Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. WO2007138686 - RECORDABLE INFORMATION RECORDED MEDIUM, INFORMATION RECORDING DEVICE AND INFORMATION RECORDING METHOD

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

[ JA ]

請求の範囲

[1] ディスク状の基板と、

前記基板上に形成され、記録面を有する記録層と、

情報記録開始位置を情報記録装置に認識させるために、前記記録面の内周領域 に形成され、所定の形状を有する第 1凹部と、

情報記録不能位置が接近していることまたは情報記録不能位置が到来したことを 前記情報記録装置に認識させるために、前記記録面の外周領域に形成され、所定 の形状を有する第 2凹部と、

前記記録面にお!、て前記内周領域と前記外周領域との間に位置する中間領域に 形成され、ゥォブルが形成されて、な、第 1グループとを備えて、ることを特徴とする 情報記録媒体。

[2] 前記第 1凹部は、

前記基板の中心を基準にして螺旋状または同心円状に形成され、ゥォブルが形成 されて!/、な!/、第 2グループと、

前記第 2グループ間に位置する複数のピットとを備えて、ることを特徴とする請求の 範囲第 1項に記載の情報記録媒体。

[3] 前記複数のピットの配列は、前記記録面上のアドレスを示すデータのビット配列に 対応していることを特徴とする請求の範囲第 2項に記載の情報記録媒体。

[4] 前記第 1凹部は、前記基板の中心を基準にして螺旋状または同心円状に形成され た第 2グループを備え、

前記第 2グループにはゥォブルが形成されていることを特徴とする請求の範囲第 1 項に記載の情報記録媒体。

[5] 前記ゥォブルの周波数、振幅または位相は、前記記録面上のアドレスを示すデー タのビット配列に対応して変化していることを特徴とする請求の範囲第 4項に記載の 情報記録媒体。

[6] 前記第 2凹部は、

前記基板の中心を基準にして螺旋状または同心円状に形成され、ゥォブルが形成 されて!/、な!/、第 3グループと、

前記第 3グループ間に位置する複数のピットとを備えていることを特徴とする請求の 範囲第 1項に記載の情報記録媒体。

[7] 前記第 2凹部は、前記基板の中心を基準にして螺旋状または同心円状に形成され た第 3グループを備え、

前記第 3グループにはゥォブルが形成されていることを特徴とする請求の範囲第 1 項に記載の情報記録媒体。

[8] 前記中間領域は、前記記録面上において、前記基板の中心から前記基板の半径 の 2分の 1離れた点を含んでいることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情報記 録媒体。

[9] 前記中間領域の内周縁と前記記録層の内周縁との間の距離は 0.4mm以上 0.7mm 以下であり、

前記中間領域の外周縁と前記記録層の外周縁との間の距離は 0.3mm以上 0.6mm 以下であることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体。

[10] 前記中間領域の内周縁はリードイン領域の先頭と一致することを特徴とする請求の 範囲第 1項に記載の情報記録媒体。

[11] ディスク状の基板と、

前記基板上に形成され、第 1記録面を有する第 1記録層と、

前記第 1記録層上に中間層を介して形成され、第 2記録面を有する第 2記録層と、 前記第 1記録面における情報記録開始位置を情報記録装置に認識させるために、 前記第 1記録面の内周領域に形成され、所定の形状を有する第 1凹部と、

前記第 1記録層における情報記録不能位置が接近して!ヽることまたは情報記録不 能位置が到来したことを前記情報記録装置に認識させるために、前記第 1記録面の 外周領域に形成され、所定の形状を有する第 2凹部と、

前記第 1記録面において前記内周領域と前記外周領域との間に位置する中間領 域に形成され、ゥォブルが形成されてヽな、第 1グループと、

前記第 2記録面における情報記録開始位置を情報記録装置に認識させるために、 前記第 2記録面の外周領域に形成され、所定の形状を有する第 3凹部と、

前記第 2記録層における情報記録不能位置が接近して!/ヽることまたは情報記録不 能位置が到来したことを前記情報記録装置に認識させるために、前記第 2記録面の 内周領域に形成され、所定の形状を有する第 4凹部と、

前記第 2記録面において前記外周領域と前記内周領域との間に位置する中間領 域に形成され、ゥォブルが形成されて、な、第 2グループとを備えて、ることを特徴と する情報記録媒体。

[12] 請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体の記録面に情報を記録する情報記録装 置であって、

前記情報記録媒体から前記第 1凹部を読み取り、当該読み取った第 1凹部に基づ いて前記情報記録開始位置を決定する記録開始位置決定手段と、

前記情報記録媒体の前記第 1グループによる案内に従い、前記記録開始位置決 定手段により決定された前記情報記録開始位置から情報を記録する記録手段と、 前記情報記録媒体から前記第 2凹部を読み取り、当該読み取った第 2凹部に基づ V、て前記情報記録不能位置が接近して!/、るか否かまたは前記情報記録不能位置が 到来した力否かを判断する記録不能判断手段とを備えていることを特徴とする情報 記録装置。

[13] 前記記録手段は、

前記記録面に光ビームを照射する光ピックアップと、

前記光ピックアップを前記情報記録媒体の半径方向に移動させる移動機構と、 前記情報記録媒体を回転させる回転機構と、

前記情報記録媒体の半径方向における前記光ピックアップの位置を検出する位置 検出手段と、

前記回転機構を制御し、前記位置検出手段により検出された前記光ピックアップの 位置に基づいて前記情報記録媒体の回転速度を変化させる回転速度制御手段とを 備えていることを特徴とする請求の範囲第 12項に記載の情報記録装置。

[14] 請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体の記録面に情報を記録する情報記録方 法であって、

前記情報記録媒体から前記第 1凹部を読み取り、当該読み取った第 1凹部に基づ いて前記情報記録開始位置を決定する記録開始位置決定工程と、

前記情報記録媒体の前記第 1グループによる案内に従い、前記記録開始位置決 定工程において決定された前記情報記録開始位置から情報を記録する記録工程と

前記情報記録媒体から前記第 2凹部を読み取り、当該読み取った第 2凹部に基づ V、て前記情報記録不能位置が接近して!/、るか否かまたは前記情報記録不能位置が 到来したカゝ否かを判断する記録不能判断工程とを備えていることを特徴とする情報 記録方法。

[15] 請求の範囲第 14項に記載の情報記録方法をコンピュータに実行させるためのコン ピュータプログラム。

[16] 情報記録装置の情報記録開始位置決定動作を制御し、前記情報記録装置による 情報記録実行時における情報配列の道筋を案内し、かつ前記情報記録装置の情報 記録終了動作を制御する制御構造体であって、

ディスク状の基板と、

前記基板上に形成され、記録面を有する記録層と、

情報の記録開始位置を情報記録装置に認識させるために、前記記録面の内周領 域に形成され、所定の形状を有する第 1凹部と、

情報の記録不能位置が接近していることまたは情報の記録不能位置が到来したこ とを前記情報記録装置に認識させるために、前記記録面の外周領域に形成され、所 定の形状を有する第 2凹部と、

前記記録面にお!、て前記内周領域と前記外周領域との間に位置する中間領域に 形成され、ゥォブルが形成されて、な、グループとを備えて、ることを特徴とする制 御構造体。