Processing

Please wait...

Settings

Settings

Goto Application

1. JP2021056188 - マイクロ流路チップ

Office
Japan
Application Number 2019182331
Application Date 02.10.2019
Publication Number 2021056188
Publication Date 08.04.2021
Publication Kind A
CPC
B01F 5/00
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
FMIXING, e.g. DISSOLVING, EMULSIFYING, DISPERSING
5Flow mixers
G01N 35/08
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
35Automatic analysis not limited to methods or materials provided for in any single one of groups G01N1/00 - G01N33/00; Handling materials therefor
08using a stream of discrete samples flowing along a tube system, e.g. flow injection analysis
G01N 37/00
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
37Details not covered by any other group of this subclass
Applicants 積水化学工業株式会社
Inventors 今村 一彦
乾 延彦
Agents 特許業務法人あーく特許事務所
Title
(JA) マイクロ流路チップ
Abstract
(JA)

【課題】 簡便な構造によりマイクロ流路チップにおける迅速な送液および反応を可能にする。
【解決手段】 マイクロ流路チップ1は、第1流路201、試薬保持部230、第1流路201に連通する気体流入口210、気体流入口210を密封する蓋部50、および第1流路201の下流側の第2流路202を備えて構成される。試薬保持部230の下流側には、検体保持部240が設けられている。蓋部50により気体流入口210を密封することで、第1流路201には気体が供給されるとともに、試薬保持部230から下流側へ試薬を押し出して第2流路202で検体に合流させる。
【選択図】 図1

Also published as