Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO1991017063) PNEUMATIC RADIAL TIRE
Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters

請 求 の 範 囲

1. タイヤの子午断面に実質的に平行に配列されたスチールコ - ド及びその被覆ゴムよりなるトロイダル状力一カスと、こ のカーカスのクラウン部の外側かつ トレッドの内側に配置さ れたスチールコ一 ド及びその被覆ゴムよりなるベルトとを備 えたラジアルタイヤにおいて、

前記ベル卜のスチールコ一 ドが、

(1) 炭素含有量が 0.75〜0.90重量%の複数本のフィラメント を撚り合わせたものであり、

(2) 該フイラメン卜の直径 d (ram)の抗張力 TS(kg/mm2)との間 に次式、

0.1 ≤ d <0.2 のとき TS≥ 281.60+ 288.75 d 0.2 ≤ d≤0.5 のとき TS≥ 427.25— 439.50 d の関係を満足し、

(3) かつ該スチールコ一ド表面にコバルトめつき層を有する ものであり、

前記被覆ゴムの加硫後の 100 %モジュラスが 20kg/cin2以上 であることを特徴とする空気入りラジアルタイャ。

2. 前記フィラメン卜の直径 dが 0.15〜0.40龍 øである請求の 範囲第 1項記載の空気入りラジアルタイヤ。

3. 前記 dと TSとの関係が次式、

0. 1 ≤ d < 0. 2 のとき TS ^ 345 — 30d

0. 2 ≤ d≤0. 5 のとき TS≥ 379 — 200d

である請求の範囲第 1項記載の空気入りラジアルタイャ。

4. タイヤの子午断面に実質的に平行に配列されたスチールコ 一ド及びその被覆ゴムよりなる トロイダル状カーカスと、そ のカーカスのクラウン部の外側かつ トレツドの内側に配置さ れたスチールコー ド及びその被覆ゴムよりなるベルトとを備 えたラジアルタイヤにおいて、

前記ベル卜のスチールコー ドが線径 0. 2 〜0. 7mm であるス チール単線であって、該スチール単線表面にコバルトめっき 層を有するスチールコー ドであり、かつ

前記被覆ゴムの加硫後の 100 %モジュラスが 20kg/cm2以上 であることを特徴とする空気入りラジアルタイヤ。

5. タイャの子午断面に実質的に平行に配列されたスチールコ 一ド及びその被覆ゴムよりなる トロイダル状カーカスと、そ のカーカスのクラウン部の外側かつ トレッドの内側に配置さ れたスチールコード及びその被覆ゴムよりなるベル卜とを備 えたラジアルタイヤにおいて、

前記力一カスのスチールコードが、

( 1 ) 炭素含有量が 0. 75〜0. 90重量%の鋼材であつて、

( 2 ) フィラメント抗張力が 320kg/匪2 以上で、

( 3 ) かつ表面にコバルトめつき層を有するフイラメントを複 数本撚り合わせてなり、

前記被覆ゴムの加硫後の 100 %モジュラスが 20kg/cm2以上 であることを特徴とする空気入りラジアルタイヤ。

6. 前記フイラメ ン卜の直径が 0. 15〜0. 25M10である請求の範 囲第 5項記載の空気入りラジアルタイヤ。

7. 前記コバルトめっき層が電気めつきで付着形成された請求 の範囲第 1, 4または 5項記載の空気入りラジアルタイャ。

8. 前記電気めつきによるコバルトめっき層の厚みが 0. 05〜0. 40 fi m の範囲である請求項の範囲第 7項記載の空気入りラジア ルタイヤ。

9. 前記コバルトめっき層がドライめつき法で付着形成された

請求の範囲第 1 , 4 または 5項記載の空気入りラジアルタイ ャ。

10. 前記ドライめつき法によるコバルトめつきの厚みが 0. 001 〜0. 15 z m である請求の範囲第 9項記載の空気入りラジアル タイヤ。

1 1. 前記スチールコードが 2〜 6本のフィラメントを撚り合わ せた 1 X n ( nは 2〜 6の整数を示す)構造の単撚りスチー ルコードであって、該フィラメント径が 0. 15〜0. 5mm である 請求の範囲第 1 または 5項記載の空気入りラジアルタイヤ。

12. 前記 1 X n構造の単撚りスチールコードにおいて、 nが 2 である請求の範囲第 1 1項記載の空気入りラジアルタイヤ。

13. 前記 1 X n構造の単撚りスチールコードにおいて、 nが 3 〜 6であり、かつ該スチールコード 1本当り 5. 0kg の荷重を 掛けた際の伸度(P ! )が 0. 2 〜1. 2 の範囲内である請求の範 囲第 11項記載の空気入りラジアルタイヤ。

14. 前記カーカスまたは前記ベルトの被覆ゴムがゴム成分 100

重量部に対して有機コバル 卜金属塩をコバルト金属として 0 0. 1 重量部、硫黄を 0. 5 4. 0 重量部含有するゴム組成物 である請求の範囲第 1 4 または 5項記載の空気入りラジア ルタイヤ。

15. 前記カーカスまたは前記ベル トの被覆ゴムがゴム成分 100 重量部に対して、有機コバルト塩をコバルト金属として 0 0. 1 重量部、硫黄を 0. 5 4. 0 重量部および次式、


(式中、 Zはアルキレン基、 フエ二レン基、アルキル一フエ 二レン基またはこれらの 2種以上が組み合わされた基を示す) で表わされる ビスマレイミド化合物 0. 05 6. 0 重量部を含有 するゴム組成物である請求の範囲第 1 4 または 5項記載の 空気入りラジアルタイヤ。