Some content of this application is unavailable at the moment.
If this situation persists, please contact us atFeedback&Contact
1. (JP2011529346) 可変角度ロック型骨プレート

Office : Japan
Application Number: 2010531334 Application Date: 30.10.2008
Publication Number: 2011529346 Publication Date: 08.12.2011
Publication Kind : A
IPC:
A61B 17/58
A HUMAN NECESSITIES
61
MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
B
DIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
17
Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
56
Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor
58
for osteosynthesis, e.g. bone plates, screws or the like
Applicants: シンセス ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
Inventors: デロカ,アルベルト エー.フェルナンデス
チャン,ジェイソン エス.
Agents: 高岡 亮一
Priority Data: 61/084,281 29.07.2008 US
Title: (JA) 可変角度ロック型骨プレート
Abstract: front page image
(JA)

【課題】
【解決手段】 治療対象骨の目標部位へ固定されるプレートは、近位表面から前記プレートを通じて遠位表面へと延びる第1の固定要素受容開口部を含む。前記第1の固定要素受容開口部は、複数の柱であって、その外周周囲において分配された柱と、前記柱上に形成された複数の突起と組み合わされて前記柱のうち隣接する柱を相互に分離させる、複数の放射状に拡張する部分とを含む。前記突起は、前記柱の表面から延び、前記突起が形成された前記柱の前記表面の形状は、骨固定要素のヘッドによって係合した場合、前記突起が前記骨固定要素のヘッドのねじ山部と係合して、これにより、有角部分の許容される範囲内の任意のユーザが選択した角度において前記骨固定要素を前記第1の固定要素受容開口部内でロックするように、選択される。
【選択図】図13


Also published as:
NZ585010EP2207491US20100312286CN101842057CA2704451KR1020110039512
AU2008318657IN3049/DELNP/2010WO/2009/058969