Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persist, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2013509629) ハイパースペクトル画像を解析するための方法および装置

Office : Japan
Application Number: 2012535824 Application Date: 28.10.2010
Publication Number: 2013509629 Publication Date: 14.03.2013
Publication Kind : A
IPC:
G06T 7/00
G06T 1/00
G PHYSICS
06
COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
T
IMAGE DATA PROCESSING OR GENERATION, IN GENERAL
7
Image analysis, e.g. from bit-mapped to non bit-mapped
G PHYSICS
06
COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
T
IMAGE DATA PROCESSING OR GENERATION, IN GENERAL
1
General purpose image data processing
Applicants: ガルデルマ・リサーチ・アンド・デヴェロップメント
インリア・インスティテュート・ナショナル・ドゥ・ルシェルチェ・アン・インフォマティック・エ・アン・アートマティック
INRIA INSTITUT NATIONAL DE RECHERCHE EN INFORMATIQUE ET EN AUTOMATIQUE
Inventors: プリジャン,シルヴァン
デコンブ,グザヴィエ
ゼルビア,ジョジアーヌ
ズガジュ,ディディエ
プティ,ローラン
Agents: 小林 博通
富岡 潔
Priority Data: 0957625 29.10.2009 FR
61/305,383 17.02.2010 US
61/323,008 12.04.2010 US
Title: (JA) ハイパースペクトル画像を解析するための方法および装置
Abstract: front page image
(JA)

少なくとも2つの波長で一連の画像を作成することができる少なくとも1つのセンサ(1)と、2状態による分類関係に応じて画像の画素を分類することができる計算手段(2)であって、その画像はセンサ(1)から受け取られる、計算手段(2)と、計算手段(2)から受け取るデータを処理することに由来する少なくとも1つの画像を表示することができる表示手段(3)とを含む、ハイパースペクトル画像を解析するための装置。計算手段(2)は、センサ(1)からデータを受け取る、トレーニング画素を決定するための手段(4)と、ハイパースペクトル画像のスペクトルの自動細断を行うことができる射影追跡を計算するための手段(5)と、大きなマージンの分離を作り出すための手段(6)とを含む。計算手段(2)は、分類済み画素が識別可能なデータを作成することができる。


Also published as:
EP2494520US20120314920CA2778682FR2952216WO/2011/051382