Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO1997017311) PROCESS FOR PRODUCING FLUORENE OR ITS DERIVATIVES
Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters


請 求 の 範 囲 1. 下記"^式 (I) R, R (I) 〔式(I)中、 R,及び R 2はそれぞれ水素原子、メチル基又はェチル基を表す 力、、あるいは R,及び R2が^ ¾に =0を表す。 R及び R' はそれそ': 索原 子、 数 1〜4のアルキル基又は 素数 1〜4のアルコキシ基を表す。〕 で表される芳 匕^を ^¾ ^内 ffife素環ィ bSJ させることを ^とする 下記"^式(Π)  〔式(Π)中、 R,、 R2、 R及び R' はそれぞれ式 (I)における定義と同義 である。〕 で表されるフルォレン類の法。 2. 下記" 式 (1) (ΠΙ)  〔式 (Π)中、 R 3及び R 4はそれぞれ水素原子、メチル基又はェチル基を表し、 R及び R' はそれぞれ水素原子、数 1〜4のアルキル基又は ^数 1〜 4のアルコキシ基を表す。〕 で表されるジフエニルメ夕ン類を ffi 内! ¾τΚ素環化 ®Eさせて、対応する 下記 ~¾式 (IV)  〔式 (IV) 中、 R3、 R及び R' はそれぞれ式 (I) における定義と同義 である。〕 で表されるフルォレン類を ¾ し、これを更に^ §酸化^させることを とする下言己" ^式 (V)  〔式 (V) 中、 R及び R ' はそれぞれ式(DO における定義と同義である。〕 で表されるフルォレノン類の . 下記"^式 (ΠΙ) R3 R R , 〔式 (I) 中、は R 3及び R それぞれ水素原子、メチル基又はェチル基を表 し、 R及び R ' はそれぞれ水素原子、数 1〜4のアルキル基又は数 1 〜 4のアルコキシ基を表す。〕 で表されるジフェニルメ夕ン類を^ ffi酸ィ ^させて、下記 H¾式 (VI) 0 - ) 〔式 (VI) 中、 R及び R' はそれぞれ式 (1) における定義と同義である。〕 で表されるベンゾフエノン類を製造し、これを更に ¾ 内 Ifek素環ィ させることを とする下記一"^式 (V)  〔式(V) 中、 R及び R' はそれぞれ式( ) における定義と同義である。〕 で表されるフルォレノン類の 法。 4 · 講求の 1〜 3項の、ずれかに言¾¾の 内 素環を雌 の ¾P£下に行うこと^ とする請求の fSffl第 1〜 3項の 、ずれかに言 Sttの方 法。 5. 貴^ JRを含有するものである請求の fgffi第 4項に記載の法。 6. 持白^ ある讅求の謹第 4項に言の方法。 7. 請求の 5〜 6項の 、ずれかに言 内 ll¾7k素環化 ¾Cに用 、 る insufficientOCRQuality