Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persist, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO2004012810) SUBMINIATURE INTEGRATED HEART PACE MAKER AND DISPERSED HEART PACING SYSTEM
Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

請求の範囲

1 . 制御信号を出力する制御部と、該制御信号に応答して心臓組織を電 気刺激する心臓刺激手段と、心電図情報を検出して該制御部に出力する 心電図情報検出手段と、駆動電源を供給するための電源部とからなり、 前記制御部は、心電図情報に基づいて制御信号を出力することを特徴と する、カテーテルの先端に装着して心臓に植え込んだのちカテーテルを 抜去することで、胸部を切開する必要のない超小型一体化心臓ペースメ —力。

2 . 制御信号を出力する制御部と、該制御信号に応答して心臓組織を電 気刺激する心臓刺激手段と、心電図情報を検出して該制御部に出力する 心電図情報検出手段と、心電図情報及び制御信号を変調して外部に送信 する送信手段と、駆動電源を供給するための電源部とからなり、前記制 御部は、心電図情報に基づいて制御信号を出力することを特徴とする、 カテーテルの先端に装着して心臓に植え込んだのちカテーテルを抜去す ることで、胸部を切開する必要のない超小型一体化心臓ペースメーカ。

3 . 制御信号を出力する制御部と、該制御信号に応答して心臓組織を電 気刺激する心臓刺激手段と、心電図情報を検出して該制御部に出力する 心電図情報検出手段と、外部から送信された情報を受信し復調する受信 手段と、駆動電源を供給するための電源部とからなり、外部から送信さ れた情報は前記制御部に入力されるように構成され、前記制御部は、外 部から送信された情報及び/又は心電図情報に基づいて制御信号を出力 することを特徴とする、カテーテルの先端に装着して心臓に植え込んだ のちカテーテルを抜去することで、胸部を切開する必要のない超小型一 体化心臓ペースメーカ。 ·

4 . 制御信号を出力する制御部と、該制御信号に応答して心臓組織を電 気刺激する心臓刺激手段と、心電図情報を検出して該制御部に出力する 心電図情報検出手段と、心電図情報及び制御信号を変調して外部に送信 する送信手段と、外部から送信された情報を受信し復調する受信手段と、 駆動電源を供給するための電源部とからなり、外部から送信された情報 は前記制御部に入力されるように構成され、前記制御部は、外部から送 信された情報及びノ又は心電図情報に基づいて制御信号を出力すること を特徴とする、カテーテルの先端に装着して心臓に植え込んだのちカテ 一テルを抜去することで、胸部を切開する必要のない超小型一体化心臓 ペースメーカ。

5 . 心房筋に配置される超小型一体化心臓ペースメーカからなる心臓ぺ 一シングシステムであって、

前記超小型一体化心臓ペースメーカは、制御信号を出力する制御部と、 該制御信号に応答して心房筋を電気刺激する心臓刺激手段と、少なくと も心内 P波情報を含む心電図情報を検出するための心電図情報検出手段 とを備えており、前記制御部には、制御信号が生成される刺激タイミン グを決定する刺激タイミング決定手段と、制御信号が生成される刺激夕 ィミングを変更する刺激タイミング変更手段が備えられ、予め設定され た時間内に心内 P波情報が検出された場合、制御信号が生成される刺激 夕イミングが変更されることを特徴とする心臓べ一シングシステム。

6 . 心房筋に配置される心電図情報検出装置と、心室筋に配置される超 小型一体化心臓ペースメーカとからなる分散心臓ぺーシングシステムで あって、

前記心電図情報検出装置は、少なくとも心内 P波情報を含む心電図情 報を検出する心電図情報検出手段と、検出された心電図情報を変調して 前記超小型一体化心臓ペースメーカに送信する送信手段とを備え、 前記超小型一体化心臓ペースメーカは、前記心電図情報検出装置から 送信された心電図情報を受信し復調する受信手段と、制御信号を出力す る制御部と、該制御信号に応答して心室筋を電気刺激する心臓刺激手段 とを備えており、前記制御部には、制御信号が生成される刺激タイミン グを決定する刺激タイミング決定手段と、制御信号が生成される刺激夕 ィミングを変更する刺激タイミング変更手段が備えられ、心内 P波情報 が検出されてから一定時間内に心内 Q R S群情報が検出されない場合、 制御信号を生成し、心内 P波情報が検出されてから一定時間内に心内 Q R S群情報が検出された場合、制御信号の生成を抑制するように構成さ れていることを特徴とする分散心臓ぺーシングシステム。

7 . 心房筋に配置される第一の超小型一体化心臓ペースメーカと、心室 筋に配置される第二の超小型一体化心臓ペースメーカとからなる分散心 臓ぺ一シングシステムであって、

前記第一の超小型一体化心臓ペースメ一力は、制御信号を出力する制 御部と、該制御信号に応答して心房筋を電気刺激する心臓刺激手段と、 少なくとも心内 P波情報を含む心電図情報を検出する心電図情報検出手 段と、心電図情報を変調して前記第二の超小型一体化心臓ペースメーカ に送信する送信手段と、前記第二の超小型一体化心臓ペースメーカから 送信された心電図情報を受信し復調する受信手段とを備えており、前記 第二の超小型一体化心臓ペースメーカから送信された心電図情報は前記 制御部に入力されるように構成され、前記制御部には、制御信号が生成 される刺激タイミングを決定する刺激タイミング決定手段と、制御信号 が生成される刺激タイミングを変更する刺激タイミング変更手段が備え られ、

前記第二の超小型一体化心臓ペースメーカは、制御信号を出力する制 御部と、該制御信号に応答して心室筋を電気刺激する心臓刺激手段と、 少なくとも心内 Q R S群情報を含む心電図情報を検出する心電図情報検 出手段と、心電図情報を変調して前記第一の超小型一体化心臓ペースメ —力に送信する送信手段と、前記第一の超小型一体化心臓ペースメーカ から送信された心電図情報を受信し復調する受信手段とを備えており、 前記第一の超小型一体化心臓ペースメーカから送信された心電図倩報は 前記制御部に入力されるように構成され、前記制御部には、制御信号が 生成される刺激タイミングを決定する刺激タイミング決定手段と、制御 信号が生成される刺激タイミングを変更する刺激タイミング変更手段が 備えられ、

前記第一の超小型一体化心臓ペースメーカの制御部は、一定時間内に 心内 P波情報が検出されない場合、制御信号を生成し、一定時間内に心 内 P波情報が検出された場合、制御信号の生成を抑制するように構成さ れ、

前記第二の超小型一体化心臓ペースメーカの制御部は、心内 P波情報 が検出されてから一定時間内に心内 S群情報が検出されない場合、 制御信号を生成し、心内 P波情報が検出されてから一定時間内に心内 Q R S群情報が検出された場合、制御信号の生成を抑制するように構成さ れ、

前記第二の超小型一体化心臓ペースメ一力が心室の自己収縮による心 内 Q R S群情報を検出した場合、前記第一の超小型一体化心臓ペースメ —力の制御部は一定時間、心内 P波情報の検出を抑制するように構成さ れていることを特徴とする分散心臓べ一シングシステム。

8 . 心房筋に配置される心電図情報検出装置と、心室筋に配置される複 数個の超小型一体化心臓ペースメーカとからなる分散心臓べ一シングシ ステムであって、

前記心電図情報検出装置は、少なくとも心内 P波情報を含む心電図情 報を検出する心電図情報検出手段と、検出された心電図情報を変調して 前記超小型一体化心臓ペースメーカに送信する送信手段とを備え、

前記超小型一体化心臓ペースメーカは、制御信号を出力する制御部と、 該制御信号に応答して心室筋を電気刺激する心臓刺激手段と、少なくと も心内 Q R S群情報を含む心電図情報を検出する心電図情報検出手段と、 心電図情報を変調して他の超小型一体化心臓ペースメーカに送信する送 信手段と、他の超小型一体化心臓ペースメーカから送信された心電図情 報を受信し復調する受信手段とを備えており、他の超小型一体化心臓べ 一スメ一力から送信された心電図情報は前記制御部に入力されるように 構成され、前記制御部には、制御信号が生成される刺激タイミングを決 定する刺激タイミング決定手段と、制御信号が生成される刺激タイミン グを変更する刺激タイミング変更手段が備えられ、

前記複数個の超小型一体化心臓ペースメーカの制御部は、心内 P波情 報が検出されてから、個々の超小型一体化心臓ペースメーカ毎に予め定 められた一定時間内に心内 Q R S群情報が検出されない場合、制御信号 を生成し、心内 P波情報が検出されてから一定時間内に心内 Q R S群情 報が検出された場合、最も早期に心内 Q R S群情報が検出された夕イミ ングに同期して制御信号を生成するように構成されていることを特徴と する分散心臓ぺ一シングシステム。

9 . 心房筋に配置される第一の超小型一体化心臓ペースメーカと、心室 筋に配置される複数個の第二の超小型一体化心臓ペースメーカとからな る分散心臓ぺーシングシステムであって、

前記第一の超小型一体化心臓ペースメーカは、制御信号を出力する制 御部と、該制御信号に応答して心房筋を電気刺激する心臓刺激手段と、 少なくとも心内 P波情報を含む心電図情報を検出する心電図情報検出手 段と、心電図情報を変調して前記複数個の第二の超小型一体化心臓ぺー スメーカに送信する送信手段と、前記複数個の第二の超小型一体化心臓 ペースメーカから送信された心電図情報を受信し復調する受信手段とを 備えており、前記複数個の第二の超小型一体化心臓ペースメーカから送 信された心電図情報は前記制御部に入力されるように構成され、前記制 御部には、制御信号が生成される刺激タイミングを決定する刺激タイミ ング決定手段と、制御信号が生成される刺激タイミングを変更する刺激 夕イミング変更手段が備えられ、

前記複数個の第二の超小型一体化心臓ペースメーカは、制御信号を出 力する制御部と、該制御信号に応答して心室筋を電気刺激する心臓刺激 手段と、少なくとも心内 Q R S群情報を含む心電図情報を検出する心電 図情報検出手段と、心電図情報を変調して前記第一及び第二の超小型一 体化心臓ペースメーカに送信する送信手段と、前記第一及び第二の超小 型一体化心臓ペースメーカから送信された心電図情報を受信し復調する 受信手段とを備えており、前記第一及び第二の超小型一体化心臓ペース メーカから送信された心電図情報は前記制御部に入力されるように構成 され、前記制御部には、制御信号が生成される刺激タイミングを決定す る刺激タイミング決定手段と、制御信号が生成される刺激タイミングを 変更する刺激タイミング変更手段が備えられ、

前記第一の超小型一体化心臓ペースメーカの制御部は、一定時間内に 心内 P波情報が検出されない場合、制御信号を生成し、一定時間内に心 内 P波情報が検出された場合、制御信号の生成を抑制するように構成さ れ、

前記複数個の第二の超小型一体化心臓ペースメーカの制御部は、心内 P波情報が検出されてから、個々の超小型一体化心臓ペースメーカ毎に 予め定められた一定時間内に心内 Q R S群情報が検出されない場合、制 御信号を生成し、心内 P波情報が検出されてから一定時間内に心内 Q R S群情報が検出された場合、最も早期に心内 S群情報が検出された タイミングに同期して制御信号を生成するように構成され、

前記複数個の第二の超小型一体化心臓ペースメーカのいずれかが心室 の自己収縮による心内 Q R S群情報を検出した場合、前記第一の超小型 一体化心臓ペースメーカの制御部は一定時間、心内 P波情報の検出を抑 制するように構成されていることを特徴とする分散心臓べ一シングシス テム。