Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO2007141978 - MIXED ANTIBACTERIAL GLASS

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]

O 2007/141978

31

請求の範囲

[1] 銀イオンを放出することによって抗菌効果を発揮する着色抗菌性ガラスと、非抗菌 性ガラスと、を含む混合抗菌性ガラスであって、

前記着色抗菌性ガラスの最大径 (tl)を 3〜 30mmの範囲内の値とし、かつ、配合 成分として、無機系着色剤を含有するとともに、当該無機系着色剤の添加量を、全体 量に対して、 0. 001-0. 5重量%の範囲内の値とすることを特徴とする混合抗菌性 ガラス。

[2] 前記着色抗菌性ガラスが平板状であって、当該着色抗菌性ガラスの厚さ (t2)を 1 〜8mmの範囲内の値とすることを特徴とする請求の範囲の第 1項に記載の混合抗 菌性ガラス。

[3] 前記無機系着色剤が、酸化コパルト、酸化銅、酸ィ匕クロム、酸化-ッケル、酸化マ ンガン、酸化ネオジゥム、酸化エルビウム、及び酸化セリウム力なる群力選択され る少なくとも一つの化合物であって、かつ、前記無機系着色剤の添加量を C1とし、同 様に含まれる酸化銀の添加量を C2としたときに、 C1 C2で表される比率を 0. 01〜 3の範囲内の値とすることを特徴とする請求の範囲の第 1項または第 2項に記載の混 合抗菌性ガラス。

[4] 前記着色抗菌性ガラスにおける銀イオンの溶出量を 0. 01〜1. 0mg/ (g-24Hrs

)の範囲内の値とすることを特徴とする請求の範囲の第 1項〜第 3項のレ、ずれか一項 に記載の混合抗菌性ガラス。

[5] 前記非抗菌性ガラスが、主成分として、ソーダガラスを含むことを特徴とする請求の 範囲の第 1項〜第 4項のいずれか一項に記載の混合抗菌性ガラス。

[6] 前記非抗菌性ガラスの最大径 (t3)を 3〜30mmの範囲内の値とすることを特徴と する請求の範囲の第 1項〜第 5項のいずれか一項に記載の混合抗菌性ガラス。

[7] 前記非抗菌性ガラスの添加量を、前記着色抗菌性ガラス 100重量部に対して、 10

〜3000重量部の範囲内の値とすることを特徴とする請求の範囲の第 1項〜第 6項の

Vヽずれか一項に記載の混合抗菌性ガラス。

[8] 洗濯機を用いた布製品の洗濯に際して、洗濯機の洗濯槽に投入し、布製品および 洗濯槽に対して所定の抗菌性を付与するための混合抗菌性ガラスであって、

O 2007/141978

32

第 1の透水性部材によって、複数の混合抗菌性ガラスの周囲を被覆してあるととも に、透水性の周囲を、第 2の透水性部材によってさらに被覆してなる請求の範囲の第 1項〜第 7項のいずれか一項に記載の混合抗菌性ガラス。

[9] 風呂水を張った風呂の浴槽に投入するとともに、風呂水に浮かべて、風呂水およ ぴ浴槽に対して所定の抗菌性を付与するための混合抗菌性ガラスであって、 形状保持部材によって周囲を被覆してあるとともに、透水性部材によってさらに周 囲を被覆してなる請求の範囲の第 1項〜第 7項のいずれか一項に記載の混合抗菌 性ガラス。

[10] 衛生陶器に備えて、当該衛生陶器に対して、所定の抗菌性を付与するための混合 抗菌性ガラスであって、通水路を備えた容器内に収容してなる請求の範囲の第 1項 〜第 7項の、ずれか一項に記載の混合抗菌性ガラス。