PATENTSCOPE will be unavailable a few hours for maintenance reason on Tuesday 19.11.2019 at 4:00 PM CET
Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO2007004641) TWO-CYCLE ENGINE
Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

請求の範囲

[1] ピストンを往復動可能に収容したシリンダと、

前記シリンダの下部開口を密閉状態で覆った掃気ガス貯留室と、

前記掃気ガス貯留室に設けた吸気部と、

前記掃気ガス貯留室とシリンダを連通する掃気流路と、

前記ピストンに連結され、前記掃気ガス貯留室を貫通したコンロッドと、 前記コンロッドを直線往復動させるクランク機構と、

前記掃気ガス貯留室のコンロッドが貫通した揷通孔に配設され、コンロッドの直線 往復動は許容するが、掃気ガス貯留室を密封するシール部とを備えた 2サイクルェン ジン。

[2] 吸気部はピエゾインジェクタとピエゾインジェクタの噴霧動作を制御する制御部とを 備えており、ピエゾインジェクタにより燃料を噴霧して外気に燃料を混合した混合ガス を適時に掃気ガス貯留室に吸気することを特徴とする請求項 1に記載の 2サイクルエ ンジン。

[3] 吸気部は外気を掃気ガス貯留室に吸気する構造を備えており、かつ、シリンダへッ ドに燃料を噴霧する噴霧機構を設けたことを特徴とする請求項 1に記載の 2サイクル エンジン。

[4] 噴霧機構は、ピエゾインジェクタとピエゾインジェクタの噴霧動作を制御する制御部 とを備えていることを特徴とする請求項 3に記載の記載の 2サイクルエンジン。

[5] クランク機構は、前記コンロッドが延在する軸線に、そのピッチ円の中心軸を直交す ると共に、コンロッドが延在する軸線と平行に固定的に配設した内周太陽歯車と、前 記内周太陽歯車のピッチ円直径に対し二分の一のピッチ円直径を有し、嚙合して自 転及び公転可能に配設した遊星歯車と、前記内周太陽歯車のピッチ円の中心軸回 りに回転自在に配設したクランク軸と、前記クランク軸の半径方向に突出して前記遊 星歯車の自転軸を回転自在に支持する腕部とを有し、前記遊星歯車のピッチ円の 円周上にぉ、て前記コンロッドをピン係合したことを特徴とする請求項 1に記載の 2サ イクノレエンジン。

[6] 掃気ガス貯留室に過給装置を接続したことを特徴とする請求項 1に記載の 2サイク ノレエンジン。

[7] 掃気ガス貯留室を貫通したコンロッドの周囲に、掃気ガス貯留室とクランク室とを気 密に隔絶するシール部材を半径方向に偏位可能に配設したことを特徴とする請求項

1に記載の 2サイクルエンジン。

[8] シリンダの内周にシリンダライナを嵌合し、このシリンダライナの少なくとも排気ポート を左右一対で構成してその左右のポート間に補強リブを形成したことを特徴とする請 求項 1に記載の 2サイクルエンジン。

[9] 請求項 1の構造を有することを特長とする 2サイクルディーゼルエンジン。