Processing

Please wait...

Settings

Settings

1. WO2007010824 - INFORMATION RECORDING MEDIUM, INFORMATION REPRODUCING DEVICE AND METHOD, AND APPARATUS AND METHOD FOR MANUFACTURING INFORMATION RECORDING MEDIUM

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

請求の範囲

[1] レーザ光によって、第 1情報を第 1トラックピッチに基づいて記録又は再生するため の第 1トラックが形成された第 1情報記録エリアと、

前記レーザ光によって、第 2情報を第 1トラックピッチとは異なる第 2トラックピッチに 基づいて記録又は再生するための第 2トラックが形成された第 2情報記録エリアと を少なくとも備え、

前記第 2トラックに、記録マークが予め記録されていることを特徴とする情報記録媒 体。

[2] 前記第 2トラックに、所定の割合に基づいた前記記録マークが予め記録されている ことを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体。

[3] 前記第 2トラックに、(i)前記記録マークの長さと、(ii)前記記録マークが予め記録さ れて、な、間隙であるスペースの長さとの割合に基づ、た前記記録マークが予め記 録されていることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体。

[4] 前記第 2トラックに、(i)前記記録マークにおける光反射率と、(ii)前記記録マークが 予め記録されて、ない間隙であるスペースにおける光反射率との割合に基づヽた前 記記録マークが予め記録されていることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情 報記録媒体。

[5] 前記第 2トラックに、所定振幅のフォーカスエラー信号が得られるように、前記記録 マークが予め記録されていることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情報記録 媒体。

[6] 前記第 1情報記録エリアは、前記第 1情報として、ユーザデータが記録可能であり、 前記第 2情報記録エリアは、前記第 1情報記録エリアよりも内周側に配置され、当該 第 2情報記録エリアにおいては、前記第 2情報として、前記レーザ光の記録特性に関 する管理情報が、第 1トラックピッチより大きな第 2トラックピッチに基づいて予め記録 されていることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体。

[7] 前記第 1トラックピッチは、 0. 32 m)であり、前記第 2トラックピッチは、 0. 35 m)であることを特徴とする請求の範囲第 6項に記載の情報記録媒体。

[8] 前記第 2トラックに、前記記録マークが予め記録されているか否かを示す識別情報( フラグ)が予め記録されていることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情報記録 媒体。

[9] 当該情報記録媒体を判別可能であると共に、トラッキング制御に依存せずに読み 取り可能な判別情報が予め記録された判別情報記録エリア(BCA: Burst Cutting Ar ea)を更に有し、

前記識別情報は、前記判別情報に含まれることを特徴とする請求の範囲第 8項に 記載の情報記録媒体。

[10] 前記第 1情報記録エリアにおいては、(i 1)前記第 1トラックとしての第 1グルーブト ラックと、(i— 2)第 1ランドトラックとが交互に形成されており、

前記第 2情報記録エリアにおいては、(ii 1)前記第 2トラックとしての第 2グループ トラックと、(ii— 2)第 2ランドトラックとが交互に形成されていることを特徴とする請求の 範囲第 1項に記載の情報記録媒体。

[11] 複数の情報を夫々記録するための複数の記録層を備えており、

前記複数の記録層のうち、少なくとも一の記録層は、前記第 1情報記録エリア、及 び前記第 2情報記録エリアを備えることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情報 記録媒体。

[12] レーザ光によって、第 1情報を第 1トラックピッチに基づいて記録又は再生するため の第 1トラックが形成された第 1情報記録エリアと、前記レーザ光によって、第 2情報を 第 1トラックピッチとは異なる第 2トラックピッチに基づいて記録又は再生するための第 2トラックが形成された第 2情報記録エリアとを少なくとも備え、前記第 2トラックに、記 録マークが予め記録されている情報記録媒体であって、前記第 2トラックに、前記記 録マークが予め記録されて、る力否かを示す識別情報が予め記録されて、る情報 記録媒体を再生する情報再生装置であって、

レーザ光を照射し、その反射光を受光する光ピックアップ手段と、

前記識別情報を取得する取得手段と、

前記光ピックアップ手段の出力、及び取得された前記識別情報に基づいて、前記 第 1情報、及び前記第 2情報を再生する再生手段と

を備えることを特徴とする情報再生装置。

[13] 前記情報記録媒体は、当該情報記録媒体を判別可能であると共に、トラッキング制 御に依存せずに読み取り可能な判別情報が予め記録された判別情報記録エリア (B CA: Burst Cutting Area)を更に有し、前記識別情報は、前記判別情報に含まれ、 前記判別情報をトラッキング制御に依存せずに読み取り可能な読取手段を更に備 え、

前記再生手段は、更に、読み取られた前記判別情報に基づいて、前記第 1情報、 及び前記第 2情報を再生することを特徴とする請求の範囲第 12項に記載の情報再 生装置。

[14] レーザ光によって、第 1情報を第 1トラックピッチに基づいて記録又は再生するため の第 1トラックが形成された第 1情報記録エリアと、前記レーザ光によって、第 2情報を 第 1トラックピッチとは異なる第 2トラックピッチに基づいて記録又は再生するための第 2トラックが形成された第 2情報記録エリアとを少なくとも備える情報記録媒体を製造 する製造装置であって、

前記第 2トラックに、記録マークを予め記録する記録手段と、

前記情報記録媒体にぉ、て、前記記録マークを予め記録する所定の位置を設定 する位置設定手段と、

設定された前記所定の位置にぉ、て、前記記録マークを予め記録するように前記 記録手段を制御する制御手段と

を備えることを特徴とする情報記録媒体の製造装置。

[15] レーザ光によって、第 1情報を第 1トラックピッチに基づいて記録又は再生するため の第 1トラックが形成された第 1情報記録エリアと、前記レーザ光によって、第 2情報を 第 1トラックピッチとは異なる第 2トラックピッチに基づいて記録又は再生するための第 2トラックが形成された第 2情報記録エリアとを少なくとも備え、前記第 2トラックに、記 録マークが予め記録されている情報記録媒体であって、前記第 2トラックに、前記記 録マークが予め記録されて、る力否かを示す識別情報が予め記録されて、る情報 記録媒体を再生するために、レーザ光を照射し、その反射光を受光する光ピックアツ プ手段を含む情報再生装置における情報再生方法であって、

前記識別情報を取得する取得工程と、

前記光ピックアップ手段の出力、及び取得された前記識別情報に基づいて、前記 第 1情報、及び前記第 2情報を再生する再生工程と

を備えることを特徴とする情報再生方法。

レーザ光によって、第 1情報を第 1トラックピッチに基づいて記録又は再生するため の第 1トラックが形成された第 1情報記録エリアと、前記レーザ光によって、第 2情報を 第 1トラックピッチとは異なる第 2トラックピッチに基づいて記録又は再生するための第 2トラックが形成された第 2情報記録エリアとを少なくとも備える情報記録媒体を製造 する製造方法であって、

前記第 2トラックに、記録マークを予め記録する記録工程と、

前記情報記録媒体にぉ、て、前記記録マークを予め記録する所定の位置を設定 する位置設定工程と、

設定された前記所定の位置にぉ、て、前記記録マークを予め記録するように前記 記録手段を制御する制御工程と

を備えることを特徴とする情報記録媒体の製造方法。