PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 19.11.2019 at 4:00 PM CET
Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO2007010790) VEHICLE STEERING DEVICE
Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

請求の範囲

[1] 操舵デバイスとの機械的連結を切り離して設けられた転舵機構によって車輪を転 舵するステアバイワイヤモードを実行可能な車両用操舵装置において、

前記操舵デバイスと前記転舵機構との間を機械的に接続する連結機構と、 ステアバイワイヤモード時に、前記連結機構を切断状態として前記操舵デバイスの 操作量に基づ、て前記転舵機構を制御し、ステアバイワイヤモードを正常に実行で きないと判断した場合には、前記連結機構を接続状態としてステアバイワイヤ'バック アップモードに切り換えるステアバイワイヤ制御部とを備え、

前記連結機構が、通電時に切断状態となり、非通電時に接続状態となるよう構成さ れ、

前記ステアバイワイヤ制御部力エンジン始動時にステアバイワイヤモードを正常 に実行できるか否かをチェックすると共にエンジン作動時にはステアバイワイヤモード を正常に実行できる力否力を常時チェックすることを特徴とする車両用操舵装置。

[2] 請求項 1の車両用操舵装置であって、

ステアバイワイヤモードを正常に実行できな、と判断した場合には、前記ステアノィ ワイヤ制御部自体の電源をオフすることにより前記連結機構への通電を停止すること を特徴とする車両用操舵装置。

[3] 請求項 2の車両用操舵装置であって、

ステアバイワイヤモードを正常に実行できな、場合には、ステアバイワイヤシステム に異常がある場合と、車両電装系に異常がある場合とが含まれることを特徴とする車 両用操舵装置。

[4] 請求項 1の車両用操舵装置であって、

ステアバイワイヤ制御部は、エンジン始動時に車両への電源供給が開始されると、 前記連結機構に通電して前記連結機構を切断状態とした後に、ステアバイワイヤモ ードを正常に実行できるか否かをチェックし、

ステアバイワイヤモードを正常に実行できると判断した場合には前記連結機構への 通電を続行して前記連結機構の切断状態を保持し、

ステアバイワイヤモードを正常に実行できな、と判断した場合には、前記連結機構 、の通電を停止して前記連結機構を接続状態とすることを特徴とする車両用操舵装