Search International and National Patent Collections
Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2012512497) 複数の電圧領域を使用した回路内信号経路遅延の自己同調

Office : Japan
Application Number: 2011542283 Application Date: 11.12.2009
Publication Number: 2012512497 Publication Date: 31.05.2012
Publication Kind : A5
IPC:
G11C 11/417
G PHYSICS
11
INFORMATION STORAGE
C
STATIC STORES
11
Digital stores characterised by the use of particular electric or magnetic storage elements; Storage elements therefor
21
using electric elements
34
using semiconductor devices
40
using transistors
41
forming cells with positive feedback, i.e. cells not needing refreshing or charge regeneration, e.g. bistable multivibrator or Schmitt trigger
413
Auxiliary circuits, e.g. for addressing, decoding, driving, writing, sensing, timing or power reduction
417
for memory cells of the field-effect type
Applicants: クアルコム,インコーポレイテッド
Inventors: チアミン・チャイ
スティーブン・エドワード・ライルズ
Agents: 村山 靖彦
黒田 晋平
Priority Data: 12/336,741 17.12.2008 US
Title: (JA) 複数の電圧領域を使用した回路内信号経路遅延の自己同調
Abstract:
(JA)

信号経路の自己同調または時間調整を含む、複数の電圧領域に提供される回路および方法が開示される。上記回路には複数の信号経路が設けられている。各信号経路は、複数の電圧領域の一部を横断する。これらの領域には、任意の数または任意の組合せによる複数の電圧領域が含まれる場合がある。信号経路のそれぞれは、複数の電圧領域のうちの少なくとも1つの電圧領域に応じた遅延を有する。これら複数の信号経路の遅延に関する遅延出力を生成するように構成された遅延回路が設けられる。このようにして、これら複数の信号経路の遅延に従い、遅延回路の遅延出力が自己同調または調整される。この自己同調は、動作中に相互の信号経路の遅延が変わりうる、第1信号経路の第2信号経路に対する遅延を制御するのに特に適している。


Also published as:
EP2380174CN102246236KR1020110106386BRPI0922986IN1110/MUMNP/2011WO/2010/077776