Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (WO1979000926) METHOD OF AND APPARATUS FOR FABRICATING PILE FABRIC HAVING SUEDE-LIKE APPEARANCE
Note: Text based on automatic Optical Character Recognition processes. Please use the PDF version for legal matters
明 細 書

発明の名称

ス ド様外観 を有する立毛布帛の製造方法及び

技術分野

本発 明はス二 - ド様外観を有する立毛布帛の製造 方法及 び装置.に関する。更に詳しくは、本発明は、 天然 スュ - ド類似の優美な外観と優れたライティン グ効果 を有する、極細繊維からなる立毛を有する.立 毛布 帛の製造方法 とそれに使用される装置に関する。 背景技術

近年 、天然ス二 - - ドの代替材料として、極細繊維 を 用いたスェ - ド調の人工皮革が開発され、フアツ シ ンの多様化 · 高級化と相俟って需要が増大して い る。かかるスェ - ド調の人工皮革としては、極細 鎩維 から構成された緣物,編物,不織布等の布帛の 表面 を起毛して得られる立毛布帛、あるいはこの立 毛布 帛にボリゥレタン等の弾性重合体を含浸せ!!め た ものが知られている。し力しな力ら、従来のスェ - ド l¾の人工皮革は、ライティング効果は優れてい る 力、表面の立毛状態が均一でかつ単調であるため に 、天然スェ - ドの有する優美な外観、即ち立毛状

OWPI

態 のランダムな異方性に基づく立体感のある濃淡模 様 を有していなカゝつた。

ス ェ - ド調人工皮革の外観を改良するための方法 が 、従来、いくつか提案されている o

例 えば、特開昭 5 1 — 1 0 6 7 0 1 には、起毛された 織編 物等のシ - ト基材に、ボリビニノレアノレコ一ノレ の水溶性 の樹脂溶液 を印刷または捺染し、固着後、 そ の基材にボリウレタンの溶液を含浸し、湿式凝固 せ しめ、ボリウレタンの溶媒を抽出すると同時また は後で水溶性 の樹脂 を溶出させ、その後乾燥し、バ ッ フィング又はブラッシングにより基材上の水溶性 の樹脂 の溶解部 分を顕著に起毛させることからなる、 表面 に立体的な模様を持っス ド調人工皮革 の製 造方法 力開示されて L、る o し力しながらこの方法で 形成 される立体的な模様は、明瞭な輪郭を有するも の であり、天然スェ - ドの有する立毛状態のランダ ム な異方性に基づく立体感のある濃淡模様は得られ ない。

特 開昭 5 2 - - 1 2 9 0 3には、起毛布帛を、粘度 1 0 0 セ ンチボイズ以上のボリビュルァノレコ - ノレ等の水溶 性重 合体溶液 に浸漬後、順方向(立毛の配向方向) に 1 ? 以上 の絞り圧で絞液し、乾燥後、ボリゥ レ タン等の水不溶性樹脂液 を順方向に含浸絞液し、 次 いで水不溶性樹脂 の凝 固と同時にあるいは凝固し

OMPI

wipo 、 NA? ノ

た後 に水溶性重合体を溶解除去し、乾燥後、起毛面 を研磨することからなる柔軟にして優美な外観を有 す るスェ - ド調人工皮革の製造方法が開示されてい る o また特開昭 5 2 — 1 5 8 0 1 にも、水不溶性樹脂の み を用いた類似の方法が開示されている。しかしな が らこれらの方法では、表面の立毛の傾きが一定方 向 に均一にそろえられるのみであり、天然スェ - ド の 有する立毛状態のランダムな異方性に基づく立体 感 のある濃淡模様は得られない

発 明の開示

本発 明者らは天然スェ ド類似の優美な外観を

- 有すると共に優れたラィティング効果も有する立毛

帛 を製造すベく鋭意研究の結果、立毛布帛を高圧 流 体で噴射加工すればかかる目的が達せられること を 見出し、本発明に到達した

即 ち、本発明の第一番目の発明は、単蛾維デニ - ル が 0. 0 0 0 1 〜 0. 8 の範囲の極細蛾維からなる立毛

' を有する立毛布帛の裏面を、布帛支持体の無作為に

凹 凸部分を有する?^面に密着させた状態で、前記立 毛布 帛の立毛表面 に、部分的にかつ無作為に流体非 透過 性部分を有する流体透過性部材を介して、高圧 流 体 噴射することを特徴とするスェ - 'ド様外観を 有 する立毛布帛の製造方法でめる o

そ して、本発明の第二番目の発明は、前記の如く

OMPI ' ίΑΤΆンニ

して得られた立毛布帛に弹性重合体を付与すること を特徵 とするスェ - ド様外観を有する立毛布帛の製 造 方法である。かかる第一番目と第二番目の発明は、 本発 明の第三番目の発明である装置を使用すること に よって、最も効果的に実施できるのである。

即 ち、本発明の第三番目の発明は、(1) 表面に無作 為 に凹凸模様を有し、立毛布帛を該表面に密着させ な がら走行させるための布帛支持体、(2)該布帛支持 体 の上方に配置され、立毛布帛に高圧流体を噴射す る ための噴射ノズル、及び)布帛支持体と噴射ノズ ル の中間に配置され、高圧流体の流れをランダム化 す るための、部分的にかつ無作為に流体非透過性部 分 を有する流体透過性部材からなる、スェ - ド様外 観 を有する立毛布帛の製造装置である。

面 の簡単な説明

第 1 図は、本発明において使用される布帛支持体 の表面 に形成 される凹凸形状の説明図 ·。第 2 図は、 本発 明において好ましい装置の 1 例を、横方向から 見 た概略図である。第 3 図は、布帛支持体の正面図 であ る。第 4 図は、流体透過性部材の正'面図である。 第 5 図は、高圧流体ヘッダ - の正面図である。第 6 図及 第 7 図は、本発明において使用される立毛布 帛 を製造するために用いられる極細蛾維発生型の中 空複合蛾維 であ る。

OMP! W1PO

明を実施するための最良の形態

本発 明における布帛支持体は、高圧流体で噴射加 ェ される布帛を支持するための板状又は円筒状のも の であって、その材質は、ステンレス,銅,鉄,鋼 鉄, ニッケル等でメツキされた鉄又は鋼鉄,アルミ 二 ュ - ム等の金属,ボリヱステル樹脂,メラミン樹 脂, エポキシ樹脂,フエノ - ル樹脂等のブラスチッ ク ,ポリクロロブレシ,ボリウレタン等のゴム , あ る いはセラミックである。金属製の円筒状の布帛支 持体 が特に好ましい。布帛支持体の表面には、無作 為 に凹部と凸部が形成されている。布帛支持体表面 に形成 される凹凸部の形状は、その断面形状を第 1 図 の(ィ),(口),(,(=) に示した如く、鋭角をもったも のか ら円形に近いものまで種々の形状のものが使用 で きる。

凹 凸部の形状としては、その断面形状が第 1 図の ( 又は()に示した如く、凹凸部があまり鋭い角度を 有 しないようなものが特に好ましい。

凹凸部は、凸部と凹部の高さの差が 0. 5 ~ 1 0 挪, か つ 2 5 C 当り 1 〜: 1 0 0 個の凸部と 1 ~ 1 0 0 個 の凹部を有するような範囲で、無作為に形成されて い も のが好ましい。表面に無作為に凹凸部分を有 する布帛支持体の作成方法としては、例えば、石膏 で原型板 を作成しこれを参照しながらマザ - ミルを

彫刻 し、得られたマザ - ミルを引抜き鋼管にブレス 加 工して円筒状の布帛支持体を作成する方法、石膏 製 の原型を用いて精密篛造によりブラスチックある いは金 属製の板状又は円筒状の帛支持体を作成す る 方法、引抜き鋼管の表面に直接凹凸模様を彫刻し 円筒状の布帛支持体を作成する方法、あるいは、凹 凸模 様を有する原型板にゴムを押しつけて熱成型し 板状 の布帛支持体を作成する方法力 ^ ある 0

布 帛支持体力;板状の場合には、帛支持体まベル トコンべァと組合わされ、立毛帛 Vよ布帛持体の 凹凸表面 に密着させてベルト: 3 ンべァで走行されつ つ、 高圧流体で噴射加工される 0 帛支持体が円筒 状 の場合には、布帛支持体を口 —ルとして用い、立 毛布 帛はロールの凹凸表面に密着させて走行されつ つ、 高圧流体で噴射加工される o 帛の走行速度 は 1 〜 2 0 m ノ分の範囲にあるのが好ましい o

本発 明における流体透過性部材としては、例えば-高圧流体の噴射 耐 えうるような、金網や多数の透 過 孔を設げた金属板又は合成樹脂板がある。流体透 過性部材 が金網の場合には、例えば、種々の形状の 金属 片を金 面 に溶接し、金網の網目を部分的に か つ無作為に塞ぐことによって部分的にかつ無作為 に流体非透過性 部分力形成される 0 ¾: 属板又は—合成 樹 脂板の場合には、例えば、種々の断面形状の透過

O.V.PI

孔 を無作為に設けることによって、金属板又は合成 樹 脂板の残りの部分が部分的かつ無作為の流体非透 過性部分となる。成型の容易さの点から、 5 ~ 300

メ ッシュの金網を用いた流体透過性部材が好ましい。

本 発明の流体透過性部材の開口率、即ち部材の全面 積 に対する流体透過部分の割合は、 1 0 〜 8 0 % ,が 好 ましく、特に 2 0 〜 6 0 % が好ましい。

本発 明における高圧流体としては、例えば、高圧 の水 ,水蒸気又は空気がある。高圧流体として水を 用 いる場合には、圧力は 1 〜 1 0 0 K / cn| G 、特に

2 0 〜 4 0 ½ c^ G が好ましい。水の温度は 1 0 〜

8 0 。C のものが用いられる。水蒸気の場合には、圧 力 は 1 〜 6 K ノ cm2 G 、特に 2 〜 4 ノ《 G が好まし い。 水蒸気の温度は 1 2 0 〜 Γ 8 0 のものが用い ら れる。空気の場合には、圧力は 2 〜 1 0 K? C^ G、 特 に 4 ~ 6 1 ^ ^ G が好ましい。空気の温度は 2 0

〜 2 0 0 の ものが用いられる。本発明においては、 特 に高圧の水又は水蒸気が好ましく用 ·いられる。噴 射 ノズルとしては、噴射口が円錐形状又は扇形状に 構成 され、高圧流体を円錐又は扇形状に拡散噴射し うるようなものが好ましい。

立 ¾布 帛に衝突した時の高圧流体の衝撃は、

3 0 0 〜 5 0 0 0 Z c^の範囲 にあるのが好ましく、 そ のためには、噴射ノズルの噴射口と立毛布帛の距

O P1

Λ, "^IPO )

離 は 0. 5 ~ 5 0 cm、噴射口と流体透過性部材の距離 は 0. 3 〜 3 0 CTZ の範囲にあるのが好ましい。また噴 射 された高圧流体の速度は、水の場合には 3 0 〜 1 2 O wi Z秒、水蒸気の場合には 4 0 0 ~ 9 0 0 m /秒、 空気の場合には 2 0 0 〜 6 0 0 7« ノ秒の範囲 に あるのが好ましく、流量は、水の場合には 1 2 0 0 〜 6 0 0 O c Z秒 Z ノズル、水蒸気の場合には 0. 1

〜 1 ^ Z秒 Zノ ズル、空気の場合には 0. 0 1 〜 a 1 ws /分 Zノズルの範囲にあるのが好ましい。

本発 明の如く、立毛布帛の裏面(スヱ - ド様外観 を付与 しない面)が、前記の如き布帛支持体の無作 為 に凹凸部分を有する表面に密着された状態で、立 毛布 帛の立毛表面 (スェ - ド様外観を付与する面) に高圧流体が噴射 されると、布帛支持体表面の凹凸 模様 に応じて立毛布帛に及ぼす高圧流体の衝撃力が ラ ンダムィ匕される。また、本発明においては、噴射 さ れる高圧流体も、部分的にかつ無作為に流休非透 過性部分を有する流体透過性部材を通過することに よ ってその流れがランダム化されており、ランダム 化 された高圧流体が立毛布帛の立毛表面 に衝突する。 そ して、本発明においては、両者の協動作用によつ て、直毛布帛の立毛表面 の立毛の配向方向が著しく ラ ンダム化され、立毛状態のランダムな異方性に基 づ く立体感のある濃淡模様が効率良く形成される。

O.V.PI

/ ·'.'Α·ηο

以下 図面を用いて本発明を詳述する 図は、 本発 明において好ましい装置の 1 例を 、横方向力ゝら 見 た概略図である ο 第 2 図において、 2 は網目を部 分的 にかつ無作為に塞いた金網を円筒状に成型した 流体透過性部 材であり、その両端にはギヤ一 4 が設 け られている o 6 は流体透過性部材の両端に設けら れ たギャ - 4 とかみ合ってこれを回転させるための 蘿動 ギヤーであり、駆動ギヤ - にはブ一リ一 8 が取 り付けられている 0 はガイド了リングである c

1 2 は高圧流体へッダ一 C め o i it流体へッダ一

に は高圧流体の供給源(図示せず)から高圧流体が 供給 さし、向圧流体は複数の噴射ノズノレ 1 4 から噴 射 される 1 6 は ^. 属 ft1-1- の円筒状布帛支持体から形 成 されたロ - ルであり、その表面には無作為に凹凸 模様 が形成されている 0 o - ルの片側 Κ は、動力源

( 図示せず)と連動して口ールを回転させるための

ブ - リ - 1 8 と、動ギヤー 6 のブ - リ - 8 と連動 す るためのプ - リ - 2 0 が取り付けられて ^、る。駆 動 ギヤ - 6 と σ ―ル 1 6 は必ずしも連動させる必要 は なく、また回転速度や回転方向はそれぞれ異なつ て いてもよい ο 2 2 と 2 4 は、立毛布帛 2 6 を布帛 支持体 ( ° 一ル) 1 6 の表面に密着させるためのガ

イ ト- 口 であ る o

第 3 図は、 ^ 帛支持体 ル ) 6 の正面図で

Ο. ΡΙ

:. .t'0 'y あ る o 布帛支持体の表面には凹凸模様 2 8 が形成さ れ て、、る o 第 4 図は、流体透過性部材 2 の正面図で あ 流体透過 性部材は、その表面に部分的にかつ 無作 為に非透過性部分 3 0 を有している。流体透過 性部材 としての金網は、強度保持のために 2 枚以上 重 ねて用いることもできる。第 5 図は、高圧流体へ ッ ダ— 1 2 の正面図である 。高圧流体へッダ—は、 ク ランク機構 3 2 によって円筒状の流体透過性部材 2 の中を往復運動(第 2 図の図面に垂直方向に)す る ように構成されている。

立毛布 帛 2 6 は、その立毛表面 ( 天然皮革様外観 を付与 したい面)を上にし状態で第 2 図の左側か ら供給 され、ガイドローラ 2 2 と 2 4 の間で、その 裏面 (天然皮革様外観を.付与しない面)は布帛支持 体 (口 - ル) 1 6 の凹凸表面に密着せしめられる。 立毛布 帛の裏面が布帛支持体( α 一ノレ ) の凹凸表面 に密着 している間に、高圧流体が噴射ノ

ら、流体透過性部材 2 を介して立布帛

に噴射 される。かかる噴射加工によって

表面 に立毛状態のランダムな異方性に基

の ある濃淡模様が形成された立毛布帛は

右側 引 き出され、場合によっては乾燥

き取られる。あるいは、卷き取ることな

次 の弾性重合体の付与工程に供給するこ

円筒状の流体透過性部材 2 は、 0. 1 〜 3 0 W Z分 の 円周速度で回転せしめられるのが好ましく、布帛 支持体 ( α - ル) 1 6 は、 1 ~ 2 O w Z分の円周速 度 で回転せしめられるのが好ましい。また高圧流体. へ ッタ - 1 2 は、円筒状の流体透過性部材 2 の中を

1 〜 4 0 0 往復 分の速度で往復運動せしめられる の が好ましい。

本発 明における立毛布帛とは、単繊維デニ - ルが

0. 0 0 0 1 〜 0. 8 の範囲の極細繊維からなる立毛を有 す る織物,編物,不織布又はこれらを組合せた布帛 であ る。

極細蛾維 か らなる立毛を有する立毛布帛は、公知 の 種々の方法で製造することができる。これらの方 法 としては、例えば、以下のごとき方法がある。

① 公知 のス - パ - ド o - 方法又は高速紡糸方法に よって得られる極細繊維を用いて布帛を形成し、 得 られた布帛の片面又は両面を、ェメリ - 起毛機, あ ざみ起毛機,斜布起毛機又 は サンドべ - パ - や サンドクロスを有する口 - ラ - サンダ機のごと き通常の起毛機で起毛する方法。

② 二種以上 の重合体からなり、機械的作用によつ て *洛重合体成分に分割され極細繊維を発生しうる 複合蛾維を用いて布帛を形成し、得られた布帛の 片面又は両面を通常の起毛機で起毛する方法。

ΟΛίΡΙ ヽ

, V/IPO

( 例えば、英国特許明細書第 1 4 5 4 2 4 1号及び米 国特許 明細書第 4 0 5 1 2 8 7号参照。)

③ 二種以上 の重合体か らなる海島型の複合蛾維又 は混合紡糸 繊維 を用いて布帛を形成し、その後、 海成 分重合体を溶解除去し島成分重合体からなる 極細蛾維 を発生 させ、次いで布帛の片面又は両面 を通常 の起毛機 で起毛す る方法。

( 例えば、米国特許明細書第 3 4 2 4 6 0 4,

3 7 0 5 2 2 6 及び 3 8 6 5 6 7 8 号参照 o )

本発 明における立毛布帛は、本発明者のうちの 1 人が 先に提案した方法、即ち、ポリエステル又はポ リ ァミドからなる構成部分とボリスチレンからなる 構成部 分が、交互に隣接して 1 6 〜 9 6 個環状に配 置 され、かつ蛾維の長手方向に伸び、全体として管 状体 を構成している中空環状型複合蛾維を用いて布 帛 を形成し、その後、ポリスチレンからなる構成部 分 を溶解除去しボリエステル又はボリアミドからな る構成部分を極細蛾維として残し、次いで布帛の片 面又 は両面を通常の起毛機で起毛す る方法によって も製造することができる。

( 例えば特願昭 5 2 — 1 0 6 2 .9 2 参照。)

極細蛾維 のデニ - ルは、 0. 0 0 0 1 〜 0. 8 、好まし くは 0· 0 1 〜 0. 5 である。デニールが 0. 0 0 0 1 より 小 さい場合には、立毛布帛の表面摩耗ゃ抗ピル性が

O PI

悪 くなり、デニ - ルが 0. 8 より大きい場合には、立 ¾ 帛 の風合が粗くなり、スェ - ド調のタツチが得 ボァ

ら れにくい。

極細蛾維 形成用 重合体 としては、ポリエチレンテ レ

レ フタレ - トの如きポリエステル,ナィロン 6 やナ ィ ロン 6 6 の如ンきポリァミドが特に好ましい 0

以上 の如くして得られた本発明の立毛布帛は、天 然 スェ - ド様の優美な外観、即ち立毛状態のランダ ムな異方性に基づく立体感のある饞淡模様を有する と共に、立毛が極細鳞維から構成されているために 優 れたライティング効果を有して ^、る

本発 明において、高圧流体で噴射加ェされた立毛 布 帛に弾性重合体を付与すると、立毛の配向方向が ラ ンダムのまま立毛の根本が固定されるため、立体 感 のぁる濃淡模様の耐久性が向上する。また弾性重 合体 を付与された立毛布帛は反撥弾性や防しわ性も 優 れている o したがつて、高圧流体で噴射加工され た立毛布 帛に更に弾性重合体を付与する方法は、本 発 明の特に好ましい態様である o

弾性 合体 としては、天然ゴムおよびァクリコ二 トリル—ブタジヱン共重合体 , ポリクロ口プレン, ス チ^レンーブタジェン共重合体,ポリブタ,ジェン, エチレン一プロピレン共重合体, トタイブの共重合体,シリコ - ン,ボリ

ウ レタン,ポリアクリレ - ト,ボリ醉酸ビニル,ポ リ塩化ビ二ル , ボリエステル一ポリェ―テノレブ α ッ ク 共重合体,エチレン一酢酸ビニル共重合体等の合 -成弾性重合体 が使用できる。 'なかでもボリウレタン が好 ましい。また本発明においては、立毛布帛にゥ レタンプレボリマ - を付与した後、立毛布帛を熱処 理 し立 /ft 帛中にポリウレタンを形成せしめる方法 も 好ましい o

弾性 重合体は溶液 、 即ち弾性重合体の有機溶剤溶 液, 水溶液 または水性エマルジョンとして立帛 に付与 される。付与する方法としては、立毛布帛に 溶液 を含浸せしめる方法,コーティングする方法, ス ブレ - する方法等があるが、弾性重合体を立毛布 帛 の内部まで均一に付与しうるという点で溶液を含 浸せ しめる方法が好ましい。含浸又はスブレ - 法の 場合 には、濃度が 1 ~ 5 0 重量 の弹性重合体の溶 液 を用いるのが好ましく、コ—ティング法の場合に は、 濃度が 5 ~ 5 0 重量 の弾性重合体 の溶液 を用 い るのが好ましい立毛布帛に付与される弾性重合 体 の量 ( 乾燥重量)は、得られる立毛布帛の最終用 途 に応じて決定される力' 、立毛布帛の重量を基準と して^ 〜 5 0 重量 、特に 3 〜 2 0 重量の量が好 ましい 。弾性重合体の付与後、弾性重合体は公知の 湿式法又 は乾式法 によって立毛布帛中に凝固せしめ

ら れる。

ゥ レタンプレボリマ - を使用する場合には、例え ば特 開昭 5 0 — 1 0 8 3 9 5 や特開昭 5 0 - - 1 5 5 7 9 4 Κ 開示 されている如き、遊離のィノシァネ - ト基が重 亜硫酸塩 でブ α ックされた熱反応性のウレタンプレ ポ リマー、特に分子中に 1 0 ~ 4 0 重量のォキシ エ チレン鎖を含有するゥレタンプレボリマ - が好ま しい。カかるウレタンブレポリマーは、水溶液又は 水性 ェマル ヨンの形で立毛布帛に付与され、その 後立毛布 帛は乾燥され、 1 0 0 〜; 1 8 0 °C で 1 0 秒 な いし 1 5 分間熱処理される。熱処理によって立毛 布 帛中のウレタンブレポリマ - は重亜硫酸塩のプロ ッ クが解離し、反応性のィソシァネ - ト基が再生し 自 己架橋反応 によりポリウレタンとなる a

本発 明の立毛布帛は、高圧流体で噴射加工される 前 に、通常の方法によって染色又は捺染すること で きる。立毛布帛に弾性重合体が付与され立毛の根 本 が固定された場合には、弾性重合体の付与後染色 又は捺染 を行なうこともできる。高圧流体で噴射加 ェ された立毛布帛又は更に弾性重合体を付与された 立毛 布帛は、その後必要に応じ、通常の方法によつ て パ フィング及びノ又はブラッシングされ、更に デ カタイジング操作が施される。更に本発明におい て は、立毛布帛に撥水,防水,防汚, ro'U ¾,ぬめり

¾ OMPI ^

付 与,防炎,難燃などの加工を行なうことも可能で め る。

次 に、実施例により本発明を更に詳述する。

実 施例 1 〜 4

立毛銑物 の製造 〕

米 国特許明細書第 4 0 5 1 2 8 7 号に開示された方 法 に従って、極限粘度 0. 6 2 ( オルトクロ α フエノ 一ノレ中、 3 5 。C で測定)のボリエチレンテレフタレ ―トと極限粘度 1. 3 0 ( メタクレゾ - ル中、 3 5 て で測定 )のボリ一 e —力プロアミドを用い、第 6 図 に示す ごとき、ポリエステル構成部分とボリ 'アミド 構成部 分が交互に隣接して 1 6 個環状に配置され、 かつ蛾維 の長手方 向に伸び全体として管状体を構成 し ている中空複合蛾維を製造 した。

6 図において、 3 4 は中空複合繊維であり、 3 6 はボリアミド(ボリ一 e —カブ口アミド)構成 部分 、 3 8 はボリエステル(ボリエチレンテレフタ レ - ト)構成部分、 4 0 は中空部分である。

第 6 図の中空複合蛾維において、全ボリアミド構 成部 分と全ポリエステル構成部分の重量比は 1 : 1 であ り...、個々の構成部分のデニ - ルは 0. 2 3.,デニ -ル、中空複合繊維のデニ - ルは 3. 7 デニ - ルであつ た。 また中空率一繊維の横断面における全ポリアミ

ド構成 部分と全ポリエステル構成部分および中空部 分の面積の合計に対する中空部分の面積の割合一は 8 % であつた o

緯 糸として、前記中空複合蛾維のマルチフィラメ ン ト( 3 0 0 デニ - ル 8 0 フィラメント)に 8 1 2 0 回 / メ - トル ( Ύ / m ) の撚をかけた片撚糸 を用 、た 0 経糸としてま、ポリエチレンテレフタレ - トの 1 0 0 デニ—ル / ^ 2 4 フィラメントのウ - リ - 糸(仮撚) 2 本からなる双糸( 2 0 0 デニール ) で あって、撚数が S 1 5 0 T / のものを用、た。

上記緯 糸と経糸から、銑物密度が経 7 0 本 / イン チ、緯 5 6 本 / インチの 4 枚朱子織物を作成した。

得 られた織物は、まず 9 8 の熱水浴中で 3 0 分 間 リラックスされ、そして 1 2 0 で 3 分間乾燥さ れ た織物に、鉱物油を主成分とする油剤が付与され た。 その後、緣物の片面は 3 3 番針布を有する針布 起毛機 により、 3 0 メートル / 分のランニングスビ - ドで 1 5 回起毛された。起毛織物は、ピンテンタ - 型のヒ トセッタ - により 1 7 0 °C で 3 0 秒間予 備熱 セットされた。得られた立毛緣物の立毛の平均 単蛾維 デ - —ルは 0. 2 3 、立毛織物の緯糸の平均単 蛾維 デニ ルま 0. 4 5 であつた。

そ の後、予熱セットされた立毛織物は、デユラ ノ - ルブル - G ( C . I . α 6 3 3 0 5 , I .C . I . 社製分散 染料 の商標名)を ( 織物重量を基準として)、 酢酸 を 0· 2 mi / JL およびナフタレンスルホン酸とホ ルムアミドの縮合生成物を主成分とする分散剤を 1

? Ζ 含 む水性染色浴中で 1 3 0 で 6 0 分間染色 された。その後立毛織物は、非イオン性洗浄剤の水 溶液 で 8 0 てで 2 0 分間ン - ビングされ、そして 1 2 0 'C で 3 分間乾燥された。

〔高圧流体による噴射加工 ]

前記のごとくして得られた立毛緣物は、第 2 図に 示したごとき工程で噴射加工された。

石膏でそれぞれ第 1 図の(ィ) Η ( ( に示した如き凹 凸模様 を有する原型板を作成し 、これを参照して 4 種類 のマザ一ミルを彫刻した。得られたマザ _ ミル を用いて、直径が 3 5 cmで長さが 6 O COT の引抜き鋼 管に凹凸模様をブレス加ェして、 4 種類の円筒状の 布帛支持.体を作成した β この円筒状布帛支持体の両 側面に鉄芯を溶接して α ールとした o

前記の如くして得られた立毛銑物の裏面(非立毛 面)を、上記口 - ル( 2 回転 Ζ分)の凹 ύ表面に密 着させながら、立毛緣物を約 2 分の速度で走行 させつつ、 高圧流体として圧力が 2 0 K7 / G , 温 度が 0 °c の水を用、て噴射加ェした。流体透過性 部材としては、 5 メッシュの金網の網目を部分的に かつ無作為 に、種々の形状の金属片を溶接して塞い

3PO

で得 られた開口率 3 0 の円筒状のものを用いた。 噴射 ノズルの噴射口と流体透過性部材との距離は 2 cm 、高圧水の流速は 6 1. 秒、 流量は 2 8 9 2 cd Z 分ノノズルであった。

4 種類の布帛支持体を用いて実験を行ない、得ら れ た立毛織物 の外観は肉眼で判定され、その結果は 第 1 表に示されている。

第 1 表より、布帛支持体表面の凹凸模様があまり 鋭い角度を有していない場合(第 1 図の H又は() に、特に優れた結果が得られていることがわかる。


1 - 5 表の脚注

:立毛布帛表面に形成された濃淡模様のラ. ン ダム性

[ A :ランダム性力;優れている c „ - B :模様に少し規則性がみられる。

. C :模様に相当規則性がみられる。

1 :立毛布帛表面に形成された濃淡模様の程度 一 A :模様が非常に形成される。

B :模様が相当に形成される。

. C :模様が少し形成される。

X 3 :立毛布帛表面に形成された濃淡模様の輪郭

( 輪郭はぼやけている方が好ましい)

A :模様の輪郭がぼやけている。

B :模様の輪郭がやはっきりしている。
C :模様の輪郭が明瞭である。

:ランダム性,模様の程度,模様の輪郭,ラ ィティング効果を総合的に評価判断した結

A :優れている。

B :良好である。


C :実用的にはや劣る

実施例 5 〜 9

実 施例 1 で得られた立毛織物(未加工)を、開口 率 を種々変更した流体透過性部材を用いる以外は、 実 施例 4 と同様な条件で噴射加工した。流体透過性 部材としては、 5 メッシュの金網の網目を部分的に かつ 作為 に、種々の形状の金属片を溶接して塞い で得 られた種々の開口率のものを用いた。

得 られた立毛織物の外観は肉眼で判定され、その 結果は第 2 表に示されている

第 2 表より、開口率が 2 0 6 0 の場合には 特 に優れていること力;わかる

第 2 表


実 施例 1 0 〜 1 4

実 施例 1 で得られた立毛織物(未加工)を、高圧 水 の圧力を第 3 表に示された如く種々変更する以外 は実 施例 4 と同様な条件で噴射加工した。

得 られた立毛織物の外観は肉眼で判定され、その 結果 は第 3 表に示されている。

第 3 表及び実施例 4 の結果から、水の圧力は 2 0

〜 4 0 ノ CT| G の場合が特に優れていることがわか o

O PI

高 圧 水 立毛銑物 の外観 圧 力流速 流 m ランダム模様の 甘 0t

1曲 cmG ) ノ ) ※ェ X 2 4 実施例 1 o 5 3 0.7 1 4 5 0 A C A C

〃 1 1 1 0 4 3.4 2 0 4 0 A B A 6

1 1 2 3 0 7 5.1 2 9 0 0 A A A A

» 1 3 4 0 8 6.8 4 0 9 0 A A A A κ 1 4 6 0 1 0 6.3 5 0 1 0 A B A〜B B

実 施例 1 5 〜 2 0

流体透過 性部材 として、 1 0 0 メッシュの金網の 網 目を部分的にかつ無作為に、種々の形状の金属片 を 溶接して塞いで得られたもの(開口率 3 0 ^ ) を 用 い、そして高圧流体として水蒸気又は空気を用い て、実施例 1 で得られた立毛織物(未加工)を、第 4 表に示された条件で噴射加工 した。その他の条件 は実 施例 4 の場合と同様である。

得 られた立毛緣物の外観は肉眼で判定され、その 結果 は第 4 表に示されている。

^7

4 表

问品 流 ii 立 圧 力 温 度 流速 フノ、ノク /;* Λ »1 ίν¾ί ΐ- (。c) ( ^ζ秒)流 量 1

( 秒

実 Zノカレ)

施例 1 5 水蒸気 2 120 485 0.23 A

〃 1 6 II 4 151 687 0.338 A

" 1 7 // 6 164 781 0.391 A〜B

〃 1 8 空 2 20 320 (W3 分ノズル)

気 A

0.0184

a 1 9 〃 4 20 432 0.0366 A

〃 2 0 It 6 20 470 0.0548 ' A

実 施例 2

フ ロント糸として、実施例 1 で製造された中空複 合繊 維のマルチフィラメント( ·7 5 デニ - ル Ζ 2 0 フ ィラメント)の片撚糸ぐ S 1 2 0 T / W ) を用い、 バ ック系として、ボリェチレンテレフタレ - トのフ イ ラメント糸( 3 0 デニ - ル 1 2 フィラメント) を 用い、 1 2 0 ^ Z Wの重量を有するトリコットを 編成 した。以後このトリコットは、実施例 1 と同様 に リラックス,起毛及び染色された。得られた立毛 編物 の立毛の平均単蛾維 デニールは 0. 2 3 であった。 染色 された立毛編物は、 実施例 4 と同じ条件で噴射 加工 された。噴射加工された立毛編物の外観は肉眼 で判定 され、その結果は第 5 表に示されている。

実 施例 2 2

〔立毛緣物の製造 〕

特願 昭 5 2— 1 0 6 2 9 2 に開示された方法に従って、 極限 粘度 0. 6 0 ( オルトクロ口フエノール中、 3 5 で測定 )のボリエチレンテレフタレ - トとメルト イ ンデックスカ 2 0 のボリスチレンを用 L、、第 7 図 に示す如 き、ポリエステル構成部分とボリスチレン 構成部;^ が交互に隣接して 3 2 個環状に配置 - れ、 かつ蛾維 の長手方向に伸び全体として管状体を構成 し ている中空複合繊維を製造した。第 7 図において、

4 2 は中空複合繊維であり、 4 4 まボリエステル

( ポリエチレンテレフタレ - ト)構成部分、 4 6 は ポ リスチレン構成部分 、 4 8 は中空部分である。

第 7 図の中空複合蛾維において、全ポリエステル 構成 部分と全ボリスチレン構成部分の重量比は 1 : 1 であり、個々の構成部分のデニ - ルは 0. 0 7 、中 空複合蛾維 のァ二一ノレは 2 3 であつた。また中空率 —蛾維 の横断 面における全ポリェステル構成部分と 全 ポリスチレン構成部分および中空部分の面積の合 計 に対する中空部分の面積の割合一は 5 であった c 緯 糸として 、前記中空複合蛾維のマルチフィメ ン ト( 6 0 0 ァニ一ル Z 2 6 0 フイラノント)に S 1 5 0 T m の撚をかけた片撚糸を用い、経糸とし て は、ポリエチレンテレフタレ - トの 1 0 0 デニ -ル 2 4 フィラメントのゥ—リー糸(仮撚) 2 本か らなる双糸( 2 0 0 デ二 - ル)であって、撚数が S

1 5 0 T Z m のものを用い、織物密度が経 7 0 本 Z イ ンチ,緯 5 6 本 Z ィンチの 4 枚朱子織物を作成し た。

得 られた織物は、まず 9 8 の熱水浴中で 3 0 分 間 リラックスされ、そして 1 2 0 。C で 3 分間乾燥さ れ た。 ^: して織物は、トリクロ口エチレンで., 5 回洗 淨 され、中空環状型複合繊維中のポリスチレンから な る構成部分が実質的に全部溶解除去された。その

OMPI

WIPO , >J ―, n、ノ 後織物 は乾燥され、鉱物油を主成分とする油剤が付 与 された。そしこ ^ ¾物の片面は 3 3 番針布を有する 針布起毛機 により、 3 0 メ - トル Z分のランニング スビ - ドで 1 5 回起毛された。立毛織物はピンテン タ一型のヒートセッターにより 1 7 0 てで 3 0 秒間 予備熱 セットされた 。その後、予備熱セットされた 織物は、デュラノ一ノレプル - G ( C . I . m 6 3 3 0 5 , I · C . I . 社製分散染料の商標名)を 4 ° ( 織物重量 を基準として ) , 酢酸を 0. 2 m& Z およびナフタレ ンスルホン酸とホルムァルデヒドの縮合生成物を主 成分とする分散剤を 1 ? / •e 含む水性染色浴中で、

1 3 0 てで 6 0 分間染色された。その後織物は、非 ィォン性洗浄剤の水溶液で 8 0 てで 2 0 分間ソ - ピ ングされ、そして 1 2 0 てで 3 分間乾燥された。得 られた立毛饞物 の立毛の平均単緣維デ二 - ルは 0.0 7 であつた 0

〔高圧流体による噴射加工〕

前記の如くして得られた立毛饞物は、実施例 4 と 同じ条件で噴射加工 された。噴射加工された立毛織 物の外観は肉眼で判定され、その結果は第 5 表に示 されている。

OMPI

立三 έ 布帛の外観

ランダム性 模様の輪郭総合讓

X 1 ※ 2 4 実施例 2 1 A A A A - 〃 2 2 A A A A

実 施例 2 3

実 施例 1 〜 2 2 に従って得られた立毛布帛(噴射 加工 されたもの)は 、すベて以下に述べる如き方法 に よってポリウレタンを付与された。

立毛布 帛は、ボリウレタン ( メチレン •ジフエ二 ル · ジィゾシァネート,ボリエチレングリコ - ルぉ よ び 1, 4 一ブタンジ才 - ルの反応生成物 ) の 1 0 重 量 ジメチノレホルムァミド溶.液中に浸漬され、その 後銑物 の重量を基準として 8 0 % のビックアップ率 に まで絞液された。そして含浸立毛布帛は多量の水 に 浸漬され、ポリウレタンが布帛中に凝固せしめら れ た。得られた立毛布帛は 1 2 0 で 3 分間乾燥さ れ た後、その立毛面は 1 0 0 メッシュのサンドベ -パ ーを有するローラ - サンダ - 機によつて 1 回パッ フ ィ *シグされ、更にブラッシングされた

か くして得られた立毛布帛は、すべてスェ - ド様 の 優美な外観と優れた反撥弾性及び優れた防しわ性

を有していた

実施例 2 4

実 施例 1 〜 2 2 に従って得られた立毛布帛(噴射 加工 されたもの)は、すべて以下に述べる如き方法 に よってゥレタンブレボリマ - を付与された。

〔 ウレタンブレボリマ - の製造〕

① 数平均 分子量が約 1 2 0 0 のボリプロピレング

リコ - ルにエチレンォキサイドを付加せしめて得 ら れた、数平均分子量 2 0 0 のプロック共重合 型 ポリエ - テルジォ - ル 2 1 部,

② アジビン酸, 1, 6 —へキサンジオ - ル及びネオ

ペ ンチルグリコ - ルをモル比 1 0 : 7 : 4 の害 ί!合 で反 応させて得られたボリエステルジォ—ル 5 6 部 ,

③ 1, 6 キ サンジォ—ル 3 部,及び

④ へキサメチレンジイソシァネート 2 0 部

か らなる混合物(活性水素原子に対するィンシァネ - ト基のモル比は 0 6 ) を、 1 0 0 〜: L 0 5 てで

1 時間窒素気流 下で反応 させて、遊離のィソシァネ - ト基を有するウレタンブレボリマ - を製造した。

得 ら ^ たウレタンブレポリマ - 中の遊離のィ 'ノシァ ネ - ト基含量は 5. 0 2 % ,ォキシヱチレン鎖の含量 は 1 0. 2 % であった。

OMPI

WiPO ノ

得 られたゥレタンプレポリマ - は 4 0 。C まで冷却 され、ジォキサン 2 0 部を加られ希釈された。そ して希釈されたウレタンプレボリマ - に、重亜硫酸 'ノ - ダの 2 5 重量水溶液 6 5- 部が添加され、 4 0 てで 3 0 分間十分に攪拌された。

そ の後反応系に 2 0 2 部の水を添加し、更に適量 の過酸ィヒ水素を添加して、 pH= 3 , 濃度約 3 0 重量

の ゥレタンポリマ - の水溶液が得られた。

〔 ウレタンプレボリマ - の付与〕

実 施例 1 ~ 2 2 に従って得られた立毛布帛は、前 述 のゥレタンプレボリマ - の 8 重量水溶液( pH は 重炭 酸ナトリゥムによって 6. 0 に調整された)中に 浸 漬され、その後、布帛の重量を基準として 7 0 ^ の ピックアップ率にまで絞液された。そして 1 0 0 て で 3 分間乾燥された後、 1 4 0 。C で 3 0 秒間熱処 理 された。その後、熱処理された立毛布帛の立毛面 は 、 1 0 0 メッシュのサ -ンドぺ - ノくーを有する α -ラ - サンダ - 機によって 1、回パッフイングされ、更 に ブラッシングされた。

か くして得られた立毛布帛は、すべて、スェ - ド 様 の優美な外観と優れた反撥弾性及び優れた防しわ 性 を有していた。 、

業上 の利用可能性

本発 明は、天然スェ - ドの代替材料としての立毛

- U REACT

OMPI

-. W1PO ΝΑ"Πθ;?ン

布 帛の製造に利用することができ、そして、本発明 に より得られた立毛布帛は、非常に柔らかな手触り を 有し、天然スヱ - ド類似の優美な外観と優れたラ ィ ティング効果を有し、かつ反撥弾性や防しわ性に も優れている。したがって、本発明により得.られた 立毛布 帛は、例えばジャケット,ジヤンノ、' 一,ブレ ザ 一 , スカート,ズボン , ショーツ , スラックス, ド レス,スーツ,チョッキ,コートおよび手袋等の 衣類として、あるいはカバン,ブーツ,椅子カバ -な どに広い用途を有している。

OMPI 0