Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO2007145093 - IMAGE DIAGNOSIS SUPPORT DEVICE AND IMAGE DIAGNOSIS SUPPORT PROGRAM

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]

請求の範囲

[1] 被検体の所望の臓器を含む断層像を取得する画像取得手段と、

前記画像取得手段によって取得された断層像力前記所望の臓器における基準 を示す基準領域を抽出する基準領域抽出手段と、

前記画像取得手段によって取得された断層像力前記所望の臓器の領域を示す 臓器領域を抽出する臓器領域抽出手段と、

前記基準領域抽出手段によって抽出された前記基準領域及び前記臓器領域抽出 手段によって抽出された前記臓器領域力前記所望の臓器の形態に関する臓器形 態情報を算出する臓器形態情報算出手段と、

前記臓器形態情報算出手段による前記臓器形態情報の算出結果を表示装置に表 示する表示制御手段と、

を具備することを特徴とする画像診断支援装置。

[2] 前記基準領域抽出手段は、前記断層像に対して閾値処理を行って肋骨領域を抽 出し、前記肋骨領域の端部または端部近傍の点を連結して基準線を抽出し、 前記臓器形態情報算出手段は、前記肋骨領域の端部あるいは端部近傍の点が連 結された前記基準線を基準として胸壁に関する形態情報を算出することを特徴とす る請求項 1に記載の画像診断支援装置。

[3] 前記臓器領域抽出手段は、肺野の重心と前記基準線上の各点とを結ぶ線上にお いて閾値処理を行って胸壁を抽出し、

前記臓器形態情報算出手段は、前記抽出された基準線と前記抽出された胸壁とに 基づいて前記胸壁に関する形態情報を算出することを特徴とする請求項 2に記載の 画像診断支援装置。

[4] 前記臓器領域抽出手段は、前記抽出された基準線を平行移動させた通過領域に おいて閾値処理を行って胸壁を抽出し、

前記臓器形態情報算出手段は、前記抽出された基準線と前記抽出された胸壁とに 基づいて前記胸壁に関する形態情報を算出することを特徴とする請求項 2に記載の 画像診断支援装置。

[5] 前記臓器領域抽出手段は、前記基準線の肺野側法線上にお!、て閾値処理を行つ て胸壁の領域を抽出し、

前記臓器形態情報算出手段は、前記抽出された基準線と前記抽出された胸壁とに 基づいて前記胸壁に関する形態情報を算出することを特徴とする請求項 2に記載の 画像診断支援装置。

[6] 前記胸壁に関する形態情報は、前記胸壁の厚さまたは面積または体積の少なくと もいずれかを含むことを特徴とする請求項 2に記載の画像診断支援装置。

[7] 前記基準領域抽出手段は、補間処理によって前記肋骨領域の端部または端部近 傍の点を連結することによって前記基準線を抽出することを特徴とする請求項 2に記 載の画像診断支援装置。

[8] 前記臓器形態情報算出手段によって算出された前記臓器形態情報が所定条件を 満たさない場合には警告処理を行う警告手段を具備することを特徴とする請求項 1に 記載の画像診断支援装置。

[9] 前記警告手段は、前記表示装置に表示された前記被検体の医用画像上において

、前記臓器形態情報算出手段によって算出された前記臓器形態情報が所定条件を 満たさない領域を異常箇所として識別可能に表示することを特徴とする請求項 8に記 載の画像診断支援装置。

[10] 前記基準領域抽出手段は、前記断層像に対して閾値処理を行って前記基準領域 を抽出することを特徴とする請求項 1に記載の画像診断支援装置。

[11] 前記臓器領域抽出手段は、前記断層像に対して閾値処理を行って前記臓器領域 を抽出することを特徴とする請求項 1に記載の画像診断支援装置。

[12] 前記断層像から前記基準領域を抽出するための閾値は、前記断層像から骨領域 を抽出するための閾値に基づいて設定されることを特徴とする請求項 10に記載の画 像診断支援装置。

[13] 前記断層像から前記臓器領域を抽出するための閾値は、前記断層像から骨領域 を抽出するための閾値に基づいて設定されることを特徴とする請求項 11に記載の画 像診断支援装置。

[14] 前記断層像上にぉ、て前記基準領域または前記臓器領域の少なくとも、ずれかに 属する指定点または指定領域を指定する指定手段を具備し、

前記基準領域抽出手段または前記臓器領域抽出手段の少なくともいずれかは、前 記指定手段によって指定された指定点近傍または指定領域近傍の画素値に基づい て前記基準領域または前記臓器領域の少なくともいずれかを抽出することを特徴と する請求項 1に記載の画像診断支援装置。

被検体の所望の臓器を含む断層像を取得する画像取得ステップと、

前記画像取得手段によって取得された断層像力前記所望の臓器における基準 を示す基準領域を抽出する基準領域抽出ステップと、

前記画像取得手段によって取得された断層像力前記所望の臓器の領域を示す 臓器領域を抽出する臓器領域抽出ステップと、

前記基準領域抽出手段によって抽出された前記基準領域及び前記臓器領域抽出 手段によって抽出された前記臓器領域力前記所望の臓器の形態に関する臓器形 態情報を算出する臓器形態情報算出ステップと、

前記臓器形態情報算出手段による前記臓器形態情報の算出結果を表示装置に表 示する表示制御ステップと、

をコンピュータに実行させることを特徴とする画像診断支援プログラム。