Processing

Please wait...

Settings

Settings

1. WO2007004428 - SIGNAL TRANSMISSION CIRCUIT AND ENDOSCOPE

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

請求の範囲

[1] 第 1の差動信号を伝送する一対の第 1の信号線と、

第 2の差動信号を伝送する一対の第 2の信号線と、

直列接続された第 1のコイル及び第 2のコイルにより構成された一次卷線と、直列接 続された第 3のコイル及び第 4のコイルにより構成された二次卷線と、を有して構成さ れ、上記一次卷線の両端が上記一対の第 1の信号線のそれぞれ一端と接続するパ ノレス卜ランスと、

一端が所定の電位に接続され、他端が上記第 1のコイルと上記第 2のコイルの接続 点に接続された第 1のスィッチと、

一端が接地側に接続され、他端が上記第 3のコイルと上記第 4のコイルの接続点に 接続された第 2のスィッチと、

上記二次卷線の両端と、上記一対の第 2の信号線のそれぞれ一端と、を接続する 一対のコンデンサと、

を具備することを特徴とする信号伝送回路。

[2] 上記第 2の差動信号は、 CMLであることを特徴とする請求項 1に記載の信号伝送 回路。

[3] 上記第 1のスィッチ及び上記第 2のスィッチが各々オフに切り替えられた場合、上記 第 1の差動信号として LVDSが伝送可能になるとともに、上記第 1のスィッチ及び上 記第 2のスィッチが各々オンに切り替えられた場合、上記第 1の差動信号として、 CM Lが伝送可能になることを特徴とする請求項 1に記載の信号伝送回路。

[4] 上記第 1のスィッチ及び上記第 2のスィッチが各々オフに切り替えられた場合、上記 第 1の差動信号として LVDSが伝送可能になるとともに、上記第 1のスィッチ及び上 記第 2のスィッチが各々オンに切り替えられた場合、上記第 1の差動信号として、 CM Lが伝送可能になることを特徴とする請求項 2に記載の信号伝送回路。

[5] 第 1の差動信号を伝送する一対の第 1の信号線と、第 2の差動信号を伝送する一 対の第 2の信号線と、直列接続された第 1のコイル及び第 2のコイルにより構成された 一次卷線と、直列接続された第 3のコイル及び第 4のコイルにより構成された二次卷 線と、を有して構成され、上記一次卷線の両端が上記一対の第 1の信号線のそれぞ れ一端と接続するパルストランスと、一端が所定の電位に接続され、他端が上記第 1 のコイルと上記第 2のコイルの接続点に接続された第 1のスィッチと、一端が接地側 に接続され、他端が上記第 3のコイルと上記第 4のコイルの接続点に接続された第 2 のスィッチと、上記二次卷線の両端と、上記一対の第 2の信号線のそれぞれ一端と、 を接続する一対のコンデンサとを備えた信号伝送回路と、

同期信号を生成する同期信号生成手段と、

上記同期信号に基づいて被写体を撮像しアナログ撮像信号を生成する撮像手段 と、

上記アナログ撮像信号をデジタル撮像信号に変換するアナログデジタル変換手段 と、

上記デジタル撮像信号と、上記同期信号と、を含んだ第 1のシリアル信号を生成す るパラレルシリアル変換手段と、

上記第 1のシリアル信号を上記第 1の差動信号に変換して上記一対の第 1の信号 線により送信する送信手段と、

上記信号伝送回路によって上記第 1の差動信号を変換して得られた上記第 2の差 動信号を上記一対の第 2の信号線力受信して、第 2のシリアル信号を生成する受 信手段と、

上記第 2のシリアル信号に基づいて、上記デジタル撮像信号と、上記第 2のシリアル 信号に含まれる上記同期信号に基づいて上記デジタル撮像信号を記憶させるため のタイミング信号と、を生成するシリアルパラレル変換手段と、

上記デジタル撮像信号を上記タイミング信号に基づいて記憶する記憶手段と、 を具備したことを特徴とする内視鏡装置。

[6] 上記記憶手段は、マルチポート RAMを含んで構成されることを特徴とする請求項 5 に記載の内視鏡装置。

[7] 上記第 2の差動信号は、 CMLであることを特徴とする請求項 5に記載の内視鏡装 置。

[8] 上記第 2の差動信号は、 CMLであることを特徴とする請求項 6に記載の内視鏡装 置。

[9] 上記第 1のスィッチ及び上記第 2のスィッチが各々オフに切り替えられた場合、上記 第 1の差動信号として LVDSが伝送可能になるとともに、上記第 1のスィッチ及び上 記第 2のスィッチが各々オンに切り替えられた場合、上記第 1の差動信号として、 CM Lが伝送可能になることを特徴とする請求項 5に記載の内視鏡装置。

[10] 上記第 1のスィッチ及び上記第 2のスィッチが各々オフに切り替えられた場合、上記 第 1の差動信号として LVDSが伝送可能になるとともに、上記第 1のスィッチ及び上 記第 2のスィッチが各々オンに切り替えられた場合、上記第 1の差動信号として、 CM Lが伝送可能になることを特徴とする請求項 6に記載の内視鏡装置。

[11] 上記第 1のスィッチ及び上記第 2のスィッチが各々オフに切り替えられた場合、上記 第 1の差動信号として LVDSが伝送可能になるとともに、上記第 1のスィッチ及び上 記第 2のスィッチが各々オンに切り替えられた場合、上記第 1の差動信号として、 CM Lが伝送可能になることを特徴とする請求項 7に記載の内視鏡装置。

[12] 上記第 1のスィッチ及び上記第 2のスィッチが各々オフに切り替えられた場合、上記 第 1の差動信号として LVDSが伝送可能になるとともに、上記第 1のスィッチ及び上 記第 2のスィッチが各々オンに切り替えられた場合、上記第 1の差動信号として、 CM Lが伝送可能になることを特徴とする請求項 8に記載の内視鏡装置。

[13] 第 1の差動信号を伝送する一対の第 1の信号線と、第 2の差動信号を伝送する一 対の第 2の信号線と、直列接続された第 1のコイル及び第 2のコイルにより構成された 一次卷線と、直列接続された第 3のコイル及び第 4のコイルにより構成された二次卷 線と、を有して構成され、上記一次卷線の両端が上記一対の第 1の信号線のそれぞ れ一端と接続するパルストランスと、一端が所定の電位に接続され、他端が上記第 1 のコイルと上記第 2のコイルの接続点に接続された第 1のスィッチと、一端が接地側 に接続され、他端が上記第 3のコイルと上記第 4のコイルの接続点に接続された第 2 のスィッチと、上記二次卷線の両端と、上記一対の第 2の信号線のそれぞれ一端と、 を接続する一対のコンデンサとを備えた信号伝送回路と、

被写体を撮像しアナログ撮像信号を生成する撮像手段と、

上記アナログ撮像信号をデジタル撮像信号に変換するアナログデジタル変換手段 と、

上記デジタル撮像信号を含んだ第 1のシリアル信号を生成するパラレルシリアル変 換手段と、

上記第 1のシリアル信号を上記第 1の差動信号に変換して上記一対の第 1の信号 線により送信する送信手段と、

上記信号伝送回路によって上記第 1の差動信号を変換して得られた上記第 2の差 動信号を上記一対の第 2の信号線力受信して、第 2のシリアル信号を生成する受 信手段と、

クロックデータリカノリ方式により、上記第 2のシリアル信号に基づいて、クロックを再 生し、再生したクロックに基づ、たデジタル撮像信号を生成する第 1のデジタル撮像 信号生成手段と、

上記再生したクロックに基づ、たデジタル撮像信号から、上記再生したクロックと異 なるクロックに基づ!/ヽたデジタル撮像信号を生成する第 2のデジタル撮像信号生成 手段と、

を具備したことを特徴とする内視鏡装置。