Processing

Please wait...

Settings

Settings

1. WO1991008540 - TERMINAL OF RESERVING SYSTEM AND METHOD OF OPERATING TERMINAL COMPUTER THEREOF

Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters
明 細 害

予約システムの端末装置及びこの端末装 Sの 端末コ ンピュータの勤作方法

技術分野

本発明は、 交通機閲、ホテル、ツアー、各種チケット などの予約をコンピュータを用いて行う予約システムに 閲わり、 特に、予約業務を総合管理するホストコンビュ 一夕 と接続され、オペレータの命令をホス卜コンビュ一 タに送信したり、 ホス卜コンビユー夕から返されるレス ポンスをオペレータに表示したりする予約システムの端 末装置及びこの端末装置の端末コ ンピュータの動作方法 に関する。

i ^技術

通常、予約システムにおけるチ約を取る際の端末での 手続きは、 概略次の通りである。まず①ホストコンビュ —夕に対し了約状況を問い Aわせ、空きの '無を確認す る。空きがあれば②予約を取る旨の命令をホス トコンビ ユータに送り、さらに③必要に応じ名前、連絡先等の情 報を入力する。 ¾後に④予約記録を作成して.予約手統き が終了する。 なお、簡単な予約システムにおいては上記 ①②だけで予約手続きが終了する場合もある。

従来の予約システムにおいては、 これら一連の予約手 続きは、オペレータが端末のキーボー ドからコード化さ れたメ ッセージを規定のフォーマツ卜に従って人力する ことより行われる。

曰本航空で採用している従来の航空予約システムを例 にとると、 予約状況の問い合せを行う場合、オペレータ はまず①端末のキーボー ドから予約状況の照会を行う命 令コー ドを入力し、続いて②区間コード、③当 I Iの I I付 コー ドを順次入力し、最後に④送信キーを押す。

例えば、 1月 1 Uの i+i -大阪の予約状況照会の場台、 キーボー ドから入力されるメッセージは

「 A S H N D 0 S A O I J A N J

と 7よる c

この人カメ ッセージがホス卜コンビユー夕で受け付け られると、 ホス卜コンピュータは当日の東京—大阪間を 運行する航空便の空席状況を端末に知らせ、 空席便のリ ス 卜が端末の C R T画面に表示される。

この後、 リスト中の便に対する予約取得の手続きが行 われるが、 ここでも、了-約を行う命令コードを始め、便 名、 クラス、座席数等が全てコ一ド化され規定のフォ一 マッ トに従ってキーボードから入力される。

このような従来の予約システムは、 エントリ · オリエ ンテツ ド · システム(入力指向型システム)と呼べるも ので、 ホストコンビュ一タに対する指示は全てオペレー 夕のキーボー ド操作に依 :している。しかもキーボード から入力されるメ ッセージはコード化されかつ規定のフ ォ一マツ卜に従ってなければならない。こうした入力指 向型システムにおける主たる問題点は次の通りである。

( 1 ) 操作が難しい。即ち、オペレータは、. ホストコ ンビュー夕に対する命令コー ド、入力フォーマツト、及 び必要な情報のコ一 ドを全て記憶してなければならない C しかも、予約業務の多様化に伴い、複雑な命令コード及 び入力フ ォーマツトが增えている。さらに、元来が米国 で作成されたシステムのため、 英語をベースにコー ド化 が行われており、 従って外国人にとっては扱いにくい。 その結 ¾、熟練者でないと 実上操作が不 nj能であり、 オペレータの教 に多大な時間と费用がかかる。

(2) 全ての手続きがオペレー夕のキーボー ド操作に 依存している。 そのため、一件の予約処理を行うのに鼓 低数十 IEIのキーストロークが必要であり、業務効率があ まり良くない。また、丫'約を日常業務とするオペレータ の目、指、腕、等に疲労が発生し易い。

(2) 端末のイ ンテリジェンスの能力を十分に活用し てない。端末にはパーソナルコンピュータのような、 β いインテリジェンスを与え得る装置が使用されている。 しかし、従来の端末はホストコンピュータとオペレータ の単なるマン · マシンィンタフェースとしての機能し か与えられておらず、 ホストコンビユー夕からのレスポ ンスゃオペレータからの入力情報を保存することさえで

きない。そのため、例えば先行する手続きで得たレスポ ンスゃ入力情報を後の手続きで再度使 fflしたい場合、ォ ペレ一夕は先行手続きと同じ操作を再度綠り返さなけれ ばならず、高い業務能率は期待できない。

こうした問題を解決するために、従来幾つかの改善が なされてきた。 それらはいずれも端末の操作性の改善と ィンテリジユンス能力の活用とに重点を置いたものであ り、そのうち主な例を以下に示す。

( 1 ) 予約亍-続きに必 :な人力ガイドフォーマツトを 端末内部に保持し、 オペレータは必 :に応じ顺次ガィド を呼び出しこれに従ってキーボー ドからの人力操作を行 ラ o

(2) 各種情報のコ ードが己億されたキーを必要数だ け設置する。

( 3 ) 頻度の ¾い入力フォーマット例を特定のキーに

IE憶させ、内容の^なる項冃だけを修 して入力を行う ,

(4) 表示画而を複数のエリアに分割し、 一部のエリ ァに後の手続きに必要となる情報を残しておく。

しかし、 これらの改善策はどれも、全手続きがキーボ 一 ド操作に依 :する入力指向型システムを前提としたも のであり、 かつ端末のインテリジユンス能力の活用も十 分ではなく 、上述した問題の抜本的解決には至ってない 発明の開示

本発明の主たる 5的は、上述の問題の抜本的解決のた め、ォブジュク卜指向型システムと呼び得るような新し い予約システム、つまりオペレータがポインティングデ バイスで表示幽面に ίΕ接働きかけることによって、実行 したい手続きの選択や必 :な情報の入力等が簡単に行え、 よってオペレータの負担が大 に軽^された丫'約システ ムを提供することにある。

木発明の副なる冃的は、 上記主冃的の達成のために、 —連の了約手続きを同 処理するマルチタスク機能、 各 タスク問で必要な情報を β勤転送する機能、 拔数の両面 を制御するマルウイ ンドウ機能などの β度なィンテリジ ュンスを端末に付与し、 端末のィンテリジニンス能力を 十二分に活用することにある。

本発明は、予約システムにおける、予約状況を管理す るホス 卜コンビユー夕と組み合わされて使用される端末 装 ϋにおいて、

( A ) 所定の予約项□に閲する内容の入力と、 前記 ホス トコンビユー夕に対する前記予約项目の入力された 内容に関する予約状況の問い合わせと、 予約対象の選択 と、前 dホストコンピュータに対する前記選択された予 約対象に関する予約取得の 求とを行うための複数のパ ーッが配置された丫'約画面、を作成する丫約手段 ( 3 5 、 4 1 、 4 3 、 4 5 、 4 7 ) と、

( B ) 前記予約装置により作成された了'約画面を殳 け、この了'約両面が配置された表示画面を作成して表示

する表示手段 ( 1 1 9、 1 2 1、 1 7 ) と、

( C ) 前記表示装置により表示された前記表示画面 内のパ一ッを操作するためのボイ ンティングデバイス ( 3 0 ) と、

(D) 前記ポイ ンティングデバイスによる前記パー ッの操作を検出するパーツ操作検出手段 ( 3 1、 3 3 ) と、

( E ) 前記ホストコンビユー夕に対して各種のメッ セージを送 ftし、 J1つ前記メッセージに対するホストコ ンピュー夕からの応答を受信するための対ホス ト通 if手 段 ( 1 2 5 ) と、

を有し、

前記予約手段は、 前記パーツ操作検出手段により検出 された前記予約幽 ώ巾のパーツ操作に基づいて、 以下'の ( a ) 〜( e ) の各動作、

( a ) 前記予約 ¾ の人力された内容を前記予約 lij 面屮に示す、

( b ) 前記丫'約: ¾目の入力された内容に関して予約 状況の問い合わせを行うための予約状況問 Aせメ ッセー ジを作成して、 これを前記ホストコンビユー夕へ送^す るために前記対ホス ト通^手段に送り、 この後、前記問 い rわせに対する応答と してホストコンピュータから送 られて来る選択可能な予約対象を示す情報を前記対ホス ト通 手段から受けて、前記選択可能な予約対象のリス トを前記予約画面中に示す、

( d ) 前記選択された予約対象を前記予約画面中に 示す、

( e ) 前記選択された予約対象に関して予約取得の 要求を行うための予約要求メ ッセージを作成して、 これ を前記ホス トコンピュータへ送信するために前記対ホス ト通信手段に送り、この後、前記予約取得要求に対する 応答と して前記ホス卜コンピュータから送られて来る取 得した予約の内容を示す怙報を前記対ホス ト 信于'段か ら受けて、前記取得した予約の内容を前記予約幽面巾に 表示する、

を選択的に実行する、

ことを特徴とする端末装 gを提供する。

また木允明は、 予約システムにおける、チ約状況を管 理するホス トコンピュータと糾み Aわされて使用される、 端未コ ンピュータと、この端末コンピュータに結合され た、両面表示のための表示装置と、前記端末コンビユー 夕に結合された、前期表示された画面内のパーツを操作 するためのポイ ンティングデバイスとを有する端末装置 の前記端末コ ンピュータの動作方法において、

( A ) 所 の予約項 Sに関する内容の入力と、前記 ホス トコンビュ一夕に対する前己予約項 Sの入力された 内容に閲する予約状況の問い台わせと、 予約対象の選択 と、前記ホストコンピュータに対する前記 ϋ択された予

約対象に関する予約取得の要求とを行うための複数のパ ーッが配置された予約画面、 を作成する過 ¾と、

( B ) 前記予約画面が配置された表示画面を作成し て、これを ¾示するために前記^示装置に与える過程と、 ( C ) 前記ポインティングデバイスによる前記表示 幽面中のパーツの操作を検出する過程と、

( D ) 前記予約: ¾ の内容人力のためのパーツの操 作が検出されたとき、 前記予約项 Ηの入力された内容を 前記 約画面屮に示す過程と、

( Ε ) 前記 Τ約 ¾ Hの人力内容表示過程の後に前記 了約状況問合せのためのパーツの操作が検出されたとき、 前記了約項目の入力された内容に関して予約状況の い 合わせを行うための予約状況問合せメ ッセージを作成す る過 ¾1と、

( F ) 前記作成した予約状況問合せメッセージを前 ホス トコンピュータへ送 (Iする過程と、

( G ) 前記問い合わせメッセ一ジに対する応答とし てホス トコンビュー夕から送られて来る選択可能な予約 対象を示す予約状況情報を受ける過程と、

( H ) 前記予約状況情報に基づき前記選択可能な予 約対象のリス 卜を作成して、前記予約画面巾に前記予約 対象透択のためのパーツと関連付けて示す過程と、

( I ) 前記予約対象リスト表示過程の後に前記予約 対象選択のためのパーツの操作が検出されたとき、 この 操作により選択された予約対象を前記予約画面中に示す 過 と、

( J ) 前記選択された予約対象の^示過程の後に前 記予約取得要求のためのパーツの操作が検出されたとき、 前記選択された予約対象に関して予約取得の ·求を行う ための予約要求メッセージを作成する過程と、

( K ) 前記作成した予約 :求メッセージを前記ホス トコンピュー夕へ送信する過程と、

( L ) 前記 約 求メッセージに対する応答として 前 己ホス卜コンピュータから送られて来る取得した予約 の内容を示す取得了-約情報を受ける過程と、

( ) 前記取 了'約情報に ®づき、前記取 した 約の内容を前 ή¾予約雨而中に表示する過! 2と、

を^する、

ことを特徴とする端末装匿の端末コ ンピュータの動作方 法を提供する。

本発明によれば、 画面上でボインティングデバイスを 操作することにより一連の予約手統きが行えるので、 操 作が非常に簡単になりオペレー夕の負担が大幅に軽減さ れるという効果が得られる。

図面の簡単な説明

筇 1図は本発明に係る予約システムの一 ¾施例のハー ドウユア構成図。

第 2図 Α 、 Βはこの実施例の機能ブロック図、

一 1 ϋ 一

第 3囟は便予約画面を示す図。

第 4図は日付指定画面を示す図。

第 5図は I 内都市指定画面を示す図。

第 6図は国際都市指定画面を示す図。

第 7図は予約編集画面を示す図。

第 8図は亊前]!席指定画面を示す図。

笫 9図は座席チヤ一ト画而を示す図。

第 1 0図は予約記録照会画面を示す図。

第 1 1図はホテル予約画面を示す図。

笫 1 2図はツアー予約画面を示す図。

笫 1 3図は動画发示用画面を示す図。

笫 1 4図 Α〜Εはメニュー画面を示す図。

1 5図は立ち上げ時の初期状態における予約編巣プ 口セスを説明するフ ローチヤ一卜。

筇 1 ら囟はメニュー幽面で「表示管理」がクリックさ れた場合のメニュー制御プロセスを説明するフローチヤ 一 ト。

第 1 7囟 A〜Cは便 約プロセスを説明するフローチ ヤート。

第】 8図は便予約両面上で日付指定画面を開いた場合 の曰付指定プロセスを説明するフローチヤ一ト。

第 1 9図 A、 Bは便了約両面上で国内都市指定両而を

1¾いた場合の地名 · 地域指定プロセスを説明するフロー チャート。

笫 2 0図 A、 Bは便予約画面上で国際都市指 ^画面を Γ いた場合の地名 · 地域指定プロセスを説明するフロー チャート。

2 1図 A〜 Gは予約完了後の予約編集プロセスを説 明するフローチャー ト。

筇 2 2図 A , Bは事前座席指定プロセスを説明するフ d—チヤ一 卜。

筇 2 3 ^1 A、 Bは座席チャートプロセスを説明するフ ローチヤ—卜。

第 2 4図 A、 Bは航空便の予約記録を照会する場合の 了'約記録照会プロセスを説明するフローチヤ一 ト。

第 2 5図 A〜 Cはホテル予約プロセスを説明するフロ 一チャー ト。

第 2 6図 A〜(:はツアー予約プロセスを説明するフロ —チャー ト。

笫 2 7図 A、 Bはツアー予約画而上で国際都市指定画 面が かれた場合の地名 · 地域指定プロセスを説明する フロ一チヤ一 ト。

第 2 8図は動画^示プロセスを説明するフローチヤ一 卜 o

発明の実施するための最良の形態 以下、実施例により説明する。

笫 1図は、本 明に係る予約システムの端末装置の好 適な一実施例のハー ドウユア構成を示す。端末装韙 1 は 実際にはパーソナルコ ンピュータで構成され、 C P U 3、 RAM 5、 システム ' プログラムを格納した R O M 7、 および以下の周辺機器を接統するための I ZOポー ト 9 を有する。周辺機器としては、アプリケーション ' プロ グラムをロー ドするためのハードディスク装置 1 1、ォ プショナルなアプリケーション · プログラムをロードす るためのフロ ッビディスク装置 1 3、光ディスクデッキ やビデオテープデッキのようなオーディ オ · ビジュアル ( A V ) 装置 1 5、幽'像を表示する C R T 1 7、ホスト コンピュータ 1 9 と通信回線を通じて交信するための

MO D E M 2 1、 ポインティングデバイスとしての ¾子 ペン 2 3乂はマウス 2 5、およびポインティングデバイ スでは人力できない情報を人力するためのキーボー ド 2 7が設けられる。

なお、端末装置 1 に採 fflするオペレーション♦システ ム ( O S ) としては、次の ¾条件を満たすものが望まし い o

(1) マルチウィ ンドウ · マルチタスク処理が可能で かつリアルタイム性が高い。

(2) 操作性に優れ、 操作方法が統一されている。

(3) ポイ ンティングデバイスからの入力が重視され ている。

(4) 処理ス ピ一ドが速い。

(5) —か国 だけでなく多数か国語が処理できる。

(6) メーカーによらないデータ、 ソフトウェア、ハ 一ドウユアの互換性がある。

(7) ソフトゥユア開発効率が高い。

以上の条件を満たすと思われる O Sとして UN I X、 0 S 2、 B T R 0 Nが-举げられるが、このうち

B TR O N (B u s i n e s s - TR O N) が上記(1) (2)(5) (6) を完全に満足するという点で ¾適と考えられ る

このようなハ ードウユア構成を用いて、航空便予約、 ホテル予約およびツアー予約を行う総合予約システムの 端末装 gを構成した場合の、この端末装匿の機能ブロッ ク図を笫 2図 A、 Bに示す。

同図を参照して、 オペレータが操作する装置として、 電了'ペン 25やマウス 27といったボイ ンティングデバ イス ( P D ) 30とキーボード 29がある。 P D 30を mいて大部分の操作が行われるが、 例えば名前や連絡先 の人力のように P D 3 ϋでは難しい操作はキーボード 29を用いる。

P D 30により C RT 1 7の画面に表示されたカーソ ルの位置が可変できる。 後述するように、 C R T 1 7に はボタ ン、スィッチセレクタ、スクロールセレクタなど と呼ばれる程々のパーツ及び仮身を配置した両面が表示 され、各パーツには対応する機能が予め定められている。 オペレータが P D 30を操作して任意の仮身またはパー

ッ上にカーソルを移動させ P D 3 0を、仮身の場合は 2 回、パーツの場合は 1 回クリックすると、カーソルの画 面上での絶対座標が位置検出プロッ ク 3 1 により検出さ れ、この絶対座標から機能判定プロッ ク 3 3がカーソル の Sかれた仮身またはパーツに対応する機能を判定する。 なお、以下の説明では、仮身上にカーソルを置いて P D 3 0を 2回クリツクする操作を "仮身をダブルクリック する" 、パーツ上で 1回クリックする操作を "パーツを クリックする" という。

画面制御ブロ ック 1 1 9は、機能判定ブロック 3 3で の判定結 を受け、 C R T 1 7の表示を制御する。即ち、 幽 ώ制御ブロック 1 1 9はマルチウインドウ処理機能を 有し、後述する各種のプロセスから与えられる複数の幽 ώを多 表示するために、 ^幽 t&' iUのウィンドウの配笸 を上記判定結粜に基づいて制御する。 実際には複数のゥ インドウは積み ¾ねて配置される。従って、積み茧ねの ¾上面 (以下、前面という)の画面は画面全部が見える 力、'、背後の両面は前面画面からはみ出た部分だけが見え る。ォベレー夕は全面画面の内の仮身やパーツ及び背後 の両面の見える部分 P D 3 0で操作することになる。こ こで、阪身とはプロセスのイ ンデックスの役割を持つも のであり、 この K身のダブルクリックが判定された J¾合、 画面制御ブロ ック 1 1 9はその仮身に対応するプロセス のウィ ンドウを前面に配置する(尚、そのプロセスが起 動されてなかった場合は、 そのプロセスん起動も行われ る)。また、背後の画面のえる部分がクリックされた 場合も、画面制御ブロック】 ] 9はそのクリックされた 画面を前面に配置する。

画面表示ブロ ック 1 2 1 はビットマップグラフィクス 機構を^し、 画面制御プロック 1 1 9で決定されたウイ ンドウ配置に従って複数の画面を C R T 1 7に多重表示 する。

A V装置 1 5には、ホテルやツアーを紹介するカラー 動画を録画した光ディ スク又はビデオテープがセッ トさ れている。 後述するように、動画 ϋ示プロセスの仮身が ダブルク リックされた場合、画面制御ブロック 1 1 9は A V ¾ 1 5を起動して指定されたホテルやツアーの動 幽を ¾生させると儿に、 その動画の表示を制御する情報 を幽 ώ表示プロック 1 2 1 に送る。再生された動幽は幽 ώ表示プロ ック 1 2 1 に送られ前面に開かれたウィンド ゥに表示される。

マルチウィ ンドウ♦マルチタス'ク処理機能をつこの 端末装置では、 便了'約プロセス、日付指定プロセス 3 7、 地名 . 地域指定プロセス 3 9、予約編菜プロセス、亊前 座席指定プロセス、 座席チャート表示プロセス、予約;; '己 録照会プロセス、 ホテル予約プロセス、動両表示プロセ ス 8 9、ツアー予約プロセスという抜数の独立したプロ セスが並行的に突行可能である。 これらのプロセスは夫

々固 'の画面を作成する機能を有し、 それらの画面は画 面制御ブロッ ク 1 1 9に送られマルチウィンドウ処理さ れ C R T 1 7に多重表示される。

オペレータ又はホス トコンピュータから各プロセスに 入力された情報のうち、 他のプロセスでも必要とする情 報は、自動的に他のプロセスへ送 ί言する機能が設けられ ている。 この機能は笫 2図ではプロセス間通信ブロック 1 2 3として示されており、 ' 際には例えば複数のプロ セスが必要とする情報をそれらプロセスが共通に使 fflす るメモリエリアに格納することにより:^現できる。 この プロセス間通信ブロ ック 1 2 3は常時、上記^プロセス の背後で機能している。

上記諸プロセスの他、 li にホス卜間通信プロセス 1 2 5、メニュー制御プロセス 3 2、配色制御プロセ 3 4等が設けられている。

ホス ト t¾i通信プ口セス 1 2 5は、上記諸プロセスから のメッセージをホストコンピュータ 1 9へ送 ί し、かつ ホス トコンピュータ 1 9からのレスポンスを上記 ½プロ セスへ渡すものである。 つまり、この端末装置がホスト コンビユ ー夕 1 9 と IE常に通信できるようにするプロセ スである。 このホスト間通(Iプロセス 1 2 5は独立プロ セスと して常に上記 ¾プロセスのバックグラウンドで存 在し、上己独立プロセスがホストコンピュータ 1 9 にメ ッセージを発 ftする際に動作する。

メニュー制御プロセス 3 2は、 P D 3 0に設けられた メニューボタン (図示せず)の押下により起動され、後 述するようなメニュ一画面を画面制御ブロッ ク 1 1 9に 送り、、画面制御ブロック 1 1 9はメニュー画面を前面 に ¾示する。このメニュー画面には多数の機能項目が ^ 示されており、それをクリックすることにより所望の機 能が選択できる。

配色制御プロセス 3 4は、メニュー凼面巾の "配色" という项 ϋ力 <クリックされることにより起動され、幽 ώ 制御プロ ック 1 1 9を制御して前面表示されている幽 ώ の背景やパーツの配色を変 31'させる。この配色変 3ίを適 宜行う ことで、オペレータの気分転換や緊張緩和の効 ¾ が期待できる。

以下、上記各プロセスについて、第 3図〜第 1 4図に 示す各両而を併 fflして詳細に説明する。

便-了'約プロセスは航空便の予約取得手铳きを行うプロ セスで、便予約画而表示プロック 3 5、予約状況問い合 わせブロ ック 4 1、予約状況表示ブロック 4 3、予約メ ッセージ送受信プロ ック 4 5及び予約結果 ¾示プロック 4 7として示される諸機能を有する。

便予約画面^示プロ ック 3 5は、笫 3図に示すような 便予約画面を作成して画面制御ブロ ック 1 1 9に送る。 この便予約幽 ώのヘッダ部分にはビク卜グラム 1 3 1 (以ド、このような画 ώのヘッダ部分に!:かれたピク卜 グラムを、 その幽 'の名称を付して、例えば上記ピクト グラム 1 3 1であれば "便予約ビクトグラム" というよ うに呼称する) が配置されている。この便予約ピク卜グ ラム 1 3 1のダブルクリックが判定されると、この便予 約プロセス 3 5は停止され、画面制御プロック 1 1 9力 便 約画面のウィ ンドウを消去する。便予約画面にはま た、(内都市指定仮身 1 3 3、国際都市指定仮身 1 3 5 及び日付指定仮身 1 3 7の 3つの仮身が配置されている。

—般に仮身とはプロセスのィ ンデックスの機能を持つも ので、ある仮身内のピクトグラムがダブルクリックされ る (以下、単に "仮身がダブルクリックされる" という) と、その仮身に対応するプロセスが起動され、 その画 ΠΠ が前面に ^示される。従って、し1付指定仮身 1 3 7がダ ブルク リックされると LI付指プロセス 3 7が起動され、 5β 4図に示すような日付指定画 Π を画面制御プロック 1 1 9に送る。 すると、画面制御プロック 1 1 9は U付 指定幽 ώ'を前面表示する。また、国内都市指定仮身

1 3 3又は国際都市指定仮身 ί 3 5がダブルクリックさ れると、 地名 ·地域指定プロセス 3 9が起動され、筇 5 図に示すような ¾内都市指定幽面又は筇 6囟に示すよう な国際都市指定画面を画面制御ブロッ ク 1 1 9に送る。 すると、 画面制御ブロック 1 1 9は国内都市 ½定画面乂 は!!際都市指定両面を前面表示する。

日付指定プロセス 3 7では日付指定画面を用いて日付

の指定が、地名 ·地域 ½定プロセス 3 9では国内又は凼 際都市指定画面を用いて区間 (出発地と到着地)の措定 が行われる。これらのプロセス 3 7、 3 9で指定された 日付及び区間は、プロセス間通 プロック 1 2 3を通じ て便予約画面表示プロッ ク 3 5に勤送^される。便予 約両面には日付を表示するための日付ボッ クス 1 3 9 s 1 4 1、 1 4 3、及び区間を表示するための区問ボッ クス 1 4 5、 1 4 7が設けられている。尚、一般にボッ クスとは入力データを文字 ^示するパーツである。 I I付 ボッ クス 1 3 9、 1 4 1、 1 4 3にはデフォルトとして 本 Uの l付が初期^示されているが、 プロセス間通信ブ ロ ック 1 2 3通じて上記指定された日付が与えられると その日付を表示する。 また、プロセス間通信ブロック 1 2 3を通じて与えられた上記指定された区間は、 出発 及び到若ボッ クス 1 4 5、 1 4 7に表示される。さらに、 日付について翌日ボタ ン 1 4 9及び前日ボタン 1 5 1力く 設けられている。 一般に、ボタンとは所定の動作をプロ セスに要求するためのパーツである。 翌日ボタン 1 4 9 乂は前日ボタ ン 1 5 ] 力 <クリックされると、日付ボック ス: 1 4 9、 1 5 1 内の日付がその翌日又は前日に変更さ れる。従って、本日近辺の日付指定であれば、日付指定 雨而プロセス 3 7を fflいずに翌日及び前日ボタン 1 4 9、 1 5 1 だけを用いて行うことができる。又、区問につい ては次便ボタ ン 1 5 3が設けられており、これをクリッ クすると出発及び到着ボックス 1 4 5、 1 4 7の表示が 逆転する。 これは往路便の予約に次いで復路便を予約す る場合に都合がよい。

こうして日付と区間が指定された後、発信ボタン 1 5 5がクリックされると、予約状況問い合わせメッセ ージ送受 ί プロック 4 1が指定された日付と区間につき 予約状況を問い合わせるメ ッセ一ジを作成し、ホスト問 通 プロセス 1 2 5に送る。ホスト [ ]通^プロセス 1 2 5はこのメッセージをホストコンピュータ 1 9に送 ^する。 すると、ホストコンピュータ 1 9から空席便を 示す予約状況データが返されるので、 これをホスト問通 ^プロセス 1 2 5が受けて予約状況問い合わせメ ッセー ジ送受 ίϊプロック 4 1 に送る。予約状況問い合わせメッ セージ送受信プロ ック 4 1は受信したデータがエラーデ 一夕でないことを確認した後、 これを予約状況 ^示プロ ック 4 3に ^える。

予約状況表示プロック 4 3は、予約状況データを解り やすい言語、 例えば日本語に変換して便予約幽面ブ口ッ ク 3 5に与える。すると、便予約幽面内の予約状況スク ロールセレクタ 1 7 1に空席便のリス卜が日本語で表示 される。通常、ホストコンピュータ 1 9から一度に送ら れてく る丫'約状況データは約状況'スクロールセレクタ 1 7 1 の 1 页分のデータであるため、一度の送^では全 ての空席便のデータを送 i しきれない場合がある。その 場合には、便予約画面内の次頁ボタン 1 5 9をクリック すると、上記と同様の経路でホストコンピュータ 1 9に 残りデータの送信要求が行われ、ホス卜コンピュータ 1 9から次頁分の予約状況データが送られてく る。一般 に、スクロールセレクタとは、文字データのリス卜を表 示する もので、その右端に表示されたバーを P D 3 ϋで んで動かすこ とによりリス卜をスクロールすることが でき、 さらにリスト屮のデータの一つをクリックすると そのデータの入力が行える。 従って、この了'約状況スク ロールセレク タ 1 7 ] をスクロールする地、隠れていた 次頁の リストが現われてくる。また、リスト中の空席便 の一っをク リックすると、その便が予約対象として措定 される。

尚、当初から予約したい便が決まっている 合は、予 約状況を問い合わせる必要はない。 この場合は、便指 ボタン 1 6 1 をクリックすると便各ボックス 1 6 3が現 れ、次いでキーボード 2 9から便名コードを入力すると それが便名ボッ クス 6 3に ^示され、便指定が完了する。 便予約 Ιώϊ ώにはまた、クラスおよび席数を選択するた めのクラススィ ツチセレクタ 1 5 3及び席数スィツチセ レクタ 1 5 5が設けられている。一般に、スィッチセレ クタとは選択すべき複数のデータに対応する複数のスィ ツチを配列したもので、 スィツチの一っをクリックする とそのスィ ツチに対応するデータの指定が行える。デフ

オル トとしてクラスは " Y " 、席数は " 1 " が初期指定 されているが、 他のスィツチをクリックすることで他の クラスや席数が指定できる。 指定されたクラスや席数の スィ ッチは他と 5¾なる色に表示される。尚、クラス "そ の他" を指定した場合は、クラス入力ボックス 1 6 2力く 現われる。 そこで、キーボード 2 9から任意のクラスコ ー ドを入力すると、そのコードがクラス入力ボックス 1 6 2に表示され、それにより任意のクラス指定が行え る。

便予約画面にはさらに、 特殊な予約形態を指 するた めの A R N Kボタン 1 6 5及び 0 P E Nボタン 1 6 7力《 設けられている。 A R N Kボタン 1 6 5をクリックする と A R N K予約が指定される。 O P E Nボタン 1 6 7を ク リックすると会社コード入力ボックス 1 6 9が現われ、 次いでキーボー ド 2 9から任意の航空 社コ一ドを入力 するとそれが会社コ一 ド人力ボックス 1 6 9に表示され、 その会社に対するオープン丫約が ί 定される。

こうして、日付、区間、クラス、席数といった細目が 指定された後、 発 i _ボタン 1 5 5がクリックされると、 便了'約画面には便予約を行うかどうかを確認するメ ッセ ージパネル (図示せず)が前面表示される。このパネル 内の確; ISボタンがクリックされると、予約メッセージ送 : ¾ βプロック 4 5が指定された細 Sについて予約を取得 するメ ッセージを作成し、ホスト問通 ίΐプロッセス

- 2

■1 2 5に送る。ホスト間通信プロセス 1 2 5はこのメッ セージをホストコンピュータ 1 9 に送信する。ホストコ ンピュータ 1 9から予約を取得した旨のデータが返され ると、これはホスト間通信プロセス 1 2 5を経由して予 約メ ッセージ送受^ブロック 4 5に送られる。予約メッ セージ送受 ^プロック 4 5は受^データがエラーデータ でないことを確認すると、 これを予約結果表示ブロッ ク 4 7に送る。

予約結果表示プロッ ク 4 7は受 βデータの解折結果、 つま り取^した予約の内容をプロセス 1¾通 ^プロック

1 2 3を通じて予約編集-画面表/丁くプロック 5 1 に送ると 共に、例えば口本語で予約が取れた旨と次に行うべき操 作の指示とを便予約画面内のメ ッセージボックス 1 7 2 に; ¾示する。

便予約画面にはさらに、 中断ボタン 1 5 7が設けられ ている。 これがクリックされると、今まで行った処理が すべて無祝され幽面内のデータ表示が消されると に、 ホス ト間 iffi信プロセス 1 2 5を通じて中断メッセージ力く ホス 卜コンピュータ 1 9に送られる。この中断メッセー ジを受けたホス トコンピュータ 1 9は今まで処理で取得 した了'約を消去する。

次に、日付指定プロセス 3 7を説明する。このプロセ ス 3 7は前 のように第 4図に示す日付指定両面を作成 し両面制御ブロッ ク〗 1 9に送る。この日付指定両面の ウインドウは第 3図の便予約画而より少し小さいサイズ に設定される。

I I付指定画面には、当と来月の 2か月分のカレンダ を^すカ レンダスィッチセレクタ 1 7 3、 1 7 5が設け られている。 カレンダスィッチセレクタ 1 7 3、 1 7 5 内のいずれかのスィ ッチがクリックされると、そのスィ ッチに対応する H付データがプロセス間通信ブロ ック 1 2 3を通じて便予約幽 ώ表示プロ ック: 3 5に送られ、 前述のように便予約幽 ώの日付ボックスに表示される。

日付指定幽 ώにはまた、 この日付指定幽 ώを消去(日 付 ½定プロセス 3 7を停止)するための日付 ½定ビク卜 グラム 1 7 7、便予約画面を前面表示するための便丫'約 仮身 1 7 9、闹内都市指定両面を前面表示するための 内都市指定仮身 1 8 Ί、 Μ際都市揩定両面を前面表示す るための同際都市指定仮身 1 8 3及び上述の中断を行う ための中断ボタン 1 8 5が設けられている。

次に、地名 · 地域指定プロセス 3 9を説明する。この プロセス 3 9は前述のように第 5図の国内都市指定画而 又は第 6図の国際都 指 画面を作成して画面制御プロ ック 1 9に送る。これら国内及び国際都市指定画面のゥ イ ンドウは笫 3図の便予約画 ϋより少し小さいサイズに u At れる ο

5図の国内都巿指定幽 ώには、 国内地図上に配箧さ れた主 ¾空港ボタン 1 8 7〜 2 ϋ 7、全ての国内空港の ― 2

リストを表示する空港スクロールセレクタ 2 0 9、出允 地か到着地かを選択する出発 ·到着スィッチセレクタ 2 1 1、出允地及び到苕地を表示する出允地及び到若地 ボックス 2 1 3、 2 1 4が設けられている。スィッチセ レクタ 2 1 1 により出発地(又は到 ¾地)が選択された 後、主^空港ボタン 1 8 7〜 2 0 7の一つ乂はスクロー ノレセレクタ 2 0 9内の空港名の一つがクリックされると、 その空港名が出発地ボッ クス 2 1 3 (又は到苕地ボック ス 2 1 4 ) に表示される。同時に、その空港のデータが プロセス [15]通 ί3·ブロック 1 2 3を通じて便予約両而表示 ブロック: 3 5に送られ、便予約画而中の出発ボックス 1 4 5 (又は到着ボックス 1 4 7 ) に表示される。又、 コー ド^示ボタン 2 1 5がクリックされると、上記各ボ ックス内の空港名の^示がアルファべット 3文字からな るコー ド^示に変更される。

さらに国内都ポ指定画面には、この国内都ポ指定画 L&J を消去するための国内都市指定ピク トグラム 2 1 7、便 予約 ΐώί 'ϊϋを前面表示するための便予約仮身 2 1 9、国際 都市指定幽面を前面表示するための国際都市指定仮身

2 2 0 日付措定幽面を前 ώ表示するための日付指定仮 身 2 2 1及び屮断メッセージを発^するための屮断ボタ ン 2 2 3が設けられている。

第 6図の Η際都市措定両面には、世界の地域別の主要 都市 , 11際空港リストを表示するスクロ一ルセレクタ

2 2 3〜 2 2 9、出発地か到着地かを選択するスィッチ セレクタ 2 3 1 、出発地及び到着地を表示するボックス 2 3 3、 2 3 5が設けられている。スクロールセレクタ 2 2 3〜 2 2 9は国際便予約の際の区間指定や、ツアー 予約の際の都市指定等に使用される。 さらに、スクロー ノレセレクタ 2 2 3〜 2 2 9のうち一つは、これをスクロ ールすると、 図示してないが、ハワイ、:{匕ァメリカ、南 アメ リカ等の地域のリストも发示する。この地域リスト はッァ一予約で都市の代わりに地域を指定する際に使用 される。

この国際都市指定 ιϋ ώ内にはさらに、国際都市 ί 定ビ ク トグラム 2 3 7、便予約仮身 2 3 9、国内都市指定仮 身 2 4 1、日付指定仮身 2 4 3、屮断ボタン 2 4 5及び コード表示ボタン 2 4 7が設けられている。これらのバ 一ッの機能は既に説明した他画面の類似のパーツと同様 なので説明をせ略する。

尚、後述するように、日付指定両而、同内都市指定両 面及び国際都市指定画而は、 便予約の場合だけでなく、 後述する予約記録紹介、 ホテル予約、ツアー予約などの 場合にも使用される。 それらの場合には、指定された Π 付、区問、都市等のデータは、プロセス間通 ftブロック 1 2 3を通じ予約記録照会画面^示プロ ック 7 1、ホテ ル予約凼 IS画 CS ¾示ブロック 8 7、ツアー予約画面^示 ブロ ック 1 ◦ 3などに送られて、それら画面内の所定の ボックスに^示されることになる。

次に、 予約編^プロセスを説明する。 このプロセスは 取得した予約に関して旅客の名前や連絡先などの情報を 入力し予約記録の作成、変史、追加、取り消し等を行う ためのプロセスである。 この予約編集プロセスには、予 約編集幽面表示ブロッ ク 5 1、予約项 H入出力ブロック 5 3、予約記録作成メッセージ送受信プロック 5 5及び 予約記録表示プロッ ク 5 7 として示される諸機能を含む c 尚、 この端末装置の立ち上げ時の初期状態では、 -: Γ'約編 柒プロセスだけが自動的に起動され、 他の各プロセスは 以下に述べる予約編集画面での各仮身の操作によつて起 勤されるようになっている。

予約編槊画而表示プロッ ク 5 1 は、第 7図に不-すよう な予約編集画面を作成して画面制御プロッ ク 1 1 9に送 る。 この予約編: ¾画面には、便予約仮身 2 5 1 、ホテル 予約仮身 2 5 3、ッァ一予約仮身 2 5 5、予約照会仮身 2 5 7、事前座席仮身 2 5 9及び動画仮身 2 6 1が含ま れている。 これら仮身のいずれかををダブルクリックす ることにより、 その仮身に対応するプロセスが起動され (立ち上げ時の初期状態の場合) 、且つそのプロセスの 幽 ώが前 ώ'表示される。この予約編集幽面のウィンドウ は他のどの幽 ώより大きく設定される。そのため、どの 幽面が前面表示されていても、 予約^集画面の一部 (少 なくとも、丫 '約編集ピクトグラム 2 4 9が置かれたへッ ダ部分) は必ず) iえるので、そこをクリックすることに より、何 でも予約編染画面を前面に呼び出すことがで さる。

各了'約プロセスで取得した予約内容はプロセス間通^ ブロ ック 1 2 3を通じて予約編集画面表示ブロック 5 1 に送られてく る。それらの予約内容は予約編桀画面内の 予約内容スクロールセレクタ 2 9 5にリスト ¾示される c 予約編集画面には、 予約項 S入力 fflのパーツとしてス クロ一ルセレクタ 2 7 1、名前入力ボックス 2 7 3、年 齢入力ポクス 2 7 5、幼児ボタン 2 7 9、連絡先序列ス イッチセレクタ 2 8 1、連絡先入力ボックス 2 8 3、 2 8 5、連絡先種頹スィツチセレクタ 2 8 3、 2 8 9、 申し込み者入力ボッ クス 2 9 1及び铳枘'スィツチセレク タ 'λ 9 3等が設けられている。これらのパーツは予約项 tl人出カブロ ック 5 3がキーボード 2 9や P D 3 0の操 作に応じて制御する。 即ち、名前人力ボックス 2 7 3が ク リックされると、このボックスが太い黒枠で表示され る。続いてキーボード 2 9から旅客の名前が入力される と、その名前が名前入力ボックス 2 7 3に表示され、太 い黒枠表示が年齢入力ボッ クス 2 7 5に移る。続いてが キーボー ド 2 9から年齢が入力されると、それが年齢入 力ボ クス 2 7 5ボックスに表示される。性別スィツチセ レク タ 2 7 7及び幼児ボタン 2 7 9が夫々クリックされ ると、旅客の性別及び幼児である旨が指定される。 こう

して指定された全ての旅客情報は、旅客スクロールセレ クタ 2 7 1 にリスト表示される。また、連絡先入力ボッ クス 2 8 3、 2 8 5の一方がクリックされると、それが 太い黒拧^示となる。 この後、キーボード 2 9から電話 番号が入力されると、その電話番号が太い黒^ ^示の連 絡先入力ボックスに ¾示される。 2つの連絡先入力ボッ クス 2 8 3、 2 8 5に 2か所の連絡先が指定できる。連 絡先スィ ッチセレクタ 2 8 3、 2 8 9がクリックされる と、連絡先の種類が指定される。連絡先スィッチセレク タ 2 8 1 は連絡先を変するときに使用するもので、ク リックされると変 ΪΙΐしたい連絡先が指定される。申し込 み者人力ボッ クス 2 9 】がクリックされた後、キーボ一 ド 2 9から申し込み者名が人力されると、申し込み者名 がそのボッ クスに表示される。铳抦セレクトスイッチ 2 9 3力《クリックされると、申し込み ·の旅客に対する 続柄が指定される。

こうして予約項 Ηが指定された後、発 ftボタン 2 9 7 がク リックされると、便予約の場合と同様に予約編 ¾画 面に確認パネル (図示せず)が示され、その中の確^ ボタンがクリックされると、予約記録作成メッセ一ジ送 受信ブロ ック 5 5が指定された予約項目について予約記 録を作成、変更又は追加するメッセージを作成して、ホ ス ト間 !≤信プロセス 1 2 5を通じてホス卜コンピュータ 1 9に送る。ホス卜コンピュータ 1 9から予約記録を作 成した旨のデータが送り返されると、 ホスト間通信プロ セス 1 2 5を通じて予約記録作成メッセージ送受信プロ ック 5 5に人力される。予約記録作成メッセ一ジ送受信 プロッ ク 5 5は、その人力データがエラーデータでなけ れば、予約結 ¾表示ブロック 4 7に送る。約結果表示 ブロッ ク 4 7は、その入力データの解析後、予約記録が 作成された旨のメ ッセージを予約編集両面に表示する。 この後 ΪΣΪに、完了ボタン 2 9 9力《クリックされると、上 ϋ-己と同様の経路で、予約記録作成の完了を示す完了メッ セージがホス トコンピュータ: 1 9に送られ、ホストコン ピュータ 1 9から予約記録番号を示すデータが返され、 この予約記録番号が予約編集画而の予約記録番号ボッ ク ス 2 6 3に^示される。 また、発 ftボタン 2 9 7がクリ ックされず、完了ボタン 2 9 9だけがクリックされた場 ^は、 上記のホストコンピュータ 1 9 との通 ί言動作が一 括して' 行される。更に、後述するする前座席指^プ 口セスが起動されると、 上記予約内容及び予約記録番号 が予約結 ¾表示プロック 4 7からプロセス間通信プロッ ク 1 2 3を通じて後述する事前座席指定幽面表示プロッ ク 5 9に送るられる。

^約編集画面には 3Ϊに、予約編集画面を消去するため の 約 集ビク トグラム 2 4 9、約記録作成日付を表 示する作成日ボッ クス 2 6 5、 2 6 7、予約記録の^効 期限を表示する 効期限ボックス 2 6 9、中断メッセ一

ジを発信するための中断ボタン 3◦ 1、予約内容を確認 のために参照するメ ッセージを発 ί言するための確認ボ夕 ン 3 0 2 が設けられている。

なお、 予約編集画面を用いて上述した予約記録作成だ けでなく、予約記録の変更、取り ¾し、追加等もできる。 これを行う場合は、事前に後述するメニュー画面で変更、 取り消し、 又は追加という機能项 Ηを選択する必¾があ る。

次に、寧前座席指定プロセスを説明する。 このプロセ スは、 チ約した航空便の座席 ½定を行うためのプロセス で、 前座席指定画面表示ブロ ック 5 9、 ½定¾目人出 カブロッ ク 6 1、座席状況送受ブロック 6 3として示 される ^機能を 'する。

亊前座席指定両面表示プロッ ク 5 9は、第 8図に示す ような亊前 Si席指定兩面を作成して両面制御プロック 1 1 9に送る。この兩面は搭乗 ¾スクロールセレクタ 3 】 1 と予約便スクロールセレクタ 3 ] 3を含み、これ らは予約編集プロセスから送られてきた搭乗 ¾名と予約 便名のリ ストを夫々 ¾示する。

座席指定に先立ち、 座席指; 状況の問い合わせが行わ れる。 この場合は通^、先ず搭乗者スクロールセレクタ 3 1 1 と予約便スクロールセレクタ 3 1 3内から 1人の 搭: ¾者と 1つの予約便とがクリックにより択され、次 いで座席チヤ一 卜ボタン: 3 ϋ 7がクリックされる。これ により、座席チャート表示プロセスが起動されると共に、 この座席チヤ一ト表示プロセスに上記選択した搭乗者と 予約便のデータが送られ、 illに座席状況送受 f 'プロック 6 が上 選択した予約便につき座席措定状況を問い合 わせるメ ッセージを作成し、ホスト間通信プロセス

1 2 5を通じてホス トコンピュータ 1 9に送る。ホス卜 コンピュータ 1 9から 31席指定状況を示すデー夕が返さ れると、 このデータはホス卜通^プロセス 1 2 5を通 じて座席状況送: S i プロック 6 3に送られる。 I 席状況 送受^ブロ ック 6 3は受信データがエラーでなければこ れを事前痤席指定画面表示プロッ ク 5 9に送る。事前座 席指定画而表示プロッ ク 5 9は受 i した座席指定状況デ —夕を座席チヤ一 ト ^示プロセスに送る。

後述するように、 座席チヤ一ト ϋ示プロセスが起動さ れると笫 9図に示すような座席チヤ一 ト画面が前面 ^示 され、 この画面を用いて座席指定が行われる。指定され た座席を示すデータはプロセス間通信プロッ ク 1 2 3を 通じて座席指定 ώί面表示プロック 5 9に送られてくる。 座席 ½定幽 ώ表示プロ ック 5 9は、座席指定を行った便 名と搭乗者名と指定した座席とを 前座席スクロールセ レクタ 3 1 5に表示する。

座席 ½定画面には更に、 この座席指定画面を消去する ための ΘΙ席指定ピクトグラム 3 0 5及び中断メッセージ を発 ί ·するための中断ボタン 3 0 9が設けられている。 一 3

次に、座席チャート表示プロセスを説明する。このプ ロセスは、座席チャート画面表示ブロック 6 5、座席指 メッセージ送受 ftブロック 6 7及び座席指定結果^示 ブロック 6 9 として示される機能を有する。

5 座席チヤ一 卜画面^示ブロック 6 5は、第 9図に示す ような座席チヤ― ト画面を作成して画面制御ブロック 1 1 9に送る。この幽 ώ'には、搭乗者と指定座席のリス 卜を表示する搭乗者 · 指定座席スロールセレクタ: 1 9 及び便名を表示する便名ボックス 3 2 5が設けられてい 丄 ϋ る。 ^前座席指定プロセスから送られてく る上 択さ れた搭 ¾者と ^約便は、座席指定スクロールセレクタ 3 1 9及び便名ボックス 3 2 5に夫々表示される。これ と共に、 表示された予約便の使用機種の 席チヤ一ト 3 2 7が表示される。

1 5 座席チヤー ト 3 2 7には、各 Βΐ席を示す席ボタン

3 2 9が配置されている。この座席ボタン 3 2 9 は、亊 前座席指定プロセスから送られてきた 席指定状況デー 夕に基づいて、 空席か否かが色分け表示されている。ま た、座席選択の判断に必要又は有用な諸情報、 例えば^ 0 煙ノ喫煙の区別、 出入り口の位置等も色分けや文字等で ^示されている。

座席指定を行う場合は、 座席チヤート 3 2 7内の指定 したい座席ボ夕 ン 3 2 9がクリックされ、次いで発信ボ タン 3 2 1がクリックされる。すると、便予約の場合と 同様の確認パネルが前面表示され、 その中の確認ボタン がク リックされると、座席指定メッセージ送受信ブ口ッ ク 6 7が上記クリックした座席ボタン 3 2 9の座席番^ について座席指定を行うメ ッセージを作成して、ホス卜 間通 ^プロセス 1 2 5を通じてホストコンピュータ 1 9 に送る。 ホストコンピュータ 1 9から座席 ½定を行つた 旨のデ一夕が返されると、 このデータはホスト 通 プ ロセス 2 を通じて H 席指定メッセ一ジ送 ¾ βプロッ ク 6 7に送られる。座席指定メッセージ送: 5 ^プロック 6 7は: 5 βデータがエラーでなければ、それを 05席指定 結果表示プロッ ク 6 9に渡す。座席指定結果衷示ブ口ッ ク 6 9は ¾ データを解析し、 Hi席チヤート画而 3 2 7 内の搭乗者 ·指定座席スクロールセレクタ 3 1 9に指 座席の番号を表示させ旦っ座席チヤー ト 3 2 7内の指定 座席の座席ボタ ン 3 2 9の色を変^させ、史に座席指^ が行われた旨のメ ッセージを日本語で表示すると共に、 受信デー夕をプロセス間通信ブロ ック 1 2 3を; Sじて^ 前座席指定!! ίΐί ώ表示プロック 5 9に送る。

座席チャー ト ιϋ ώには illに、この幽 ώを消去するため の座席チヤ一 トピクトグラム: 1 Ϋ及び屮断メッセージ を発^するための屮断ボタ ン 3 2 3が設けられている。 次に、 約記録照会プロセスを説明する。 このプロセ スは以前に作成された了約記録を照会するためのプロセ スで、 了'約記録照会画面表示ブロック 7 1 、了'約項冃入 出力ブロック 7 3、予約記リスト表示ブロック 8 1、 約照会メ ッセージ送受 プロック 8 3及び予約記録表 示ブロック 8 5として示される ^機能をする。

了-約記録照会両面表示プロック 7 1 は第 1 0図に示す ような予約記録照会画面を作成して両面制御ブロ ック

1 1 9に送る。この両面には、照会したい予約記録の內 容を指定するためのパーツと して、照会方法セレクトス イッチ 3 3 3、予約記録番号指定ボックス 3 3 4、名前 指: i'ボックス 3 3 5、便名指定ボックス 3 3 7及び IJ付 指^ボッ クス 3 3 9、 3 4 1が設けられている。これら のパーツは、 予約項目入出力ブロック 7 3が P D 3 0や キーボー ドの操作に応じて制御する。即ち、照会方法セ レクトスイッチ 3 3 3がクリックされると、予約記鉍岙 ¾で照会するのか、 他の项 で照会するのかが II択され る。予約記録番^が選択された場合は、 予約記録 ½定ボ ックス 3 3 4が太い枠で表示される。続いてキーボード 2 9から予約記録番号が人力されると、 その番号が ^約 記 指定ボッ クス 3 3 4に表示される。また、日付♦便 名 ♦名前指定が選択された場合は、続いて名前指定ボッ クス 3 3 5又は便名指定ボックス 3 3 7がクリックされ ると、そのクリックされたボックスが太い枠で表示され る。次いでキーボード 2 9から搭乗 '名又は便名が入力 されると、 その入力事項が太枠表示されたボックスに^ 示される。 Π付指定ボックス 3 9、 3 4 1 については、

1 1付指^仮身 3 5 1のダブルクリックにより笫 4図の 11 付指定画面が前面发示され、 この画面で Π付指 が成さ れると、その日付データがプロセス間通信ブロック 1 2 3を通じて送られて來て、 日付指定ボックス 3 9、 3 4 1に表示される。搭乗者名、便名及び日付はこの 3 ¾目全部を指定する必要はなく 、搭乗者名のみの指定、 または搭: ¾者名と日付の措定だけでも構わない。

このようにして予約 ¾¾ が指定された後、允信ボタン 3 4 3がクリックされると、約記録照会メッセージ送 殳 ^プロック 8 3が指定された予約 ¾ tlについて予約記 録を照会するメ ッセ一ジを作成して、ホスト間通信プロ セス 1 2 5を通じてホストコンピュータ 1 9に送る。ホ ス トコンピュータ 1 9からのレスポンスデータはホスト !¾通^プロセス 1 2 5を通じて予約記録照会メッセ一ジ 送受 ί言ブロック 8 3に送られ、予約記録照会メッセージ 送受 ίϊブロック 8 3はそのレスポンスデータに複数の予 約 己録番号が含まれている場合には、そのレスポンスデ —タを予約記録リ スト ^示プロック 8 1に送る。予約記 リスト ^示プロック 8 1は、その複数の予約記録の搭 乗者名 (又は、搭乗者名と日付)を、予約記録照会画面 巾の予約記録候捕スク口一ルセレクタ 3 4 7にリス ト表 示する。

予約記鉍候補スク ロールセレクタ 3 4 7内のリス卜か ら一つの予約記録の搭乗者名がク リックされ、続いて允 'ボタン 3 4 3がクリックされると、その f約記録番号 について、予約記録照会メッセージ送受信ブロック 8 3 が予約記録照会メ ッセージを作成してホストコンビユー 夕 1 9に送る。

初めから予約記録番号で照会した場合、 上記リストか ら一つの予約;;:己録番号を指定して再照会した場合、又は 指定した名前や便名に該当する予約記録が一つしかない 場合には、 ホストコンピュータ 1 9からのレスポンスデ 一タには一つの予約記録のデータ しか含まれていない。 この場合には、予約記録照会メッセージ送受 ί言プロック 8 3は受信したレスポ ンスデータを予約記録 ¾示プロッ ク 8 5に送る。予約記録表示ブロック 8 5は、そのデー タをプロセス間通信プロッ ク 1 2 3を通じて予約編粜幽 ώ表示ブロ ック 5 1 に送ると j -に、幽'面制御プロック 1 1 9を制御して予約編集 ώί 'を前面表示させる。その 結 ili、筇 7図の予約編集幽面に予約記録の内容が表示さ れる。 この約編集画面を用いて予約記録の変更、 取り 消し、追加等ができる。

了'約記録照会画面にはまた、この画面を消去するため の予約記録照会ピク トグラム 3 3 1、中断ボタン 3 4 5 、 次頁ボタン 3 5 3及び上記リストの再表示を行うための メッセージを発^するための再表示ボタ ン 3 4 7が ¾け られている。

次に、ホテル予約プロセスを説明する。このプロセス

- 3 S -

はホテルの予約を取るためのプロセスで、 ホテル予約幽 ώ表示プロ ック 8 7、ホテル予約状況問い合わせメッセ 一ジ送受信ブロッ ク 9 3、予約状況表示プロック 9 5、 予約メ ッセージ送受信プロック 9 9及びホテル予約結粜 表示ブロック 1 0 1 として示される諸機能を有する。こ れらの機能は、 便予約プロセスの類似の機能と基本的に は同じであり、 予約対象がホテルか航空便かによる相違 点が幾つかあるだけである。 以下、その相違点について 説明する。

ホテル予約画面表示ブロッ ク 8 7は第 1 1図に示すよ うなホテル予約画面を作成する。 この画面には、ホテル 予約特有のパーツとして次のようなものが設けられてい る。都 Hi入力ボックス 3 5 7は指^したホテルの所在都 ポ名を^示するもので、 その指定は既述の国内又は国際 都市指定画面を前面^示させて行う。 I N Z O U Tスィ ツチセレクタ 3 7 1は、チェックイン曰とチェックァゥ ト日のいずれの措定を行うのかを選択するパーツである。 日付ボッ クス: 7 3、 3 7 5、 3 7 7、 3 7 9は指定し たチェ ックィン日とチェックァゥ卜日を表示するもので、 それらの指定は既述の日付指定幽面を前面表示させて行 う。部^コ一ド Z数セレク トスィッチ 3 8 1、 3 9 1 は、 部^タイプと部 hi数のいずれを指定するかを選択するも のである。 ノ r:のセレクトスィッチ 3 8 1 はシングル部 β ffl、右ののセレクトスィツチ 3 9 1 はダブルの部 β fflで ある。部 コードセレクトスィッチ 3 8 3、 3 9 3は部 Mのタイプを選択する ものである。部 タイプ "その他 を選択した場 Άには、部 βタイプボックス 3 8 4、 3 9 4が現れ、ここにキーボード 2 9から汗意の部^タ イブコ一ドが入力できる。部屋数ボックス 3 8 5、

3 9 5は指定した部屋数を表示するもので、その指定は 通常キーボー ド 2 9から行う。また、デフォルトとして 部屋数 " 1 " が初期設定されている。増減ボタン 3 8 7、 3 8 9、 3 9 7、 3 9 9 は指した部屋数を ¾加及び減 少させる ものである。位; Sスィッチセレクタ 4 0 1 はホ テルの所在環境を選択する ものである。種別セレクトス ィ ツチ 4 0 3はホテルの種別を、グレードスィツチセレ ク タ 4 0 5はホテルのグレードを選択するものである。 ホテルに対する要望等があれば、 追加情報入力ボックス 4 ϋ 7にキーボード 2 9から入力することができる。

以上の諸项 tlのうち、最低限、都市名と日付が ίίί定さ れれば、発信ボタン 3 5 9のクリックによって、ホテル 〕' '約状況 ijい^わせメッセージ送受信プロック 9 3がそ の ½定項目についてホス トコンピュータ 1 9にホテル了' 約状況の lii 、合わせを行う。ホストコンピュータ 1 9力、 ら返された予約状況デ一夕は予約状況表示プロ ック 9 5 に送られ、 ホテル名、グレード、各部屋タイプの価格等 がホテルリ ストスクロールセレクタ 4 0 9にリスト表示 される。

ホテノレリストスクロールセレクタ 4 0 9内から所望の ホテルが選択され、 発^ボタン 3 5 9がクリックされる と、確認パネルが表示される。その中の確認ボタンがク リックされると、予約メッセ一ジ送受 i プロック 9 9が 予約メ ッセージをホストコンピュータ 1 9に送る。ホス トコンピュータ 1 9からのレスポンスデータはホテル予 約 示プロ ック 1 0に送られ、予約が取れた旨のメ ッセージがメ ッセージボックス 4 1 1に ¾示されると共 に、そのレスボンスデー夕が予約編集幽 ώ'表示ブロック 5 1に送られる。 すると、既に述べたように、予約編 ¾ 幽 ώの下部にある予約内容スク ロールセレクタ 2 9 5に 取つたホテル予約の内容が表示される。 この表示が兄れ るようにするため、 ホテル 約 I Uは約 画面より 約内容スク ロールセレクタ 2 9 5分だけ縱サイズが短 く設定されている。なお、このサイズの点は次に述べる ッァー了約両面も同様である。

次にツアー予約プロセスを説明する。 このプロセスも、 上記ホテル予約プロセスと同様、 基本的には便予約プロ セスと同じである。 以下、相違点だけ説明する。

ッァ一予約画面表示ブロッ ク 1 0 3は第 1 2図に示す ようなツアー予約画面を作成する。 この画面には、特有 のパー ツとして次のものが設けられている。出発/期問 /価格スィ ツチセレクタ 4 1 5は、出発 Idと旅行期間と 価格のいずれを指定するかを選択するものである。 日付

ボックス 4 1 7、 41 は指定した出発 llを ¾示するも ので、その指^は口付指 画面を用いて行う。 期問ボッ クス 421は指定した旅行期間、 価格ボックスは指定し た価格を^示するもので、 それらの指定は通常キーボー ド 29で行う。增'减ボタン 423、 425、 429、

4 1は旅行期間及び価格を增減させるものである。 都 巿セ レクトスィッチ 433、 451は出充都市と最大 4 か所までの滞在都市のいずれを指定するか選択する もの である。 出発都市ボックス 433は ½定した出発都市を、 滞在都市ボッ クス 437、 439、 453、 455は½ 定した滞^都 ΠΙを表示するもので、それらの指定は W際 都市指定両面を用いて行う。 部 βタイプスィッチセレク タ 457は部屋タイプを選択するもので、 "その他" を 選択した場合は部屋タイプボッ クス 459が現れるので、 ここにキーボード 29から所望の部屋タイプコー ドを入 力できる。 人数ボックス 461は指定した旅行者人数を ^示する もので、その指^は通^キ一ボー ド 29から行 う。なお、デフォルトとして人数 "1 " が初期設され ている。增減スィッチ 463、 465は指定した人数を 減するものである。フライトパタンスィッチセレクタ 467は bフライ トパタンヲ選択するもので、 "その他" を逸択した埸 はフライ 卜パタンボックス 469が現れ るので、ここにキーボード 29から所^のフライトパ夕 ンを設定できる。 追加怙報ボックス 47 1はキーボード 2 9から : ^等の追加情報を人力する欄である。

以上の諸¾ 13のうち、最低限、出允日と滞在都市が指 定されれば、 発^ボタン 4 4 1 のクリックにより予約状 況の問い合わせができる。 ホス卜コンピュータ 1 9から 返された了'約状況はツアーリストスクロールセレクタ

4 7 3に表示される。このリストにはツアーコード、ッ ァ一名、 ホテル、部厘、食亊、フライトパターン、価格 等が表示される。

ツアーリスト中から所望のッァ一が選択され、発ボ 夕ン 4 4 1がクリックされると、ホストコンピュータ

1 9に予約メッセージが送られる。 hホストコンビユー 夕 1 9からレスポンスデータが返ると、メッセージボッ クス 4 7 5に予約が取れた旨のメ ッセ一ジが发示される と -に、そのレスポンスデータが予約編集画面 ^示ブ口 ック 5 1 に送信される。

次に、動幽衷示プロセス 9 7を説明する。前記ホテル 乂はツアー予約幽 ώ内のホテル乂はツアーのリス ト屮か ら所^のホテル乂はッァ一が選択された後、 予約編集幽 面の兄える部分がク リックされると約編集画面が前面 表示され、 次いで ^約編集画面屮の動画仮身 2 6 1がク リックされると、動両プロセス 9 7が起動する。この動 両プロセス 9 7にはプロセス |¾通 ί ブロック 2 3を通 じて先程選択されたホテル又はツアーのコー ドが送られ て来ている。 動画プロセス 9 7はそのコードと第 1 3図 一 4

に示すような動画 ϋ示用画面とを画 ifii制御ブロック

1 1 9に送る。画面制御ブロック 1 1 9は A V装置 1 5 を制御して上記コー ドに対応するホテル又はツアーの動 画を再生させると共に、上記動画 ϋ示用画面を前面配置 しその巾の動幽エリア 4 7 9に前記動幽を表示する。 こ の場^、 前もって後述のメニュー幽面で幽面分割、モザ ィク処理、幽 ώ'静止等の表示形態が選択されていると、 幽 ώ制御プロック 1 1 9はその表示形態で動幽が表示さ れるよう制御を行う。

動画ピク トグラム 4 7 7のダブルクリックにより、こ の動両表示用両面は消去される。

¾後に、 メニュー制御プロセス 3 2を説明する。この プロセスは、 上述したように P D 3 0のメニューボタン の押下により起動され、 笫 1 4図 Αに示すようなメニュ 一画而を作成して画面制御ブロッ ク 1 1 9に送る。これ により、 このメニュー画面がカーソル位置に応じた位置 に前面^示される。

このメニュー画面には、 例えば「予約」「変更」「 行」 「小物」「配色」「^示管理」等の親項目と呼ばれ る複数の項目が^示されている。 これら親項目のいずれ かをク リックすると、その項目の横に子項目と呼ばれる 幾つかの项 が表示される。 以ドに、主要な親項 ΕΠこつ いて 体的に説明する。

第 1 4図 Bは、親项 ΰ 「ザ-約」がクリックされた場合 の子項 の表示例を示す。 子項目として "次便" "発^ ' "中断" 及び "完了" が列挙されている。各子項目がク リックされると、このメニュー画 ΠΠの直ぐ背後にあるプ ロセス画而において次便ボタン、 発 ボタン、中断ボタ ン及び^了ボタ ンが夫々クリックされた場合とほぼ同様 な動作が: Ji行される。

筇 1 4図 Cは親項目「変更」がクリックされた場台の 例を示している。 了項目として、 "削除" と "挿入" が

^示される。 例えば、このメニュー ώί ώが予約編粜幽 ώ 上にある場合、 予約幽 ώ内の取り消したい予約頊目のパ 一ッをク リックしてから子项目 "削除" をクリックする と、その予約 ¾ tlが削除できる。また、予約編集 ιϋ ώの 旅客スク ロールセレクタ 2 7 1 乂は丫 '約内容スクロ一ル セレク タ 2 9 5をクリックしてから子¾ 1:1 " 人" をク リックすると、予約編集両面を用いて旅客又は予約の追 加が行えるようになる。

第 1 4図 Dは、親項冃「配色」がクリックされた場合 の例を示す。 この場合は、配色制御プロセス 3 4が起動 され、 そこで作成された図示のようなパネルが例えば C R Τ画而右下に表示される。 このパネルには、例えば 1 6色の背景色の色見本 4 8 1、 4 8 3と、例えば 6種 類の濃度見本 4 8 7が設けられている。任意の色見本と 濃度見本とがク リックされると、エリア 4 8 5にその選 択去れた背景色が ϋ示される。ここで、確認ボタン

4 9 1がクリックされると、突際の色確認のために、背 後の画面の背景色が上記選択された背景色に変えられる: 終了ボタン 4 9 3がクリックされると、背後画 ISの背景 色が上記 ϋ択された背景色に確^する。 また、取り ^し ボタン 4 8 9がクリックされると、このパネルは fi去さ れる。

笫 1 4図 Eは「表示管迎」をクリックした場合の子项 目の¾示例を示す。 子项 Hとして、ウィンドウが現在^ かれているプロセスの名称が列举される。 これらプロセ ス名のいずれかがク リックされると、幽 ώ制御ブロック

1 1 9がそのプロセスの幽面を前面表示する。 この機能 は、例えばサイズの小さい画面がサイズの大きい画面の 背後に隠れて全く見えず、 且つサイズの大きい両面に小 さい画面の仮身が無い場合において、 その小さい画面を 前面に呼び出したい時などに便利である。

第 1 5図〜第 2 7図は、上に説明した各プロセスによ り一連の予約手統きが行われる場合の処理の流れを示す フローチヤ一 トである。これらフローチヤ一トを見れば、 本 施例の作用がより一層明確に理解できるはずである。

この端末装置の立ち上げ時には、 まず予約編 ¾プロセ スが έί動起動される。この時の予約編柒プロセスを笫 1 5図を参照して説明する。

プロセス間通信によるデータ入力があれば、 そのデ一 夕が予約編粜幽 '巾に表示される。 予約編集 ιώί 'が前 ' —■■■■■ ,i " -

に表示されてない場合、 メニュー処理(第 1 6図参照) により予約編集プ.口セスが選択されるか、 予約編集幽 ώ の表示されている部分がク リックされると、予約編集幽 ώが前 ttiに表示される。予約編集画面が前面表示されて いる場合、 この画面屮の便 約仮身、予約記録照会仮身、 前座席仮身、ホテル仮身、ツアー仮身または動画仮身 がダブルク リックされると、その仮身に対応するプロセ ス力く起動され、そのプロセスの両面力前面表示される。 これによ り、オペレー夕はその前而プロセスにアクセス 可能となる。

次に笫 " 1 7図 A , B , Cを参照して便予約プロセスを 説明する。 便予約画面が前面表示されてない場合、メニ ユー処理による選択、便予約画面の^示部分のク リック、 または既に述べた予約編 ¾画面中の便予約仮身のダブル クリックによって、便予約画面が前面^示される。便予 約画面が前 Εϋέ示されている場合 この画面中の i付指 定仮身、国内都市措定仮身、または国際都市指定仮身が ダブルク リックされると、その仮身に対応するプロセス (筇 1 8囟、笫 1 9囟または第 2 0図)が起動され、そ のプロセスの幽 ώが前 ώ表示される。日付指定プロセス、 a内都市 ½定プロセスまたは 際都市 ½定プロセスに人 力された日付データまたは都巿データは、 プロセス f j通 によつて便了約プロセスに転送され便了約両面中に表 示される。 便予約画面中の各種ボタンがクリックされる と、夫々のボタンに対応した、既に説明したような人力 データの表示、ホストコンピュータへのメッセージの送 id s ホストコンピュータからの応答の受^、受^したデ 一夕の表示等の勅作が実行される。 便 -了'約ピク卜グラム がダブルクリックされると、便予約両面は消去される。 第 Ί 8図は日付指定プロセスを示す。メニュー処理に よる選択、 Π付指定画面の表示部分のクリックまたは便 予約画 noのような他の画而中の Π付指定 ί反身のダブルク リックによって、 I I付指画面が前面^示される。 Η付 指 画 Eiが前面^示されている場台、 この画面中の I I付 スィッチがクリックされると、対応する l付データがプ ロセス間通信によつて予約プロセスに転送される。 1 :1付 ½定 巾の便予約仮身、国内都市措定または国際都ポ 指定仮身がダブルク リックされると、(対応するプロセ スが停止屮ならばそれが起動されて) 対応するプロセス の幽 ώが前 ώ表示される。

第 ] 9図 A , Βは Bil内都巿指定プロセスを示す。メニ ユー処理での選択、 ^内都巿指定画面の表示部分のク リ ックまたは他の画面中の 1 内都 717指定仮身のダブルクリ ックによって、 PI内都巿指定両面が前面表示される。こ の両面中の各種のスィ ツチまたはボタン力 <クリックされ ると、既に説明したように、出発地,到着地の入力およ び入力データの便予約プロセスへの転送の^の動作が行 われる。この画面中の便予約仮身、国際都市指定仮身、

または IJ付指仮身がダブルクリックされると、対応す るプロセスの画面力《前面 示される。

笫 2 0図 A , Bは国際都市指定プロセスを示す。この プロセスは基本的に国内都 指定プロセスと同様である。 次に笫 2 1図 A 〜 Gを参照して予約編集プロセスを説 明する。

メニュー処理での選択または編集幽 ώの表示部分のク リックによって、予約編集幽面が前 '表示される。既に 述べたように、 -; T'約編集画面は全ての画面屮最大サイズ をもっため、 予約手続きのどの段階でも子約編集画面を 前面に呼び出すことが可能である。 この両面中の他のプ ロセスの仮身がダブルク リックされると、その仮身に対 応するプロセスの画面力 前面表示される。それら他のプ 口セスで処理された情報のうち、 予約編集プロセスでも 必要となる情報はプロセス問通信により予約編集プロセ スに g動転送され、 そして予約編集画面中に表示される。 予約編; ¾画面中の各種ボタンゃスィツチがクリックされ、 またはそのク リックに続いてキーボードが操作されると、 既に述べたように、 入力データの予約画面中での^示、 ホストコンビュ一夕へのメッセージの送信、ホストコン ビュータからの応答の受信、 受信したデータの表示等の 動作が行われる。

笫 2 2図 A , Bは 前座席指定プロセスを示す。メニ ユー処理での選択、 前座席指定幽 ώの表示部分のク リ

ックまたはチ約編集画面屮の亊前座席 ½定仮身のダブル クリックによって、事前座席指定画面が前面表示される, この両面中の各種のボタ ンゃスクローノレセレク夕内のリ ストがクリックされると、既に述べたような事前座席指 定のための各種処理が行われる。

第 2 3図 A , Bは座席チャートプロセスを示す。メニ ュ—処理での選択、座席チヤ一卜画面の表示部分のク リ ックまたは事前座席画面中の £席チヤートボタンのクリ ックによって、座席チャートが前面 ¾示される。このチ ヤート内の座席ボタン力《クリックされると、その座席番 号がセーブされる。 この幽面巾の各種のボタンがクリッ クされると、夫々のボタンに対応する既に述べたような 動作が ¾行される。

次に予約記録照会プロセスを笫 2 4図 A , Bを参照し て説明する。

メ二ユー処理での選択、予約記録照会 ΐώί ώの表示部分 のク リックまたは '約編集画面中の予約記録照会仮身の ダブルク リックにより、予約^録照会画面が前面表示さ れる。 ここ両面中の各 Sのスィツチやボタンがクリック されると、 夫々のスィッチやボタンに対応した既に iiBベ たような動作が実行される。 この予約記録照会プロセス により特定の予約記録の内容が照会されると、 その内容 はプロセス間通^により 自動的に予約編集プロセスに転 送されると共に、 自動的に予約編桀画 ΠΠが前 ΠΠ表示され る o

笫 2 5図 A , B , Cはホテル予約プロセスを示し、笫 2 6図 , B , Cはツアー予約プロセスを示す。これら のプロセスは基本的には便予約プロセスに類似している c ホテルザ約画面およびツアー予約画面内のボタンゃスィ ツチおよびスクロールセレクタ内のリス トをクリックす ることにより、 それらパーツに対応した処理が実行され o

第 2 7図 A, Bは、ホテル-了'約両面又はツアー " T'約両 面屮の 1¾1際都市指定仮身のダブルクリックによつて起動 される国際都巿指定プロセスを示す。 このプロセスは、 第 2 0図の同際都市指定プロセスの処理にさらに、 滞 /1; 都市指定のための処理を する。

第 2 8図は動画プロセスを示す。 メニュー処理での選 択、動画画面の^示部分のク リックまたは予約編 ¾画面 中の動画仮身のダブルク リックにより、動画が前面 ¾示 される。 画面分割、モザイク処理、画面静止などの ϋ示 制御も可能である。 動画ピクトグラムのダブルクリック により動凼 ώί ώが消去される。

以上、本允明の好適な一 ¾施例を説明したが、本允明 はこの実施例にのみ限定されるものではない。 例えば、 航空便、 ホテル乂はツアーのみの予約システムにも本允 明は適用できる。 さらに、他の交通機関や劇場、レス卜 ラ ン等の約にも適用可能である。また、 約対 giゃ必 要な予約 ¾ B数等に応じ、上に説明した 種プロセスの 幾つかを省く こともできる。例えば、最も簡単なシステ ムでは、予約プロセスとホス 卜 fe ifi i プロセスで十分な 場合もあるであろう。 さらに、従来のシステムに上述し た諸プロセスの一つを組み込むことも可能である。 また、 各画面の構成については、 種々のバリーションが可能で め 0