PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 19.11.2019 at 4:00 PM CET
Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO2007007842) IN VIVO IMAGING DEVICE, DISPLAY DEVICE, IMAGE DISPLAY SYSTEM USING THE DEVICES, AND SYSTEM FOR INDWELLING IN SUBJECT BODY
Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

請求の範囲

[1] 被検体内に挿入する挿入部を有し、該揷入部の先端から前記被検体内の第 1の画 像を撮像し、撮像した該第 1の画像を出力する内視鏡装置と、

前記挿入部の先端に着脱可能に配置され、前記挿入部力の離脱を検知し、この 離脱した旨の離脱検知結果を前記被検体外に送信し、前記被検体内の第 2の画像 を撮像し、撮像した該第 2の画像を前記被検体外に送信する体内留置型カプセル内 視鏡と、

前記被検体外に送信された前記離脱検知結果または前記第 2の画像を受信し、受 信した前記離脱検知結果または前記第 2の画像を出力する体外受信装置と、 前記第 1の画像または前記第 2の画像を表示するモニタと、

前記第 1の画像および前記第 2の画像を受信し、前記離脱検知結果を受信した場 合、前記モニタに表示される画像を前記第 2の画像力前記第 1の画像に切り換える 画像切換装置と、

を備えたことを特徴とする被検体内留置システム。

[2] 前記画像切換装置は、前記挿入部の先端に前記体内留置型カプセル内視鏡を配 置した場合の初期状態として前記モニタの表示画像を前記第 2の画像にすることを 特徴とする請求項 1に記載の被検体内留置システム。

[3] 第 2の画像を取得する第 2の撮像部を有したカプセル内視鏡と、

被検体内に挿入する挿入部と、該揷入部に前記カプセル内視鏡を着脱可能に保 持する保持部と、第 1の画像を取得する第 1の撮像部とを有した内視鏡装置と、 前記保持部が前記カプセル内視鏡を保持した保持状態では前記カプセル内視鏡 による第 2の画像を表示し、前記保持状態を解除した旨の保持解除結果を受信した とき、前記内視鏡装置による第 1の画像を表示する表示装置と、

を備えたことを特徴とする撮像表示システム。

[4] 第 1の撮像装置が撮像した第 1の画像と、該第 1の撮像装置とは別に撮像部を有す る第 2の撮像装置が撮像した第 2の画像とを表示するモニタと、

前記モニタに表示する画像を前記第 2の画像力前記第 1の画像に切り換える旨 の命令信号を前記第 1の撮像装置または前記第 2の撮像装置から受信する体外受 信装置と、

前記体外受信装置から前記命令信号を受信した場合、前記モニタに表示される画 像を前記第 2の画像から前記第 1の画像に切り換える画像切換装置と、

を備えたことを特徴とする表示装置。

第 1の画像を撮像する第 1の撮像部と、

外部のモニタに表示する画像を前記第 1の画像から、前記第 1の撮像部とは別の 第 2の撮像部によって撮像された第 2の画像へ切り換える旨の命令信号を送信する 信号送信部と、

を備えたことを特徴とする生体内撮像装置。