用いて直交逆変換を行い、画素デー タ群を出力する逆変換部と、

前記第 1の復元部が復元した前記画素差分値と、前記逆変換部が出力する 画素データ群とを用いて前記元画素データ群を復元する第 2の復元部と、 を具備することを特徴とする画像復元装置。

[5] 前記画素差分値として該画素差分値の量子化値が符号化されている場合に 、前記第 1の復元部が前記圧縮データから復元する該量子化値を逆量子化し 、該画素差分値を出力する他の逆量子化部、を更に具備し、

前記第 2の復元部は、前記画素差分値の量子化値が符号化されている場合 に、前記他の逆量子化部が出力する該画素差分値を用いて前記元画素データ 群を復元する、

ことを特徴とする請求項 4記載の画像復元装置。

[6] 請求項 1記載の画像圧縮装置として用いることが可能なコンピュータに、 前記画像データ中の連続する複数の画素分の画素データからなる元画素デ ータ群の直交変換を行い、最低周波数側から所定数に制限して、周波数成分 を示す係数を出力する変換機能と、

前記変換機能により出力される係数毎に、該係数と前に復元された係数と の係数差分値を算出する係数差分値算出機能と、

前記係数差分値算出機能により前記係数毎に算出する係数差分値を量子化 し、該量子化によって得られる量子化値を出力する係数差分値量子化機能と

前記係数差分値量子化機能により前記係数毎に出力された量子化値の逆量 子化を行い、前記係数差分値を出力する逆量子化機能と、

前記逆量子化機能によリ前記係数毎に出力する係数差分値と、前記前に復 元された係数とを用いた計算を行い、前記所定数の係数を復元して出力する 係数復元機能と、

前記係数復元機能により出力される前記所定数の復元された係数を用いた 直交逆変換を行い、前記元画素データ群を復元する逆変換機能と、

前記元画素データ群と、前記逆変換機能により復元した元画素データ群と の画素差分値を前記画素毎に算出する画素差分値算出機能と、

前記係数差分値量子化機能により出力される前記量子化値、及び前記画素 差分値算出機能によリ算出する画素差分値を符号化して圧縮データを出力す る符号化機能と、

を実現させるためのプログラム。

請求項 4記載の画像復元装置として用いることが可能なコンピュータに、 前記圧縮データから、前記係数差分値の量子化値、及び前記画素差分値を 復元する第 1の復元機能と、

前記第 1の復元機能により復元した量子化値を逆量子化し、前記係数差分 値を出力する逆量子化機能と、

前記係数差分値と係数記憶部に記憶されている過去に復元された係数を用 いた計算を行い、前記係数を復元する係数計算機能と、

前記係数計算機能により復元した前記係数を用いて直交逆変換を行い、画 素データ群を出力する逆変換機能と、

前記第 1の復元機能により復元した前記画素差分値と、前記逆変換機能に よリ出力する画素データ群とを用いて前記元画素データ群を復元する第 2の 復元機能と、

を実現させるためのプログラム。

[8] 画素毎に画素データを有する画像データを圧縮する画像圧縮装置において

画像を分割するブロック内に存在する複数の画素分の第 1の画素データ群 から、互いに異なる複数の画素データを間引くことにより、複数の第 2の画 素データ群を生成するデータ生成部と、

前記データ生成部が生成した前記第 2の画素データ群毎に直交変換を行い 、最低周波数側から所定数に制限して、周波数成分を示す係数を出力する変 換部と、

前記変換部が出力する係数毎に、該係数と前に復元された係数との係数差 分値を算出する係数差分値算出部と、

前記係数差分値算出部が前記係数毎に算出する係数差分値を量子化し、該 量子化によって得られる量子化値を出力する係数差分値量子化部と、 前記係数差分値量子化部から前記係数毎に出力された量子化値の逆量子化 を行い、前記係数差分値を出力する逆量子化部と、

前記逆量子化部が前記係数毎に出力する係数差分値と、前記前に復元され た係数とを用いた計算によリ、前記所定数の係数を復元して出力する係数復 元部と、

前記係数復元部が出力する前記所定数の復元された係数を用いた直交逆変 換を行い、前記第 2の画素データ群を復元する逆変換部と、

前記第 2の画素データ群と、前記逆変換部が復元した元画素データ群との 画素差分値を前記画素毎に算出する画素差分値算出部と、

前記係数差分値量子化部が出力する前記量子化値、及び前記画素差分値算 出部が算出する画素差分値を符号化して圧縮データを出力する符号化部と、 を具備することを特徴とする画像圧縮装置。

[9] 画素毎に画素データを有する画像データを圧縮する画像圧縮装置において 画像を分割するブロック内に存在する複数の画素分の第 1の画素データ群 から、互いに異なる複数の画素データを間引くことにより、複数の第 2の画 素データ群を生成するデータ生成部と、

前記データ生成部が生成した前記第 2の画素データ群毎に直交変換を用い た符号化を行い、前記第 1の画素データ分の圧縮データを出力する符号化部

を具備することを特徴とする画像圧縮装置。

[10] 前記データ生成部は、前記第 1の画素データ群から前記第 2の画素データ 群を 2つ生成する場合、連続する 2個の画素を異なる第 2の画素データ群に 割リ当てる形で前記 2つの第 2の画素データ群を生成する、

ことを特徴とする請求項 8、または 9記載の画像圧縮装置。

[11 ] 請求項 8記載の画像圧縮装置によリ符号化された画像データを復元する装 置であって、

前記圧縮データから、前記係数差分値の量子化値、及び前記画素差分値を 復元する第 1の復元部と、

前記第 1の復元部が復元した量子化値を逆量子化し、前記係数差分値を出 力する逆量子化部と、

前記係数差分値と前に復元された係数を用いた計算を行い、前記係数を復 元する係数計算部と、

前記係数計算部が復元した前記係数を用いて直交逆変換を行い、画素デー タ群を出力する逆変換部と、

前記第 1の復元部が復元した前記画素差分値と、前記逆変換部が出力する 画素データ群とを用いて前記第 2の画素データ群を復元する第 2の復元部と

前記第 2の復元部が復元した複数の前記第 2の画素データ群から前記第 1 の画素データ群を復元する第 3の復元部と、

を具備することを特徴とする画像復元装置。

[12] 請求項 8記載の画像圧縮装置として用いることが可能なコンピュータに、 画像を分割するブロック内に存在する複数の画素分の第 1の画素データ群 から、互いに異なる複数の画素データを間引くことにより、複数の第 2の画 素データ群を生成するデータ生成機能と、

前記データ生成機能によリ生成した前記第 2の画素データ群毎に直交変換 を行い、最低周波数側から所定数に制限して、周波数成分を示す係数を出力 する変換機能と、

前記変換機能により出力する係数毎に、該係数と前に復元された係数との 係数差分値を算出する係数差分値算出機能と、

前記係数差分値算出機能により前記係数毎に算出する係数差分値を量子化 し、該量子化によって得られる量子化値を出力する係数差分値量子化機能と

前記係数差分値量子化機能により前記係数毎に出力された量子化値の逆量 子化を行い、前記係数差分値を出力する逆量子化機能と、

前記逆量子化機能によリ前記係数毎に出力する係数差分値と、前記前に復 元された係数とを用いた計算によリ、前記所定数の係数を復元して出力する 係数復元機能と、

前記係数復元機能によリ出力する前記所定数の復元された係数を用いた直 交逆変換を行い、前記元画素データ群を復元する逆変換機能と、

前記元画素データ群と、前記逆変換機能により復元した元画素データ群と の画素差分値を前記画素毎に算出する画素差分値算出機能と、

前記係数差分値量子化機能によリ出力する前記量子化値、及び前記画素差 分値算出機能が算出する画素差分値を符号化して圧縮データを出力する符号 化機能と、

を実現させるためのプログラム。

請求項 1 1記載の画像復元装置として用いることが可能なコンピュータに

前記圧縮データから、前記係数差分値の量子化値、及び前記画素差分値を 復元する第 1の復元機能と、

前記第 1の復元機能により復元した量子化値を逆量子化し、前記係数差分 値を出力する逆量子化機能と、

前記係数差分値と前に復元された係数を用いた計算を行い、前記係数を復 元する係数計算機能と、

前記係数計算機能により復元した前記係数を用いて直交逆変換を行い、画 素データ群を出力する逆変換機能と、

前記第 1の復元機能により復元した前記画素差分値と、前記逆変換機能に よリ出力される画素データ群とを用いて前記第 2の画素データ群を復元する 第 2の復元機能と、

前記第 2の復元機能によリ復元した複数の前記第 2の画素データ群から前 記第 1の画素データ群を復元する第 3の復元機能と、

を実現させるためのプログラム。

[14] 画素毎に画素データを有する画像データを圧縮する画像圧縮装置において

前記画像データ中の連続する複数の画素分の画素データからなる元画素デ ータ群に対する複種類の直交変換を行うことが可能な変換部と、

前記複種類の直交変換のなかの一つを選択する変換選択部と、 前記変換選択部によリ選択された種類の直交変換を前記変換部が行うこと で出力される周波数成分を示す係数毎に、該係数と前に復元された係数との 係数差分値を算出する係数差分値算出部と、

前記係数差分値算出部が前記係数毎に算出した係数差分値を量子化し、該 量子化によって得られる量子化値を出力する係数差分値量子化部と、 前記係数差分値量子化部が出力する前記量子化値を符号化して圧縮データ を出力する符号化部と、

を具備することを特徴とする画像圧縮装置。

[15] 前記変換部は、前記直交変換を行い、最低周波数側から所定数に制限して 、前記係数を出力する、

ことを特徴とする請求項 1 4記載の画像圧縮装置。

[16] 前記係数差分値量子化部から前記係数毎に出力された量子化値の逆量子化 を行い、前記係数差分値を出力する逆量子化部と、

前記逆量子化部が前記係数毎に出力する係数差分値と、前記前に復元され た係数とを用いた計算によリ、前記変換部が出力した係数を復元して出力す る係数復元部と、

前記係数復元部が出力する前記係数を用いて、前記変換選択部による選択 に応じた直交逆変換を行い、前記元画素データ群を復元する逆変換部と、 前記元画素データ群と、前記逆変換部が復元した元画素データ群との画素 差分値を前記画素毎に算出する画素差分値算出部と、

前記画素差分値算出部が算出する画素差分値を量子化し、該量子化によつ て得られる量子化値を出力する画素差分値量子化部と、を更に具備し 前記符号化部は、前記画素差分値量子化部が出力する量子化値を符号化し て前記圧縮データを出力する、

ことを特徴とする請求項 1 4記載の画像圧縮装置。

[17] 前記変換選択部は、前記符号化部が出力する圧縮データのデータ量を監視 し、該監視結果に基づいて、前記複種類の直交変換のなかの一つを選択し、 前記符号化部は、前記変換選択部による選択結果を示す選択情報を前記圧 縮データとして出力する、

ことを特徴とする請求項 1 4、または 1 6記載の画像圧縮装置。

[18] 請求項 1 6記載の画像圧縮装置により符号化された画像データを復元する 装置であって、

前記圧縮データから、前記係数差分値の量子化値、及び前記画素差分値を 復元する第 1の復元部と、

前記第 1の復元部が復元した量子化値を逆量子化し、前記係数差分値を出 力する逆量子化部と、

前記係数差分値と前に復元された係数を用いた計算を行い、前記係数を復 元する係数計算部と、

前記係数計算部が復元した前記係数を用いて、該係数を得た直交変換の種 類に対応する直交逆変換を行い、画素データ群を出力する逆変換部と、 前記第 1の復元部が復元した前記画素差分値と、前記逆変換部が出力する 画素データ群とを用いて前記元画素データ群を復元する第 2の復元部と、 を具備することを特徴とする画像復元装置。

[19] 請求項 1 4記載の画像圧縮装置として用いることが可能なコンピュータに

前記画像データ中の連続する複数の画素分の画素データからなる元画素デ ータ群に対する複種類の直交変換を行うことが可能な変換機能と、

前記複種類の直交変換のなかの一つを選択する変換選択機能と、 前記変換選択機能によリ選択された種類の直交変換を前記変換機能によリ 行うことで出力される周波数成分を示す係数毎に、該係数と前に復元された 係数との係数差分値を算出する係数差分値算出機能と、

前記係数差分値算出機能により前記係数毎に算出された係数差分値を量子 化し、該量子化によって得られる量子化値を出力する係数差分値量子化機能

前記係数差分値量子化機能により出力される前記量子化値を符号化して圧 縮データを出力する符号化機能と、

を実現させるためのプログラム。

[20] 請求項 1 8記載の画像復元装置として用いることが可能なコンピュータに

前記圧縮データから、前記係数差分値の量子化値、及び前記画素差分値を 復元する第 1の復元機能と、

前記第 1の復元機能により復元した量子化値を逆量子化し、前記係数差分 値を出力する逆量子化機能と、

前記係数差分値と前に復元された係数を用いた計算を行い、前記係数を復 元する係数計算機能と、

前記係数計算機能によリ復元した前記係数を用いて、該係数を得た直交変 換の種類に対応する直交逆変換を行い、画素データ群を出力する逆変換機能 前記第 1の復元機能により復元した前記画素差分値と、前記逆変換機能に より出力される画素データ群とを用いて前記元画素データ群を復元する第 2 の復元機能と、

を実現させるためのプログラム。