Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO2007010783) HYBRID LASER PROCESSING DEVICE
Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

請求の範囲

[1] 噴射孔を有する加工ヘッドと、当該加工ヘッドに高圧の液体を供給する液体供給 手段と、レーザ光を発振するレーザ発振器と、レーザ発振器力発振されたレーザ光 を光ファイバを介して加工ヘッドへと導光する導光手段とを備え、

上記液体供給手段から供給された液体を噴射孔から液柱にして外部に噴射させる と共に、上記導光手段によって上記液柱にレーザ光を導光して、被加工物の加工を 行うハイブリッドレーザ加工装置において、

上記光ファイバの端部を、上記加工ヘッドにおける高圧液体の流路内に配置する ととも〖こ、当該光ファイバより出射されるレーザ光の光軸上に上記噴射孔を位置させ ることを特徴とするノ、イブリツドレーザカ卩ェ装置。

[2] 上記光ファイバは、ファイバコアの外周にファイバクラッドを囲繞させた構成を有し、 上記ファイバコアをファイバクラッドより突出させて、ファイバコアの端部をファイバクラ ッドの端部よりも上記噴射孔に接近させることを特徴とする請求項 1に記載のハイプリ ッドレーザ加工装置。

[3] 上記噴射孔の内周面にレーザ光反射面を形成し、光ファイバの端面から出射した レーザ光を該レーザ光反射面に反射させてから上記液柱に導光することを特徴とす る請求項 1又は請求項 2のいずれかに記載のハイブリッドレーザ加工装置。

[4] 上記レーザ光反射面を被加工物に向けて縮径する傾斜面とすることを特徴とする 請求項 3に記載のハイブリッドレーザ加工装置。

[5] 上記噴射孔の上記傾斜面の最小径部よりも被加工物側に、被加工物に向けて拡 径する第 2傾斜面を形成することを特徴とする請求項 4に記載のハイブリッドレーザ加 ェ装置。