Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO1991017892) PRINT CONTROLLER
Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

請 求 の範囲

1 . '動力源に結合された牽引部材により印字へッ ド を移動させつつ、 前記動力源の運動に同期した信号を受 けて印字指令信号を発生し前記印字へッ ドに与える印字 制御装置において、

前記印字へッ ドの移動速度を検出する手段と、 前記検出された移動速度における前記牽引部材の伸縮 量とフライ トタイムとの双方に関連して、前記印字指令 信号の発生タイ ミングを補正する補正手段と、

を有することを特徵とする印字制御装置。

2 . 請求項 1記載の印字制御装置において、 前 己捕正手段は、

前記牽引部材の伸縮量に関連して前記印字指令信号の 発生タイ ミングを補正するための第 1の捕正時間と前記 印字へッ ドの移動速度との間の予め定められた関係と、 前記フライ トタイムに関連して前記印字指令信号の発生 タイ ミングを捕正するための第 2の補正時間と前記印字 へッ ドの移動速度との間の予め定められた関係とに従つ て、前記検出された移動速度に対応する前記第 1および 第 2の捕正時間の和を含む 間捕正値を発生する手段と、 前記発生された時間捕正艟に従って、 前記同期信号を 受けてから前記印字指令信号を発生するまでの時間を制 御する手段と、

を有することを特徵とする印字制御装置。

3 . 請求項 1記載の印字制御装置において、 前記補正手段は、

前記牽引部材の伸縮量と前記フライ トタイムとの双方 に関連して前記印字指令信号の発生タイ ミングを補正す るための捕正時間と前記印字へッ ドの移動速度との間の 予め定められた関係に従って、 前記検出された移動速度 に対応する前記補正時間を含む時間捕正値を発生する手 段と、

前記発生された時間捕正値に従って、 前記同期信号を 受けてから前記印字指令信号を発生するまでの時間を制 御する手段と、

を有することを特徵とする印字制御装置。

4 請求項 2及び 3のいずれか一項記載の印字制御装 置において、

前記捕正手段は、 さらに、前記印字へッドが加速中か 減速中かを判別する手段を有し、

前記捕正値発生手段は、 前記判別手段からの判別結果 が加速中の場合と減速中の場合とでは、 前記検出された 移動速度が同一であっても、 前記捕正値として異る値を 発生することを特徵とする 字制御装置。

5 . 請求項 4記載の印学制御装置において、 前記捕正値発生手段は、 前記移動速度との間の予め定 められた逆比例関係に従って、 前記検出された移動速度 に対応するオフセッ ト時間を決定し、

前記決定されたオフセッ ト時間も前記発生される時間 補正値に含まれ、 それにより、前記発生される時間捕正 値は前記印字へッ ドが加速中か減速中かに関わらず、 常 に正の値であることを特徵とする印字制御装置。

6 . 請求項 1記載の印字制御装置において、 前記印字へッ ドの加速度が連続的に変化するように、 前記動力源を制御する手段を更に有するこ とを特徵とす る印字制御装置。